205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

花巻市議会 2020-03-05 03月05日-04号

また、昨年の秋以来、石鳥谷町戸塚地内にも面積5ヘクタール、発電量2,323.20キロワットに及ぶメガソーラー設置計画が表明され、地域住民に不安を与えております。 そこで、市内の、出力メガワット以上の大規模太陽光発電設備箇所数、特に急傾斜地における設置状況現状をお伺いをいたします。 さらに、規制のための条例を設定するお考えはないかお聞きをして、登壇しての一般質問を終わります。

花巻市議会 2019-12-11 12月11日-04号

太陽光発電規模要件環境アセスメント必要性が出てくる規模要件としては、第1種事業出力4万キロワット以上、面積でいうとおよそ100ヘクタール以上と広大な場合に限定されておりますし、第2種事業でも出力3から4万キロワット、面積でいうとおよそ75から100ヘクタールと、極めて大規模事業のみが対象となっております。 

二戸市議会 2019-09-12 09月12日-一般質問-02号

岩手企業局稲庭高原風力発電所付近の民地に、民間事業者出力10キロワットの風車を22基設置する予定と聞いております。こちらについても、自然環境景観等に配慮するよう要望しているところでございます。 太陽光発電につきましては、事業用の大規模計画は平地、南向き、日当たりがよい、連担した土地などの条件を満たす用地が少ないことから、本市では計画されておりません。 

北上市議会 2019-09-10 09月10日-02号

あと、もう一点でございますけれども、アンケート調査内容でございますけれども、家庭用太陽光発電でございますけれども、これは固定価格買取制度によって普及が進んでいるというふうには考えてございますけれども、売電単価というのが平成24年度は1キロワット当たり42円、これが今現在26円と、どんどん下がっておりまして、経済的なインセンティブが非常に薄れている状況でありますけれども、このような状況ではございますけれども

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

電力会社の事情により、契約終了後の単純買い取り価格は、1キロワット当たり9円とか、これらの内容が示された後、多くのソーラーパネル設置者は落胆したのではないかと思われます。  まず、一関市内現状についてお尋ねします。  太陽光発電設置した土地について、固定資産税はどのように評価し、課税されているのかお尋ねします。  また、事業用太陽光発電設備設置敷地の総面積はどのくらいあるのでしょうか。  

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

次に、地球温暖化防止対策としての再生可能エネルギー活用についてでありますが、太陽光発電設備のうち、出力が1,000キロワット以上のいわゆるメガソーラーについては、市が把握しているものとして、現在市内で23カ所に設置されており、また数カ所で整備計画が進められているという状況でございます。  

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

次に、大規模太陽光発電設備、いわゆるメガソーラー現状についてでございますが、市が把握しているものとして、市内には出力が1,000キロワット以上のメガソーラーは現在23カ所設置されております。  また、メガソーラー整備には大規模用地確保が必要となりますが、その場所の多くは山林や原野などでございます。  

釜石市議会 2019-02-25 02月25日-01号

また、ごみ発電については、12月末での発電電力量は約1076万キロワットアワーで、そのうち電力会社への売り電量は約416万キロワットアワーとの報告がありました。 次に、地域住民にとって重要な関心事である環境対策の面では、排ガス環境測定値は良好な状態を維持していること、また、放射性物質関係測定値についても国が定める基準値を下回る結果となっており、良好な状況となっていることの報告がありました。 

雫石町議会 2018-12-18 12月18日-議案質疑・討論・採決-05号

高圧というのは、50キロワットから2,000キロワットまでの間の契約になるのですけれども、今はたしか二百何キロですか、217キロワットとか言っていましたけれども、だから廃校になった時点で用途変更しなくても契約電力は変更できるはずなのです。そうすると、今後1年間の予想をして、それで契約変更をするわけなのです。それをどうしてしなかったのか、あるいは忘れていたのか。

釜石市議会 2018-12-11 12月11日-02号

さらに、9つの数値目標が明記してあり、具体的には、地域内発電能力24万キロワット、地域内発電量のうち再生可能エネルギー割合45%、スマートコミュニティモデル構築数1件、OKはまゆりネット加入施設割合100%、65歳以上の就業者割合13.7%、認知症サポーター養成数150人、釜石市への移住世帯数10世帯、週1回以上スポーツを行った人の割合33%、釜石来訪者数(観光客入り込み数)110万人、以上

大船渡市議会 2018-09-14 09月14日-04号

企画調整課長新沼徹君) 特にこのくらいの、何キロワットとか何メガワット自然再生可能エネルギーを導入するという目標は、そういったものは立ててはございません。ただ、実績ということで申しますと、今市内再生可能エネルギー、今民間、あるいは個人を含めてですけれども、2万5,000キロワットを超える出力再生可能エネルギーが導入をされているという実績がございます。

雫石町議会 2018-09-12 09月12日-一般質問-03号

その認定量データによりますと、全国で住宅10キロワット未満、116万2,533件、53万3,000キロワットとなっております。岩手県におきましては、1万2,017件、本町ではこのデータ上では125件となっております。この認定量には、非住宅10キロワット以上のものもあるわけでありまして、その点から見れば町内で46件が別枠のデータとして記載されております。

金ケ崎町議会 2018-09-06 09月06日-01号

例えば経費の面につきましては、仮に1教室当たり設置改修等を含めて100万円と仮定した場合は、全部の幼稚園、小学校、中学校に入れた場合は1億2,000万円程度かかるのではないかという検討でありますとか、あとは3馬力程度、各教室十分に冷房を冷やすことができる能力を持つものですと、定価になりますと1台170万円ぐらいするだとか、あとはその際に冷房能力7.2キロワットの場合、消費電力は1キロワット以上かかるだとか

一関市議会 2018-08-31 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日)

まず、出力が1,000キロワット以上の太陽光発電設備、いわゆるメガソーラーについてでございますが、太陽光発電は二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に非常に効果がありまして、地域資源有効活用につながるという点もございますことから、当市としても、資源エネルギー循環型まちづくりビジョンにおいて、一般住宅への設置、それから事業者による設置などを促進することとしているところでございます。  

一関市議会 2018-08-30 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日)

また、当市においては、本年4月に開校いたしました千厩小学校に200キロワット木材チップボイラー設置したところでございますが、ことしの冬から稼働させることとしているところであります。  燃料の供給は、市内木質チップ事業者などで構成する一関木材カスケード利用協働協議会というものがございますが、これが中心となって安定的に供給を行う準備を進めているところでございます。