91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

そういった中で、交通の多い交差点が何カ所かあるのですが、そこで今歩車分離方式の交差点も徐々に一関市にも導入されておりますが、やはりまだまだそうではない箇所も見受けられますので、県、公安とのかかわりだとは思うのですけれども、市としても積極的にそういった交差点の設置というか変更、信号機の交換とか、その辺の要望をすべきと考えますが、どのように働きかけていくのでしょうか。

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

また、条例を制定している自治体は、現時点におきましては比較的交通の多い大都市部が中心になっていると。  それから、近隣等を見ましても、岩手県内あるいは隣接する宮城県栗原市、登米市、気仙沼市等には現在のところ制定事例もございません。  以上のことから、これにつきましては情報収集に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(槻山隆君) 4番、小岩寿一君。

滝沢市議会 2019-03-06 03月06日-一般(代表)質問-02号

学校が地区間を結ぶ幹線市道沿いにある場合は、交通が比較的多い路線となりますので、道路改良舗装事業により2車線の車道のほかに、歩行者の安全が確保できる歩道整備もあわせて実施しております。また、幹線以外の市道においても市道改修事業、維持修繕事業等により、学校へ通じる道路の拡幅、歩道設置、路面標示等の交通安全対策を実施しております。 

滝沢市議会 2019-02-27 02月27日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

都市整備部長(齊藤和博君) 当初は、北側につきましても右折レーンを設けるというところで用地買収等々想定をしておりましたけれども、交通等調査いたしましたところ、右折レーンまで必要ではないというような結果が出ました。ということで、公安委員会等と協議したところ、用地買収が不要になったということで、結果工事もその分は不要になってくるということに考えております。

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

この国道284号線は交通も多く、さらにこの区間は難所とされていた箇所を整備いたしましたので、見通しの悪い場所でもあります。  中学生がよく向かい側の花の駅せんまやで、こちらは横断歩道もない箇所でありますので、車の通行を見計らって渡るというようなことをしているそうです。  地元の方からは事故が起きないように心配しているというような声も数多く聞いたところであります。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

その他市道の整備計画については、交通、幅員、カーブや勾配の状況などのほか、緊急度や用地などの協力体制を総合的に検討して、毎年実施計画において、向こう3カ年の整備についてローリングを行いながら、計画的に整備を進めているところでございます。  道路の拡幅改良は、調査設計、用地取得、工事と完成までに長い時間を要します。  

一関市議会 2018-12-04 第68回定例会 平成30年12月(第1号12月 4日)

本件事故の原因でございますが、冬期間の積雪や凍結によりアスファルト舗装の状態が悪いことから、この現場につきましても繰り返し補修を行っておりましたが、交通が多いことから再度舗装が破損しまして、道路に穴が空いた状態になっていた部分を車両が通過した際にタイヤに強い衝撃が加わり、ホイールが変形したものでございます。  

一関市議会 2018-12-01 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書

耐震診断義務化された施設の数は  (7) 学校耐震化の現状はどうなっているか 2 通学路の安全対策について  (1) 横断歩道の増設について市の見解は  (2) 歩道が途中途中買収できずに途切れているが市の対応   は  (3) 通学路に歩道がなく、危険な箇所があるが市の対応は  (4) JR跨線橋に歩道がなく、交通

一関市議会 2018-06-18 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日)

なお、駐車場及び国道284号線から道の駅へ進入する右折レーンの渋滞、これにつきましては、現在は交通大分落ち着いてまいりまして、混雑は見られておりません。  道の駅駐車場規模は、県の指導により、隣接する国道の交通などを基準に決定したものでございますが、大型連休やイベント開催時には混雑が予想されますので、必要に応じて今後とも対応を検討してまいりたいと考えております。  

一関市議会 2018-06-15 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日)

次に、通学路の安全対策についてでありますが、通学路の状況については、児童の登校に当たる時間帯は千厩病院に出入りする車や通勤車両等で、市道千厩病院線の交通が増加している状況にあります。  また、千厩小学校北側にある横断歩道には信号が設置しておらず、峠の頂上付近のため、車からは横断者が見えにくい状況もあり、児童安全確保に十分配慮しなければならないと考えております。  

一関市議会 2018-06-14 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日)

○3番(永澤由利君) 横断歩道は直線がとれなくて、でも、児童自動車交通が多いところを渡らなければならないというような箇所は何カ所かあると思っておりますが、その時点で、そういう見通しの悪いようなところは、低学年に、みずから横断旗などの旗を振るなどして自動車の運転手に知らせるような工夫ができるのか伺います。 ○議長(槻山隆君) 千葉教育部長。

一関市議会 2018-02-26 第65回定例会 平成30年 3月(第4号 2月26日)

道路の整備につきましては、調査設計、用地取得、工事と、完成までに長い時間を要すること、また限られた財源で全ての要望に対してすぐに応えることは難しい状況にございますことから、交通でありますとか、幅員、カーブや勾配の状況などのほか、緊急度や用地の協力体制を総合的に検討して、優先順位をつけて計画的に整備を進めているところでございます。  

一関市議会 2017-08-18 第62回定例会 平成29年 9月(第2号 8月18日)

除雪計画路線につきましては、交通の多い幹線市道、あるいはスクールバスも含めたバス路線、主要な通勤、通学路など、交通確保を優先しており、除雪路線の延長としては、全体で7,847路線、4,408キロメートルある市道、そのうち車道の除雪にあっては、2,163路線、2,182キロメートル、歩道の除雪にあっては、128路線、131キロメートルを実施したところであり、除雪費として約1億6,500万円を支出しているところであります

一関市議会 2017-02-23 第60回定例会 平成29年 2月(第2号 2月23日)

県のほうからは、交通の推移や公共事業予算の動向などを見極めながら検討していくが、早期の事業化は難しい状況であるとの回答が出されております。  今後、当市が関係してくるさまざまなプロジェクトの展開によって、交通がどのように変化していくのかなども踏まえて、今後の対応を検討してまいりたいと思います。  

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

主要地方道一関北上線の路線切りかえの県への要望についてでございますが、一関遊水地内の基盤整備事業区域内の県道、市道の整備については、関係機関との協議により、これまで整備をしてきたところでありますが、また県道と市道は交通などにそれぞれ役割があることから、今後の交通ネットワークや物流の変化と交通などを見ながら検討をしていきたいと思います。