運営者 Bitlet 姉妹サービス
1243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 市民が不安だとしているリスクに関しては、丁寧な説明と対策、対応が最も大事な取り組みであります。  それが、市長の口から言えないとか、市の対応を示せる時期が決定後ではますます不安であり、事業を進める市長への不信感にもつながりかねません。  そこで、誘致が決定したあとに市民生活に影響がある、リスクの不安が完全に解消できない場合は、事業の中止も含めて対応するのかお伺いします。   もっと読む
2018-12-07 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日) また、一関市を元気にするという取り組みの中で、返礼品を扱う業者に対して今回、返戻率を少し見直したところもございまして、新たに募集をかけたところでございますが、そういった取り組みの中で扱う業者をふやす、また、大きなロットではなくても、低いリスクの中でこのふるさと納税の返礼品を扱えるというようなことで、雇用が生まれたり市内に経済効果が生まれればいいなという考えのもと、今、そういった取り組みを進めているところでございます もっと読む
2018-12-06 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日) 今まで手つかずであった森林の間伐の実施でありますとか、伐採後の再造林が促進されることによって地域経済の活性化に寄与することや、土砂災害などの発生リスク低減についても期待されているところでございます。  一方で、法律が施行された後に直ちにその効果が現れるものではございませんので、まずは林業従事者の確保を図っていくことが最重要と考えているところでございます。   もっと読む
2018-12-01 一関市議会 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書 市長 市長 16 藤野秋男 (40分) 1 国際リニアコライダー(ILC)への対応について  (1) 9月議会において、リスク もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) その方々がことし1月に達増知事に対し、多くのリスクを具体的に挙げて県民に情報発信するよう提言を提出しています。  一関市は立地自治体候補地として正確な情報提供を行うべきだということを指摘しておきたいと思います。  最後の13番目、投票所大幅削減は投票率減少を招きました。  「おらだ年寄りは選挙に行かなくてもいいんだべか」という嘆きの声も聞こえました。   もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 プロジェクト期間は、2016年度から2019年度までで、社会の中のさまざまな危機について、リスクをチャンスに転じていく対応メカニズムを解明し、危機に対応する人々、しない人々の行動特性や人々の行動・意識に影響を及ぼす社会条件などについての実証分析を行っております。   もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) リスクも抱えますし、そういったものに対して支援をしていくということで、最低でも今お話があった20件くらいの支援、予算枠は必要ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。 ○議長(槻山隆君) 森本商工労働部長。 もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) その一方で、学術的意義には理解を示しつつも、市民生活に対するリスクを心配する声も出てきております。  その最大のきっかけは、有識者会議や野村総合研究所による計画に関する規制・リスク等の調査結果分析の報告書であります。  また、指摘されたリスクの重大さに、ILC誘致を考える会の皆さんが市長に対して公開質問状を提出しております。  ILCは、事業費からしても非常に大きな事業でございます。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 妊娠届け出の状況なんですけれども、29年度には183件届け出がありまして、転入とかもありますので、訪問に関してはもう少し多くなるところですが、妊婦さんの助産師さんに訪問していただく件数としましては、若年者の妊婦さんとか、それから届け出が遅かった妊婦さん、それから養育環境等に不安がある妊婦さん等のハイリスク者を中心に優先して訪問対応していただくような形で考えております。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 そこで、一部の先進的な自治体では、胃がんリスク検診というものを導入しております。これは、ピロリ菌感染の有無等も調べて、グループ分けをして、そして、いずれかが陽性であれば内視鏡検査を受け、胃炎があれば保険適用で除菌治療を行います。神奈川県横須賀市でも、2012年からバリウム検査を全廃して、胃がんリスク検診を導入いたしました。 もっと読む
2018-06-20 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月20日−03号 また、最近、震災以降特になんですけれども、新たにアパート経営をなされる方々も多くいらっしゃいますけれども、こうした方々の中では、将来のリスクを少なくするために、極めて短い期間で建設費を償還しようという方が多くいらっしゃるというのも伺っております。したがいまして、その分の負担が家賃のほうにはね返っているというのもあるのかなというふうには考えております。 ○議長(佐々木義昭君) 大林正英君。 もっと読む
2018-06-20 紫波町議会 平成30年  6月 予算決算常任委員会(6月会議)-06月20日−01号 ◆作山委員 この執行に関してでございますけれども、現在、債務超過になっているということでありまして、風評リスクが若干伴っているのかなと思います。  やはり、この2,500万円に対してはいろいろと第3セクターに関する特別委員会でも調査してきましたし、今後とも調査していかなければならないとは思っておりますけれども、風評リスクが一番怖いと思ってございます。 もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 教育委員会といたしましては、今後も目視点検や空気中の石綿粉塵濃度の測定調査を実施しまして、確実な安全確認を行ってまいりますとともに、議員がおっしゃるとおり抜本的な対策、対応というのは、アスベストの建材の除去、撤去になるかと思いますが、除去に関しましてはリスクを伴う可能性もありますことから、そういったさまざまなリスクを総合的に勘案して、今後真摯にその対応、具体について検討してまいりたいと考えております もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 国際連合大学が世界171カ国を対象に、自然災害に見舞われる可能性や対処能力を評価した世界リスク報告書2016年版によると、日本が自然災害に見舞われる可能性は4位となっておりますが、インフラ整備や対処能力、適応能力が評価され、17位となっております。  先進国では、アメリカの127位、イギリス131位、フランス152位などで、日本は際立って高くなっております。   もっと読む
2018-06-15 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日) ごみを焼却すればリスクはゼロにはならない、迷惑施設と言われるゆえんです。  燃やすごみの量を減らしてこそ、排出される有害物質の量も減ります。  このことが何よりも大事ではないでしょうか。  市民の健康と環境を守るためにも、ごみの減量に努めることが自治体の責務です。  そのためにも、市民の協力を得て、将来的にはごみ焼却ゼロを見据えて取り組むことが重要と考えます。   もっと読む
2018-06-14 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日) 保菌者が除菌した場合のリスクについて、重篤な副作用がないと以前に伺いましたが、市民に副作用があることを知っていただくことは重要と考えますが、その周知などの対応についても伺います。  大きな質問の3つ目は、加妻川の治水対策についてでありますが、その前に、きょうは、岩手・宮城内陸地震から10年目となりました。  けさ、8時43分、地震発生の時刻にシェイクアウト訓練を私も行いました。   もっと読む
2018-06-01 一関市議会 平成30年第66回定例会 平成30年 6月 質問通告書 所見を伺う 2 ピロリ菌検査の今後の進め方について  (1) 今年度ピロリ菌検査事業を新規事業として実施すること   を決定しているが、この事業の今後の進め方を伺う  (2) 中学3年生の進め方の詳細について伺う  (3) 中学3年生のピロリ菌保菌者の対応について伺う  (4) 保菌者が除菌をした場合のリスク もっと読む
2018-03-16 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−04号 ◆(高橋浩君) 私も多分、浄化槽のお話をなさるのではないかなと思っていたのですが、現実に今までの歴史の中で、もちろん浄化槽というのは全然ないわけではなかったのでしょうが、それなりのリスクといいませんが、それぞれの負担の度合いとか、公共性などを考えたときは、やはり従来の手法で今日まで来たことはそれなりの評価すべきだというふうに思っていますし、将来に向けては、確かにいろいろ考えていかないといけないということはあるのだろうと もっと読む
2018-03-15 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月15日−01号 増資は、金融機関に対する町の姿勢を見せるためとおっしゃっていますけれども、姿勢を見せたいのでありましたら、町が関係する会社役員の方々がリスクを取って、その優秀な方の実績と皆さんの保障力で当面の運転資金を融資してもらえばいいのではないかと私は考えます。それを担保として町が投資をするなら理解ができます。順番が逆ではないかと私は感じております。 もっと読む
2018-03-13 釜石市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−03号 そういった中で、U・Iターンとして釜石に働きに行きたいが、公営住宅法の適用を受けないで柔軟に住宅を提供できないかといったところが発端であり、市が物件を持つとリスクもあるので、市が物件を持たずにそういった要望に応えることとして考え出したものであるので、需給バランスを見ながら、最低限で済むように、できれば、こういった政策が必要がなくなるように運用してまいりたいと思っている。 もっと読む