70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-06-20 第70回定例会 令和元年 6月(第2号 6月20日)

平成30年度の有害鳥獣の駆除の実績につきましては、ニホンジカが249頭、イノシシは44頭、ツキノワグマが11頭、タヌキ、ハクビシンなどの小動物は198頭で、カラスなどの鳥類、これは1,408羽となっております。  これら捕獲した鳥獣の処理方法については、清掃センターでの焼却、または自己所有地などに埋設していただくこととしております。  

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

ことしはイノシシ年、報道の特集を見ますと、もう既に岩手県北まで生育を広げているとか、そして、中部、関西地方で流行している豚コレラは、イノシシが原因ではないかと言われています。  一関市内でも厳美地区にと思っていましたら東の地区でも捕獲したとか、市当局は一関市内の分布状況をどこまで把握しているのかお尋ねします。  あわせて、一関市内でのイノシシ捕獲状況についてもお尋ねします。  

一関市議会 2018-12-06 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日)

このこと自体もですが、イノシシ死体からも豚コレラのウイルスの陽性反応が出たということがございまして、イノシシの行動半径というのはわかりませんし、どこにどのような分布をしているのかわかりませんけれども、こちらのほうに来るようなことはまだないのだろうと思います。  しかし、この豚コレラの予防体制について、養豚業者の皆さんにどのような周知をされているのか、そのことについてお伺いをしたいと思います。  

一関市議会 2018-12-01 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書

一般社会人のひきこもり調査後の現状について伺う 2 感染症対策について   インフルエンザ風疹麻疹・水痘・おたふく風邪・リンゴ病の  予防対策と罹患状況について伺う 3 豚コレラ対策について   市の豚コレラの予防体制について伺う 4 野生動物の現状について   熊、鹿、ハクビシンイノシシ

釜石市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号

そして今、畜産じゃなくて、野獣といいますか、熊、鹿、イノシシ、それらの沢に流れる、その動物たちは垂れ流しですよね。それを恐らく飲んでいるというふうに住民は表現しています。やはりそういうことは、あってはならないことだと思う。金をふんだんにかけてやってほしいとは言いません。しかし今回、青ノ木にやったように、そういう方法はあると思うんですよ。むしろ今、もうこれは水道事業所の話じゃないですよね。

大船渡市議会 2017-12-13 平成29年  第4回 定例会-12月13日−市政に対する一般質問−02号

また、イノシシについても温暖化の影響により北上し、隣の市、町でもイノシシの被害が深刻化しており、いつ市内に被害が出てくるか時間の問題であり、事前の対策が急務となっております。   鳥獣被害防止対策として、有害鳥獣捕獲の促進、被害防止の促進、地域ぐるみでの被害防止活動の促進等の事業を実施しておりますが、取り組み状況とその成果について伺います。   

雫石町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月11日−議案質疑・討論・採決−04号

こういうことが起きなければ、今問題となっているイノシシ等の害獣被害対策予算に向けることができたのではないかと思うわけでございます。どうして住民代表である我々議員の指摘、忠告に謙虚に耳を傾けないのか。この2点について伺います。 ○議長前田隆雄君) 町長。

紫波町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(12月会議)-12月08日−03号

西のほうは、今、イノシシの被害も出ていますので、もうこれは、私もちょっといろいろ、西のほうに行って、見ているんですが、行政視察に行くんですが、もう地方とか北陸も、部落全体が全部フェンスで囲まれています。そのくらい、向こうのほうも、野生鳥獣の被害が多いので、やっぱり、もうこれは、もともとは五葉山から来た被害でありますが、私、よく言うんですよ、松くい虫の被害と同じだと。

雫石町議会 2017-12-05 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月05日−一般質問−03号

平成28年度から平成30年度までを期間とする現在の鳥獣被害防止計画には、昨今の状況を踏まえながら、対象鳥獣にイノシシニホンジカなどを加えた計画としており、鳥獣被害防止対策議会の総会には前年度の鳥獣被害防止計画の実施状況も報告し、当該年度の実施計画についても協議しております。   

宮古市議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会-09月25日−02号

さらに、イノシシも市内で出没が確認されておりますが、この現状をどのように捉えているのかお伺いいたします。  また、繁殖力の旺盛な猿、イノシシの駆除対策に早急に取り組む必要があります。当面、国・県の対策を待たずに、市独自で猿、イノシシ及びハクビシンなど、小動物駆除対策を構築すべきと思いますが、見解を伺います。  以上で2点目の質問を終わります。  

花巻市議会 2017-09-14 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−03号

次に、捕獲実績の1,687の内訳ということでございますけれども、カラスが1,175、カワウが32、ゴイザギ11、ウソ150、ハクビシン29、イノシシ1、鹿が267、熊が22という内訳となっております。 ○委員長(近村晴男君) 藤原伸委員。 ◆(藤原伸君) この電気柵設置の補助割合はどの程度なのでしょうか。 ○委員長(近村晴男君) 佐々木農村林務課長

雫石町議会 2017-09-13 平成29年  決算特別委員会-09月13日−01号

ああいうのはとてもいいなと思って見ているのですが、例えばLED化ではなくてもソーラーパネル、この間イノシシの被害現場も行かせていただきましたけれども、そういった小さな、例えば日中ソーラーで稼いでいただいて、夜につくということを検討していくお考えはないでしょうか。 ○委員長(岩持清美君) 環境対策課長

花巻市議会 2017-09-05 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月05日−03号

また、昨年からイノシシによる田畑の被害情報サルの出没情報が寄せられていることから、今年度イノシシ用捕獲わな3基を購入し、目撃、被害情報のありました地域にわなを設置するなど被害防止に努めているとともに、サルに対する注意喚起も行っているところであります。  

花巻市議会 2017-03-16 花巻市議会 会議録 平成29年  3月 予算特別委員会-03月16日−03号

もう1つお聞きしたいのは、このごろイノシシの被害がふえていると聞いております。課長のそばの大瀬川のところでもかなり出没しているとお伺いをしていますが、そういうハクビシンとかイノシシについては非常にわなが有効だと伺っておりますけれども、そのわなに対しての補助についてお聞きします。 ○委員長(大原健君) 佐々木農村林務課長

金ケ崎町議会 2017-03-16 平成29年  予算審査特別委員会-03月16日−03号

私のほうから、83ページの有害鳥獣の委託料の部分でございますが、最初に有害鳥獣の関係でございますが、今年度対象としている有害鳥獣ということで、今年度につきましてはツキノワグマは例年同様でございますが、そのほかに、こちらも例年同様でございますけれども、ことしはイノシシも、ついに昨年暮れに千貫石のほうで目撃されておりますので、例年にないものとすればイノシシにつきましても被害が発生した場合には許可を得て捕獲