運営者 Bitlet 姉妹サービス
286件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月14日−05号 これについては、まだ災害復旧事業が完了していないこと、それから、復旧工事に伴う井戸の廃止などもあります。  それから、被災以前の市街地につきましては、国が定める消防水利の基準を上回る数の消火栓等が設置されておりました。しかしながら、復旧工事に合わせて消防水利の基準を満たす数ということで、以前よりは減っていることが一番の要因と考えております。   もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 復旧方法について、当初から数案の提案を行い、経済的で、早急に復旧が可能かつ維持管理が容易な各家庭個別の井戸ポンプでの復旧方法が採用されております。  なお、まことに申しわけないんですけれども、当時、中村地区の自家用飲料施設への被害の連絡は、当所のほうには入っておりませんで、状況については把握できておりません。 ○議長(佐々木義昭君) 古川愛明君。 もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) そこで、井戸等の自家水源利用世帯の水質検査について、方法と費用負担はどのように行われているのかお伺いします。  以上で登壇での質問を終えます。  ありがとうございました。 ○議長(槻山隆君) 岩渕典仁君の質問に対する答弁を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 岩渕典仁議員の質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-03-15 一関市議会 第65回定例会 平成30年 3月(第5号 3月15日) 27ページとなりますが、4款2項1目清掃総務費の財源振替につきましては、一関地区広域行政組合が実施した大東清掃センター2号井戸整備事業費分など、広域行政組合への分担金に地方債を充当するため財源振替を行うものであります。  28ページをお開き願います。   もっと読む
2018-03-15 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号 そのほかに、この実施設計の歩道ですね、これは朝日橋と井戸向橋と両方やるということでやっていまして、その結果、一気にできるのか、やはり一つ一つになるのか、その件は今後の検討になると。その中で、やはり特に危険なほうを優先的にするということは場合によってはあるということだと思います。 もっと読む
2018-03-08 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月08日−04号 一方で、釜石市の職員は、釜石市という自治体の井戸の中、つまり現状に満足しているところも見受けられるのではないかと私は感じております。現在、釜石の任期付採用の民間経験者が民間の人材育成システムを当市に組み込み、育成に取り組んでいると聞いており、よいことだと感じておりますが、さらにある派遣されている職員の地元の自治体での取り組みを聞くことができましたので、御紹介したいと思います。 もっと読む
2017-09-07 大船渡市議会 平成29年  第3回 定例会-09月07日−市政に対する一般質問−03号 そういった場合にはやはりある程度支援をしてあげる、井戸を掘り直すなり、あるいは配管を引き直すなりの支援をしてあげて、お宅までには物すごい経費がかかって市の上水道は来られないから、支援をするからこれで何とかというふうな、同じ市民としてたまたま山のほうにいたから知りませんよではちょっと気の毒なのではないのかなと思うのです。 もっと読む
2017-06-19 一関市議会 第61回定例会 平成29年 6月(第4号 6月19日) 2点目、飲用井戸等整備事業補助金制度の拡充など、未普及地域の解消に向けた今後の対応についてお伺いをいたします。  以上、壇上からの質問といたします。  御清聴ありがとうございました。 ○議長(千葉大作君) 小山雄幸君の質問に対する答弁を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 小山雄幸議員の質問にお答えいたします。   もっと読む
2017-06-16 大船渡市議会 平成29年  第2回 定例会-06月16日−市政に対する一般質問−04号 しかし、平成29年、ことしの3月の第1回定例議会の私の一般質問で浄水処理費用について、前水道事業所長は、第2浄水場は7円パーリットル、第3浄水場は13円パーリットルで費用がかかり、井戸を掘って、その水に塩素を入れて流していますので、最高に安い価格でやっておりますとの答弁でございました。 もっと読む
2017-06-16 大船渡市議会 平成29年  第2回 定例会-06月16日−市政に対する一般質問−04号 しかし、平成29年、ことしの3月の第1回定例議会の私の一般質問で浄水処理費用について、前水道事業所長は、第2浄水場は7円パーリットル、第3浄水場は13円パーリットルで費用がかかり、井戸を掘って、その水に塩素を入れて流していますので、最高に安い価格でやっておりますとの答弁でございました。 もっと読む
2017-03-15 雫石町議会 平成29年  予算特別委員会-03月15日−01号 ◆4番(岩持清美君) よくわからないけれども、川井林業があそこに井戸を掘って使っているというのからお金を取っているということですか。 ○委員長(杉澤敏明君) 総務課長。 ◎総務課長(高橋啓二君) はい、そのとおりでございます。 ○委員長(杉澤敏明君) 4番。 もっと読む
2017-03-15 雫石町議会 平成29年  予算特別委員会-03月15日−01号 ◆4番(岩持清美君) よくわからないけれども、川井林業があそこに井戸を掘って使っているというのからお金を取っているということですか。 ○委員長(杉澤敏明君) 総務課長。 ◎総務課長(高橋啓二君) はい、そのとおりでございます。 ○委員長(杉澤敏明君) 4番。 もっと読む
2017-03-13 滝沢市議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会第3専門委員会-03月13日−01号 内容といたしましては、パイプハウス4棟、そのほか電気とか井戸の設備の関係がございましたので、その辺も含めた申請ということで、こういう予算の範囲内で補助してまいりたいと考えております。現在は、その1経営体のみの申請でございます。この内容につきましても、県のほうとも十分協議しながら進めてきたところであります。  以上でございます。 ○委員長(桜井博義君) 日向清一委員。 もっと読む
2017-03-13 滝沢市議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会第3専門委員会-03月13日−予算審査−01号 内容といたしましては、パイプハウス4棟、そのほか電気とか井戸の設備の関係がございましたので、その辺も含めた申請ということで、こういう予算の範囲内で補助してまいりたいと考えております。現在は、その1経営体のみの申請でございます。この内容につきましても、県のほうとも十分協議しながら進めてきたところであります。  以上でございます。 ○委員長(桜井博義君) 日向清一委員。 もっと読む
2017-03-07 滝沢市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 この場合、浸透場所と井戸の距離など一定の制限もありますが、技術や機器の性能も向上してきており、できるだけ多くの方々が浄化槽をご利用できるよう、保健所や施工業者などと連携の上、普及啓発に努めてまいります。  次に、一人一人が学ぶ喜びを実感できるまちを目指しますについてのご質問にお答えいたします。 もっと読む
2017-03-07 滝沢市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 この場合、浸透場所と井戸の距離など一定の制限もありますが、技術や機器の性能も向上してきており、できるだけ多くの方々が浄化槽をご利用できるよう、保健所や施工業者などと連携の上、普及啓発に努めてまいります。  次に、一人一人が学ぶ喜びを実感できるまちを目指しますについてのご質問にお答えいたします。 もっと読む
2017-03-06 金ケ崎町議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−03号 個人住宅の自家用井戸については水道法が適用されていないことから、水質検査の義務はございませんが、厚生労働省は国民の健康を守る立場から、自家用井戸についても衛生対策として水質検査を自主的に受けることを進めており、住民に対する直接の指導は保健所が行っていると、こういうところでございます。  生活環境課では、今年度地区懇談会で要望のありました細野地区におきまして水質検査を実施いたしました。 もっと読む
2017-03-03 大船渡市議会 平成29年  第1回 定例会-03月03日−市政に対する一般質問−04号 これを岸のほうで井戸を掘って伏流水とか浸透水にしたら、リスクが大分取れるのではないかと、影響が緩和できるのではないかというふうに思うのですけれども、見解をお願いします。 ○議長(熊谷昭浩君) 水道事業所長。 ◎水道事業所長(中井吉隆君) 議員さんのおっしゃることもわかりますが、現実に今現在全く河床に置いているわけではございません。河床より3メーター50ほど下に入れております。 もっと読む
2016-12-16 大船渡市議会 平成28年  第4回 定例会-12月16日−市政に対する一般質問−04号 議員御指摘のポンプ施設の多用により水道使用者の負担増が生じるとの懸念についてでありますが、現在当市の上水道事業におきましては、井戸等の水源から水をくみ上げ、浄化した水を一旦ポンプ等で高台の配水池に送り、自然流下により給水する方法を採用しております。 もっと読む
2016-12-07 陸前高田市議会 平成28年  第4回 定例会-12月07日−一般質問−04号 井戸を利用している場合もありますが、多くは沢水や地下水、伏流水を使って飲料水や生活用水を確保しています。日ごろの維持管理だけではなく、冬場や大雨のときの見回りなど、高齢化などが進み大変な苦労があるようです。市では、こうした未給水区域の実情をどのように把握しているのでしょうか。こうした地域では、貯水タンクの設置や送水管の配備など、さまざまな工夫が施されています。 もっと読む