2911件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-28 第70回定例会 令和元年 6月(第5号 6月28日)

審査の際の意見交換では、教職員定数改善がなければ根本的な残業の削減は難しい、国が責任をもって支える制度だということから考えると2分の1に復元すべき、などの採択に賛成の意見と教職員定数の改善を前面に出すのではなくて、働き方改革で定数をふやし、いい授業を行うなどの具体策が必要、国庫負担については、一関市としては問題になっていない、などの採択に反対の意見がありました。  

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

保健福祉部長(佐藤鉄也君) どういう対応かということでありますけれども、関係する内容等につきましては、会議等を通じまして保健福祉課それぞれ、あとは本庁の子育て支援課等々で情報交換等をしているところでございます。 ○議長(槻山隆君) 17番、金野盛志君。 ○17番(金野盛志君) まさに誰かが言いましたけれども、そういうのは会議で解決できることではないと私は思います、現場だと思いますよ、本当に。  

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

私も行って、そこで改正健康増進法の勉強会、それから県内の各地域の取り組み状況についての情報交換をやってきました。  二戸市では補正予算を組んで、これを機会に積極的に屋外の喫煙場所をつくるという方向であるというふうに聞きました。  市内には、たばこに関係する方が大変多くおります。  

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

これまでの取り組みにつきましては、東京名古屋、あるいは大阪で開催されております自動車関連企業を中心とする産業展、あるいは企業との情報交換会に私が出席いたしまして、当市の立地環境について広く情報発信するなど、岩手県岩手県企業誘致推進委員会などの関係機関と連携して企業誘致に努めてきたところでございます。  

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

ILCについては先日、文部科学省が現時点では誘致の表明には至らないとしつつも、ILC計画に関心を持ち、国際的な意見交換を継続するとの表明を行ったところです。  ILC実現の鍵は再び日本政府の判断に委ねられることとなりましたが、引き続きILC実現に向けた要望活動を展開するとともに、ILCの新たな動向については市民への周知に努め、さらなる理解、促進が図られることを期待いたします。  

一関市議会 2019-03-01 平成31年第69回定例会 平成31年 3月 質問通告書

う 3 平成30年度に新規事業として導入された健康いちのせき  21マイレージ事業の評価と今後の取り組みについて  (1) 健康いちのせき21マイレージ事業が始まり早1年が経過   しようとしているが、導入にあたりどのような目標を掲げな   がら取り組んできたか伺う  (2) マイレージポイントカード10ポイント達成者に特典の交換

一関市議会 2019-02-25 第69回定例会 平成31年 3月(第4号 2月25日)

4点目、3年前は県際3市首長懇談会が始まったばかりで、地域医療の確保という全体的な議論をしている段階であり、小児科だけに限定した意見交換には至っておりません、具体的に議論を深めていきたいと市長は答弁しておりますが、3年が経過し、現在の栗登一平の懇談会では、小児科医師不足の共通認識と連携した検討をしているか伺います。  

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

これについては、引き続きILCに対する住民の皆さんの不安を払拭し、さらなる理解促進を図るために、先ほど申し上げましたとおり、現段階ではまだ詳細設計ができていない部分もございまして、研究者の方々による説明が全てをカバーできる状況にあるとは思っておりませんが、可能な範囲で研究者による説明会や意見交換の場を早期に設けるように、東北ILC準備室や県などの関係機関に働きかけていくこととしておりますし、これからも

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

現在は、国土交通省とJR東日本との間で磐井川橋梁のかけかえに係る協議の推移を見ているところでございまして、現時点で市民との意見交換を行える状況ではないと考えておりますが、しかるべき時期が来た段階で市民との意見交換の場を持つことは想定しているところでございます。  なお、そのほかのお尋ねにつきましては、関係部長が答弁いたします。 ○議長(槻山隆君) 黒川市民環境部長。

花巻市議会 2018-12-05 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

教育委員会教育部長(布臺一郎君) ただいまの御質問の趣旨につきましてはおっしゃるとおりだと思いますので、こういった基準の改正等に当たりましては育成事業者の皆様と意見交換をしながら進めてまいりたいと考えております。 ○議長(小原雅道君) 櫻井肇君。

花巻市議会 2018-12-04 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

今後におきまして、生産者が意欲を持って主食用米の生産に取り組むことができるよう、生産コストを低減させるため、担い手同士の農地の利用権の交換など、農地の集約化を進めるとともに、生産性の向上や経営コスト削減を図るため、農業ロボット技術情報通信技術(ICT)機器の導入に向けた環境整備や稲体強化に効果のあるケイ酸を含む土壌改良資材の投入経費に対する助成、これを引き続き行うなど、米の産地として需要を見きわめながら

花巻市議会 2018-12-03 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

それから、法人後見として取り組んでいる社会福祉議会あるいは一般社団法人しんきん成年後見サポート花巻の2つの団体と花巻市がどのような情報交換、意見交換をし、連携をしているのか、お伺いをしたいと思います。  4点目でありますけれども、成年後見制度利用支援事業として、花巻市では対象者を市長の申し立てに限ると実施要綱で定めて、平成18年3月31日に告示しているわけであります。

一関市議会 2018-12-01 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書

 (2) NECプラットフォームズ活鼕ヨ事業所の今年度末をもっ   ての事業所廃止に伴い、今後の一ノ関駅周辺の整備や自   由通路の整備をどのように考えているのか  (3) JR東日本との協議の進捗状況は  (4) 一ノ関駅東西自由通路の整備は、今後駅周辺整備の中   心課題と考えるが、地域住民との協議・意見交換