ツイート シェア
  1. 大船渡市議会 2015-09-18
    平成27年  第3回 定例会-09月18日−審議決定−05号


    取得元: 大船渡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-19
    平成27年  第3回 定例会 − 09月18日−審議決定−05号 平成27年  第3回 定例会 − 09月18日−審議決定−05号 平成27年  第3回 定例会 議事日程第5号平成27年9月18日(金)午前10時開議日程第1  認定第1号  平成26年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について日程第2  認定第2号  平成26年度大船渡市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について日程第3  認定第3号  平成26年度大船渡市介護保険特別会計介護サービス事業勘定)歳入歳出決             算の認定について日程第4  認定第4号  平成26年度大船渡市介護保険特別会計保険事業勘定)歳入歳出決算の認定             について日程第5  認定第5号  平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について日程第6  認定第6号  平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について日程第7  認定第7号  平成26年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について日程第8  認定第8号  平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について日程第9  認定第9号  平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定             について日程第10  認定第10号  平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の             認定について日程第11  議案第24号  平成26年度大船渡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について日程第12  認定第11号  平成26年度大船渡市水道事業会計決算の認定について日程第13  議案第1号  大船渡市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関す             る法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例につい             て日程第14  議案第2号  大船渡市暴力団排除条例について日程第15  議案第3号  大船渡市個人情報保護条例の一部を改正する条例について日程第16  議案第4号  大船渡市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例について日程第17  議案第5号  大船渡市手数料条例の一部を改正する条例について日程第18  議案第6号  地方卸売市場大船渡市市場条例の一部を改正する条例について日程第19  議案第7号  大船渡市漁業集落排水施設設置管理に関する条例の一部を改正する条例につ             いて日程第20  議案第8号  大船渡市住宅条例の一部を改正する条例について日程第21  議案第9号  平成27年度大船渡市一般会計補正予算(第3号)を定めることについて日程第22  議案第10号  平成27年度大船渡市市場事業特別会計補正予算(第1号)を定めることに             ついて日程第23  議案第11号  平成27年度大船渡市介護保険特別会計保険事業勘定)補正予算(第2号)             を定めることについて日程第24  議案第12号  平成27年度大船渡市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めること             について日程第25  議案第13号  平成27年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めるこ             とについて日程第26  議案第14号  平成27年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)             を定めることについて日程第27  議案第15号  平成27年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)補正予算(第2             号)を定めることについて日程第28  議案第16号  佐野橋橋梁修繕(その1)工事及び佐野橋橋梁修繕(その2)工事の請負契             約の締結に関し議決を求めることについて日程第29  議案第17号  赤崎小学校移転改築工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて日程第30  議案第18号  赤崎中学校移転改築工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて日程第31  議案第19号  蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決             を求めることについて日程第32  議案第20号  市道路線の廃止について日程第33  議案第21号  市道路線の認定について日程第34  議案第22号  あらたに生じた土地の確認について日程第35  議案第23号  公有水面の埋立てによる字区域の変更について日程第36  議案第28号  大船渡市防災センター(仮称)建設工事の請負契約の締結に関し議決を求め             ることについて日程第37  議案第29号  蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事の請負契約の締結に関し             議決を求めることについて日程第38  発議案第5号 大船渡市議会会議規則の一部を改正する規則について日程第39         議員の派遣について本日の会議に付した事件   〜議事日程第5号に同じ〜出 席 議 員(20名)  議 長  畑 中 孝 博 君          副議長  伊 藤 直 人 君  1 番  千 葉   盛 君          2 番  榊 田 弘 也 君  3 番  船 砥 英 久 君          4 番  小 松 龍 一 君  5 番  今 野 善 信 君          6 番  鈴 木 健 悦 君  7 番  渕 上   清 君          8 番  伊 藤 力 也 君  9 番  森     操 君          10番  紀 室 若 男 君  11番  平 山   仁 君          12番  熊 谷 昭 浩 君  13番  船 野   章 君          14番  滝 田 松 男 君  15番  三 浦   隆 君          16番  鈴 木 道 雄 君  17番  平 田 ミイ子 君          18番  志 田 嘉 功 君欠 席 議 員(0 名)説明のため出席した者  市     長  戸 田 公 明 君      副  市  長  角 田 陽 介 君  教  育  長  今 野 洋 二 君      代 表 監査委員  新 沼 敏 明 君  災 害 復興局長  佐 藤 高 廣 君      企 画 政策部長  志 田   努 君  総 務 部 長  佐 藤   良 君      生 活 福祉部長  伏 木 崇 人 君  地 域 包括ケア  後 藤 俊 一 君      商 工 港湾部長  三 浦 勝 朗 君  推 進 室 長  農 林 水産部長  尾 坪   明 君      都 市 整備部長  西 山 春 仁 君  会 計 管 理 者  今 野 芳 彦 君      教 育 次 長  木川田 大 典 君  水 道 事業所長  中 井 吉 隆 君      復 興 政策課長  鎌 田 征 喜 君  市街地整備課長  今 野 勝 則 君      企 画 調整課長  新 沼   徹 君  財 政 課 長  遠 藤 和 枝 君      市 民 環境課長  金 野 高 之 君  港 湾 経済課長  佐々木 義 久 君      水 産 課 長  鈴 木 満 広 君  水 産 課 技 監  阿 部 博 基 君      建 設 課 長  菅 原 博 幸 君  住 宅 公園課長  千 葉 洋 一 君      生 涯 学習課長  江 刺 雄 輝 君  総務課課長補佐  伊 藤 喜久雄 君      消 防 副 署 長  大久保 守 正 君事務局職員出席者  事 務 局 長  金 野 敏 夫 君      局 長 補 佐  水 野 克 恵 君  議 事 係 長  山 下 浩 幸 君     午前10時00分 開   議 ○議長(畑中孝博君) おはようございます。定刻になりましたので、これより本日の会議を開会いたします。   本日の出席議員は20名全員であります。   日程に入るに先立ち、諸報告を行います。総務常任委員会教育福祉常任委員会、産業建設常任委員会が実施した行政視察について報告があり、それぞれお手元に配付のとおりですので、御了承願います。   ここで当局から発言を求められておりますので、これを許します。副市長。     (副市長 角田陽介君登壇) ◎副市長(角田陽介君) おはようございます。私から、南米チリ中部沖で発生した地震による津波への対応について御報告いたします。   昨日午前7時54分に発生したチリ中部沖を震源とするマグニチュード8.3の地震により、本日午前3時ちょうどに岩手県沿岸津波注意報が発表され、当市で午前9時5分現在30センチの津波が観測されているところであります。   市では、津波注意報の発表と同時に災害警戒本部を設置し、沿岸住民への避難勧告の発令など、人命の安全確保を最優先として警戒に当たりました。沿岸地区本部においては、直ちに避難者の受け入れ態勢を整え、午前8時30分現在118名の方々が避難をされているところであります。   津波注意報の発表により、三陸鉄道、BRT等の交通機関に影響がありましたが、現時点で被害についての報告は入っておりません。   次に、低気圧等の影響に伴う大雨の対応についてであります。本日午前6時20分に大雨洪水警報が、また午前6時45分には土砂災害警戒情報が発表され、沿岸住民に防災行政無線により避難準備をするよう呼びかけたところであり、現時点で被害の報告は入っておりません。   なお、現在も津波注意報、大雨警報等が継続中であり、今後も関係機関団体等と連携を図りながら引き続き状況の把握に努め、警戒態勢に万全を期してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いを申し上げまして、御報告といたします。   私からは以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) ただいま当局から報告がありましたが、引き続き津波注意報等が発令中であり、市災害警戒本部が設置されておりますので、今後の被害等の状況に応じて適宜進行してまいりたいと思いますので、議員各位の御協力をお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
      本日の議事は、議会運営委員長より報告のあった当局議案等4件を加え、お手元に配付の議事日程第5号により進めることにいたします。 ○議長(畑中孝博君) 日程第1、認定第1号、平成26年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定についてから日程第10、認定第10号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の認定についてまで、日程第11、議案第24号、平成26年度大船渡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、日程第12、認定第11号、平成26年度大船渡市水道事業会計決算の認定について、以上12件を一括議題といたします。   決算11件及び水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、決算審査特別委員長の報告を求めます。委員長、熊谷昭浩君。  (決算審査特別委員長 熊谷昭浩君登壇) ◎決算審査特別委員長(熊谷昭浩君) おはようございます。去る9月4日の本会議におきまして決算審査特別委員会が設置をされ、平成26年度決算11件及び水道事業会計未処分利益剰余金の処分についての審査を付託されました。   同日、本委員会が開催をされ、委員長には私、熊谷昭浩が、副委員長には榊田弘也委員が選任をされております。その後、9月15日、16日の2日間、本委員会を開催し、1日目は一般会計の款別及び特別会計会計ごとに、翌日は総括質疑を行いまして決算審査を終了したところであります。審査の内容につきましては、議長を除く全員が委員となっておりますので、ここでの報告は省略をさせていただきます。   付託されました認定11件及び議案1件の審査結果でありますが、認定第1号、平成26年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第2号、平成26年度大船渡市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第3号、平成26年度大船渡市介護保険特別会計介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第4号、平成26年度大船渡市介護保険特別会計保険事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第5号、平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第6号、平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第7号、平成26年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第8号、平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第9号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第10号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の認定について、議案第24号、平成26年度大船渡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、認定第11号、平成26年度大船渡市水道事業会計決算の認定について、以上全12件は全会一致をもって、いずれも認定及び原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。   当局におかれましては、審査の過程において各委員から出されました発言の趣旨を十分踏まえまして、今後の行財政運営に取り組んでいただくことをお願いを申し上げ、報告とさせていただきます。   以上であります。 ○議長(畑中孝博君) この際お諮りいたします。   委員長報告に対する質疑は議長を除く全員による特別委員会において審議を尽くしているところでありますので、これを省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、委員長報告に対する質疑は省略することに決定いたしました。   これより決算11件及び水道事業会計未処分利益剰余金の処分について採決を行います。   まず、日程第1、認定第1号、平成26年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第1号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第2、認定第2号、平成26年度大船渡市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第2号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第3、認定第3号、平成26年度大船渡市介護保険特別会計介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第3号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第4、認定第4号、平成26年度大船渡市介護保険特別会計保険事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第4号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第5、認定第5号、平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第5号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第6、認定第6号、平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第6号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第7、認定第7号、平成26年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第7号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第8、認定第8号、平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第8号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第9、認定第9号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第9号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第10、認定第10号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第10号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第11、議案第24号、平成26年度大船渡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、本案に対する委員長報告は原案のとおり可決すべきとするものであります。本案は委員長報告のとおり原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第24号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第12、認定第11号、平成26年度大船渡市水道事業会計決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、認定第11号は認定することと決しました。 ○議長(畑中孝博君) ここで当局より発言を求められておりますので、これを許します。市長。     (市長 戸田公明君登壇) ◎市長(戸田公明君) ただいま認定第1号、平成26年度大船渡市一般会計歳入歳出決算から認定第11号、平成26年度大船渡市水道事業会計決算までの11件及び議案第24号、平成26年度大船渡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分につきまして認定並びに可決をいただきまして、まことにありがとうございます。   決算審査特別委員会での審査の中で、議員各位から御意見、御提言等をたくさんいただきましたが、これらにつきましては今後の市政運営に当たり十分配慮してまいりたいと考えております。   今後ともどうぞよろしくお願い申し上げまして、御礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第13、議案第1号、大船渡市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第1号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立多数であります。   よって、議案第1号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第14、議案第2号、大船渡市暴力団排除条例についてを議題といたします。   質疑を許します。13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) 議案第2号について若干質問をさせていただきます。   県下14市のうちで、恐らく大船渡市が最後の条例制定ということになるのだろうと私は認識しておりまして、暴力対策法が施行されてから足かけ20年になろうとしておるわけでありますけれども、かつて私はこの分野は専門でございましたので、なぜ今の時期なのかと。3年も4年も前から、市長は取り締まり当局からつくってくれないかという要請を受けていたはずでありますが、大船渡市はこれを容認する姿勢であったから、遅きに失した感は否めないのかというふうな理解もあろうかと思われますが、たったこれだけの3枚ぐらいの条例をつくるのにそんなに時間を費やしたものかどうか、あるいは市当局の姿勢としてこれを容認する姿勢にあったから、せっつかれてからやるのかという論評もあろうかと思われますけれども、その辺を納得のいくような説明を求めたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 生活福祉部長。 ◎生活福祉部長(伏木崇人君) 私から、今の船野議員の御質問に対してお答え申し上げます。   議員おっしゃるとおり、以前から大船渡の警察署長を通じてですとか、要請をいただいておったのは事実でございます。当市においても、暴力団の排除という点に関しては、まず公共工事の入札等において排除できるような手をこれまでは講じてきたところでございまして、今年度、来年にいわて国体も開催されるというようなところで、県内においても暴力団排除条例をしっかりと全てのところで制定しようという動きもございまして、そうしたところを受けて今この時期に制定、改めて入札のみならず、調達ですとか、公共財産の貸し出しですとか、そういったところも含めた暴力団排除条例を制定するに至ったと、そういったところでございます。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) (続) 部長から今答弁いただきましたけれども、瓦れき片づけに現在も組織に名を連ねている、背中に絵を描いた人たちが入っていたのも事実です。そのことは把握しておったかどうかわかりませんけれども、それを今まで排除できなかったことも事実であります。したがって、あの忙しい時期に人がいないということもありましたけれども、現実に私が知っている幹部であった人も、瓦れき片づけに来ておりました。「おまえ何しているんだ」と言ったら、「瓦れき片づけに来ているのです」と。「おまえみたいに背中さ落書きしたやつがか」というふうなこともあったのも事実であります。   だから、私いつも言うのですけれども、やっぱり機先を制する形で物事はやっていかないと、こういうことになりかねない。だから、私が先ほど言ったように、大船渡市はそれを容認するのかというふうに思われる案件になりかねない。やはり遅きに失した感は、決して否めないというふうに私は思っているわけですけれども、私が当初質問した、なぜ今の時期なのかということでは、いまいち納得いかないような御説明だったように思いますけれども、市長が執行当局からつくってくれませんか、つくってくれませんかと言われて久しいわけです。だから、表現はよくないかもしれませんけれども、ぶん投げていたというふうに思われるような案件かなというふうに思われるのですけれども、それは部長が来る前からの話でありますから、市長、ここはいかがでしょうか。そんなふうに思われがちな案件かなというふうに私は思うわけですけれども、いかがですか。 ○議長(畑中孝博君) 生活福祉部長。     (何事か呼ぶ者あり) ◎生活福祉部長(伏木崇人君) 議員御指摘のような事案を必ずしも当市、これまで認識はしておらないわけですけれども、いずれにいたしましてもこの条例ができましたら速やかに施行をして、今後暴力団を市の関係する業務の中から排除できるように、しっかりとやってまいりたいと思います。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) (続) 市長、現実のことを今私披瀝しました。そういうことがあったのです。それを排除できなかった。幾ら人手が足りないといっても、いわばそれを容認してきたということにもつながるわけです。だから、今なぜ遅いのかと責め立てても、これしようがないことかもしれません。しかし、これは姿勢の問題ですから、あえて私質問させていただいているわけですけれども、大船渡市はこういう姿勢だよということをなぜ今までできなかったのかということを聞きたいだけの話なのです。副市長もかつて国交省においででしたから、暴力対策法のことについてはよくよく御存じでありましょう。国からの指導もあったと思うのです。だから、要は姿勢の問題だと私は思っています。くどくど、なぜ遅くなったのだと聞いてもしようがないかもしれませんけれども、そういうふうな姿勢なのだというふうに誤解されがちな案件だと私は思うのです。私は、そうは思っていないですよ。思っていませんが、現実として入れ墨をした者が入っていたのも事実であります。そして、現実に組織に名を連ねている者が出入りしていたのも事実であります。そのことを十分わかった上で、部長は今把握されていなかったということのようでありますけれども、やはりそういうところが姿勢としてつながっていくのだろうなという、老婆心ながらというか、そういう思いで質問していることです。市長、これからの姿勢として、そういう姿勢でなければ、機先を制するような形でやっていくべきが本当だろうなという思いで質問していることをぜひ理解していただきたいと思いますが、いかがですか。 ○議長(畑中孝博君) 市長。 ◎市長(戸田公明君) いつだったか、ちょっと今はっきりした月数覚えておりませんが、恐らく1年以上前だったと思います。1年数カ月かそこら、3年前でしたでしょうか、私は指示いたしました。明確に指示しております。     (何事か呼ぶ者あり) ◎市長(戸田公明君) そうでしたか。今回このような形で条例がなったということは、時間がちょっとかかったという御指摘受ければ、そのとおりかもしれません。この際しっかりと条例をつくりましたので、どうかこれを御議決いただきたいと思います。その気持ち一つであります。 ○議長(畑中孝博君) 7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) 今13番議員、非常に大事な質問をしたと思って伺うわけですけれども、当市は平成14年5月31日に市営建設工事暴力団排除措置要綱というのを詳しく定めて、14年6月1日から施行して、そして現在に至っていたということでありました。そして、要はその要綱については契約事務的な契約についてのみの取り決めで、その先の下請、あるいは作業員にまでは及ばなかったということだったなと思いますし、またその要綱と照らし合わせますと、今度の暴力団排除条例については、もちろん必要なものだと思いますし、そういった中では今話されたような、現実に今まで復興作業にかかわった中にはそういう方もいたということであります。そういう現実が起きていたということで、今改めて驚いたわけですけれども、今回の条例については、その作業員にまでこの排除条例が及ぶものかどうか、その辺の解釈を御説明願いたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 市民環境課長
    市民環境課長(金野高之君) 私のほうからお答えいたします。   今回の条例につきましては、公共工事のみならず、行政事務にかかわってくる契約等全般についてかかわってくる業者について、そもそも入札とか見積もりの段階から排除しようというふうな考え方でやっているものでございます。ですから、もちろん業者さん中にそういう関係者がいれば外れるわけでございますし、その下請のほうにそういう関係者がいないようにするというようなことを誓約するということが前提として契約を行っていくというような考え方でつくっているものでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) (続) 再度確認しますが、いずれそうすると例えば2次、3次という下請の構図というのは、当然それぞれの技能技術を持っている人たちが違うので、会社で持っている場合もあったりしますので、2次、3次においてもそういう関係者がいないということまで確認をして、そして発注に至るということでよろしいですか。 ○議長(畑中孝博君) 市民環境課長市民環境課長(金野高之 君) 基本的にそう考えていただいて結構ですし、契約してやっている最中にそれがわかった段階では、当然それは契約解除するというような措置になろうかと思います。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第15、議案第3号、大船渡市個人情報保護条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。14番、滝田松男君。 ◆14番(滝田松男君) 個人情報、マイナンバー等について一般質問でも取り上げましたけれども、個人情報について、一般質問の続きのような形になりますけれども、本当になりすましとか情報漏えいが心配されないのかどうなのか、また再度お伺いをしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 総務部長。 ◎総務部長(佐藤良君) いずれ個人情報の管理に関しては漏れないようにとか、そういうことで万全を期したいと考えております。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第16、議案第4号、大船渡市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第4号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第4号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第17、議案第5号、大船渡市手数料条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。14番、滝田松男君。 ◆14番(滝田松男君) 再交付手数料500円、800円と、他の諸手数料に比べれば結構金額的に多いのかなというふうに思うのですが、この500円、800円になった基準といいますか、どういったことで、このカードの製造原価のみだというふうなことなのかどうなのかお伺いをいたします。 ○議長(畑中孝博君) 市民環境課長。 ◎市民環境課長(金野高之君) それでは、お答えいたします。   基本的には、このカード等につきましては地方公共団体情報システム機構というところに委託して作成をしていただいているものでございまして、実費相当というふうに解していただいて結構だと思います。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 14番、滝田松男君。 ◆14番(滝田松男君) (続) 済みません、ちょっと聞き取れませんでした。申しわけないです。もう一度。 ○議長(畑中孝博君) 市民環境課長。 ◎市民環境課長(金野高之君) 通知カード及び個人番号カードにつきましては、地方公共団体情報システム機構という機構のほうで全市町村分を一括して作成することとしております。当初発行する分については、当然無料なのでございますけれども、個人の責任において紛失した場合に再発行を求めるというときには、その実費分を負担していただくということで、今回御提案をしたものでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第18、議案第6号、地方卸売市場大船渡市市場条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第6号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第6号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第19、議案第7号、大船渡市漁業集落排水施設設置管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第7号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第7号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第20、議案第8号、大船渡市住宅条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第8号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第8号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第21、議案第9号、平成27年度大船渡市一般会計補正予算(第3号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) 補正予算の説明資料によって、3点ほどお聞きいたします。   まずは、今回も補正、新規事業が何点か入ってきているというところで、新規事業2点、それから継続ということで1点お聞きいたします。   まず1点目、特別交付税、今回も8,100万円ほど補正されておりますが、この中身と対象になるものについて、まずはお聞きしたいと思います。   それから、2点目でありますが、県支出金の中の新規事業、大船渡綾里三陸地域連携道路整備事業負担金、10分の10ということで1億6,700万円予算化されております。歳出のほうでは、土木費の中で赤崎地区新県道改良に伴う市道改良事業ということで、市道の県道への取りつけ道路ということで上げられておりますが、実際これどこの部分の取りつけ道路なのかというところで、そこのところをお聞きしたいと思います。   それから、3点目でありますが、歳入の諸収入の新規事業の中に大船渡港国際水産物流拠点形成プロジェクト実行委員会助成金ということで1億700万円ほど計上されております。歳出のほうを見ますと、単純にこれがその対象になっているなというのは、ちょっとなかなか確認できづらいところもありまして、今回新規事業というところで助成金が入っているわけでありますが、今後これはどのような事業でもって行っていかれるのかお聞きしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 財政課長。 ◎財政課長(遠藤和枝君) 私からは、特別交付税の増額の要因についてお答えいたします。   今回の特別交付税の増額は、復興事業の予算措置に伴う震災復興特別交付税の分でございまして、主なものは被災市街地復興土地区画整理事業の約3,200万円、それから水産業共同利用施設復興事業等の1,300万円ほどというふうになっております。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 建設課長。 ◎建設課長(菅原博幸君) それでは、私のほうからは、県負担金の関係の答弁をさせていただきます。   内容としましては、中赤崎地区の新県道に接続する市道分の用地費でございます。これは、県のほうから委託金をいただいて、それで購入するという形になります。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 港湾経済課長。 ◎港湾経済課長(佐々木義久君) 私のほうは、諸収入のほうの大船渡港国際水産物流拠点形成プロジェクト実行委員会助成金について御説明させていただきます。   こちらのほうの事業につきましては、野々田埠頭に建設予定であります共同利用コンテナ用上屋新築工事のほうの追加助成の関係となります。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 1点再質問をさせていただきます。   県支出金の取りつけ道路の関係ですが、今回は用地購入のために県からの委託金ということで出ているというところで理解をしました。それで、そもそもこの赤崎の県道、今回のような災害時の避難道路として非常に注目される道路だと思っております。そんな中で、取りつけ道路が全線にわたって新規に行われるものではありませんで、やはり注目すべきところというのは市道の取りつけ道路が非常に重要だなと私は考えております。   そんな中、このたびこの中赤崎側の市道取りつけ道路をはっきりこうやって提示してくるということは、非常にありがたいことだなと、そんなふうに感じておるわけでありますが、今後さらにこちらが仮に入り口部分であるとすれば、また出口部分の市道の取りつけ道路というものも今後は非常に重要になってくる道路の部分でありますが、そこについての今後の考え方はどのようになっているのかお聞きしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 都市整備部長。 ◎都市整備部長(西山春仁君) それでは、私のほうからただいまの御質問にお答え申し上げます。   今回補正で提案しております1億6,700万円ほどの用地の分については、現在設計しております赤崎地区の県道の市道が重なる部分は、どうしても県道ができることによって現在の市道を移設というか、切りかえをしなければならない部分の用地費でございます。工事については、県道に伴う工事ということで、市道も含めて県のほうでやるわけでありますが、用地については、底地についてはいずれ市で管理する市道分ということで、その分の用地は市になりますので、県から用地費を市でいただいて、市で契約というふうな手続になります。これは、県道と重なる分の市道についての切りかえ分でございます。   今御質問がありました新たな市道の取りつけというものについても、現在我々地元と一緒になって検討しておりますが、新しい県道に取りつく市道というのは、生活上避難するにおいても、日常の生活においても非常に重要なものだというふうに考えておりまして、今検討段階でありますが、今後復興庁とも協議しながら新たな接続については検討していくと、今検討中という段階でございますので、だんだんその経過、内容がわかってくれば、地元等も含めて説明してまいりたいというふうに考えてございます。
      以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 1点確認させていただきます。   今の答弁の中で、県道に取りつける市道の整備に関して、県のほうで行うといった話があったと思うのですが、今後もそういった考え方でよろしいかどうか、ちょっと1点確認したいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 都市整備部長。 ◎都市整備部長(西山春仁君) 県で市道の分の事業を行うのは、新たな県道の新設によって、どうしてもつけかえなければならない部分、市道が重なってしまってつけかえが必要、あるいは脇に接続する必要があるようなものについては、機能補償という形で県のほうで行います。しかし、新しい道路ができた段階で、市道がなかったところに新たに接続する分については、これは市のほうでやる事業でございますので、その点については現在検討して、復興庁とも協議中という段階でございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第9号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第9号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第22、議案第10号、平成27年度大船渡市市場事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第10号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第10号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第23、議案第11号、平成27年度大船渡市介護保険特別会計保険事業勘定)補正予算(第2号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第11号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第24、議案第12号、平成27年度大船渡市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第12号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第12号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第25、議案第13号、平成27年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第13号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第13号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第26、議案第14号、平成27年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第14号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第14号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第27、議案第15号、平成27年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)補正予算(第2号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第15号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第15号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第28、議案第16号、佐野橋橋梁修繕(その1)工事及び佐野橋橋梁修繕(その2)工事の請負契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第16号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第16号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第29、議案第17号、赤崎小学校移転改築工事の請負契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第17号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第17号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第30、議案第18号、赤崎中学校移転改築工事の請負契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) 建築工事そのものは、早期の工程どおりの進捗を望むものでございますが、いずれ上物を建てる前には、どこもそうですけれども、造成工事が行われております。そういった中で、防集もそうですけれども、どうも土工事のほうがおくれがちになると。さまざまな理由ですよ、これは業者がどうのということではありません。   そういった中で、今回赤崎中学校においては県道との工事による変更というか調整、あるいは土壌というか地盤改良等々、造成工事途中においても若干の変更が生じているというところで、この土工事のほうが工程的に進む、そのことを前提にこの建築、上物の工期が定められるものだと思うのですけれども、いずれこれ可決されますと、すぐ契約をするということで、契約の日から起算するということに工期はなっております。そういった意味で、今これだけ変更があった土工事のほうの進捗というものは、工程どおり進んでいるものなのか、また変更がある場合はそういった点での着工がおくれるということもあろうかと思います。契約日と着工日が同じということはないと思うので、その点はどのようにお考えなのかお聞かせ願います。 ○議長(畑中孝博君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(江刺雄輝君) 敷地造成工事のおくれが生じていないかということにつきましては、現時点におきまして赤崎小学校中学校とも土砂の掘削及び運搬に関しまして、当初の工程よりもおくれが生じているところでございます。今後工期等を再調整した上で、必要に応じて契約変更を検討してまいりたいと考えておりますけれども、本体工事への影響につきましては、建物本体部分の造成を優先して行うなど、工程の調整をしまして、できるだけ本体工事の着工に支障を来さないよう配慮しまして、目指す開校時期に向けて工事を進めたいと考えております。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) (続) そのようにお願いしたいと思いますし、またいろんな条件が変わってくるのです。特に土工事は今までもそうでした。やっぱり変更なら変更の情報を、時期とともに提示してほしいのです。みんなが完成を望んでいる工事ですので、おくれる理由というのもしっかり伝えて、決して一部分に、あるいは行政に負担がかからないように、責任はどこにあるのだというようなことにならないように、それにはやはり主に地元、当事者への情報提供が一番大事だと思いますので、そういったところでは気配りをしながら、工程を変更なら変更ということで情報をどんどん出しながら、地域とも一緒になって建設に臨むという、そういう姿勢で臨むべきと、そう考えますが、お考えがあればお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 教育次長。 ◎教育次長(木川田大典君) 議員さんおっしゃるとおり、非常に皆さんに待たれている施設でございますので、そういった工事の進捗状況につきましては地元としっかり連携しながら、連絡とりながら行っていきたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第18号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第18号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第31、議案第19号、蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第19号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第19号は原案のとおり可決いたしました。
    ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第32、議案第20号、市道路線の廃止についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第20号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第20号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第33、議案第21号、市道路線の認定についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第21号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第21号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第34、議案第22号、あらたに生じた土地の確認についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第22号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第22号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第35、議案第23号、公有水面の埋立てによる字区域の変更についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第23号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第23号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、追加提出のありました議案であります。   日程第36、議案第28号、大船渡市防災センター(仮称)建設工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて及び日程第37、議案第29号、蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて、以上2件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) 私から、議案第28号及び議案第29号について御説明いたします。   追加議案書の議案第28号をお開き願います。議案第28号、大船渡市防災センター(仮称)建設工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、大船渡市防災センター(仮称)建設工事。2、工事場所、大船渡市盛町字下舘下地内。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額16億7,400万円。5、契約の相手方、宮城県仙台市青葉区上杉1丁目15番17号、淺沼組・豊島建設特定共同企業体、代表者、株式会社淺沼組東北支店、支店長、亀田鉱嗣。   提案理由でございます。大船渡市防災センター(仮称)建設工事の請負契約締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事内容、建築工事は庁舎棟、訓練棟等。電気設備工事は、受変電設備、電灯設備、動力設備、発電機設備、火災報知設備、太陽光発電設備等。機械設備工事は、給水設備、排水設備、暖房設備、空気調和設備、受水槽設備、水槽ろ過設備等でございます。   2、構造、規模(建物)、庁舎棟は鉄筋コンクリート造一部鉄骨造4階建て3,176.07平方メートル、1階1,389.88平方メートル、2階111.65平方メートル、3階1,127.27平方メートル、4階547.27平方メートル。訓練棟は、鉄骨造4階建て122.02平方メートル、1階33.76平方メートル、2階27.25平方メートル、3階33.76平方メートル、4階27.25平方メートルでございます。   3、主な施設等、庁舎棟は1階、管理施設、エントランスホール、消防事務室、仮眠室、災害活動準備室、救急準備室、滅菌消毒室、洗濯乾燥室、資材倉庫、ろ過機室、更衣室、洗面、シャワー室、トイレ等784.97平方メートル。訓練施設、水槽、水深5.0メートル、20.74平方メートル。車庫、車庫及び油脂庫584.17平方メートル。   2階、管理施設、展示ホール、見学スペース等111.65平方メートル。   お開き願います。3階、管理施設、防災センター事務室、防災センター長室、通信指令機械室、指令センター、指令センター事務室、仮眠室、消防団本部室兼災害対策室、書庫、食堂、消防団資機材保管室、応急処置指導室、トイレ等1,062.45平方メートル。訓練施設、煙体験室、水難救助用訓練室及び水槽64.82平方メートル。   4階、管理施設、電気施設発電機室、トイレ等385.15平方メートル。防災教育施設、防災研修室162.12平方メートルでございます。   訓練棟は、1階、非常用備蓄庫、トイレ33.76平方メートル。   2階、立て坑救助訓練スペース27.25平方メートル。   3階、マンション火災訓練、立て坑救助訓練スペース33.76平方メートル。   4階、ロープ渡過訓練スペース27.25平方メートルでございます。   その他の施設等は、駐車場43台、駐輪場15台、土のう置き場11.92平方メートル、自家給油設備、ガソリン4,000リットルタンク、軽油6,000リットルタンク、98.88平方メートル、出動標示板3基でございます。   4、工期、この契約締結の日から平成29年1月29日まででございます。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は配置図でございます。   お開き願います。資料4は1階平面図でございます。   お開き願います。資料5は2階平面図でございます。   お開き願います。資料6は3階平面図でございます。   お開き願います。資料7は4階平面図でございます。   お開き願います。資料8は立面図でございます。   お開き願います。資料9は立面図でございます。   お開き願います。資料10は完成予想図でございます。   お開き願います。議案第29号、蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事。2、工事場所、大船渡市赤崎町字鳥沢地内外。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額11億5,884万円。5、契約の相手方、大船渡市大船渡町字上山14番地3、株式会社明和土木代表取締役、金野乃士。   提案理由でございます。蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事の請負契約締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事の対象、蛸ノ浦漁港海岸災害復旧。   2、工事内容、防潮堤511.09メートル、復旧高7.50メートル水門部7.00メートル、陸閘部71.53メートル。   3、工期、この契約締結の日から平成29年3月20日まででございます。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図でございます。   以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) ここで追加議案思考のため15分間休憩いたします。     午前11時07分 休   憩     午前11時22分 再   開 ○議長(畑中孝博君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   これより議案審議を行います。議案第28号、大船渡市防災センター(仮称)建設工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第28号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第28号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、議案第29号、蛸ノ浦漁港海岸災害復旧(23災 591号その1)工事の請負契約締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) この図面には断面がないものですから確認いたしますが、震災のときには潮位の変化が見られなくて逃げおくれたという声もありました。そういった中で、釜石市を見ますと、防潮堤の中をくりぬいて、車で通過するとちょうど海の状態が見えるようになっているのです。そういった工夫はされないものかどうか、1点確認をいたします。 ○議長(畑中孝博君) 水産課技監。 ◎水産課技監(阿部博基君) 防潮堤の断面についてでございますけれども、防潮堤の断面につきましては、現在土木センターのほうの防潮堤については、そういう施設を設置するような検討をしているとは伺っておりますが、水産関係の防潮堤、県のを含めてですけれども、それについては今のところそういう施設は検討していないところでございます。   ただ、今後蛸ノ浦の防潮堤の隣が土木防潮堤と隣接する関係で、そういう施設有効であるということであれば、これからそのような施設の設置が可能かどうかということを含めて、これは県なり国とまた協議して検討してまいりたいと思っております。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第29号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第29号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第38、発議案第5号、大船渡市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。   提出者の説明を求めます。議会運営委員長、伊藤力也君。   (議会運営委員長 伊藤力也君登壇) ◎議会運営委員長(伊藤力也君) それでは、発議案第5号、大船渡市議会会議規則の一部を改正する規則について御説明いたします。   本発議案は、地方自治法第109条第6項及び大船渡市議会会議規則第14条第2項の規定により、議会運営委員会として提出するものであります。   提案理由でございます。男女共同参画を考慮した議会活動の促進を図るため、出産に伴う議会の欠席に関する規定を設けるとともに、議会の活性化に資するため大船渡市議会の一般質問における質問回数の制限の撤廃について、また陳情書の取り扱いについて明確化するほか、地方自治法の一部改正に伴う本会議における公聴会の開催等について、所要の規定の整備を行うものでございます。   具体的な内容につきましては、別に配付しております大船渡市議会会議規則改正新旧対照表により御説明いたします。   改正内容の主な点について御説明いたします。なお、表の左側が現行規則、右側が改正規則であります。   4ページをお開き願います。現行規則の第2条に次の1項を加える。2、議員は、出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる。これは、女性活躍担当大臣からの要請を受け、全国市議会議長会の標準会議規則が改正されたことに伴い、当市議会としても会議規則を改正し、女性議員が活躍しやすい環境の整備を図ろうとするものでございます。
      次に、5ページをごらん願います。現行規則第64条中、「質問については」を「一般質問については第60条(質疑又は討論の終結)、緊急質問については」に改める。これは、議会での活発な議論の促進を図るため、一般質問における回数の制限を撤廃することを明確化したものでございます。   次に、同じく5ページの下、第8節の次に次の1節を加える。第9節、公聴会及び参考人。また、条文7つを加え、公聴会の開催や参考人の招致にかかわる手続等について定めております。これは、地方自治法の一部改正に伴い、本会議においても公聴会の開催及び参考人の招致が可能となったことから、当市議会会議規則においても必要な規定の整備を行うものでございます。   7ページをお開き願います。現行規則の第9節が第10節に、またこれ以降全体の条文が7条ずつ繰り下がります。   7ページの下、現行規則の第84条に次の1項を加え、同条を第91条とする。2、委員は、出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ委員長に欠席届を提出することができる。これは、さきに御説明しました第2条と同様の趣旨により、本会議と同様委員会においても出産に伴う欠席の規定を設けるものでございます。   13ページをお開き願います。現行規則の第138条中「議長は、」を削り、「その内容が請願に適合するものは」を「あって、議長が必要と認めるものは」に改め、同条を第145条とする。これは、今回の改正により陳情書の取り扱いの基準をより明確化しようとするものでございます。   主な改正内容は以上でございます。   なお、この規則の施行日は公布の日からでございます。   私からは以上でございます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(畑中孝博君) 発議案第5号について質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   発議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、発議案第5号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第39、議員の派遣についてを議題といたします。   お諮りいたします。議員の派遣については、あらかじめお手元に配付いたしました議員派遣についてのとおり、地方自治法第100条第13項及び大船渡市議会会議規則第160条第1項の規定により派遣いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、本件については原案のとおり派遣することに決しました。   この際お諮りいたします。ただいま議決した事項について、諸般の事情により変更する場合には議長に一任を願いたいと思いますが、御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、本件について、原案に変更があった場合は、議長に一任いただくことに決しました。 ○議長(畑中孝博君) 以上で本定例会に付議されました議案等全部を議了いたしました。   これをもちまして平成27年市議会第3回定例会を閉会いたします。   大変御苦労さまでした。     午前11時32分 閉   会...