5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

奥州市議会 2015-03-09 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月09日−06号

考え方といたしましては、まず配偶者の捉え方が一つ、いわゆる世帯分離している配偶者をどう把握していくのか、戸籍謄本等を取り寄せたりとかという必要もありますし、事実についてはどのような扱いにするのかとか、それから預貯金の把握というのも27年8月からするわけですけれども、その預貯金等というのは何かといいますと、普通預金、定期預金の貯金とか、それから有価証券株式、国債、地方債、社債などというふうに言われております

滝沢市議会 2014-02-17 平成26年  2月 定例会-02月17日−一般質問・議案説明・質疑・討論・採決−01号

次に、受給者に対するチェック体制についてでありますが、児童扶養手当法施行規則第4条の規定により、児童扶養手当の受給者は毎年8月中に対象児童の監督、保護の状況や公的年金等の受給状況、所得状況等を記入した児童扶養手当現況届を提出することを義務づけられており、当該現況届の提出時に事実等の有無について必ず確認しております。  

滝沢市議会 2000-06-07 平成12年  6月 定例会(第10回)-06月07日−一般質問−02号

中には、もろもろの事情から入籍をしないで同居をしている、いわゆる事実、こういう方々もあるでありましょう。このようなデリケートな問題にもずかずかとこの国勢調査は入り込んでくるのであります。1980年の国勢調査では、私生活に余りにも立ち入り過ぎるという、こういう批判が起きて、結婚年齢とか、出生児の数の項目は削られました。

  • 1