20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

釜石市議会 2017-09-21 平成29年  9月 定例会(第4号)-09月21日−06号

台風の接近、上陸に伴い、西日本東日本の広い範囲で猛烈な雨と暴風をもたらし、当市でも、9月18日に気象庁アメダス観測所で、時間雨量65ミリを記録するなど、各地区で200ミリを超える大雨となりましたが、高知県香川県などではお亡くなりになられた方がいるほか、各地で大きな被害が発生しております。  

釜石市議会 2017-09-21 平成29年  9月 決算特別委員会-09月21日−04号

今回は特にアメダスで1時間65ミリ降って、これがまだ1時間だったから何とかこの程度で済んだ。これが1時間で済む保証はない。まして100ミリというのは今後あり得る話であるから、それが何時間か続くととんでもないことになるというのは想定されることであるから、そういった観点で防災としては進めていきたいと思っている。 ○平野委員長 第11款の質疑を終わる。

釜石市議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第7号)-12月13日−02号

まず、ことしの台風第10号における市内の降水量についての御質問ですが、釜石市内に設置されている雨量計は、気象庁が全国に設置している地域気象観測システム通称アメダスが港町に設置されています。また、岩手県が設置している雨量計が、甲子川沿いには新町、大畑、大橋、小川川沿いには日向ダム及びその上流の中川目、鵜住居川沿いには和山に設置されています。

釜石市議会 2016-09-20 平成28年  9月 決算特別委員会-09月20日−02号

アメダスという気象庁の雨量計は港町のイオンの前付近にしかない。そのほかは県の雨量計、それから市の雨量計も唐丹にしかないので、全域を考えると県の雨量計でカバーさせていただいている。我々は雨量計と川の水位とレーダー解析雨量を見ながら判断していくのだが、レーダー解析雨量というのはすごくわかりづらい。

釜石市議会 2016-09-13 平成28年  9月 定例会(第5号)-09月13日−02号

それから、県との情報共有が密だったかというのは、正直言って実感はありませんけれども、県の河川情報システムというのがございまして、それは河川の水位であるとか雨量計、実際には気象庁が設置している雨量計というのはアメダスで、港町のイオンのあたりに1基あるだけなんですが、県で設置している雨量計がほかにありますので、それらを見ながら災害対応に当たっているという状況にありましたので、そういう県のシステムを活用させていただいていると

一関市議会 2016-02-29 第56回定例会 平成28年 3月(第4号 2月29日)

このときの鬼怒川上流の雨量は、アメダス観測地によれば、24時間雨量で栃木県日光市の五十里(いかり)というところで551ミリ、今市市で541ミリということで、栃木県内の8カ所で300ミリ以上を観測したというふうに記録されております。  そして、いずれも24時間雨量は観測史上1位となった地点が栃木県で8カ所というふうな豪雨の状況でございました。  

紫波町議会 2015-09-14 平成27年  9月 予算決算常任委員会(9月会議)(2)-09月14日−01号

いろいろなデータ的な、アメダスとか気象情報データとかは、画面で見ることはできますけれども、この2日前の常総市の件では、そのデータを見たときに、データの範囲だけを見て、ちょっと避難の指示の出るのが、確認がおくれたということが、市の担当のほうで、ニュースで見たんですけれども、やはり危険な感じとか雨の降り方とか、肌で感じる部分が、この庁舎の中にいると若干感じられないのではないかなというふうに思います。

雫石町議会 2015-03-20 平成27年  3月 定例会(第2回)-03月20日−委員長報告・討論・採決−07号

このことは、気象状況からも明白であり、雫石のアメダス観測でも日降水量が264ミリ、1時間当たりの降水量は78ミリと、観測史上最大を記録したものであります。また、このほか町内観測ポイントでは春木場で1時間降水量101ミリを記録し、日降水量329ミリ、橋場でも1時間降水量88ミリ、日降水量は351ミリを観測するなど、ゲリラ豪雨と言われる状況でありました。

釜石市議会 2014-09-18 平成26年  9月 定例会(第5号)-09月18日−03号

次に、市内に設置されている雨量局・雨量計の数は十分であるのか、設置場所に偏りはないのか、またゲリラ豪雨や線状降水帯の頻発に伴う雨量計設置密度は考慮されているのかとの御質問ですが、現在、釜石市内に設置されている雨量計は、気象庁アメダスが1カ所、市管理が1カ所、県管理が6カ所、国管理が1カ所となっております。  

紫波町議会 2014-09-17 平成26年  9月 予算決算常任委員会(9月会議)(2)-09月17日−01号

今回そういった経験を踏まえまして、それ以降も昨年度大雨が降っておりますけれども、その日の夜帰るまでに、危険な雨量ではないかということを事前にアメダス等の情報をいただきまして、危険な場合ということで去年は升沢地区の方、それから田面木地区の方には事前に自治公民館避難をしていただくという形の対応をとっておりますし、降りそうだという情報は逐次ご家庭には提供しております。  

紫波町議会 2014-03-14 平成26年  3月 予算審査第二特別委員会(3月会議)-03月14日−01号

紫波町内に気象に関するセンサーが、アメダスを入れて5カ所ございます。水分、赤沢、佐比内、赤石、志和というふうになっております。このシステムには一般の方がパソコンを使ったり、あとは携帯電話で、スマートフォンのほうからそこにつながることができる状況です。つながって何が得られるかといいますと、気温、日照時間、風向きとか雨量とか、そういった基本的なところの気象データが得られます。

雫石町議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会(第7回)-09月10日−一般質問−03号

アメダス観測値268.5ミリ、気象レーダー等による解析では約400ミリを記録したとの気象庁の発表であります。まさに制御どころか、瞬時にして恐怖の災難であり、災害現場の現状から見まして危機一髪、死者や行方不明者など人命被害がなかったことが不思議なくらいであります。ぞっとする思いであります。

花巻市議会 2013-09-06 花巻市議会 会議録 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月06日−01号

また、降雨の状況は、大迫町に設置されている気象庁アメダスで降り始めから135.5ミリ、1時間雨量では同地点の観測史上最大の63.5ミリを記録する豪雨となりました。  避難の状況につきましては、氾濫の懸念があったことから、石鳥谷町好地及び江曽の合わせて33世帯87名に対して避難勧告を発しました。避難者は、自主避難を含めて8カ所に24世帯、54名でありました。  次に、被害の状況であります。

雫石町議会 2013-07-22 平成25年  7月 臨時会(第4回)-07月22日−議案説明・質疑・討論・採決−01号

一方、7月に入った途端梅雨空が続き、7月18日までにアメダスの雫石観測所では396ミリの降水量となっており、月途中ではありますが7月の降水量としては過去4番目に相当する雨量となっております。特にも7月12日から15日にかけての豪雨により、河川林道農業施設への被害が発生しており、今回災害復旧に係る補正予算をお願いいたしているところでございます。

二戸市議会 2012-12-18 12月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

これまでは、アメダス計測器の設置分を行政財産目的使用として占用料を取っていたが、条例で定めるものとの説明がございました。 議案第8号については、特にございませんでした。 次に、議案第10号についてでございます。農業委員会所管分については、改選後の状況については、今回の選挙によって新人委員が14名になったこと、また来月、1月4日に第1回会議を市長が招集するとのことでございます。

釜石市議会 2010-02-08 平成22年  2月 臨時会(第1号)-02月08日−01号

ですから、先ほど答弁にあったように、アメダスロボットも入っているし、それ以外のものも全地域に入っているんです。これ、釜石の場合は別の形態で来ていますからこれはなかなか望むのは大変ですが、ただ、全体的に今度釜石が入って、第三セクターにしておくと、これから釜石の市のメディアとしても使えるでしょう。

雫石町議会 2009-03-13 平成21年  予算特別委員会-03月13日−03号

一方では、やはり私も直接指示しましたけれども、当然アメダス情報があったり、例えば大雪注意報が出た場合には当然雪が降る確率は高いわけでございまして、それも10センチ以上降るというのはわかるわけでございますので、地域整備課も主体にしながらちゃんとパトロールしながら指示するようにということをはっきり申し上げました。つい直近でもそういうことがあって、大変ご迷惑をかけたと。

釜石市議会 2002-10-02 平成14年  9月 決算特別委員会-10月02日−02号

そうすると、それぞれの地域ごとに避難場所の指定を一々しなければならず、非常に時間がかかるということで、雨の状況、アメダスの天気情報等を見ると、極端に強い雨が今後予想されないという事情もあったので、自主避難に切りかえた。  台風21号が接近しているという情報が入ったことから、台風6号の体験を生かし朝早く各担当部署を招集し、対応をどうするか午前中会議をして警戒本部を設置をした。

  • 1