189件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

次に、地球温暖化防止対策としての再生可能エネルギーの活用についてでありますが、太陽光発電設備のうち、出力が1,000キロワット以上のいわゆるメガソーラーについては、市が把握しているものとして、現在市内で23カ所に設置されており、また数カ所で整備計画が進められているという状況でございます。  

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

次に、大規模太陽光発電設備、いわゆるメガソーラーの現状についてでございますが、市が把握しているものとして、市内には出力が1,000キロワット以上のメガソーラーは現在23カ所設置されております。  また、メガソーラーの整備には大規模な用地確保が必要となりますが、その場所の多くは山林や原野などでございます。  

花巻市議会 2018-09-12 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−02号

その前提でお話をいたしますと、平成28年度の電力使用料につきましては、57万755キロワットアワーでございます。平成29年度におきましては54万4,824キロワットアワーでございまして、マイナス2万5,931キロワットアワーというふうになってございます。パーセントで示しますとおよそ4.5%の削減ということでございます。 ○委員長(内舘桂君) 近村晴男委員。

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

まず、出力が1,000キロワット以上の太陽光発電設備、いわゆるメガソーラーについてでございますが、太陽光発電は二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に非常に効果がありまして、地域資源有効活用につながるという点もございますことから、当市としても、資源エネルギー循環型まちづくりビジョンにおいて、一般住宅への設置、それから事業者による設置などを促進することとしているところでございます。  

一関市議会 2018-08-30 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日)

また、当市においては、本年4月に開校いたしました千厩小学校に200キロワット木材チップボイラーを設置したところでございますが、ことしの冬から稼働させることとしているところであります。  燃料供給は、市内の木質チップ事業者などで構成する一関市木材カスケード利用協働議会というものがございますが、これが中心となって安定的に供給を行う準備を進めているところでございます。  

花巻市議会 2018-06-18 花巻市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−06号

財産の仕様でありますが、除雪可能な幅は2.6メートルで、定格出力は220キロワット級、乗車定員は2名であります。最大除雪量は1時間に3,100トン、投雪距離は最大46メートルですので、道路外への投雪やダンプトラックへの積み込みをすることが可能であり、たび重なる除雪により路肩に寄せられた雪を効率的に処理できる仕様となっております。  

一関市議会 2018-06-12 第66回定例会 平成30年 6月(第1号 6月12日)

太陽光発電設備については、これまで2分の1としていたものを、1,000キロワット以上については12分の7と、風力発電設備については、これまで2分の1としていたものを20キロワット未満については12分の7と、水力発電設備については、これまで3分の1としていたものを5,000キロワット以上については2分の1と、地熱発電設備については、これまで3分の1としていたものを1,000キロワット未満については2分

北上市議会 2017-12-13 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月13日−03号

また、進捗状況については、北上市再生可能エネルギー活用推進計画で、平成32年度に目標としている再生可能エネルギーの導入量5,940万キロワットアワーに対し、平成28年度末には約5,330万キロワットアワーが導入されております。進捗率は約90%となり、順調に推移しており、計画の目標は達成できるものと考えております。  

雫石町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月11日−議案質疑・討論・採決−04号

対象となる小型風力20キロワット未満の施設については、例えば住宅から300メーター離すとか、そういうことを盛り込むことについて町長はどうお考えか、お尋ねいたします。 ○議長前田隆雄君) 町長。 ◎町長(深谷政光君) 前段の28年時点で、太陽光、場所は私も確認といいますか、わかっておりますけれども、そういう状況下は、私はその時点では本当にわかりませんでした。   

雫石町議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月05日−一般質問−03号

発電等に関しての届け出は、太陽光は出力20キロワット以上の発電事業を行う場合に、また風力発電の場合は全てですがとありますが、単なる届け出だけに終わらせるのではなく、事業計画の策定をチェックして、ガイドラインに従って順守するとともに規制事項も必要と考えます。どう示されていくのか伺いたいと思います。

雫石町議会 2017-09-14 平成29年  決算特別委員会-09月14日−02号

地域地域のことを賄っていく好循環な循環社会というのは、もう既に求められておりますので、先般町内でいろんな講演会等々も行いましたけれども、そのときにも提案をしていただいたり、今度は多分葛巻町でそういう講演会等々があるかと思いますけれども、そういうところにもまた行って、参加をしながら事例を研究して、本町で何が一番ベストなのか、バイオもそうですし、特にエネルギーの関係では岩手県内では12万3,000キロワットアワー

大船渡市議会 2017-09-06 平成29年  第3回 定例会-09月06日−市政に対する一般質問−02号

確保されている計画発電量と、国の再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づいた、1キロワットアワー当たり税抜き40円という売電単価からの推計で、人件費や維持修繕費など諸経費を控除する前の金額でありますが、年間で約8億5,000万円の事業収入が稼働後20年間にわたって見込めるものと考えております。

雫石町議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会(第7回)-09月05日−一般質問−03号

近年町内では、50キロワット未満の太陽光パネルの設置が随所に見受けられるようになりました。走っていてもよく見えるようになりました。特にも長山の街道付近は顕著であり、観光地を町は標榜しております。その町の自然景観を害しているのではないかなという声がかなり上がっております。これは、懇談会でも出ておりました。   

花巻市議会 2017-06-20 花巻市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号

その後、本格稼働され、2月1日より計画発電量の5,400キロワット発電を開始し、小売電気事業者を通じて、発電された電力を市内一般家庭を初め生協や市内19の小学校供給していると伺っております。  現在、発電に利用されている燃料材は、杉やアカマツ、カラマツとなっており、広葉樹につきましては、現在の設備では受け入れができない状況と伺っております。  

釜石市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会(第3号)-06月20日−02号

釜石広域ウインドファームは、総発電容量4万2900キロワットの風力発電施設として、平成16年12月に商業運転を開始し、現在も順調に稼働しております。拡張計画につきましては、和山牧場を中心とするエリアに、1基当たり2000キロワット級の風車を50基程度増設し、総発電容量で10万キロワット級の発電施設を計画しているものです。