163件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北上市議会 2019-06-21 06月21日-04号

今後、南海トラフ地震や再び三陸宮城沖地震、その他経験のない大災害可能性もあり、自治体においての備蓄のより一層の推進が求められております。予算的な制約もあることから、多様化しているアレルギー全ての対応として、特に食物アレルギーは多様であり、アレルギー表示対象となっている27品目以外にもアレルギーが存在しております。

釜石市議会 2019-06-18 06月18日-02号

そして、この沖には何もないということから、ぜひ釜石沖に、三陸に来る船の例えば掃海艇にしろ何にしろ、緊急避難港ということでどうなんでしょうかということなんですが、市長の考えとすれば、どうでしょうか。最後に、時間ありませんが、よろしく……。 ○議長(佐々木義昭君) 市長、1分半でございますので、その間でおさめてください。

釜石市議会 2018-12-13 12月13日-04号

また、足元では、三陸でとれた魚を冷凍コンテナで輸出する際に欠かせない電源施設の増強に向けて調整中とのお話を伺っております。この流れを絶やさないためにも、県及び国とのコンタクトを密にし、使用者が望む使いやすい港へと誘導し、外国の港を含めた競争に勝ち抜いていく道筋を描いていただくことをお願いして、港湾に関する質問を終了いたします。 壇上からの質問を終わります。御清聴ありがとうございました。

一関市議会 2018-12-10 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日)

壇上からの質問の中でマグニチュード6.0以上は東北で52回と申し上げましたが、三陸、岩手県、宮城県を見ますと28回と54%を占めております。  そのような中、戸建て住宅などの小規模建物を含む、基本的に全ての旧耐震基準建築物が、既存耐震適格建築物として新耐震基準耐震診断を行うべき努力義務対象となっております。  

大船渡市議会 2018-06-21 06月21日-03号

大船渡港の特徴として、岩手県内最大級海上貨物取扱量で229万トンを数えること、国際フィーダーコンテナ定期航路を開設していること、「飛鳥Ⅱ」や「にっぽん丸」、「ぱしふぃっくびいなす」などの大型客船寄港地であること、また水産業においては世界3大漁場としての三陸を控え、水産業基幹産業であること、そのほかに全国住みたい街ランキングで全国58位、東北5位であることであります。  

大船渡市議会 2016-03-02 03月02日-03号

このほか、近年の不漁要因としては、放流された稚魚が海流の影響等によりオホーツク海に至る前に死滅している可能性や、サケ成魚三陸水温が高いために三陸沿岸に近寄ることができないことなどが要因として考えられておりますが、原因の特定には至っていない状況であります。  次に、(2)、サケ不漁市内経済に及ぼした影響について答弁申し上げます。

釜石市議会 2014-12-18 12月18日-05号

そうした一連の流れの中で、岩手大学、今まで工学部とか、あるいは農学部として大いに発展をしてきたわけでございますが、今回の震災を契機に、実は岩手には三陸があると、その三大漁場三陸もあるというようなことに強い視点を設けたところでございまして、この岩手水産業のために大学としてもぜひ協力をしたいというような思いから、さまざまな取り組みをしてきた経過があります。

金ケ崎町議会 2014-06-06 06月06日-01号

三陸の北部は、前回の地震発生から既に800年から900年、先ほどは1,000年に1度という大震災がありましたけれども、これもプレートが違うからかもしれませんが、もう既に800年、900年が経過したということは、空白となっていることでそろそろかなという怖さを持っております。

陸前高田市議会 2013-12-11 12月11日-03号

初めに、台風26号の被害状況をどのように把握しているかについてでありますが、10月11日にマリアナ諸島付近で発生した台風26号は、大型で強い勢力を保ったまま日本に近づき、10月16日午後、三陸で温帯低気圧に変わりました。この台風により、高田町から広田町にかけて強風により野菜や果物、ビニールハウス被害が発生したところであります。

一関市議会 2013-10-18 第45回臨時会 平成25年10月(第2号10月18日)

台風26号に伴う被害及び応急対策等についてでございますが、10月16日に三陸を北上した台風26号について、市では同日の午前3時22分暴風警報の発表に伴い災害警戒本部、支部を設置し、雨量、河川水位、風速などの情報収集警戒巡視を行うとともに、市のホームページやFMあすもなどで市民への広報、周知に当たりました。