579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥州市議会 2021-12-12 02月12日-01号

特にも、これまで取り組んできた移住定住促進に加え、ふるさと納税などを契機とした関係人口の拡大も視野に入れながら、民間企業との共同や定住自立圏を構成する自治体との連携などを図り、より実効性のある施策を展開してまいります。 ILCプロジェクトに関しましては、昨年、欧州素粒子物理戦略が策定され、ヨーロッパ各国から日本へのILC誘致に積極的な協力姿勢が示されたほか、米国政府も強い支持を表明いたしました。 

滝沢市議会 2021-06-23 06月23日-一般質問-04号

次に、ふるさと納税についてのご質問にお答えいたします。まず、広報活動の工夫や、ポータルサイトを増やすことについてでありますが、昨年ふるさと納税につきましては寄附しやすい環境づくり目的職員体制を強化し、寄附者の多くが利用しているふるさと納税ポータルサイトを2サイト追加し、合計3サイトとしたほか、返礼品の見直しや、新たな返礼品の追加を行いました。

釜石市議会 2021-06-23 06月23日-03号

次に、AIやRPAの活用による業務削減進捗状況についてですが、人口減少による人材や財源不足が見込まれる中、住民ニーズ地域課題複雑化等により、業務効率化が急務となっておりますが、昨年度は、ここ数年で申込者が急増していることに伴い業務量が増大しているふるさと納税申請受付作業において、業務効率化実証実験を行いました。 

大船渡市議会 2021-06-17 06月17日-03号

交流人口関係人口の考え方でありますが、交流人口観光中心とした来訪者であるのに対し、関係人口は移住した定住人口でもなく、観光で来た交流人口でもない特定の地域に多様な形で関わる人々と一般的に定義され、ふるさと納税寄附者地域行事への参加者など、交流人口定住人口の中間にある存在として、地域への関わり方は様々であります。  

大船渡市議会 2021-06-16 06月16日-02号

2番としまして、ふるさと納税事業の現状と今後の展望について伺います。ふるさと納税事業は、今や当市にとって大事な財源であり、活用いかんによっては当市知名度アップのためのシティプロモーションにもつながると考えます。コロナ禍による現在、巣籠もり需要も後押しとなり、多くの自治体寄附額増加傾向にあることから、以下について伺います。  (1)、当市ふるさと納税事業を行う目的とその使途について。  

釜石市議会 2021-06-14 06月14日-01号

第2款総務費には、オンライン上で広く住民への情報提供意見集約をすることができる双方向プラットフォームを構築し、行政、住民役割分担による課題抽出やテクノロジーを活用した課題解決を目指すシビックテック環境を整えるシビックテック推進事業や、持続可能なまちづくりのため、SDGsの推進地域社会課題解決に取り組む団体に対し、ふるさと納税指定寄附制度活用して活動支援補助金を交付するまち・ひと・しごと

陸前高田市議会 2021-03-19 03月19日-07号

ふるさと納税が今年度3万6,000件、7億円以上も寄せられ、来年度は8億円を予定しているようです。本当に大事な財源だと思います。また、これまでの交流を通じて、新しい企業による新しい事業も予定されています。全国の皆さんとのつながりがこれからも本当に大事になっていくと思います。  以上のことを申し上げ、議案第31号、令和年度一般会計予算賛成討論といたします。

花巻市議会 2021-03-17 03月17日-06号

今回、ふるさと納税、イーハトーブ花巻応援寄附金が、大変な額を多くの方々から頂戴することになりまして、本当に感謝に堪えないところでございます。国内において、また国外においても比較的経済が豊かな、いわゆる富裕層と呼ばれる方々は一定数おられるわけでございます。花巻市は、そのような方たちを呼び込める力は存在しているのかと考えたときには、いささか答えに困る気がいたしております。 

釜石市議会 2021-03-15 03月15日-05号

ほかにもいろいろあると思いますし、実際、これがふるさと納税からの寄附金を充当していく基金になるのかなと、私も認識しておりますので、やはりそれが、ふるさと納税自体が、毎年確定して金額が入ってくるというものでもないと思いますので、やはり計画的な運用というものに努めていただきたいですし、子育て世代ニーズというのが、比較的、何ていうんでしょう、時代時代によって変化しやすいものでもあるということもあるので、

滝沢市議会 2021-03-05 03月05日-一般質問-02号

次に、自主財源確保に向けた施策についてでありますが、令和年度におきましては、令和年度に引き続き、ふるさと納税企業版ふるさと納税推進に努めるとともに、自主財源の約8割を占める市税につきましても、中長期的な施策展望に立って、中心市街地の形成や既存市街地活性化に取り組み、定住交流人口増加産業振興を図ることによって、個人、法人市民税固定資産税等の税収の確保につなげていきたいと考えております

宮古市議会 2021-03-04 03月04日-03号

ロボティック・プロセス・オートメーション、ちょっと横文字で私も苦手なんですけれども、このロボティック・プロセス・オートメーションというのは簡単に言うと、従来人間しか処理できないとされていた定期的な事務とか計算業務を行う技術のことだということで、このロボティック・プロセス・オートメーションを例えば導入している宮古市の人口に近い3つのちょっと先進事例で言うと、鹿児島県の奄美市では人口が大体4万3,000人なんですけれども、そこではふるさと

雫石町議会 2021-03-04 03月04日-一般質問-05号

やっていて、やっていて、相手の業種に、言葉悪いですが、だまされたわけですから、だまされないためには、やっぱり目と目を見て話ししないと、それで昨日よかったのが、ここまでいろいろやってくれているから、ちょっと余剰金が出るからふるさと納税を雫石にその会社でやりたいという話をいただいて、これは本物だなという、まだ安堵しているところです。ですから、今後そうやって進めていきたいと思っています。

花巻市議会 2021-03-03 03月03日-03号

これは今年のふるさと納税が好調であると、28億5,000万円ぐらいです、今超えました。そういうことがあって、その半分が市の財源になるということになりますので、それもあるのですけれども、そこであまり減っていない状況にはあります。したがって、油断はできないのですけれども、財政は悪くないのです。 

陸前高田市議会 2021-03-03 03月03日-03号

カキ、養殖ワカメ、ホヤ、ホタテ、天然物魚介類など、高値の取引、そして本市を応援してくれる来訪者ふるさと納税返礼品でも、本市の海産物の人気は驚くほどです。  令和年度ふるさと納税、寄附全体の件数は2万3,282件、金額で4億1,035万円、その中で農林水産業商工業等振興のために寄附していただいた件数は3,153件、6,154万円で、返礼品海産物を選んだ人は多いと伺っています。  

花巻市議会 2021-03-02 03月02日-02号

そのほかに、生産者の新たな販路として、ふるさと納税にも市内の農畜産物生産者及び事業者の皆様から返礼品として御提供いただき、御好評をいただいております。 例えば、国内外で様々な賞を受賞したエーデルワインのワイン、本年度は昨年度の数字、正確には言いませんけれども、1倍では利かない、2倍までいきませんでしたけれども、相当量が増えています。

雫石町議会 2021-03-02 03月02日-一般質問-03号

このようなところで、予算編成においては、まず地方交付税において前年度を上回る交付額が決定されたこと、そして今年度も好調でございましたけれども、ふるさと納税などをその歳入欠陥の部分に充てるというところで、歳入予算編成を進めてきたというものでございます。 ○議長前田隆雄君) 2番、坂井議員。 ◆2番(坂井尚樹君) それでは、今回新しい生活様式に沿ったものはございますでしょうか。