161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

花巻市議会 2020-03-05 03月05日-04号

問題は、ゲリラ豪雨などによる土砂災害の誘発という災害リスクの高まりであります。本市においても、このことは全く例外ではございません。過日、東和町浮田地内に設置されたメガソーラー設置箇所の一部が崩落したとの市民からのお話をいただいて現場を見てまいりましたが、大規模な崩落が起これば付近の民家に重大な被害を及ぼすことを実感してまいりました。

釜石市議会 2019-12-17 12月17日-02号

地球温暖化が叫ばれ久しいですが、近年その影響気候変調にあらわれ、台風を初め低気圧やゲリラ豪雨、夏猛暑が続き、かつて経験したことのないような気候を体感しております。また、三陸の漁業においても、そのことは顕著にあらわれております。 これまでとれていた三陸特産の魚が揚がらず、余りとれなかった南方系の魚が揚がるというような傾向があらわれております。

陸前高田市議会 2019-12-04 12月04日-03号

1点目は、昨年のゲリラ豪雨、巨大台風などから命を守るための対応策を考える必要があると思うが伺います。  2点目は、気仙川などの大きな川の対策だけでなく、小さな河川対策と周辺の水害対策も必要と考えるが、どのようになっているのか伺います。  3点目は、高台造成によって以前とは排水状況が変わっているが、排水計画がどのようになっているのか伺います。  

奥州市議会 2019-12-04 12月04日-03号

今後ますますゲリラ豪雨等で増水すると、国道397号を維持、通行する方々安全面からも、また国指定史跡角塚古墳と書かれた石柱といいますか標柱といいますか、それが倒れる可能性もあるのではないかと私は考えますので、水路整備は喫緊の課題だろうというふうに思いますが、いかがでしょうか。 ○議長小野寺隆夫君) 鈴木歴史遺産課長

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

近年異常気象によりゲリラ豪雨、猛暑など、全国各地異常現象が発生しております。  日本が亜熱帯化していると言っている気象予報士もおります。  自然災害に逆らうことはできませんが、防災減災対策、取り組みを図ることはできます。  一関市のシンボルの山の一つである須川岳、イワカガミを初め多くの高山植物、新緑、紅葉、大変変化に富んだ山です。  登山者を含め、多くの方々が訪れます。  

陸前高田市議会 2019-06-21 06月21日-04号

最近全国的に過去に例のないようなゲリラ豪雨東日本大震災に匹敵するような大地震などの自然災害が見られます。そのような中で、私たちの郷土もいつ大災害が発生するか油断することはできず、むしろ不安を覚えながらの日常生活を送っているものと推察します。  当市では、市民生活を維持する上で欠かせない各種の生活道路があります。

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

昨年もそうでしたが、ことしにおいてもゲリラ豪雨、猛暑など、異常現象が発生し、日本が亜熱帯化しているのではないかと言っている専門家もおります。  昨年の夏、記録的な猛暑が続き、児童生徒熱中症が相次ぎ、愛知県豊田市では校外学習をして体調を崩した小学1年生の児童が死亡するといった事故も起きております。  一方、全国公立小中学校普通教室エアコン設置率は4割という状況にあります。  

二戸市議会 2018-12-12 12月12日-議案質疑-04号

それから、規模も、ゲリラ豪雨、いろいろなことがあります。1次避難所だけで対応できないケースがあるということで、2次、3次というふうなことがありますので、そこ全体を見て、見直しをしていかなければならないというふうに思っておりますので、そこを検討させていただきたいというふうに思います。 ○議長菅原恒雄)  田口議員。 ◆16番(田口一)  わかりました。

一関市議会 2018-12-07 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日)

近年、地球温暖化影響と見られるゲリラ豪雨、度重なる台風本土上陸線状降水帯による大雨甚大災害など、全国的に被害が起きております。  人類は自然に逆らうことはできませんが、災害を未然に防ぐ対策、手だてをとることはできます。  河川の本流はもとより、特にも支流区域河川機能が整っていないと、一たび大雨が降ると土砂堆積による氾濫、流出等が発生しやすい状況をつくり出します。  

奥州市議会 2018-12-05 12月05日-03号

これまでは災害といっても、そんなに大したことなかったんですけれども、昨今のゲリラ豪雨とか、それから本当に大雨、洪水といった、そういったような大きな災害がいつやってくるかわかりませんし、また、ここに雨が降っていなくても上流、北上川の上流のほうで大雨が降れば、こっちのほうが何時間後にも増水するというような、本当に予想つかないような災害がたくさん発生していきます。

奥州市議会 2018-09-07 09月07日-05号

ゲリラ豪雨のように短時間で危険が迫ってくる事例もふえております。市といたしましては、ハザードマップを利用して家庭や地域において防災について理解を深めていただくとともに、いざというときには速やかに自分の生命を守るための行動をとるように、避難行動の喚起、意識づけについて、引き続き呼びかけてまいりたいと考えております。 ○議長小野寺隆夫君) 26番渡辺忠議員

奥州市議会 2018-09-06 09月06日-04号

今回の災害に対して、被災者自身が費用を負担して敷地を崩壊から復旧工事を終えていますが、今後頻繁に予想されるゲリラ豪雨に対し、行政も積極的に動いていただきたいということを考えております。 つい先ほど、この被災者と地元の区長、私の3人で事業所責任者の方にお会いし、事情を説明しました。そのことは市の当局のほうにも説明しているところです。

一関市議会 2018-06-18 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日)

今や、いつゲリラ豪雨台風被害があっても不思議ではない気象条件下にあります。  この内沢川は、花泉町金沢地内を流れる河川で、平成25年に氾濫し、商業施設市民の住宅などが浸水被害を受けました。  それ以前にも幾度か水害に遭っており、そのたびに区長を通じて市に対して、河川改修の要望をしてきたところであると伺っております。  

北上市議会 2018-05-09 05月09日-01号

商工部長石川明広君) では、今後でございますが、実は今回予算の範囲内でまず議決案件の契約を進めているということでございますが、実際ここの雨水管工事につきましては、もちろん東芝メモリのことで切りかえというのも発生していますけれども、あそこのいわゆる交差点、SATOとか東鋼スチールコードとかある交差点自体が、私も気にしておりますが、前から特にいわゆるゲリラ豪雨のときの冠水がすごくて、これを当初その

釜石市議会 2018-03-09 03月09日-05号

その汐立ポンプ場が完成し、それも時間雨量50ミリ対応ということですから、本当に昨今、時間雨量100ミリなんていうのは、毎年毎年、その1回のみならず2回も3回も降るということが、いわゆるゲリラ豪雨全国で発生しておりますし、時間雨量50ミリ対応で果たして本当に浸水対策になれるのだろうかと思いますし、ただいまのこの排水ポンプ車の配備も、まさにその対症療法でしかないと。 

一関市議会 2017-12-08 第64回定例会 平成29年12月(第3号12月 8日)

森林は、木材等の資源を生み出すとともに、保水の役割、水源の涵養や近年日本各地で起きている異常気象による集中豪雨ゲリラ豪雨等による土砂崩壊などの災害に対する国土保全、そして地球温暖化防止など多面的な役割を持っております。  また、動・草植物生息環境保持役割も担っております。  山林の保全は、私たちの暮らしの安心安全にとって大切な役割を担っております。