2307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

それで、前よりはふえているからいいとは思いますが、またあと5年後、10年後、この調子でいけば、あと何年かたてばもっとふえるというふうな、私もここでやめて終わりにしたいところですが、やっぱり来年はそうはいかないような気がするのです。ですから、この避難者をふやすということを考えなければならないというふうに思います。その次に、またお話ししたいと思いますが。 

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

そして、やっぱり課長、釜石、遠野、住田と綿密な連絡を、協調を図りながらやらなければいけないと思いますし、花火を配付しておっても、バンと鳴るときはいいのですけれども、3分もたてばすぐ戻ってくるというふうな状況もあるようですので、そこら辺を今後どうしていくか、簡単にで結構ですので、時間もありませんので、よろしくお願いしたいと思います。 ○議長熊谷昭浩君) 農林課長。簡潔にお願いします。

大船渡市議会 2021-06-21 06月21日-04号

私は、民間企業に40年間おって、そして行政に入って8年たちましたけれども、いろいろ感ずることがこの8年余りの間にございました。その都度手を打ってきているわけでございますけれども、さらに一層この人口減少下の中において、どういう手を市役所の中で打っていかなくてはならないかというのは大きなテーマとして考えております。  

金ケ崎町議会 2021-06-07 06月07日-03号

ただ、分納誓約に関しましては、なかなか最初は実行されましたけれども、時間がたつにつれてだんだんそういうのは納付もされなくなってきたと。いわゆる滞納がまたたまってきたという状況でございました。そういった中身で、担当課としましても、いろいろ家庭訪問なり電話連絡等をやってはいましたけれども、なかなか納付はされなかったという状況でございます。 

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

それ以上乗るということは、もちろん今の車というのは性能がよくなってきておりますので、それ以上乗れるというのは十分考えられることでございますけれども、いろんな状況によって10年たつとそれぞれの車両に差が出てくるというということは、それはそのとおりなのではないかなと思っております。  

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

計画時から半世紀もたとうとしておりますので、地区民早期完成を待ち望んでいるところでございます。着工時期をお示しいただきたいと思います。 2つ目は、宅地開発促進策についてお伺いをいたします。横道谷地地区は、大部分が第1種低層住居専用地域に指定され、その面積は180ヘクタールであります。この180ヘクタールは、宅地開発指導要綱が適用されておるところでございます。

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

そういった中で2年、そして5年、6年、7年とたつ中で、我々が経験したことはまずはどれだけの被害を大船渡市が受けたのだろうという災害史、これを我々はつくりました。震災後3年目ぐらいにつくったかと思います。国内のさまざまな自治体に発送させていただきました。

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

また、18歳の減免につきましては、一般質問の際にもご回答したとおり、7年、8年で会計基金がなくなることを考えた際には、やはり別な財源がきちっとない限り、5年たって、6年たってなくなったからやめますという形にはならないと思いますので、そういった部分含めて国のほうにも要望しているところでありますので、当面はできないという形で回答しているところでございます。 以上です。

滝沢市議会 2020-06-26 06月26日-議案質疑・討論・採決-05号

当然ながら長い年数たっている。されどその施設は今も使われてきていると。ある程度自治会自体のキャパが多いところであれば、会員数が多いところであれば、そういう積立て関係もある程度潤沢とまで言えなくても、今の規定の中の部分維持補修関係もできると思うのです。 ところが、小さい集落なり自治会なり、そういうところであれば、改修したくても今度は原資がなくて、どうしてもやっぱりできないというのがある。

滝沢市議会 2020-06-23 06月23日-一般質問-03号

それからもう5か月、6か月たちまして、我々も当初感染症が広がった場合、滝沢市に来た場合どうしたらいいか、緊急事態宣言の中の対応についてと結構ばたばた対応してきたのですが、ここに来まして少し落ち着きまして、包括なり高齢者なり児童なりと、担当のほうが地域というよりもある程度事業を実施する目安が立ったというところで、地域というよりも事業なのですが、そこに入りまして、国のほうから新しい生活様式というものが出

大船渡市議会 2020-06-20 06月20日-03号

今はまだ大きな問題にはなっていないかもしれませんが、あと20年、30年たつうちに、未婚のまま御高齢者になっていくという方々も、ではそういった方々をどういうふうにしようか、これもやっぱり一つのアイデアではありますけれども、空き家を改修して、そしてともに住むというようなことも考えていかなくてはならぬのではないかなというふうに考えています。

二戸市議会 2020-06-19 06月19日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

また、センター年数たっているので、自動ドアだけでなく不備が出始めていると思うが、どうかとの質問がございました。答弁は、老人福祉センターは昭和55年に整備され、築40年を経過している。自動ドアについては、デイサービス事業の充実を図るために平成7年度に設置したもので、25年経過している。年数たっているので、これまで修繕をしてきている。

二戸市議会 2020-06-15 06月15日-議案質疑-04号

そうしたら、いつまでたっても切りがないと思うのです。当初の計画が6億円でできるのかできないのかというふうなことを明らかにしておいてほしいということで、最初質問をしたわけです。 私の調査によると、当初の計画、ばふっとした計画かも分からないけれども、10億円から11億円かかるというふうなことが言われているわけです。これは、市内業者ではとても6億円なんていう枠には収まらないと。

二戸市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-02号

県北県南所得格差につきましては、岩手県が40年、50年たっても、前からずっと県北県南所得格差が問題になっております。例えば岩手県を4つに分けますと、県央は盛岡を中心とした医療機関あるいは大学等がある、学校の教育機関等が集中しております。県南は、それこそトヨタあるいはまた東芝とか、そういうものの工場が集積しております。

金ケ崎町議会 2020-06-06 06月06日-02号

年数たてたつほど、もう利用価値も多分なく、崩さなくてはいけないところなのではないかと思います。 実は、この空き家は、こちらで、地区で取り壊せば使っていいような、そういう寄附を受けたような話を聞きますが、今後地元組織に一任するのであれば、撤去する際にもお金がかかります。何かをするにもお金がかかります。

滝沢市議会 2020-05-12 05月12日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

当局としても一生懸命努力なさっていることは分かりますが、どうしても慎重だったゆえに遅れてしまったということも否めないと思いますが、これだけではもう何か月もたっているので、十分ではないということも分かります。それで、例えば市として今後のことに関して考えていらっしゃることがあればお尋ねしたいというのが1つ。