12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

花巻市議会 2014-12-08 花巻市議会 会議録 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月08日−02号

トクホ飲料に限らず、健康食品サプリメントの人気は根強く、市場規模も拡大傾向にあるようです。昨年は約1兆8,400億円だった健康食品市場規模が平成29年には約2兆1,450億円まで成長するという予想もあります。特にことしは健康食品に関する規制緩和が進められており、さらなる成長を後押しするといわれています。

釜石市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第3号)-06月20日−05号

水産科学というお話でしたけれども、多分過去に取り組んでおったワカメからペプチドをとったりだとか、今市内企業さんが取り組んでいるサケの白子からプロタミンだとか、もろもろ抽出して健康食品というか、サプリメントとして活用していこうという動きがあるんですけれども、それらのことを指しているのかなと思って、その関係で答弁させていただきます。  

釜石市議会 2014-03-13 平成26年  3月 定例会(第2号)-03月13日−03号

また、もう一つの水産加工の廃棄物リサイクルのほうですけれども、こちらのほうも同じように被災し、その後、平成24年12月から事業を再開しておりまして、当初は同じリサイクル事業でも魚醤関係の内容でしたけれども、震災後は内容を変えまして、健康サプリメント等の製造事業を現在行っております。 ○議長(海老原正人君) 川崎勇一さん。

二戸市議会 2010-03-09 03月09日-市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問-04号

一方AIGエムは、サーファー、サーフィンに乗る方でございますが、向けのサプリメントなど特徴ある健康食品を中心に製造販売している会社でございまして、既に一部受託生産をしている夢実耕望との連携や、自然に恵まれた良好な立地環境など進出決定の要因になったようでございます。

一関市議会 2007-12-12 第13回定例会 平成19年12月(第3号12月12日)

また、うつ病についての理解を深め、再発予防などについて学びあうことで、心の負担を軽くすることをねらいといたしまして、県では心のサプリメント教室を11月より4回開催しております。  市単独といたしましては、各地域で開催している健康教育等において、自殺予防の啓発を行っているところであります。  

一関市議会 2007-09-04 第12回定例会 平成19年9月(第2号 9月 4日)

外食産業が盛んになったことで、外食依存型、でき合い食品を食卓に運ぶだけの食品運搬型、サプリメント尊崇型など、大人の食に対する意識、感覚の麻痺などが子供の健全な心身の発育に影を投げかけていることに気づかないでいると、教育基本法の有無にかかわらず進めねば、小児メタボリックの体力、気力、欠損子供列島とか、ブラックステッカーが張り出されるやも知れないというふうに思います。  

釜石市議会 2007-03-08 平成19年  3月 定例会(第2号)-03月08日−04号

で最初にありました、この辺はちょっと順序が狂うかもしれませんけれども、二、三日前の新聞に、当局の考え方は、ホヤ、アワビ、あるいはウニ等々についてはこれからの漁業振興の一環としての頑張りを示すような決意が述べられておりますが、これは東北大学大学院の農学研究科で研究されたのは、今いろいろ問題になっております、これは世界的な問題ですが、痴呆症の問題、この痴呆症の問題についていろいろ研究した結果、ホヤサプリメント

釜石市議会 2006-06-14 平成18年  6月 定例会(第4号)-06月14日−03号

昨年、エコタウン事業の目玉として、沿岸地域から発生するワカメ、コンブ、サケ等の加工廃棄物、加工廃液等を、バイオ技術を用いてサプリメント等の原料を製造するマリンテック釜石が操業を開始しました。また、それに合わせる形で、釜石市では循環型システム実証事業を昨年度行いました。そこで、水産系廃棄物が具体的にどのように活用され、リサイクルされたのか。

二戸市議会 1983-03-03 03月03日-市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問-04号

その結果、地元企業と誘致企業の連携による五穀サプリメントや、セミナー受講生で連携したいわて短角和牛しぐれ煮弁当などが新商品として開発されたほか、商品パッケージの改良、商品展示の改善、接客の向上、衛生管理など販売戦略の改善が図られ、雇用の拡大が着実に図られたと思ってきております。 

  • 1