111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-09-26 第71回定例会 令和元年 9月(第5号 9月26日)

地元業者が生き生きと働き、リフォームしたいと願っている多くの市民に寄り添い、喜ばれる事業になるよう見直しを求めるものであります。  地産外商を促進するとして1,035万円の支出を決定しております。  その多くが首都圏での地産外商の取り組みであり、839万円の支出がございました。  大きな事業支出となっておりますが、取り組みによって生産物の産地化の拡大が図られた状況ではありません。  

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

次に、住宅リフォーム助成事業の拡充について質問いたします。  当市が緊急経済対策事業として実施した住宅リフォーム助成事業は、多くの地元業者がかかわったことから、地元業者の仕事興しに貢献した事業となりました。  この経済効果は、10倍から17倍、多いときは20倍とも報告されました。  しかも、取り組みいかんでは地域循環型の経済効果も大いに期待できる事業でありました。  

一関市議会 2019-03-15 第69回定例会 平成31年 3月(第5号 3月15日)

しかも、この子ども・高齢者いきいき住宅支援事業は、従来あった住宅リフォーム事業を廃止し、対象を子育て世帯高齢者世帯、多世代同居世帯に限定して予算を縮小させました。  当市が実施してきた住宅リフォーム事業は、平成28年度の助成額で2,100万円、経済波及効果は23倍の5億円近い事業規模で費用対効果抜群の事業でした。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

しかしながら、それは根本的な解決までには至っておらず、その他の対策としては、床へカーペットを敷くことや壁への吸音材の設置なども考えられますが、抜本的な改修には多額の費用を要することから、現在、他の自治体百貨店などの建物をリフォームして、庁舎や会議室として利用している事例がございますので、それらの事例を調査するなど、効果的な対策について研究しているところでございます。  

一関市議会 2018-12-01 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書

  えていくのか求めたが、その後も同じ対応をとるのか  (2) リスクに対する市の対応を示せる時期が決定後では不   安であることから、市民生活に影響がある場合の対応につ   いて伺う 2 住宅支援補助金事業の見直しについて   子ども・高齢者いきいき住宅支援補助金事業は緊急経済  対策住宅リフォーム

陸前高田市議会 2018-10-25 10月25日-06号

市内建設業の仕事起こし、市民の快適な暮らしにスマイルリフォーム助成が1年間に32件、894万円の実施、今年度はさらに1,000万円増額補正されました。  海に目を向ければ、貝毒被害で苦しむ漁業者に水産物自主検査166万円など、3本立てで漁業支援を行ったのは、全国で本市だけでした。  

一関市議会 2018-09-21 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日)

4つ目に、地域経済に大きく貢献していた住宅リフォーム制度平成29年度で廃止をいたしました。  関係する多くの事業者と、あるいはそれらを利用する市民にとってマイナスになることは明らかです。  住宅修繕、水道、浄化槽設置など、地元の工事が大きくふえている中で、これらに従事した企業からは心配が起きています。  決算審査分科会でもそのことが指摘をされました。  

一関市議会 2018-03-15 第65回定例会 平成30年 3月(第5号 3月15日)

今、県内各地で行われている住宅リフォーム事業は2倍、10倍もの経済効果があり、地域経済に好影響を与えることと立証済みでございます。  一般質問でも触れましたとおり、仙台国税局は公表しました。  市内業者の所得70万円以下の割合は43.7%、所得100万円以下になると53%に達しています。  多くの市内業者は、慢性的な経営難になっています。  

一関市議会 2017-12-07 第64回定例会 平成29年12月(第2号12月 7日)

最後の質問は、住宅リフォームへの助成事業についてであります。  緊急経済対策としての住宅リフォーム助成事業を今年度で終了するとしています。  御存じのとおり、平成22年6月からスタートしたこの事業は、補助金1億5,000万円に対して34億4,000万円の工事額となっており、交付額の23倍の工事が生まれました。  

一関市議会 2017-12-01 平成29年第64回定例会 平成29年12月 質問通告書

保険制度と比べても、高すぎる国保税との認識があ   るか  (2) あるとするなら、あらゆる軽減、支援策をとるべきである   対応策について伺う 2 市水道施設の民間委託について   最も安心、安全が求められる水道事業、なぜ市水道の施  設管理を民間委託とするのか改めて伺う   3 住宅リフォーム

一関市議会 2017-10-20 第63回臨時会 平成29年10月(第2号10月20日)

8款5項2目建築指導費の緊急経済対策住宅リフォーム助成事業につきましては、住宅所有者がみずから居住する住宅リフォームする場合に、その経費の一部を商品券により助成するものでありますが、当初の見込みを上回る申請が見込まれますことから、今後の需要に備えるため、増額しようとするものであります。  

一関市議会 2017-08-21 第62回定例会 平成29年 9月(第3号 8月21日)

最初に、住宅リフォーム助成事業への対応について質問いたします。  一関市は、緊急経済対策として、経済効果が非常に期待される住宅リフォーム助成事業を実施してまいりました。  建築工事は、関連産業が大変多くかかわり、裾野が広いこと、さらに地元業者に限定することにより、より経済効果が期待できることから、多くの自治体が取り組んでおります。