運営者 Bitlet 姉妹サービス
1211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日) 2008年をピークに人口減少が始まってから10年、自治体が担う医療、介護、教育、インフラ整備などの将来構想づくりは待ったなしであります。  総務省の研究会は、急速な人口減少と高齢化に伴う諸課題について、2040年ごろに迫りくる課題を内政上の危機と位置づけております。   もっと読む
2018-09-18 釜石市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号 緊急放送については、避難勧告等の発令や避難所開設など市からの緊急放送のほか、Jアラートが起動した場合の自動放送、国や県、インフラ・ライフラインの関係機関からの要請によるものがある。一般放送については、不特定多数の人に関係している内容で、広報等では時間的に間に合わない緊急性、公共性がある内容で、市関係各課のほか、国・県等関係機関からの要請があった場合に放送している。 もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 しかしながら、立地に向けては、アクセスや用地、採算性を含めた立地場所の問題や地権者との調整、水や熱などエネルギーやインフラの問題など、複数の条件、課題をクリアする必要があるため、現時点では立地に至っていない状況にあります。  現在も民間事業者との折衝を行っておりますが、当市としては、持続的な経営の観点から、今後とも民間活力を導入しての整備を第一に考え、継続して立地に向けた協議を行ってまいります。 もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) アクセス道路であるとか上下水道、あるいは教育環境のインフラ整備、また、育児、保育環境の整備など、いわゆる生活環境要件、あるいは社会基盤の要件、この中には公共施設や公共サービスなどが必要となるものもございます。  このため、立地する自治体や周辺の自治体による支援が不可欠であるともされているところでございます。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 ◎都市整備推進室長(本間良春君) 今、各地区ですね、基本的には多目的広場ですとか、漁具置き場、あるいはインフラの道路整備が今、予算的についているところでございまして、まちづくり協議会等で図面のほうも示させてはきたところでございますので、今後、早期に発注していきたいなと考えてございます。 ○議長(佐々木義昭君) 古川愛明君。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 防潮堤や鉄道など、インフラの復旧は最終段階を迎えており、復興公営住宅の供給や宅地の造成も、やっとそのめどがついてまいりました。今後は本格的ななりわいの再生やコミュニティーの再構築など、地域や個人が抱える課題が細分化する中で、暮らしに直結する復興が求められてくるものと考えます。 もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 国際連合大学が世界171カ国を対象に、自然災害に見舞われる可能性や対処能力を評価した世界リスク報告書2016年版によると、日本が自然災害に見舞われる可能性は4位となっておりますが、インフラ整備や対処能力、適応能力が評価され、17位となっております。  先進国では、アメリカの127位、イギリス131位、フランス152位などで、日本は際立って高くなっております。   もっと読む
2018-03-19 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月19日−予算審査・質疑・討論・採決−05号 この公共施設の管理計画は、平成25年11月に国においてインフラ長寿命化計画を策定し、26年には総務省から地方公共団体に対し、公共施設等の総合的かつ計画的な管理をするように通達があったものと思いますが、この状況を踏まえながら、箱物だけでなくて、インフラの資産を含めた滝沢市の公共施設総合管理計画についてお伺いいたします。 ○委員長(遠藤秀鬼君) 加賀谷企画総務部長。 もっと読む
2018-03-19 紫波町議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月19日−03号 町長は、この所信表明の部分で、社会保障関連については引き続き増加の傾向にあって伸びるということも言われていましたし、あとは老朽化するインフラ対策、これも加速化していかなければならないということも言っておりますが、こうした中で本当にこの129億円という今回の当初予算から見て、限られた経営支援の中でいろいろとやっていくわけでありますけれども、実際にどのところを、町民の生活を考えれば、どの辺からこの財政の もっと読む
2018-03-14 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月14日−委員長報告・討論・採決−06号 インフラを拡張させ、後世にツケを回す政策ではなく、人口減少に対応してコンパクト化していく、すなわち今あるインフラを大切に維持し、賢く使っていく政策のほうが大切ではないでしょうか。拠点施設も、サービスつき高齢者住宅も、障害者住宅も、今あるインフラを使って、町の中心部でやってもらいたい。それなら大賛成します。私がしょっちゅう主張しているコンパクトタウンです。 もっと読む
2018-03-12 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月12日−04号 インフラを拡張させて後世にツケを回すのではなく、人口減少に対応してコンパクトにしていく、すなわち私がいつも言っているように、今あるインフラを大切に維持して、賢く使っていくことのほうが大切ではないでしょうか。私がしょっちゅう主張しているコンパクトタウンです。拠点施設もサービスつき高齢者住宅も、障害者施設も、今あるインフラを使って町の中心部でやってもらえるのだったら、私は大賛成します。    もっと読む
2018-03-08 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月08日−04号 このような中、港湾の整備と並行して進んでいる無料の高速道路網となる三陸道と釜石秋田横断道が平成30年度におおむね完成する見込みであり、これらのインフラをフル活用することにより、前述した流れを払拭し、新たな物流網を構築することが可能となったと考えております。キャッチフレーズとして言えば、岩手のコンテナは岩手の港からとなります。 もっと読む
2018-03-08 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−05号 私は、復興を契機に目覚ましい勢いで進む道路等インフラ整備とともに、それらを生かしたソフト事業の構築も重要になっていると考えています。既に作成しております市の計画も見ながら、列車、バス、タクシーなど、公共交通網のあるべき姿と路線維持のための助成費の効果と今後の課題について質問いたします。  それぞれの交通手段に共通するのは、事業の経営及び路線の維持であります。 もっと読む
2018-03-07 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月07日−01号 こういうことで、歳出のほうでもまた細かくあるかもしれませんけれども、歳入のところで概括的にお聞きしたいのですが、こういうことで道路とかそういった基礎的なインフラの分の維持補修とか、それから新設改良とか、こういったのが例年ベースで行えるのかなというちょっと心配があります。なぜこういうふうに大きく落ちているのか、そういう理由についてお尋ねします。 ○委員長(横手寿明君) 地域整備課長。 もっと読む
2018-03-07 滝沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 1点目は、30年度中には滝沢中央スマートインターチェンジが供用される予定となっていますが、それにより交通量が増加するなど、現在のインフラでは対応できなくなることも懸念されますが、都市づくりのビジョンを伺います。  2点目は、自然災害に強い安心安全なまちづくりとありますが、河川改修事業の計画を伺います。  次に、一人一人が学ぶ喜びを実感できるまちを目指すについて伺います。 もっと読む
2018-03-07 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月07日−03号 さて、東日本大震災により壊滅的な被害をこうむった漁業インフラの復旧・復興も、漁船、漁港、漁場も、国・県を初め、釜石市の支援により、漁港の防潮堤の一部を除き、ほぼ完了しております。被災した漁船は、共同利用船として1105隻が整備されました。養殖漁場も、ホタテ、ワカメ、昆布、ホヤ等は区画漁業権内に整備され、漁村のなりわい再生に日々精進していると聞いております。   もっと読む
2018-03-06 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−議案質疑・討論・採決−05号 そういう中で、我々も行政として責任を持ってそこのプロジェクトの進捗については、まずインフラと交流拠点はしっかりと進めていきたいと考えているところでございます。    もっと読む
2018-03-06 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号 インフラ施設の下水道管路、その他の施設の機能を適切に保つために、維持管理が必要となります。公共下水道整備状況は、平成27年度末で普及率が62%となっておりますが、計画期間内での見直しも必要ではないかと思います。  下水道を普及拡大し、管渠整備も進めてほしいですし、雨水排水施設の整備もしていただいて、下水道管に雨水や地下水が浸水していないか管理するなど、効果的な対策を図ってほしいと願います。   もっと読む
2018-03-06 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月06日−03号 その土地がどのような状態であるか、農振解除が必要な状態なのか、あるいはすぐにでも入れる状態、インフラの整備の実現性はどうなのか、そういった情報提供を行います。  その次に、その場所で確定だというふうな場合になった際には、今度は用地交渉のお手伝いということで地域の住民の方と企業さんの橋渡しとかそういった段階を経て、契約の締結の援助といいますか支援を行っているということであります。 もっと読む
2018-03-06 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−03号 復興事業によるインフラ整備が一段落しようとしている現在、産業経済復興に向けた市長の決意を改めてお伺いします。  次に、水産業の振興策についてであります。   もっと読む