大船渡市議会 > 2017-06-09 >
平成29年  第2回 定例会-06月09日−議案上程説明−01号

ツイート シェア
  1. 大船渡市議会 2017-06-09
    平成29年  第2回 定例会-06月09日−議案上程説明−01号


    取得元: 大船渡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-08
    平成29年  第2回 定例会 - 06月09日-議案上程説明-01号 平成29年  第2回 定例会 - 06月09日-議案上程説明-01号 平成29年  第2回 定例会          平成29年大船渡市議会第2回定例会会議録議事日程第1号平成29年6月9日(金)午前10時開議日程第1         会期の決定日程第2         会議録署名議員の指名日程第3  報告第1号  平成28年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について日程第4  報告第2号  平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書につい             て日程第5  報告第3号  平成28年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について日程第6  報告第4号  平成28年度大船渡市一般会計事故繰越し繰越計算書について日程第7  報告第5号  平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計事故繰越し繰越計算書につい             て日程第8  報告第6号  平成28年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について日程第9  議案第1号  大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所設置管理に関する条例について日程第10  議案第2号  大船渡市税条例の一部を改正する条例について日程第11  議案第3号  大船渡市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の             一部を改正する条例について日程第12  議案第4号  大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する             条例の一部を改正する条例について日程第13  議案第5号  大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を             定める条例の一部を改正する条例について日程第14  議案第6号  大船渡市営住宅条例の一部を改正する条例について日程第15  議案第7号  平成29年度大船渡市一般会計補正予算(第1号)を定めることについて日程第16  議案第8号  平成29年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)             を定めることについて日程第17  議案第9号  小河原地区道路新設(その2)工事の請負変更契約の締結に関し議決を求め             ることについて日程第18  議案第10号  市道路線の認定について日程第19  議案第11号  大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについ             て本日の会議に付した事件   ~議事日程第1号に同じ~出 席 議 員(20名)  議 長  熊 谷 昭 浩 君          副議長  紀 室 若 男 君  1 番  金 子 正 勝 君          2 番  森     亨 君  3 番  奥 山 行 正 君          4 番  東   堅 市 君  5 番  田 中 英 二 君          6 番  千 葉   盛 君  7 番  船 砥 英 久 君          8 番  小 松 龍 一 君  9 番  今 野 善 信 君          10番  渕 上   清 君  11番  伊 藤 力 也 君          12番  森     操 君  13番  平 山   仁 君          14番  船 野   章 君  15番  滝 田 松 男 君          16番  三 浦   隆 君  17番  志 田 嘉 功 君          18番  畑 中 孝 博 君欠 席 議 員(0 名)説明のため出席した者  市     長  戸 田 公 明 君      副  市  長  髙   泰 久 君  統  括  監  佐 藤 高 廣 君      教  育  長  今 野 洋 二 君  災 害 復興局長  志 田 広 記 君      企 画 政策部長  木川田 大 典 君  総 務 部 長  佐 藤   良 君      生 活 福祉部長  後 藤 俊 一 君  商 工 港湾部長  鈴 木 昭 浩 君      観 光 推進室長  鈴 木   弘 君  農 林 水産部長  尾 坪   明 君      都 市 整備部長  西 山 春 仁 君  会 計 管 理 者  今 野 芳 彦 君      教 育 次 長  志 田   努 君  水 道 事業所長  千 葉 洋 一 君      復 興 政策課長  鎌 田 征 喜 君  土 地 利用課長  佐々木 義 久 君      市街地整備課長  今 野 勝 則 君  企 画 調整課長  新 沼   徹 君      総 務 課 長  田 中 聖 一 君  財 政 課 長  熊 谷 善 男 君      税 務 課 長  熊 澤 正 彦 君  子 ど も 課 長  下 田 牧 子 君      企業立地港湾課長 武 田 英 和 君  水 産 課 長  鈴 木 満 広 君      建 設 課 長  新 沼 克 彦 君  住 宅 公園課長  金 野 久 志 君      学 校 教育課長  市 村 康 之 君事務局職員出席者  事 務 局 長  金 野 好 伸 君      局 長 補 佐  水 野 克 恵 君  議 事 係 長  山 下 浩 幸 君     午前10時00分 開   会 ○議長(熊谷昭浩君) おはようございます。   これより平成29年市議会第2回定例会を開会いたします。   本日の出席議員は20名全員であります。   日程に入るに先立ち、諸報告を行います。市長から、大船渡市土地開発公社の経営状況を説明する書類の提出があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。   以上で諸報告を終わります。   ここで当局から発言を求められておりますので、これを許します。   副市長。     (副市長 髙泰久君登壇) ◎副市長(髙泰久君) お時間をいただきまして、私から国民健康保険税算定における軽減判定誤りについて御報告申し上げます。   平成28年12月27日に厚生労働省が発表した後期高齢者医療保険料算出標準システムにおける軽減判定所得の算定誤りを受け、本市の国民健康保険税の軽減判定所得について調査いたしました結果、国民健康保険税の算定システムに同様の設定誤りがあることが判明したものであります。誤りの内容についてでありますが、国民健康保険税の均等割及び平等割に係る軽減判定所得を算定するに当たり、青色申告による純損失の繰越控除を行う場合、本来軽減判定用に算定した繰り越し損失額を用いるべきところ、確定申告上の計算と同様に青色事業専従者給与を必要経費に含めて算定した繰り越し損失額を用いて算定していたものであります。このことにより、国民健康保険税の軽減判定が正しく行われず、一部の被保険者について過少または過大な賦課が生じたものであります。   今回の算定誤りによる対象世帯数及び影響額は、現時点におきまして追加徴収となる世帯が平成26年度から平成28年度までの3年間で延べ9世帯、27万4,800円で、還付となる世帯が平成19年度から平成28年度までの10年間で延べ108世帯、375万670円となる見込みであります。今後の対応につきましては、対象となりました世帯の皆様に対し経緯を御説明した上で、速やかにおわびいたしますとともに、厚生労働省から法解釈を含め軽減判定所得の算出基準が明確に示され次第、国民健康保険税の再算定を行い、追加徴収及び還付の手続を進めてまいります。   このたびの事態を受け、当市といたしましては今後における再発防止と関係法令の確認を徹底し、正確な事務執行に努めるよう職員に対して改めて注意喚起したところであり、あわせてこのたびの件で対象となられた皆様、市民及び議会の皆様に衷心よりおわびを申し上げる次第であります。   私からは以上でございます。     午前10時04分 開   議
    ○議長(熊谷昭浩君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。   本日の議事はお手元に配付の議事日程第1号により、これを進めることにいたします。 △日程第1 会期の決定 ○議長(熊谷昭浩君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。   お諮りいたします。議会運営委員長より報告がありましたとおり、本定例会の会期は本日から6月20日までの12日間とし、お手元に配付の日次予定表により進めてまいりたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 御異議なしと認めます。   よって、本定例会の会期は本日から6月20日までの12日間とし、お手元に配付の日次予定表により進めることに決定いたしました。 △日程第2 会議録署名議員の指名 ○議長(熊谷昭浩君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。   会議録署名議員は規定により議長において、2番、森享君、3番、奥山行正君の両名を指名いたします。 △日程第3 報告第1号 平成28年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書についてから日程第8 報告第6号 平成28年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書についてまでの上程説明 ○議長(熊谷昭浩君) 次に、日程第3、報告第1号、平成28年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書についてから日程第8、報告第6号、平成28年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書についてまで、以上6件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) おはようございます。それでは、報告第1号から報告第5号について御説明いたします。   議案書の報告第1号をお開き願います。報告第1号、平成28年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。繰越明許費繰越計算書につきましては、既に繰り越しすることの議決をいただいた事業に係る繰越額について、財源を含めまして御報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に主なものを申し上げます。6款農林水産業費、1項農業費、産地パワーアップ事業4億3,650万円、4億3,650万円。同じく3項水産業費、干潟造成事業4億440万円、3億5,616万円。同じく三陸パーキング環境改善事業1億5,010万円、1億2,526万円。同じく漁業集落防災機能強化事業2億8,120万円、2億3,704万9,000円。   お開き願います。8款土木費、2項道路橋梁費、野々田川口橋線道路改良事業3億592万7,840円、1億1,674万6,000円。同じく地ノ森(新田)地区内水排水対策事業1億5,045万円、1億5,035万円。同じく5項都市計画費、被災市街地復興土地区画整理事業55億1,264万2,000円、14億9,028万3,000円。   お開き願います。10款教育費、3項中学校費、赤崎中学校移転事業4億8,867万4,000円、2億3,370万円。   11款災害復旧費、2項農林水産施設災害復旧費、水産施設災害復旧事業21億8,530万7,000円、10億4,433万6,960円でございます。   お開き願います。報告第2号、平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款1項漁業集落排水事業費、崎浜地区漁業集落排水施設整備事業4億1,700万円、2億8,157万5,000円でございます。   お開き願います。報告第3号、平成28年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に主なものを申し上げます。1款1項公共下水道事業費、管渠施設建設事業9億8,951万5,000円、3億6,925万3,000円でございます。   お開き願います。報告第4号、平成28年度大船渡市一般会計事故繰越し繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告するものでございます。事故繰越し繰越計算書につきましては、関係団体との調整に不測の日数を要したことなどの要因により、年度末までに事業が完了しなかった事業の繰越額及び財源を御報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市一般会計事故繰越し繰越計算書。款、項、事業名、支出負担行為額、翌年度繰越額の順に主なものを申し上げます。6款農林水産業費、3項水産業費、漁業集落防災機能強化事業2億7,185万8,840円、1億3,993万1,120円。   8款土木費、4項港湾費、共同利用コンテナ用上屋整備事業3億5,274万9,600円、1億9,166万9,600円。   10款教育費、2項小学校費、赤崎小学校移転事業4億3,653万8,996円、1億6,482万円。   11款災害復旧費、2項農林水産施設災害復旧費、水産施設災害復旧費25億1,500万9,120円、5億5,063万5,158円でございます。   お開き願います。報告第5号、平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計事故繰越し繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告するものでございます。事故繰越し繰越計算書につきましては、他事業との調整に不測の日数を要したことなどにより、年度末までに事業が完了しなかった事業の繰越額及び財源を報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計事故繰越し繰越計算書。款、項、事業名、支出負担行為額、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款1項漁業集落排水事業費、崎浜地区漁業集落排水施設整備事業2億4,351万4,000円、1億75万1,000円でございます。   以上、報告第1号から報告第5号について御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(熊谷昭浩君) 水道事業所長。     (水道事業所長 千葉洋一君登壇) ◎水道事業所長(千葉洋一君) それでは、私から報告第6号について御説明いたします。   報告第6号をお開き願います。平成28年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について。別紙のとおり地方公営企業法第26条第3項の規定により、議会に報告するものでございます。   お開き願います。平成28年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書。地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額について、款、項、事業名、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款資本的支出、1項建設改良費、改良更新事業4,500万円、災害復旧事業6,200万円、施設整備事業3,000万円、合計1億3,700万円。   以上でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 △日程第9 議案第1号 大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所設置管理に関する条例についてから日程第18 議案第10号 市道路線の認定についてまでの上程説明 ○議長(熊谷昭浩君) 次に、日程第9、議案第1号、大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所設置管理に関する条例についてから日程第18、議案第10号、市道路線の認定についてまで、以上10件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) 引き続き御説明いたします。   議案第1号をお開き願います。議案第1号、大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所設置管理に関する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。住民相互の交流の促進を図り、もって住民福祉の増進及び健全な地域社会の形成に資するため、大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所の設置に関し必要な事項を定めようとするものでございます。   なお、この施設は、永浜地区で被災した世帯を対象に実施している永浜地区防災集団移転促進事業において、防災集団移転住宅団地に移転する28世帯の地域活動の防災の拠点とするため整備するものでございます。   お開き願います。大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所設置管理に関する条例でございますが、内容につきましてはお配りしております議案第1号説明要旨により説明し、全文にかえさせていただきます。   説明要旨の1ページをお開き願います。議案第1号説明要旨。1、本則でございます。第1条、住民相互の交流の促進を図り、もって住民福祉の増進及び健全な地域社会の形成に資するため、大船渡市防災集団移転住宅団地内集会所を設置することを定めるものでございます。   第2条、名称を永浜地域集会所とし、位置を定めるものでございます。   第3条、年間を通じて開館することとし、開館時間を午前9時から午後9時までとすること等を定めるものでございます。   第4条、集会所の使用には許可が必要であること等を定めるものでございます。   第5条、集会所の使用を許可しない基準を定めるものでございます。   第6条、集会所における禁止行為を定めるものでございます。   第7条、使用許可の取り消し等について定めるものでございます。   第8条は利用料金について、第9条は利用料金の減免について、第10条は利用料金の不還付についてそれぞれ定めるものでございます。   第11条、施設、設備等を汚損等をした使用者の損害賠償等について定めるものでございます。   第12条、集会所の管理を指定管理者に行わせることを定めるものでございます。   第13条は指定管理者の指定の手続について、第14条は指定管理者の指定等の告示について、第15条は指定管理者の名称等に変更があった場合の届け出等についてそれぞれ定めるものでございます。   第16条、指定管理者が行う集会所の管理の基準を定めるものでございます。   第17条、指定管理者の業務を定めるものでございます。   第18条、指定管理者が市長に提出する事業報告書について定めるものでございます。   第19条、条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めることとするものでございます。   別表、利用料金の額を定めるものでございます。   お開き願います。2、附則、第1項、この条例の施行期日を規則で定めることとするものでございます。   第2項、指定管理者の指定の手続及び指定の告示は、施行日前においても行うことができることを定めるものでございます。   議案書に戻りまして、議案第2号をお開き願います。議案第2号、大船渡市税条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。地方税法等の一部改正に伴い、地域決定型地方税制特例措置に係る固定資産税の課税標準の特例等に関し、所要の規定の整備をしようとするものでございます。   お開き願います。大船渡市税条例の一部を改正する条例でございますが、改正条文の内容につきましては、別冊にてお配りしております議案第2号説明要旨により説明し、全文にかえさせていただきます。   なお、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   説明要旨の3ページをお開き願います。議案第2号説明要旨。1、本則でございます。第60条の2、地域決定型地方税制特例措置に係る固定資産税の特例措置について、家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業及び事業所内保育事業の用に供する家屋及び償却資産に係る固定資産税の課税標準に乗ずる割合を定めるものでございます。   第161条、国民健康保険税の軽減の対象となる所得の基準について、被保険者等の数に乗じる金額を5割軽減は27万円、2割軽減は49万円とすることを定めるものでございます。   附則第5条、文言を整理するものでございます。   附則第10条の2、地域決定型地方税制特例措置に係る固定資産税の特例措置について、特定事業所内保育施設の用に供する固定資産に係る固定資産税の課税標準に乗ずる割合を定めるものでございます。   2、附則、第1条、この条例の施行期日を定めるものでございます。   第2条は市民税に、第3条は固定資産税に、第4条は国民健康保険税に関する特例措置をそれぞれ定めるものでございます。   第5条、大船渡市税条例の一部を改正する条例の一部を改正し、軽自動車税に関する経過措置を定めるものでございます。   議案書に戻りまして、議案第3号をお開き願います。議案第3号、大船渡市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。租税特別措置法の一部改正に伴い、同法を引用する条項の整理を内容とする所要の規定の整備をしようとするものでございます。   お開き願います。大船渡市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を改正する条例。大船渡市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例の一部を次のように改正する。第2条中「第10条第6項第4号」を「第10条第8項第5号」に、「第42条の4第6項第4号」を「第42条の4第8項第6号」に、「第68条の9第6項第4号」を「第68条の9第8項第5号」に改める。   附則、この条例は公布の日から施行する。   なお、新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   お開き願います。議案第4号、大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。子ども・子育て支援法施行令等の一部改正に伴い、低所得者世帯等の利用者負担額に係る特例を拡充するとともに、児童福祉法の一部改正に伴い、所要の規定の整備をしようとするものでございます。   お開き願います。大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、別冊にてお配りしております議案第4号説明要旨により説明し、全文にかえさせていただきます。   なお、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   説明要旨の4ページをお開き願います。議案第4号説明要旨。1、本則、別表第1、年収約360万円未満相当のひとり親世帯等の利用者負担額を引き下げるとともに、市町村民税非課税世帯の保育認定子ども及び市町村民税所得割非課税世帯の教育認定子どもについて、第2子の利用者負担額を無料とすること等を定めるものでございます。   2、附則、この条例の施行期日を公布の日とし、平成29年4月1日から適用するものでございます。   議案書に戻りまして、議案第5号をお開き願います。議案第5号、大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準の一部改正に伴い、受給資格等の確認方法に関し、所要の規定の整備をしようとするものでございます。   お開き願います。大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例。大船渡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を次のように改正する。第8条中「場合は」の次に「、必要に応じて」を、「支給認定証」の次に「(支給認定保護者が支給認定証の交付を受けていない場合にあっては、子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号)第7条第2項に規定する通知)」を加える。   附則、この条例は公布の日から施行する。   なお、新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   お開き願います。議案第6号、大船渡市営住宅条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由。前田団地6戸を廃止しようとするものでございます。   なお、前田団地は、昭和43年から44年にかけて15戸が建設されました。その後、老朽化のため建てかえ団地として所通団地を建設し、新規入居を停止し、順次解体を行い、6戸が残っておりましたが、平成28年11月に最後の入居者が退去したため、廃止するものでございます。
      お開き願います。大船渡市営住宅条例の一部を改正する条例。大船渡市営住宅条例の一部を次のように改正する。別表、前田団地の項を削る。   附則、この条例は公布の日から施行する。   なお、新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   お開き願います。議案第7号、平成29年度大船渡市一般会計補正予算(第1号)を定めることについて。お開き願います。議案第8号、同じく国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)を定めることについて。それぞれ別冊のとおり定めることについて、地方自治法第218条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   平成29年度大船渡市補正予算書の1ページをお開き願います。一般会計でございます。今回の補正は、赤崎グラウンドの人工芝及びクラブハウス等の整備に係る経費、漁業集落防災機能強化事業や被災市街地復興土地区画整理事業を初めとした復旧、復興に関する経費などの補正が主な内容でございます。   平成29年度大船渡市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10億1,400万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ431億9,300万円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   (地方債の補正)、第2条、地方債の追加及び変更は、「第2表 地方債補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。14款県支出金、2項県補助金2億5,727万6,000円、これは畜産競争力強化整備事業補助金の交付決定による増額が主な内容でございます。   17款繰入金、1項基金繰入金3億2,442万1,000円、これは東日本大震災復興交付金基金繰入金が主な内容でございます。   20款1項市債2億3,930万円、これは公共事業等債及び一般補助施設整備等事業債などが主な内容でございます。   以上、補正額の合計額は10億1,400万円で、歳入の合計額を431万9,300万円とするものでございます。   3ページに参ります。歳出でございます。6款農林水産業費、1項農業費2億2,796万3,000円、これは畜産競争力強化整備事業による鶏舎建設に対する補助金でございます。   同じく3項水産業費2億3,304万円、これは漁業集落防災機能強化事業の工事費が主な内容でございます。   8款土木費、2項道路橋梁費1億4,880万1,000円、これは社会資本整備総合交付金の内示に伴う事業費の調整が主な内容でございます。   同じく5項都市計画費1億6,294万1,000円、これは被災市街地復興土地区画整理事業における工程調整に伴う移転補償費の調整による補償金が主な内容でございます。   10款教育費、6項保健体育費1億4,193万1,000円、これは赤崎グラウンドの地方創生拠点整備交付金の採択によるクラブハウス、観客席整備及び人工芝整備事業費の調整が主な内容でございます。   以上、補正額の合計額は10億1,400万円で、歳出の合計額を431億9,300万円とするものでございます。   お開き願います。第2表、地方債補正。1、市債、(1)、追加でございます。起債の目的、一般補助施設整備等事業、限度額3,580万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率、4.0%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)。償還の方法、政府資金についてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するところによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利債に借りかえることができる。   (2)、変更でございます。起債の目的、変更後の限度額について申し上げます。公共事業等2億4,130万円、合併特例事業3億700万円、辺地対策事業1億500万円、自治振興基金資金1億1,620万円。起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同じでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   23ページをお開き願います。国民健康保険特別会計(事業勘定)でございます。今回の補正は、データヘルス計画策定に係る経費の補正などでございます。   平成29年度大船渡市の国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ400万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ55億1,727万円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。3款国庫支出金、2項国庫補助金400万1,000円、これは特別調整交付金でございます。   以上、補正額の合計額は400万1,000円で、歳入の合計額を55億1,727万円とするものでございます。   歳出でございます。8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費400万1,000円、これはデータヘルス計画策定委託料でございます。   以上、補正額の合計額は400万1,000円で、歳出の合計額を55億1,727万円とするものでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   議案書に戻りまして、議案第9号をお開き願います。議案第9号、小河原地区道路新設(その2)工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成28年9月16日に議会の議決を経て請負契約を締結した小河原地区道路新設(その2)工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、小河原地区道路新設(その2)工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字大田地内ほか。3、契約の相手方、大船渡市大船渡町字新田38番地10、株式会社中澤組、代表取締役、中澤武義。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億3,760万円、変更後2億4,837万1,920円、変更による増減1,077万1,920円の増。   提案理由でございます。小河原地区道路新設(その2)工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由。路床の盛り土に使用する土砂について、当初施工地に隣接する仮置き場の土砂を使用する計画としておりましたが、発注後の詳細な土質調査等の結果、一部路床の盛り土に適さない土砂が含まれていることが判明したため、不足分の土砂について他の仮置き場の土砂を使用することとし、これに係る変更を行うものでございます。   また、舗装工について、別途発注予定の舗装工事において施工することとしておりましたが、施工地に沿って隣接する民家への出入りに支障を来すことが判明したため、本工事において当該民家の出入り口部の舗装を施工することとし、これに係る変更を行うものでございます。   さらに、歩道の転落防止柵について、設置予定場所の一部が別途発注予定の舗装工事の施工地と近接しており、当該舗装工事を施工する際、機械等により柵を破損させるおそれがあることから、この区間の設置を当該舗装工事において舗装後に行うこととし、本工事での設置を取りやめるための変更等を行うものでございます。   2、変更の内容。1,077万1,920円の増額。主な変更の内容。(1)、土砂運搬工、末崎町字大田地内の仮置き場から運搬することとしていた土砂3万8,000立方メートルのうち7,000立方メートルを同町字山岸地内の仮置き場から運搬することにより、運搬距離を0.1キロメートルから5.0キロメートルに変更するための費用を約1,200万円ほど増額するものでございます。(2)、舗装工、アスファルト舗装の施工面積950平方メートルの追加に係る費用を約450万円ほど増額するものでございます。(3)、防止柵工、防止柵の設置延長485メートルを23メートルに変更するための費用を約670万円ほど減額するものでございます。   3、工期の変更。変更前、平成28年9月16日から平成29年6月27日まで。変更後、平成28年9月16日から平成29年9月29日まででございます。   お開き願います。議案第10号、市道路線の認定について。市道路線を下記のとおり認定することについて、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。整理番号、路線名、起点、終点、延長、幅員の順に申し上げます。5―181、大立8号線、大船渡市赤崎町大立5番21地先、大立56番2地先、259.30メートル、6.00メートルから6.00メートル。5―182、大立9号線、大立5番22地先、大立5番22地先、28.60メートル、6.00メートルから6.00メートル。5―183、大立10号線、大立5番23地先、大立5番23地先、92.30メートル、6.00メートルから6.00メートル。5―184、大立11号線、大立38番地先、大立1番2地先、408.85メートル、6.00メートルから6.00メートル。5―185、大立12号線、大立88番地先、大立170番6地先、174.00メートル、4.00メートルから4.00メートル。   提案理由でございます。防災集団移転促進事業及び避難路整備事業による市道整備に伴い、本路線を認定しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、認定路線網図でございます。   以上、議案第1号から議案第10号について御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 △日程第19 議案第11号 大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについての上程説明 ○議長(熊谷昭浩君) 次に、日程第19、議案第11号、大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについてを議題といたします。   提出者の説明を求めます。市長。     (市長 戸田公明君登壇) ◎市長(戸田公明君) それでは、議案第11号、大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについて御説明いたします。   大船渡市固定資産評価審査委員会、田村福子委員が平成29年6月22日をもって任期満了になりますことから、ここに提案する次第であります。   提案をいたします田村福子氏は、昭和21年9月26日生まれで、住所は大船渡町字砂子前35番地2であります。経歴等につきましては、資料のとおりであります。   ここに適任者として提案いたしますので、御審議の上、御同意をいただきますようお願い申し上げます。   私からは以上であります。 ○議長(熊谷昭浩君) 以上で当局提出議案等の説明を終わります。   お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号から議案第11号までの11件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 御異議なしと認めます。   よって、議案第1号から議案第11号までの11件については、委員会の付託を省略することに決しました。   お諮りいたします。ただいま上程説明されました案件のうち、議案第11号は本日採決することとし、そのほか報告第1号から報告第6号までの報告6件、議案第1号から議案第10号までの議案10件については、本日は説明だけにとどめ、会期最終日に質疑及び審議、決定することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 御異議なしと認めます。   よって、本日は議案第11号の人事案件を、そのほかは会期最終日に質疑及び審議、決定することに決しました。   ここで議案思考のため15分間休憩いたします。     午前10時48分 休   憩     午前11時03分 再   開 ○議長(熊谷昭浩君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   これより議案審議を行います。 △日程第19 議案第11号 大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについての審議決定 ○議長(熊谷昭浩君) 日程第19、議案第11号、大船渡市固定資産評価審査委員会委員の選任に関し同意を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 以上で質疑を終わります。   討論はありませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 討論なしと認め、これより採決いたします。   議案第11号について、本案は原案に同意と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(熊谷昭浩君) 起立全員であります。   よって、議案第11号は原案に同意と決しました。 ○議長(熊谷昭浩君) お諮りいたします。   本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(熊谷昭浩君) 御異議なしと認めます。   よって、本日はこれをもって散会いたします。   大変お疲れさまでございました。     午前11時04分 散   会...