運営者 Bitlet 姉妹サービス
970件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) また、11月27日に行われました通学路安全推進会議では、10月30日に発生した花泉地域での小学生の交通事故に関する対応についても協議を行ったところでございます。   もっと読む
2018-12-06 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日) また、このサポート乗車券は、高齢者の交通事故の減少を図ることを目的に、免許証の返納を考えていただくきっかけとしての事業と位置づけておりますことから、有効期間は1年間で交付は1回限りとしております。  交付額を含めて、当面は現行の内容を継続して実施してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 そういう点では、長距離も含めて差し迫ったような、そういう状況にしないということが大事なのかなというふうに思いますので、特に長距離に関する場合、一定のどこまでなら公用車を利用するのかということもきちんと定めながら、仙台あたりとなると、やっぱりちょっと遠いような気がしますので、その辺、今後ぜひ検討しながら、交通事故を防ぐ手だてを考えていただければと思います。  終わります。 もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 高齢者の交通事故の発生、防止が毎日のように全国的に報道されています。  当市も運転免許の自主返納制度がありますが、運転免許を返納し行動範囲が狭くなれば、交流の場への参加が減るといったことの弊害も指摘されております。  当市のようなこういう中山間の中においては、車は生活そのもの、いわゆるライフラインであります。  そこで伺います。   もっと読む
2018-06-01 一関市議会 平成30年第66回定例会 平成30年 6月 質問通告書   う  (3) ごみの処理について伺う 市長 13 金野盛志 (40分) 1 公共交通政策について  (1) 免許所得者数、うち高齢者数は  (2) 交通事故発生件数 もっと読む
2018-03-19 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月19日−03号 あとは、この交通安全施設工事ですけれども、交通安全協会さんのほうからの要望等もあったということで答弁がありましたけれども、やはりあの身近なところで交通事故が起きているとか、そういう部分も大分、細かいんですが、小さい事故なども起こっているということがありまして、このカーブミラー等もだいぶ要望が多いように私は聞いております。   もっと読む
2018-03-15 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号 ◆(櫻井肇君) 交通事故等につながれば、大変なので、そこはよろしくお願いいたします。  引き続き162ページの除雪に関してでありますが、去年8月に大迫町外川目地区で市民と議会との懇談会があった際に言われたのですが、バス路線がもし仮に廃止された場合除雪はどうなるのかというお話でした。要するに、廃止された場合は、歩道は除雪の対象にならないのだろうかと。 もっと読む
2018-03-14 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 県内でも花巻市は交通事故が多いのです。それで高齢者の事故の状況というのはどうなっているのだろうと気になっているものですから、おわかりになればで結構です。 ○委員長(照井省三君) 伊藤市民生活総合相談センター所長。 ◎市民生活総合相談センター所長(伊藤理恵君) では、高齢者の事故の状況についてお答えいたします。   もっと読む
2018-03-09 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月09日−予算審査−02号 ◆委員(仲田孝行君) 今まで第1専門委員会で論議してきたことが多く質問されてきたわけですけれども、私は57ページの2款1項10目、交通安全推進事業、交通事故減、死亡事故も4年間事故なしということで続いているということで非常にすばらしい実績だと思うのですけれども、あるいは飲酒運転防止の取り組みとかもいろいろやっているわけですが、さらにこれを減らしていくということの中での市としての方策をどう考えているのかを もっと読む
2018-03-08 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月08日−02号 これは交通事故でも起きれば大変だなとつくづく思いました。ということで、火葬場の手前の広い駐車場、これずっと例年しゃべっておりますけれども、除雪をもっと広くしなければならないと思って感じていますし、さらに夏場の掃き掃除の清掃もきれいにしないと、よそからも来るわけですから、雫石の評判が落ちるというふうにつくづく感じました。30年度以降、今後はそこのところをどうする考えか尋ねます。 もっと読む
2018-03-07 滝沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 少子化の中、将来を担える子供たちを大切にし、交通事故や不審事案に遭わないように安全安心を確保していることは本当に重要なことであり、その社会活動に感謝するものであります。地域発展のためには、将来子供たちが生まれ育ったこの滝沢市の地で生活したい、そして生活ができると思える地域でなければなりません。 もっと読む
2018-03-07 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−04号 例えば、交通事故等で死亡したときの飼い犬の特定や盗難、災害といった不測の事態により愛犬を探すときなどもスムーズに飼い主にお返しすることができると思います。  以上の理由などから、登録時にマイクロチップの埋め込みを義務化し、費用を助成することがよいと思うが、市の見解を伺います。  そして、2つ目の質問は、浸水、雨水対策についてです。   もっと読む
2018-03-02 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月02日−01号 日ごろから職員に対し、交通事故への注意を喚起してまいりましたが、このような事故が発生したことは、大変遺憾であり、関係者の皆様に深くおわびを申し上げます。今後、職員の交通事故防止に一層努めてまいる所存でございます。以上で説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。 ○議長(武田平八君) これより質疑に入ります。      〔発言する人なし〕 ○議長(武田平八君) 質疑を終結いたします。 もっと読む
2018-02-28 滝沢市議会 平成30年  3月 定例会-02月28日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 さらに、交通事故防止及び飲酒運転の根絶を目指し、街頭指導、広報啓発活動などを実施するとともに、犯罪のないまちを目指し、関係機関との連携により、防犯交通安全意識の高揚と各種安全対策を図ってまいります。   もっと読む
2018-02-28 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-02月28日−一般質問−03号 岩手県の交通事故件数は年々減少しているものの、高齢者の事故発生件数は増加傾向にあります。新聞報道によりますと、75歳以上の免許保有者は540万人に上り、今後も高齢者事故が増える傾向にあることが予想されます。そのような状況の中、運転免許証の自主返納を検討されている高齢者が相当数いると思われます。2月25日の新聞報道では、高齢者の免許返納は過去最多に上り、25万件余りになったという報道がありました。 もっと読む
2018-02-14 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月14日−一般質問−02号 交通事故総合分析センター発行の交通事故分析レポートナンバー116には、子供の歩行中の事故について特集されております。それによると、平成27年に発生した歩行中の交通事故による死傷者数は5万6,962人で、死者の70%、死傷者の32%を65歳以上の高齢者が占めていると報告されております。 もっと読む
2018-02-14 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月14日−一般質問−02号 交通事故総合分析センター発行の交通事故分析レポートナンバー116には、子供の歩行中の事故について特集されております。それによると、平成27年に発生した歩行中の交通事故による死傷者数は5万6,962人で、死者の70%、死傷者の32%を65歳以上の高齢者が占めていると報告されております。 もっと読む
2018-02-13 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月13日−議案説明・質疑・討論・採決・一般質問−01号 高齢者ドライバーによる交通事故が頻繁に報道され、大きな社会問題になっています。警察などの関係機関では、認知症検査を義務づけるなどの対策を講じておりますが、自主返納はなかなか進んでいないというのが現状です。その背景には、免許返納後の移動手段の不便性に起因しているとも言われております。  民間業者による優遇措置を講じている業者もあります。例えばタクシー会社による料金割引制度もあるようでございます。 もっと読む
2018-02-13 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月13日−議案説明・質疑・討論・採決・一般質問−01号 高齢者ドライバーによる交通事故が頻繁に報道され、大きな社会問題になっています。警察などの関係機関では、認知症検査を義務づけるなどの対策を講じておりますが、自主返納はなかなか進んでいないというのが現状です。その背景には、免許返納後の移動手段の不便性に起因しているとも言われております。  民間業者による優遇措置を講じている業者もあります。例えばタクシー会社による料金割引制度もあるようでございます。 もっと読む
2018-02-07 奥州市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月07日−07号 それで、この返納制度を、交通事故を起こさないように何とかうまく回すためには、こういった、何といいますか、返納した方へのサービスということについての今後の考え方でありますけれども、これは高齢者対策でありますとか、交通弱者対策でありますとか、いろいろな分野、領域にかかわることでございますので、市庁舎内におきましても、関係部局と協議するような形で、現在のこの返納に対するメリットというものが、これでいいのかということは もっと読む