58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2016-09-26 第58回定例会 平成28年 9月(第5号 9月26日)

これは、放射線対策事業として教育施設等の空間線量の測定放射線低減対策としてホットスポットと言われる箇所の除染学校給食の食材及び給食、農林産物の放射性物質測定を行い、暮らしの安全・安心と農林業の再生に向けた取り組みでありました。  第2点目は、子育て世代への支援と人口減少社会への対応であります。  

一関市議会 2016-06-17 第57回定例会 平成28年 6月(第3号 6月17日)

しかし、現在、20メートルを超えて除染することが可能となるようなガイドラインの改正を国は予定していると聞いていますが、実施可能な範囲が福島県避難指示区域やホットスポットなど限定的な範囲であり、広範囲に及ぶものではないと予想され、法令に基づかず独自に実施する事業に対し、東京電力が賠償の対象に含めることは、これまでの協議から期待できないところであります。  

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

市民環境部長(佐藤福君) 飛行機からの調査は、議員おっしゃったように5年前ということでございますけれども、生活環境における調査につきましては、毎年ホットスポットの調査、側溝のサンプル調査、学校周辺の調査、あとは毎日ですけれども消防署の調査、そういうことは常にやっております。  そういうことで、現在の放射能の汚染状況については、皆さんにも公表しながら把握しているということでございます。  

一関市議会 2015-06-19 第52回定例会 平成27年 6月(第3号 6月19日)

現在は、局所的に放射線量が高いホットスポットへの対応や、国から処理方針をいまだ示されないまま、堆積したままの状態となっている側溝土砂の課題等に取り組んでいるところであります。  また、放射性物質により汚染された農林業系廃棄物のうち牧草については、一般廃棄物との混焼を進めているところであります。  

一関市議会 2014-09-01 平成26年第49回定例会 平成26年 9月 質問通告書

りの背景を重視・明確化   (3)日程重複の改善   (4)内容の見直し   (5)統廃合、持ち回り開催、隔年開催等   (6)拠点イベントと地域に身近なイベントの整理   (7)市外から集客、稼ぐイベントなどの工夫 2 側溝の土砂等生活環境放射能除染について   (1)生活環境におけるホットスポット

一関市議会 2014-06-13 第48回定例会 平成26年 6月(第3号 6月13日)

一般住宅、事業所の軒下など、極所的に放射線量が高いホットスポット除染については、昨年度に実施した調査結果に基づき、自治会地域の皆さんのご協力をいただきながら実施しているところでありますが、除染実施計画区域内で見ますと、177自治会などのうち40の自治会除染作業の取り組みを実施していただいております。  

一関市議会 2014-02-20 第47回定例会 平成26年 3月(第2号 2月20日)

ホットスポット除染につきましては、除染実施計画区域内で見ますと、177自治会などのうち36の自治会除染作業の取り組みを実施いただいておりますが、全体としては取り組みが進んでいない状況にございますことから、今後は各自治会等による除染の取り組み動向を伺いながら、地域ぐるみでの除染について、自治会長さん、あるいは行政区長さん方に改めて協力をお願いしてまいりたいと考えております。  

一関市議会 2013-09-06 第44回定例会 平成25年 9月(第5号 9月 6日)

本予算は、4月下旬から6月下旬にかけて実施いたしました除染実施計画区域内の住宅、事業所の空間放射線量調査に基づき、1メートル測定高で平均空間線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上の住宅、事業所21戸の除染のための住宅除染工事費667万9,000円と除染実施計画区域内外にかかわらず、1メートル測定高で空間線量が毎時0.23マイクロシーベルト以上となるホットスポット除染に要する資材費用として、

奥州市議会 2013-09-06 09月06日-05号

一部、先ほど市長がおっしゃいましたとおり、軒下の本当の一部、マイクロホットスポットというところの表面線量の部分で超えている箇所については2カ所ほどござますけれども、基本的にはその生活空間という部分での放射線量としての見方をすれば、全て0.23マイクロシーベルトを下回っている、もう0.2マイクロシーベルト以下というような状況になりつつあるという状況でございます。 

一関市議会 2013-08-21 第44回定例会 平成25年 9月(第2号 8月21日)

今後、9月以降、ホットスポット除染の関係で説明会というものを開催しようと計画しております。  まず、自治会長、あるいは行政区長さん方にご説明を申し上げて、その後に各集落単位での説明会について、お諮りしながら開催をしようと考えておりますので、その際にただいまお話のありました放射能に関する基本的な事項につきまして、ご説明をするような場を設けたいというふうに考えております。

一関市議会 2013-06-17 第43回定例会 平成25年 6月(第4号 6月17日)

総数で4,511カ所となっているなど、平均空間線量の高低にかかわらず、少なくとも一戸当たりに1カ所はホットスポット存在している状況であります。  このような状況からみますと、ホットスポットは対象戸数2万3,278戸に対し4,350戸程度に存在することが予想され、また今回調査対象としていない除染実施計画の区域外においても少なからずこのホットスポット存在しているのではないかと考えられます。  

一関市議会 2013-06-14 第43回定例会 平成25年 6月(第3号 6月14日)

一関市ホットスポット地域をかかえ、国から汚染状況重点調査地域指定を受け、今まさに市の重点課題である除染について対応しなければならない状況にあり、道路側溝等の除染作業の土砂上げを実施するに際して、国が明確な指針を示さない中で市は汚染土壌等の一時保管場所の設置などに関して、市民の理解と協力を得なければならないと思いますが、それらの確保に向けて、具体的な展開がなされているかどうか、現状を伺います。