136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

陸前高田市議会 2021-02-25 02月25日-01号

また、広域道路ネットワーク構築に向けて、国道343号、主要地方道気仙沼陸前高田線及び一般県道世田米矢作線改良について関係機関へ引き続き要望してまいります。  公共交通につきましては、中心市街地における新たな道路供用開始や、市民の皆様の要望に即した路線、ダイヤの見直しを行うことにより、速達性利便性の向上を図ってまいります。  

花巻市議会 2020-12-07 12月07日-02号

その後、当市においては立地適正化計画策定を契機に、平成26年度には都市計画廃止を保留しておりまして、平成29年度及び平成30年度、平成31年3月までです、花巻地区合同庁舎から西側の一般県道花巻和賀線との交差点までの約330メートルについての都市計画決定に基づく道路整備について、一生懸命検討を進めたところでございますが、前にもお話し申し上げたとおり、技術的、また費用的にも困難との結論から、この区間については

二戸市議会 2020-09-07 09月07日-一般質問-02号

そのほか、市役所の上り坂の途中にくつろぎベンチ設置市道村松線橋場地区からの長い上り坂には高齢者のための手すりを設置し、坂の中間付近には小休憩所用ベンチ設置川原橋船場地区側に下げて座るタイプのベンチ設置、駅に上る一般県道二戸停車場線歩道には、中腰で休むサポートベンチが5基設置されております。

奥州市議会 2020-09-01 09月01日-02号

さて、一般県道梁川玉里線は、奥州市江刺玉里を起点として江刺梁川一般国道107号線に至る道路であり、平成24年度に開通した東北横断自動車道釜石秋田線江刺田瀬インターアクセス道路の機能を担っております。江刺梁川舘下地内の区間は、江刺田瀬インター開通に伴い本路線交通量が大幅に増加していますが、当該区間は沿道に住居が連檐する幅員の狭い1車線区間となっております。

奥州市議会 2020-06-10 06月10日-03号

仮称)新金ケ崎大橋新設見通しと取組みについてでありますが、一般県道江刺金ケ崎線北上川に架かる現在の金ケ崎橋は、生活、産業、経済に重要な役割を果たしている橋でありますが、昭和36年の供用開始以来60年近くが経過、老朽化が進み、また幅員も狭く歩道もないことから、大型車両の擦れ違いや歩行者や自転車の通行が危険な状況となっております。 

釜石市議会 2019-12-09 12月09日-01号

この議案は、新たに39路線市道に認定しようとするもので、その内容釜石都市計画片岸地区被災市街地復興土地区画整理事業による道路整備に伴い、認定する片岸10号線から片岸47号線までの38路線一般県道唐丹日頃市線及び一般県道吉浜荒川線改築工事に伴い、一般県道唐丹日頃市線及び一般県道吉浜荒川線の一部を市道として引き受けることから市道に認定する上荒川線となっております。 

一関市議会 2019-12-03 第72回定例会 令和元年12月(第1号12月 3日)

まず、3の事故の概要についてでありますが、令和元年9月7日午前7時39分ごろ、大東町沖田字霞沢地内において、市営バス運行管理業務委託業者運転手が、市営バス一般県道沖田渋民線沖田方面から渋民方面走行中、対向車両センターラインを越えて走行してきたため、衝突を回避しようと急ブレーキをかけて停車をした際、乗客2名のうち1名が前の座席に膝を打ち、診察費用等の損害を与えたものであります。  

陸前高田市議会 2019-10-08 10月08日-02号

また、本年6月26日に発生した落石事故により、一般県道世田米矢作線全面通行どめを受け、生出地区へのアクセスに支障を生じたことから、地域の安全、安心な暮らしの確保を図るため、翌27日、当時の伊藤明彦市議会議長とともに、岩手県への緊急要望を行い、平常時、災害時を問わず、基幹的な道路としての早期安全対策を含む抜本的な改良整備について要望書を提出してきたところでございます。  

釜石市議会 2019-06-10 06月10日-01号

この議案は、新たに4路線市道に認定しようとするもので、その内容は、根浜地区に係る根浜地集団移転跡地整備事業による道路整備に伴い認定する根浜2号線、根浜4号線、一般県道吉里吉里釜石線改築工事に伴い、一般県道吉里吉里釜石線の一部を市道として引き受けることから市道に認定する片岸9号線、室浜12号線となっております。 

金ケ崎町議会 2019-06-05 06月05日-01号

一般県道久田笹長根線六原地区の動植物の保全についてでございますが、当該路線工事区域内には希少生物が生息しているとのことから、事業主体である県南広域振興局土木部におきまして、平成30年度に環境調査を実施しております。調査結果に基づく希少生物保全対応内容については、平成31年2月に関係地権者説明会を開催したところでございます。