大船渡市議会 > 2015-05-20 >
平成27年  第2回 臨時会-05月20日−議案上程説明、審議決定−01号
平成27年  第2回臨時会 議案等審議結果-議案等審議結果一覧表

ツイート シェア
  1. 大船渡市議会 2015-05-20
    平成27年  第2回 臨時会-05月20日−議案上程説明、審議決定−01号


    取得元: 大船渡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-08
    平成27年  第2回 臨時会 - 05月20日-議案上程説明、審議決定-01号 平成27年  第2回 臨時会 - 05月20日-議案上程説明、審議決定-01号 平成27年  第2回 臨時会          平成27年大船渡市議会第2回臨時会会議録議事日程第1号平成27年5月20日(水)午前10時開議日程第1         会期の決定日程第2         会議録署名議員の指名日程第3  報告第1号  神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関する専決             処分について日程第4  報告第2号  千歳・増舘漁港災害復旧(23災 144号他)工事の請負変更契約の締結に関す             る専決処分について日程第5  報告第3号  吉浜漁港災害復旧(23災 606号他)工事の請負変更契約の締結に関する専決             処分について日程第6  報告第4号  碁石漁港海岸災害復旧(23災 565号)工事の請負変更契約の締結に関する専             決処分について日程第7  報告第5号  泊里・碁石漁港災害復旧(23災 486号他)工事の請負変更契約の締結に関す             る専決処分について日程第8  報告第6号  小石浜漁港海岸災害復旧(23災 615号その2)工事の請負変更契約の締結に             関する専決処分について日程第9  報告第7号  梅神地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に             関する専決処分について日程第10  報告第8号  車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について日程第11  報告第9号  車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について日程第12  議案第1号  大船渡市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることにつ             いて日程第13  議案第2号  平成26年度大船渡市一般会計補正予算(第9号)の専決処分の承認を求める             ことについて日程第14  議案第3号  平成26年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承             認を求めることについて日程第15  議案第4号  平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の             承認を求めることについて日程第16  議案第5号  平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)の専決処             分の承認を求めることについて日程第17  議案第6号  平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分             の承認を求めることについて日程第18  議案第7号  平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第5号)             の専決処分の承認を求めることについて日程第19  議案第8号  大洞ふれあい交流館設置管理に関する条例について日程第20  議案第9号  大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の一部を改正する条例             について日程第21  議案第10号  大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例について日程第22  議案第11号  中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事及び中赤崎地             区(その1・その2)道路新設・改良工事の請負契約の締結に関し議決を求             めることについて日程第23  議案第12号  中赤崎地区(その6―1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結             に関し議決を求めることについて日程第24  議案第13号  防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事及び山口第325号外枝線工事の請             負契約の締結に関し議決を求めることについて日程第25  議案第14号  大船渡市地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締             結に関し議決を求めることについて日程第26  議案第15号  峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を             求めることについて日程第27  議案第16号  小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結             に関し議決を求めることについて日程第28  議案第17号  大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事の請負変更契約の締結に関し             議決を求めることについて日程第29  議案第18号  財産の取得に関し議決を求めることについて日程第30  議案第19号  財産の取得の変更に関し議決を求めることについて日程第31  議案第20号  財産の取得の変更に関し議決を求めることについて日程第32  議案第21号  大船渡市営住宅の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについ             て日程第33  議案第22号  大船渡市教育委員会委員の任命に関し同意を求めることについて本日の会議に付した事件   ~議事日程第1号に同じ~出 席 議 員(20名)  議 長  畑 中 孝 博 君          副議長  伊 藤 直 人 君  1 番  千 葉   盛 君          2 番  榊 田 弘 也 君  3 番  船 砥 英 久 君          4 番  小 松 龍 一 君  5 番  今 野 善 信 君          6 番  鈴 木 健 悦 君  7 番  渕 上   清 君          8 番  伊 藤 力 也 君  9 番  森     操 君          10番  紀 室 若 男 君  11番  平 山   仁 君          12番  熊 谷 昭 浩 君  13番  船 野   章 君          14番  滝 田 松 男 君  15番  三 浦   隆 君          16番  鈴 木 道 雄 君  17番  平 田 ミイ子 君          18番  志 田 嘉 功 君欠 席 議 員(0 名)説明のため出席した者  市     長  戸 田 公 明 君      副  市  長  角 田 陽 介 君  教  育  長  今 野 洋 二 君      災 害 復興局長  佐 藤 高 廣 君  企 画 政策部長  志 田   努 君      総 務 部 長  佐 藤   良 君  生 活 福祉部長  伏 木 崇 人 君      地 域 包括ケア  後 藤 俊 一 君                          推 進 室 長  商 工 港湾部長  三 浦 勝 朗 君      農 林 水産部長  尾 坪   明 君  都 市 整備部長  西 山 春 仁 君      会 計 管 理 者  今 野 芳 彦 君  教 育 次 長  木川田 大 典 君      水 道 事業所長  中 井 吉 隆 君  復 興 政策課長  鎌 田 征 喜 君      土 地 利用課長  田 中 聖 一 君  市街地整備課長  今 野 勝 則 君      企 画 調整課長  新 沼   徹 君  総 務 課 長  鈴 木 昭 浩 君      財 政 課 長  遠 藤 和 枝 君  地 域 福祉課長  熊 澤 正 彦 君      商 業 観光課長  鈴 木   弘 君  港 湾 経済課長  佐々木 義 久 君      水 産 課 長  鈴 木 満 広 君  建 設 課 長  菅 原 博 幸 君      住 宅 公園課長  千 葉 洋 一 君  生 涯 学習課長  江 刺 雄 輝 君      消 防 署 長  橋 本 洋 治 君事務局職員出席者  事 務 局 長  金 野 敏 夫 君      局 長 補 佐  水 野 克 恵 君  議 事 係 長  山 下 浩 幸 君     午前10時00分 開   会 ○議長(畑中孝博君) おはようございます。   これより平成27年市議会第2回臨時会を開会いたします。   本日の出席議員は20名全員であります。   日程に入るに先立ち、諸報告を行います。まず、去る4月9日、盛岡市におきまして第67回東北市議会議長会定期総会が開催され、議長が出席いたしました。総会では、会長提出議案5件、各県提出議案18件が原案のとおり可決されております。   次に、去る4月16日、久慈市におきまして平成27年度岩手県市議会議長会定期総会が開催され、議長が出席いたしました。総会では、会長提出議案2件、各市提出議案4件が原案のとおり可決されております。   次に、当市監査委員から平成26年度2月分の一般会計、特別会計、歳計外現金、基金並びに水道事業会計の例月出納検査の結果及び平成26年度定期監査結果、財政援助団体等監査結果について報告があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。   次に、会議規則第160条に基づく議員派遣についてでありますが、お手元に配付の議員派遣報告書のとおりですので、御了承願います。   以上で諸報告を終わります。   ここで当局から発言を求められておりますので、これを許します。副市長。 ◎副市長(角田陽介君) おはようございます。それでは、私から本年4月1日付で異動しました部課長等の紹介をさせていただきます。   初めに、部長級を紹介いたします。企画政策部長の志田努であります。   総務部長の佐藤良であります。   地域包括ケア推進室長兼長寿社会課長の後藤俊一であります。   農林水産部長の尾坪明であります。
      都市整備部長の西山春仁であります。   会計管理者兼会計課長の今野芳彦であります。   教育次長の木川田大典であります。   続きまして、課長級を紹介いたします。災害復興局復興政策課長の鎌田征喜であります。   同じく、土地利用課長の田中聖一であります。   同じく、土地利用課技監の一栁幸弘であります。神奈川県相模原市から派遣をいただいております。   同じく、市街地整備課長の今野勝則であります。   同じく、市街地整備課技監の鈴木康永であります。静岡県浜松市から派遣をいただいております。   同じく、市街地整備課技監の近藤幸信であります。大阪府泉佐野市から派遣をいただいております。   企画政策部企画調整課長の新沼徹であります。   大船渡消防署長の橋本洋治であります。   生活福祉部市民環境課長の金野高之であります。   同じく、国保年金課長の大浦公友であります。   同じく、子ども課長の下田牧子であります。   同じく、健康推進課長の菅原松子であります。   少しお待ちいただきます。   紹介を続けさせていただきます。農林水産部農林課長の金野久志であります。   同じく、水産課長の鈴木満広であります。   同じく、水産課技監の阿部博基であります。   都市整備部建設課長の菅原博幸であります。   同じく、建設課技監の千葉英彦であります。   教育委員会事務局生涯学習課長の江刺雄輝であります。   監査委員事務局長の佐々木毅であります。   農業委員会事務局長の近江学であります。   以上で異動部課長等の紹介を終わります。私からは以上でございます。     午前10時06分 開   議 ○議長(畑中孝博君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。   本日の議事はお手元に配付の議事日程第1号により、これを進めることにいたします。 ○議長(畑中孝博君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。   お諮りいたします。議会運営委員長より報告がありましたとおり、本臨時会の会期は本日1日といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。   会議録署名議員は、規定により議長において、15番、三浦隆君、16番、鈴木道雄君の両名を指名いたします。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第3、報告第1号、神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関する専決処分についてから日程第11、報告第9号、車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分についてまで、以上9件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) おはようございます。私から、報告第1号から報告第9号について御説明いたします。   議案書の報告第1号をお開き願います。報告第1号、神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成26年5月9日に議会の議決を経た神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成26年5月9日に議会の議決を経た神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、神坂地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字神坂地内。3、請負者、住所、大船渡市大船渡町字上山14番地3、名称、株式会社明和土木代表取締役、金野満。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前1億9,008万円、変更後1億9,044万720円、変更による増減36万720円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、伐採した木の根の撤去作業の結果、伐根処分量が当初の想定より多かったことから、処分費用の追加に係る変更を行ったものでございます。   また、造成宅地の一部の地質が当初の想定よりかたい岩層であったことから、住宅建築時に基礎工事等で支障とならないように必要な深さまで掘削して埋め戻しを行うための費用の追加に係る変更等を行ったものでございます。   2、変更の内容、36万720円の増額。主な変更の内容は、(1)、伐根処分量、実績により伐根処分量を約143トンから約197トンに変更するための費用を追加したものでございます。(2)、掘削埋め戻し工、造成宅地2区画の掘削深について、当初計画の0.3メートルを0.7メートルから2.2メートルに変更するための費用を追加したものでございます。(3)、地質試験費、造成宅地9区画の地盤の強度調査を実施するための費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第2号、千歳・増舘漁港災害復旧(23災 144号他)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成27年3月17日に議会の議決を経た千歳・増舘漁港災害復旧(23災 144号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成27年3月17日に議会の議決を経た千歳・増舘漁港災害復旧(23災 144号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、千歳・増舘漁港災害復旧(23災 144号他)工事。2、工事場所、大船渡市三陸町吉浜字千歳地内外。3、請負者、住所、大船渡市盛町字田中島27番地1、名称、株式会社佐賀組代表取締役、金野辰雄。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億2,518万円、変更後2億2,663万440円、変更による増減145万440円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、平成27年2月1日に労務単価が改定されたことに伴い、旧労務単価を適用して同日以降に契約を締結した本工事について、新労務単価に変更するための請負契約金額の変更を行ったものでございます。   2、変更の内容、145万440円の増額、労務単価の変更に係る費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第3号、吉浜漁港災害復旧(23災 606号他)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成27年3月17日に議会の議決を経た吉浜漁港災害復旧(23災 606号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成27年3月17日に議会の議決を経た吉浜漁港災害復旧(23災 606号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、吉浜漁港災害復旧(23災 606号他)工事。2、工事場所、大船渡市三陸町吉浜字横石地内。3、請負者、住所、大船渡市大船渡町字地ノ森61番地7、名称、株式会社菊池組代表取締役、佐々木孝雄。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億4,300万円、変更後2億4,677万4,600円、変更による増減377万4,600円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、平成27年2月1日に労務単価が改定されたことに伴い、旧労務単価を適用して同日以降に契約を締結した本工事について、新労務単価に変更するための請負契約金額の変更を行ったものでございます。   2、変更の内容、377万4,600円の増額。労務単価の変更に係る費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第4号、碁石漁港海岸災害復旧(23災 565号)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成27年3月17日に議会の議決を経た碁石漁港海岸災害復旧(23災 565号)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成27年3月17日に議会の議決を経た碁石漁港海岸災害復旧(23災 565号)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、碁石漁港海岸災害復旧(23災 565号)工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字大浜地内。3、請負者、住所、大船渡市盛町字内ノ目12番地13、名称、株式会社匠建設代表取締役社長、中嶋豊。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億2,464万円、変更後2億2,729万3,560円、変更による増減265万3,560円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、平成27年2月1日に労務単価が改定されたことに伴い、旧労務単価を適用して同日以降に契約を締結した本工事について、新労務単価に変更するための請負契約金額の変更を行ったものでございます。   2、変更の内容、265万3,560円の増額、労務単価の変更に係る費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第5号、泊里・碁石漁港災害復旧(23災 486号他)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成27年3月17日に議会の議決を経た泊里・碁石漁港災害復旧(23災 486号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成27年3月17日に議会の議決を経た泊里・碁石漁港災害復旧(23災 486号他)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、泊里・碁石漁港災害復旧(23災 486号他)工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字泊里地内外。3、請負者、住所、宮城県仙台市青葉区国分町1丁目6番9号、名称、株式会社不動テトラ東北支店執行役員支店長、細坂晋一郎。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億3,220万円、変更後2億3,457万1,680円、変更による増減237万1,680円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、平成27年2月1日に労務単価が改定されたことに伴い、旧労務単価を適用して同日以降に契約を締結した本工事について、新労務単価に変更するための請負契約金額の変更を行ったものでございます。   2、変更の内容、237万1,680円の増額。労務単価の変更に係る費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第6号、小石浜漁港海岸災害復旧(23災 615号その2)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成27年3月17日に議会の議決を経た小石浜漁港海岸災害復旧(23災 615号その2)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成27年3月17日に議会の議決を経た小石浜漁港海岸災害復旧(23災 615号その2)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、小石浜漁港海岸災害復旧(23災 615号その2)工事。2、工事場所、大船渡市三陸町綾里字小石浜地内。3、請負者、住所、大船渡市三陸町綾里字大畑野18番地1、名称、亘理土木工業有限会社代表取締役、亘理好治。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億1,114万円、変更後2億1,403万1,160円、変更による増減289万1,160円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、平成27年2月1日に労務単価が改定されたことに伴い、旧労務単価を適用して同日以降に契約を締結した本工事について、新労務単価に変更するための請負契約金額の変更を行ったものでございます。   2、変更の内容、289万1,160円の増額、労務単価の変更に係る費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第7号、梅神地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成26年5月9日に議会の議決を経て請負契約を締結し、その一部を平成27年2月9日及び3月17日に議会の議決を経て変更した梅神地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成26年5月9日に議会の議決を経て請負契約を締結し、その一部を平成27年2月9日及び3月17日に議会の議決を経て変更した梅神地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。   1、工事名、梅神地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字高清水地内。3、請負者、住所、大船渡市大船渡町字地ノ森61番地9、名称、株式会社小松組代表取締役、小松格。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前1億6,229万8,080円、変更後1億6,382万7,360円、変更による増減152万9,280円の増。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、宅地の出入り口の一部を傾斜のある既設道路の低い地点で計画しておりましたが、道路からの排水の浸入を防ぐため、高い地点に見直したことにより、道路側溝の延長とすりつけ部分の舗装が必要となったことに係る変更等を行ったものでございます。   2、変更の内容、152万9,280円の増額、主な変更の内容、(1)、路面排水工、道路側溝の施工延長を延べ247.0メートルから延べ263.0メートルに変更するための費用を追加したものでございます。(2)、舗装工、舗装面積を622.0平方メートルから683.0平方メートルに変更するための費用を追加したものでございます。   お開き願います。報告第8号、車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について。これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。車両接触事故に係る損害賠償事件に関し、これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第10号の規定により次のとおり専決処分する。   和解及び損害賠償の相手方は、記載のとおりであります。和解の内容、大船渡市は相手方に対物損害に係る損害額の合計32万7,272円のうち損害賠償の額29万4,545円を支払う。損害賠償の額29万4,545円、この額は全額保険金で支払いするものでございます。損害賠償の原因、平成27年2月5日、大船渡市盛町字中道下地内の市道田茂山佐野線において、職員が運転する市保有の自動車が、本件相手方所有の軽自動車に接触し、車体に損傷を与えた。事故原因は、運転していた職員及び相手方の前方確認が不十分だったことによるものでございます。   お開き願います。報告第9号、車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について。これに係る和解及び損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございます。車両接触事故に係る損害賠償事件に関し、これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第10号の規定により次のとおり専決処分する。和解及び損害賠償の相手方は、記載のとおりでございます。和解の内容、大船渡市は相手方に対人損害に係る損害賠償の額3万5,520円を支払う。損害賠償の額3万5,520円、この額は全額保険金で支払いするものでございます。損害賠償の原因、平成27年2月5日、大船渡市盛町字中道下地内の市道田茂山佐野線において、職員が運転する市保有の自動車が、本件相手方所有の軽自動車に接触し、同氏が負傷した。事故原因は、運転していた職員及び相手方の前方確認が不十分だったことによるものでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で報告についての説明を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第12、議案第1号、大船渡市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてから日程第32、議案第21号、大船渡市営住宅の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについてまで、以上21件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) 引き続き、議案第1号から議案第21号について御説明いたします。   議案第1号をお開き願います。議案第1号、大船渡市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。大船渡市税条例等の一部を改正する条例を地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認をお願いするものでございます。今回の改正は、地方税に関し、現下の経済情勢等を踏まえ、デフレ脱却と経済再生、地方創生等の観点から地方税法が一部改正されたことにより、関係条文を整理するものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。大船渡市税条例等の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、お配りしております議案第1号説明要旨により説明し、全文にかえさせていただきます。   なお、資料といたしましては新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   説明要旨の1ページをお開き願います。議案第1号説明要旨。主なものを申し上げます。1、本則、第1条による改正でございますが、第51条、市民税の減免に係る申請書の提出期限を納期限前日とすることを定めたものでございます。   同様に、第71条は固定資産税、第88条は軽自動車税、第89条は身体障害者等に対する軽自動車税、第129条の9は特別土地保有税の、いずれも各税の減免に係る申請書の提出期限を納期限前日とすること等を定めたものでございます。   附則第7条の3の2、個人の市民税の住宅借入金等特別税額控除について、対象となる家屋の居住年の期限を平成31年まで延長することを定めたものでございます。   附則第7条の5、個人の市民税の寄附金控除額に係る申告の特例について、ふるさと納税に係る申告の特例を定めたものでございます。   附則第7条の6、個人の市民税の所得割の納税義務者が、前年中に地方団体に対する寄附金を支出し、申告特例通知書の送付を受けた場合の寄附金控除額を定めたものでございます。   附則第10条の2、サービスつき高齢者向け住宅である貸し家住宅に係る固定資産税額の減額措置等を定めたものでございます。   附則第11条の2、土地に係る平成28年度又は平成29年度の固定資産税の課税標準の特例を定めたものでございます。   附則第12条、宅地等に係る平成27年度から平成29年度までの固定資産税について、各年度分の負担の調整措置を定めたものでございます。   附則第13条、農地に係る平成27年度から平成29年度までの固定資産税について、各年度分の負担の調整措置を定めたものでございます。   お開き願います。附則第16条、平成27年度中に初回車両番号指定を受けた一定の環境性能を有する3輪以上の軽自動車の平成28年度分の軽自動車税の税率の特例を定めたものでございます。
      第2条による改正でございますが、附則第16条、最初の新規検査から13年を経過した3輪以上の軽自動車の軽自動車税に適用する税率等を定めたものでございます。   改正附則第1条、原動機付自転車、2輪の軽自動車等の軽自動車税の税率の引き上げを平成28年4月1日からとすることを定めたものでございます。   改正附則第3条、軽自動車税に関する経過措置を定めたものでございます。   2、附則でございますが、第1条は、この条例の施行期日を、第2条は市民税に関する経過措置を、第3条は固定資産税に係る経過措置を、第4条は軽自動車税に係る経過措置を、それぞれ定めたものでございます。   議案書に戻りまして、議案第2号をお開き願います。議案第2号、平成26年度大船渡市一般会計補正予算(第9号)の専決処分の承認を求めることについて。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。議案第3号、平成26年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。議案第4号、平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。議案第5号、平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。議案第6号、平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   お開き願います。議案第7号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについて。平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第5号)を地方自治法第179条第1項の規定により、それぞれ別冊のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認をお願いするものでございます。   お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。   それでは、補正予算書の1ページをお開き願います。一般会計でございます。今回の補正は地方譲与税の額の確定に伴う減額補正を初め、調整減額分の追加交付による普通交付税の増額及び災害復旧、復興事業費の確定に伴う特別交付税の減額、東日本大震災復興交付金の交付額の確定等による国庫支出金の減額補正、財政調整基金繰り入れによる財政調整、事業費の確定による繰越明許費の追加及び変更、利子補給額の確定に伴う債務負担行為の変更及び廃止の補正予算措置が必要になったため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成27年3月31日に市長専決処分をしたものでございます。   平成26年度大船渡市の一般会計補正予算(第9号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5億1,649万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ575億2,915万7,000円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   (繰越明許費の補正)、第2条、繰越明許費の追加及び変更は、「第2表 繰越明許費補正」による。   (債務負担行為の補正)、第3条、債務負担行為の変更及び廃止は、「第3表 債務負担行為補正」による。   (地方債の補正)、第4条、地方債の変更及び廃止は、「第4表 地方債補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。9款1項地方交付税10億6,630万円の減、これは震災復興特別交付税の過年度分の過大解消分の確定による減が主な内容でございます。13款国庫支出金、2項国庫補助金4億1,586万1,000円の減、これは第11回配分分に係る東日本大震災復興交付金及び消防防災施設災害復旧費補助金の減が主な内容でございます。17款繰入金、1項基金繰入金10億8,161万6,000円、これは財政調整基金からの繰入金が主な内容でございます。   3ページに参ります。以上、補正額の合計は5億1,649万5,000円の減で、歳入の合計額を575億2,915万7,000円とするものでございます。   お開き願います。歳出でございます。2款総務費、1項総務管理費3億777万7,000円の減、これは東日本大震災復興交付金基金積立金の減が主な内容でございます。8款土木費、2項道路橋梁費3,492万9,000円の減、これは細浦地区道路改良事業費及び峰岸地区道路新設事業費の減が主な内容でございます。11款災害復旧費、6項その他公共施設等災害復旧費1億8,000万円の減、これは消防施設災害復旧費の減でございます。   以上、補正額の合計額は5億1,649万5,000円の減で、歳出の合計額を575億2,915万7,000円とするものでございます。   5ページに参ります。繰越明許費補正。(1)、追加でございます。款、項、事業名、金額の順に主なものを申し上げます。10款教育費、2項小学校費、越喜来小学校移転事業1億2,470万円、同じく3項中学校費、学校施設整備事業(中学校)5,994万円、同じく4項幼稚園費、越喜来地区認定こども園施設整備事業4,800万円。   (2)、変更でございます。款、項、変更後の事業名、金額の順に主なものを申し上げます。6款農林水産業費、3項水産業費、漁港用地かさ上げ事業3億5,927万8,000円。   お開き願います。8款土木費、5項都市計画費、被災市街地復興土地区画整理事業8億9,013万円、同じく6項住宅費、防災集団移転促進事業9億8,403万2,000円。11款災害復旧費、2項農林水産施設災害復旧費、水産施設災害復旧事業14億2,605万5,000円、同じく6項その他公共施設等災害復旧費、消防施設災害復旧事業3億9,562万3,000円。   7ページに参ります。第3表、債務負担行為補正。(1)、変更でございます。事項及び変更後の金額、内容について申し上げます。事項、漁業近代化資金の融資に係る利子補給補助金。期間、平成27年度から平成33年度。限度額6万2,000円。備考、相手方、岩手県信用漁業協同組合連合会、融資額338万円、融資年度平成26年度、利子補給率年0.5%、利子補給額6万1,802円、うち平成26年度補給額277円。   (2)、廃止でございます。事項、期間、限度額、備考の順に主なものを申し上げます。事項、永浜地区避難路整備事業。期間、平成27年度。限度額1億4,300万円。備考、相手方、工事等請負者、事業費1億8,550万円、うち平成26年度支払い額4,250万円。   お開き願います。第4表、地方債補正。1、市債、(1)、変更でございます。起債の目的、変更後の限度額について申し上げます。起債の目的、災害援護資金貸付金130万円、起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同じでございます。   (2)、廃止でございます。起債の目的、県営漁港・漁場整備事業、限度額3,880万円。備考、特別交付税への財源変更によるものでございます。起債の目的、大船渡港港湾整備事業、限度額2,610万円、備考、特別交付税への財源変更によるものでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   29ページをお開き願います。魚市場事業特別会計でございます。今回の補正は、寄附金の受け入れに伴う魚市場基金積立金の補正でございます。   平成26年度大船渡市の魚市場事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ350万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億8,205万5,000円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正、款、項、補正額の順に申し上げます。歳入でございます。8款1項寄附金350万円、これは魚市場費寄附金でございます。   以上、補正額の合計額は350万円で、歳入の合計額を7億8,205万5,000円とするものでございます。   歳出でございます。1款1項魚市場費350万円、これは魚市場基金積立金でございます。   以上、補正額の合計は350万円で、歳出の合計額を7億8,205万5,000円とするものでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   37ページをお開き願います。簡易水道事業特別会計でございます。今回の補正は、災害復旧に係る特別交付税の額の確定による財源振りかえのみの補正でございます。   平成26年度大船渡市の簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   (地方債の補正)、第2条、地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に申し上げます。歳入でございます。5款繰入金、1項他会計繰入金80万円、これは一般会計繰入金でございます。8款1項市債80万円の減、これは過年度発生簡易水道施設単独災害復旧事業債の減でございます。   以上、補正額の合計額はゼロ円でございます。   歳出でございます。2款災害復旧費、1項簡易水道施設災害復旧費ゼロ円、これは財源振りかえによるものでございますので、補正額はゼロ円でございます。   39ページに参ります。第2表、地方債補正、1、市債、(1)、変更でございます。起債の目的、過年度発生簡易水道施設単独災害復旧事業、変更後の限度額30万円、起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同じでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   49ページをお開き願います。漁業集落排水事業特別会計でございます。今回の補正は、災害復旧に係る特別交付税の額の確定による財源振りかえ、事業費の確定による繰越明許費の変更、利子補給額の確定に伴う債務負担行為の廃止の補正でございます。   平成26年度大船渡市の漁業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   (繰越明許費の補正)、第2条、繰越明許費の変更は、「第2表 繰越明許費補正」による。   (債務負担行為の補正)、第3条、債務負担行為の廃止は、「第3表 債務負担行為補正」による。   (地方債の補正)、第4条、地方債の廃止は、「第4表 地方債補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に申し上げます。歳入でございます。5款繰入金、1項他会計繰入金50万円、これは一般会計繰入金でございます。7款1項市債50万円の減、これは過年度発生漁業集落排水施設単独災害復旧事業債の減でございます。   以上、補正額の合計額はゼロ円でございます。   歳出でございます。2款災害復旧費、1項漁業集落排水施設災害復旧費ゼロ円、これは財源振りかえによるものでございますので、補正額はゼロ円でございます。   51ページに参ります。第2表、繰越明許費補正。(1)、変更でございます。款、項、変更後の事業名、金額の順に主なものを申し上げます。1款1項漁業集落排水事業費、事業名、崎浜地区漁業集落排水施設整備事業、金額3,386万7,000円でございます。   お開き願います。第3表、債務負担行為補正。(1)、廃止でございます。事項、水洗化改造資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成27年度から平成30年度。限度額10万6,000円。備考、相手方、水洗化改造資金融資金融機関、融資額400万円、融資年度、平成26年度、利子補給率、年100%、利子補給額16万4,535円、うち平成26年度補給額5万9,225円でございます。   53ページに参ります。第4表、地方債補正。1、市債、(1)、廃止でございます。起債の目的、過年発生漁業集落排水施設単独災害復旧事業、限度額50万円。備考、特別交付税への財源変更によるものでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。   63ページをお開き願います。公共下水道事業特別会計でございます。今回の補正は、事業費の確定による繰越明許費の変更、利子補給額の確定に伴う債務負担行為の廃止の補正でございます。平成26年度大船渡市の公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。   (繰越明許費の補正)、第1条、繰越明許費の変更は、「第1表 繰越明許費補正」による。   (債務負担行為の補正)、第2条、債務負担行為の廃止は、「第2表 債務負担行為補正」による。   お開き願います。第1表、繰越明許費補正、(1)、変更でございます。款、項、変更後の事業名、金額の順に申し上げます。1款1項公共下水道事業費、管渠施設建設事業4億2,679万4,000円。   65ページに参ります。第2表、債務負担行為補正、(1)、廃止でございます。事項、水洗化改造資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成27年度から平成30年度、限度額63万2,000円。備考、相手方、水洗化改造資金融資金融機関、融資額2,400万円、融資年度、平成26年度、利子補給率年100%、利子補給額98万7,210円、うち平成26年度補給額35万5,350円でございます。   なお。補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。   71ページをお開き願います。国民健康保険特別会計事業勘定でございます。今回の補正は、事業費の確定による歳出予算の組み替えの補正でございます。平成26年度大船渡市の国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。   (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正、款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳出でございます。2款保険給付費、1項療養諸費1,500万円、これは療養給付費保険者負担金でございます。同じく2項、高額療養費1,502万3,000円の減、これは高額療養費負担金の減でございます。   なお、補正額の合計額はゼロ円で、歳出の合計額は変わらず54億5,302万2,000円とするものでございます。   なお、補正予算に関する説明書の説明は省略させていただきます。 ○議長(畑中孝博君) ここで、10分間休憩いたします。     午前10時56分 休   憩     午前11時06分 再   開 ○議長(畑中孝博君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   引き続き提出議案の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 佐藤良君登壇) ◎総務部長(佐藤良君) 休憩前に引き続き、御説明いたします。   議案第8号をお開き願います。議案第8号、大洞ふれあい交流館設置管理に関する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由でございます。史跡等の地域資源を生かした交流の促進及び住民福祉の向上に資するため、大洞ふれあい交流館の設置に関し、必要な事項を定めようとするものでございます。   なお、当該施設は被災した三陸鉄道赤崎駅の移転復旧に伴い、鉄道利用客の増加と地域の人たちの交流促進に寄与すべく、大洞貝塚の資料展示スペースと地域公民館の機能をあわせ持った駅舎として整備されたものでございます。   お開き願います。大洞ふれあい交流館設置管理に関する条例でございますが、条例の内容につきましては、別冊にてお配りしております議案第8号説明要旨により説明し、本文にかえさせていただきます。   説明要旨の3ページをお開き願います。議案第8号説明要旨、1、本則でございます。第1条は、史跡等の地域資源を生かした交流の促進及び住民福祉の向上に資するため、大洞ふれあい交流館を設置することを定めるものでございます。   第2条は、名称を大洞ふれあい交流館とし、位置を、第3条は、年間を通じ開館することとし、開館時間を午前9時から午後9時までとすることを、第4条は、交流館の使用には許可が必要であること等を、第5条は、交流館の使用を許可しない基準を、第6条は、交流館における禁止行為を、第7条は、交流館の使用許可の取り消し等について、第8条は、使用者は利用料金を納付しなければならないこと等を、第9条は、利用料金を減免することができることを、第10条は、既納の利用料金を還付しないこと等を、第11条は、施設又は設備を汚損等した場合の損害賠償等について、第12条は、交流館の管理を指定管理者に行わせるものとすることを、第13条は、指定管理者の指定の手続について、第14条は、指定管理者の指定等の告示について、第15条は、指定管理者の名称等に変更があった場合の届け出について、第16条は、指定管理者が行う交流館の管理の基準を、第17条は、指定管理者の業務を、第18条は、指定管理者が市長に提出する事業報告書について、それぞれ定めるものでございます。   第19条は、条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めることとするものでございます。   別表は、調理室、和室及び研修室の利用料金の額を定めるものでございます。   2、附則でございます。   お開き願います。第1項、この条例の施行期日を平成27年7月1日とするものでございます。   第2項、指定管理者の指定の手続及び指定の告示は、この条例の施行の日前においても行うことができることを定めるものでございます。   議案書に戻りまして、議案第9号をお開き願います。議案第9号、大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由でございます。介護予防サービス費の改定に伴い、手数料の額を改定しようとするものでございます。   お開き願います。大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の一部を改正する条例。大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の一部を次のように改正する。1回当たり300円、1日当たり260円、1日当たり500円を1回当たり290円、1日当たり200円、1日当たり430円に改める。   附則、この条例は、公布の日から施行し、改正後の大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の規定は、平成27年4月1日から適用する。   なお、新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   お開き願います。議案第10号、大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   提案理由でございます。国民健康保険法の一部改正に伴い、所要の規定の整備をしようとするものでございます。
      お開き願います。大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例。大船渡市国民健康保険条例の一部を次のように改正する。第5条第1項各号列記以外の部分中「第72条の4」を「第72条の5」に改める。   附則、この条例は公布の日から施行する。   なお、新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。   お開き願います。議案第11号、中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事及び中赤崎地区(その1・その2)道路新設・改良工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事及び中赤崎地区(その1・その2)道路新設・改良工事。2、工事場所、大船渡市赤崎町字大洞地内外。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額22億104万円。5、契約の相手方、大船渡市赤崎町字諏訪前42番地22、池田建設株式会社代表取締役、池田鉄竜。   提案理由でございます。中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事及び中赤崎地区(その1・その2)道路新設・改良工事の請負契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は、工事の概要でございます。1、中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事。(1)、工事場所、大船渡市赤崎町字大洞地内。(2)、請負契約金額19億4,383万1,520円。(3)、工事の内容、宅地整備1万1,322.77平方メートル、37区画。掘削工40万7,970立方メートル。土工仮設(ベルトコンベア)一式。残土処理工40万6,150立方メートル。仮設道路、延長183.00メートル、幅員8.0メートル。区画道路1万4,509.72平方メートル、延長1,068.9メートル、幅員6.0メートル。水道1,183.60メートル。下水道801メートル。防火水槽2基。公園2カ所。(4)、工期、この契約の締結の日から平成29年8月6日まででございます。   2、中赤崎地区(その1・その2)道路新設・改良工事。(1)、工事場所、大船渡市赤崎町字大洞地内外。(2)、請負契約金額2億5,720万8,480円。(3)、工事の内容、施工延長691.00メートル、幅員6.0メートル。ブロック積み工1,486.00平方メートル。L型擁壁工190.90メートル。側溝工1,293.20メートル。   お開き願います。舗装工3,542.50平方メートル。防護柵工234.50メートル。(4)、工期、この契約の締結の日から平成29年11月4日まででございます。   お開き願います。資料2は、位置図でございます。   お開き願います。資料3は、平面図でございます。   お開き願います。資料4は、土工仮設(ベルトコンベア)の計画図でございます。   お開き願います。議案第12号、中赤崎地区(その6―1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、中赤崎地区(その6―1)防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市赤崎町字山口地内。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額3億7,800万円。5、契約の相手方、大船渡市大船渡町字地ノ森61番地8、豊島建設株式会社代表取締役、紀室裕哉。   提案理由でございます。中赤崎地区(その6-1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は、工事の概要でございます。1、工事の内容、宅地整備3,137.00平方メートル、10区画。区画道路2,253.70平方メートル、延長503.0メートル、幅員4.0メートル、6.0メートル。水道282.16メートル。下水道267.28メートル。2、工期、この契約締結の日から平成28年9月30日まででございます。   お開き願います。資料2は、位置図でございます。   お開き願います。資料3は、平面図でございます。   お開き願います。議案第13号、防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事及び山口第325号外枝線工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事及び山口第325号外枝線工事。2、工事場所、大船渡市赤崎町字跡浜地内外。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額2億2,896万円。5、契約の相手方、大船渡市大船渡町字地ノ森61番地8、豊島建設株式会社代表取締役、紀室裕哉。   提案理由でございます。防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事及び山口第325号外枝線工事の請負契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は、工事の概要でございます。1、防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事。(1)、工事場所、大船渡市赤崎町字跡浜地内外。(2)、請負契約金額2億1,806万8,200円。(3)、工事の内容、開削工1,686.20メートル、推進工84.60メートル、マンホール工76基、取り付け管及びます工55カ所。(4)、工期、この契約締結の日から平成28年3月25日まででございます。   2、山口第325号外枝線工事。(1)、工事場所、大船渡市赤崎町字山口地内外。(2)、請負契約金額1,089万1,800円。(3)、工事の内容、開削工150.90メートル、マンホール工5基、取り付け管及びます工7カ所。(4)、工期、この契約締結の日から平成28年3月25日まででございます。   お開き願います。資料2は、位置図でございます。   お開き願います。資料3は、平面図でございます。   お開き願います。議案第14号、大船渡地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成26年8月4日に議会の議決を経た大船渡地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、大船渡地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市盛町字下舘下地内。3、契約の相手方、大船渡市盛町字内ノ目12番地13、株式会社匠建設、代表取締役社長中嶋豊。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億952万円、変更後1億9,786万6,800円。変更による増減1,165万3,200円の減。   提案理由でございます。大船渡地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、造成宅地の土質が当初の想定よりやわらかい岩層であったため、土質の変更を行うとともに、これに伴い敷地造成工に活用できる盛り土材がふえたことから、残土処分量に係る変更等を行うものでございます。   2、変更の内容、1,165万3,200円の減額。主な変更の内容、(1)、掘削工、中硬岩から軟岩に土質の変更を行うものでございます。(2)、残土処理工、残土処分量を1万1,200立方メートルから1万470立方メートルに変更するものでございます。(3)、地質試験費、造成宅地15区画の地盤の強度調査を実施するための費用を追加するものでございます。   お開き願います。議案第15号、峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成26年3月18日に議会の議決を経た峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字峯岸地内。3、契約の相手方、大船渡市大船渡町字地ノ森61番地8、豊島建設株式会社代表取締役、紀室裕哉。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億5,704万円、変更後3億2,306万5,800円、変更による増減6,602万5,800円の増。   提案理由でございます。峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、伐採した木の根の撤去作業の結果、伐根処分量が当初の想定より多かったことから、処分費の追加に係る変更を行うものでございます。   また、宅地造成後の区画内の土地利用に配慮し、各区画の擁壁工を延長するとともに、造成工事で発生する残土の処理について、当初計画していた末崎町字大田地内の仮置き場では容量が不足することから、同町字山岸地内の仮置き場を使用することになったため、運搬費に係る変更等を行うものでございます。   2、変更の内容、6,602万5,800円の増額。主な変更の内容、(1)、伐根処分量、実績により伐根処分量を約176トンから約738トンに変更するための費用を追加するものでございます。(2)、擁壁工、プレキャスト擁壁の施工延長を延べ493.3メートルから延べ553.2メートルに変更するための費用を追加するものでございます。(3)、残土処理工、残土の仮置き場を末崎町字大田地内から同町字山岸地内とすることにより、残土の運搬距離を5.0キロメートルから7.9キロメートルに変更するための費用を追加するものでございます。(4)、地質試験費、造成宅地21区画の地盤の強度調査を実施するための費用を追加するものでございます。   お開き願います。議案第16号、小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成26年5月9日に議会の議決を経た小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字平林地内外。3、契約の相手方、大船渡市大船渡町字上山14番地3、株式会社明和土木代表取締役、金野乃士。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前3億8,232万円、変更後3億9,695万5,080円、変更による増減1,463万5,080円の増。   提案理由でございます。小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、造成工事で発生する残土の処理について、当初計画していた末崎町字大田地内の仮置き場では容量が不足することから、同町字山岸地内の仮置き場を使用することになったため、運搬費に係る変更を行うものでございます。   また、宅地造成後の区画内の土地利用に配慮し、各区画の擁壁工を延長する変更等を行うものでございます。   2、変更の内容、1,463万5,080円の増額。主な変更の内容、(1)、残土処理工、残土の仮置き場を末崎町字大田地内から同町字山岸地内とすることにより、残土の運搬距離を1.5キロメートルから5.6キロメートルに変更するための費用を追加するものでございます。(2)、擁壁工、プレキャスト擁壁の施工延長を延べ209.2メートルから延べ275.3メートルに変更するための費用を追加するものでございます。(3)、地質試験費、造成宅地35区画の地盤の強度調査を実施するための費用を追加するものでございます。   お開き願います。議案第17号、大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成26年11月5日に議会の議決を経た大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事。2、工事場所、大船渡市盛町字下舘下地内。3、契約の相手方、大船渡市赤崎町字諏訪前42番地22、池田建設株式会社代表取締役、池田鉄竜。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前3億4,419万6,000円、変更後3億2,050万1,880円、変更による増減2,369万4,120円の減。   提案理由でございます。大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、請負変更契約の概要でございます。1、変更の理由、造成工事で発生する残土の利用について、当初赤崎町字永浜地内の埋立地を計画しておりましたが、市道野々田川口橋線道路改良事業に利用することになったため、猪川町字長洞地内の仮置き場までの運搬距離の変更を行うものでございます。   また、のり面の地質が想定より安定していたため、のり面工の植生材料の変更を行うほか、工事の進捗に伴う工程の短縮により交通誘導員を減員する必要が生じたことに係る変更等を行うものでございます。   2、変更の内容、2,369万4,120円の減額。主な変更の内容、(1)、残土処理工、残土の運搬先を赤崎町字永浜地内から猪川町字長洞地内とすることにより、残土の運搬距離を5.5キロメートルから4.0キロメートルに変更するものでございます。(2)、のり面工、アンカーで固定する植生シート工から吹付工に変更するものでございます。(3)、安全費、交通誘導員を延べ500人から延べ152人に変更するものでございます。   お開き願います。議案第18号、財産の取得に関し議決を求めることについて。下記のとおり財産を取得するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、取得する目的、災害公営住宅の用に供するため。2、取得する財産は2棟になり、財産の所在地は、まず1棟目ですが、大船渡市猪川町字長谷堂73番5、75番1、種別、建物、細目、鉄筋コンクリート造3階建て26戸、数量1,684.04平方メートル。次に、2棟目ですが、同じく長谷堂73番1、75番1、75番2、種別、建物、細目、鉄筋コンクリート造3階建て27戸、1,704.99平方メートル、計2棟で53戸、数量3,389.03平方メートル。取得予定価格1億6,688万6,045円。3、取得の方法、買い入れ。4、相手方、盛岡市内丸10番1号、岩手県。   提案理由でございます。災害公営住宅の用に供するため取得しようとするものでございます。   お開き願います。資料、1は財産の概要でございます。1、建物、住居専用部分、(1)、1号棟、1DK、車椅子対応55.64平方メートル、2戸、2DK、55.04平方メートル、18戸、3DK、64.99平方メートル、6戸、小計26戸。(2)、2号棟、ペット共生住戸、1DK、車椅子対応55.64平方メートル、2戸、2DK、55.04平方メートル、16戸、3DK、64.99平方メートル、9戸、小計27戸。(3)、合計、1DK車椅子対応55.64平方メートル、4戸、2DK、55.04平方メートル、34戸、3DK、64.99平方メートル、15戸、合計53戸。   2、附属施設等、集会室、1号棟、64.49平方メートル、駐車場71台分、駐輪場72台分、物置53戸分、受水槽1基、プロパン庫1基、ごみ置き場1基。   お開き願います。資料2は、位置図でございます。   お開き願います。資料3は、配置図でございます。   お開き願います。資料4は、1号棟の平面図でございます。   お開き願います。資料5は、2号棟の平面図でございます。   お開き願います。資料6は、外観図でございます。   お開き願います。議案第19号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて。平成25年8月29日に議会の議決を経た財産の取得に関し、その一部を次のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、取得する目的、災害公営住宅の用に供するため。2、取得する財産、財産の所在地、大船渡市大船渡町字野々田27番1、27番2、27番3、27番4、27番6、27番7、種別、建物、細目、鉄筋コンクリート造3階建て、29戸、数量、延べ床面積1,965.99平方メートル。3、取得の方法、買い入れ。4、相手方、盛岡市中央通1丁目7番25号、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部。5、変更の内容、項目、取得予定価格、変更前7億8,765万6,577円、変更後7億7,986万5,025円、変更による増減779万1,552円の減。   提案理由でございます。災害公営住宅の取得予定価格を変更しようとするものでございます。   お開き願います。資料、1、変更理由、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部が実施した建設工事の入札において、予定価格と応札価格に差が生じたこと及び岩手県において「被災地以外からの労働者確保に要する間接費の実績変更の運用基準」が定められ、これに基づく被災地以外からの労働者の宿泊に要した費用等が生じたことにより、取得予定価格を変更するものでございます。   2、変更の概要、(1)、入札に係る変更、1,254万9,946円の減額。(2)、被災地以外からの労働者確保に係る変更、宿泊費、交通費等の変更、475万8,394円の増額。   お開き願います。議案第20号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて。平成25年8月29日に議会の議決を経た財産の取得に関し、その一部を次のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、取得する目的、災害公営住宅の用に供するため。2、取得する財産、財産の所在地、大船渡市赤崎町字鳥沢37番1、37番3、48番1、48番2、種別、建物、細目、鉄筋コンクリート造3階建て14戸、数量、延べ床面積998.99平方メートル。3、取得の方法、買い入れ。4、相手方、盛岡市中央通1丁目7番25号、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部。5、変更の内容、項目、取得予定価格、変更前4億1,202万4,502円、変更後4億1,194万8,876円、変更による増減7万5,626円の減。   提案理由でございます。災害公営住宅の取得予定価格を変更しようとするものでございます。   お開き願います。資料は、1、変更の理由、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部が実施した建設工事の入札において、予定価格と応札価格に差が生じたこと、排水ますの仕様を変更するなど工事の内容を変更したこと及び岩手県において「被災地以外からの労働者確保に要する間接費の実績変更の運用基準」が定められ、これに基づく被災地以外からの労働者の宿泊に要した費用等が生じたことにより、取得予定価格を変更するものでございます。   2、変更の概要、(1)、入札に係る変更、1,988万3,988円の減額。(2)、工事に係る変更、581万9,800円の減額、排水ますの仕様をコンクリート製から塩化ビニール製に変更、受水槽のオーバーフロー管の放流先を汚水管から雨水側溝に変更、ガードレールの仕様を基礎式から打ち込み式に変更。(3)、被災地以外からの労働者確保に係る変更、宿泊費、交通費等の変更、2,562万8,162円の増額。   お開き願います。議案第21号、大船渡市営住宅の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについて。大船渡市営住宅の指定管理者を次のとおり指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   1、施設の名称、大船渡市営住宅川原アパート・蛸ノ浦アパート・長谷堂東団地。2、指定管理者、住所、盛岡市南大通2丁目8番1号、名称、株式会社寿広。3、指定の期間、長谷堂東団地、平成27年5月21日から平成29年3月31日まで、川原アパート・蛸ノ浦アパート、平成27年5月30日から平成29年3月31日まで。   提案理由でございます。大船渡市営住宅の指定管理者を指定しようとするものでございます。   以上、議案第1号から議案第21号について御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第33、議案第22号、大船渡市教育委員会委員の任命に関し同意を求めることについてを議題といたします。   提出者の説明を求めます。市長。     (市長 戸田公明君登壇) ◎市長(戸田公明君) それでは、私から議案第22号、大船渡市教育委員会委員の任命に関し同意を求めることについて御説明いたします。   大船渡市教育委員会委員であります浦嶋健委員が、平成27年3月27日をもって一身上の都合により退任されたことから、後任の委員についてここに提案する次第であります。   提案をいたします谷地保氏は、昭和47年5月22日生まれで、住所は大船渡町字赤沢91番地23であります。経歴等につきましては、資料のとおりであります。   なお、任期につきましては、浦嶋健委員の残任期間となるところであります。ここに適任者として提案いたしますので、御審議の上、御同意をいだきますようお願い申し上げます。   私からは以上であります。 ○議長(畑中孝博君) 以上で提出議案の説明を終わります。   ここで、議案思考、また昼食のため休憩いたします。午後は1時から会議を再開いたします。     午前11時46分 休   憩     午後 1時00分 再   開 ○議長(畑中孝博君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   これより議案審議を行います。 ○議長(畑中孝博君) 日程第12、議案第1号、大船渡市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第1号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第1号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第13、議案第2号、平成26年度大船渡市一般会計補正予算(第9号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) それでは、何点か質問させていただきます。   まず、歳入の地方交付税についてでありますが、普通交付税、特別な理由がなければその減額がないということで、調整減額分の追加交付による普通交付税の増額といった説明がなっておりますが、調整減額分と言われますと激変緩和あるいは支所数の数に応じてさまざまその地方交付税の考え方というのが提示されておりますが、今回のこの普通交付税、調整減額分となるとどういったことを指しておるのか、まず1点お聞きしたいと思います。   それから、特別交付税、災害復旧、復興事業等の確定に伴うということで、災害復旧費のその確定によってこのぐらいの大きな金額が出ておるわけでございますが、これは主にどういった、繰り越しの要素が強いのか、それとも事業費が確定して不用額的な要素が強いのか、その辺お聞きしたいと思います。   それから、国庫支出金でありますが、消防施設の災害復旧費の補助金ということで、これはどのような中身でこのような事業費となっておるのかをお聞きします。   それから、3分の2ということで、3分の1の財源についてもお聞きしたいと思います。   それから次に、繰入金でありますが、財政調整基金の繰入金10億ということで結構な金額がその繰り入れとなっております。今まで繰り入れた形からすれば、ちょっと今回は新しい形の繰り入れになっておるのかなという感じがしますので、この繰り入れの相手先というか、その中身についてお聞きしたいと思います。
      それから、まちづくり基金に関しまして、23年度交付分と住宅再建分と分かれております。23年度交付分は、さきにも何度か聞いておりますが、これは土地造成、水道の補助金等々であると思いますが、今回どのような形で、何件分でこういったことの金額となっておるのか、お聞きしたいと思います。   それから、住宅再建分についても、地域の住宅再建にかかわる増額分と言えば100万というのが出ておりますけれども、単純に割ると43件分ということになりますけれども、今回この対象となった中身についてお聞きしたいと思います。   最後に、市債なのですが、大船渡港港湾整備事業債、説明によると特別交付税の税源変更ということでありますが、中身からすれば財源変更で特交となりますと、災害復旧の中身かなというところが出てくるわけでございますが、この港湾にかかわるその事業債、もともと市債で組んでおりますから、市債で組んでおるものに確定した時点で充当しているという考え方だと思うのですけれども、どの整備についての事業債なのかお聞きしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 財政課長。 ◎財政課長(遠藤和枝君) では、私から何点かお答え申し上げます。   初めに、第1点目の普通交付税の調整減額分についてでございますけれども、今回の調整減額分と申しますのは、毎年度国のほうで普通交付税を算定いたしますけれども、その場合には国の予算の範囲内で自治体に対して交付されるものでございます。ただ、普通交付税を算定した際に国の予算を上回って自治体への交付税額がある場合には、国のほうで補正をいたしまして、その分を追加交付ということで不足分の交付でございます。   次に、特別交付税でございますけれども、今回の特別交付税の10億円の減額の内容でございますが、これにつきましては震災復興特別交付税の精算分ということになります。震災復興特別交付税につきましては、毎年度概算で交付いただきまして、実際それについては繰り越しがあったり、事故繰越があったりで概算でいただいておりますので、翌年度以降に精算をして、多目にもらった分については返還するということで、これにつきましては平成24年度、25年度分の事業の精算によるものでございます。   3点目に、財政調整基金でございますけれども、これにつきましても10億円の繰り入れにつきましては、先ほどの特別交付税のマイナス10億ということで、その分の一般財源が不足しますので、財政調整基金から繰り入れたということでございます。   それから、5番目のまちづくり基金でございますけれども、今回のまちづくり基金につきましては、23年度交付分につきましては住宅再建に係る分の増額でございますし、それから住宅再建分につきましても住宅再建に係る1件当たり200万という、それらの補助あるいは利子補給等の精算によるものでございます。   最後に、市債でございますが、港湾債につきましては震災前からも港湾の整備の関係で市債を起債して充当しておりましたけれども、これにつきましては災害復旧分もあるということで、震災復興特別交付税の該当になりましたので、その分で精算をしたということでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 消防署長。 ◎消防署長(橋本洋治君) それでは、1億8,000万円の減額についてお話しいたします。   当市では、当初県主導で整備が行われておりました屯所への水門、陸閘遠隔操作卓の整備が中断になったことにより、屯所の建築構造を鉄骨造から木造に変更するものであります。   以上であります。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 1点お聞きいたします。   財調とこの関係なのですが、この歳入と歳出の中の今説明のあったとおり、10億、10億ということで、その関係についてはあるのかなという感じでした。今の話によりますと、24年度、25年度分の精算分ということで、それがその説明であったわけでありますが、財調からその一般財源の不足分として繰り入れる場合のその財調の性格上として、これは財調のその今ある額の総額の中から10億が今回一般財源の中に繰り入れられて、財調のほうが10億減るという考え方でよろしいかどうか、そこをお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 財政課長。 ◎財政課長(遠藤和枝君) 今回の10億円が一般財源の中になるのかということなのですけれども、今回財政調整基金から繰り入れた10億円につきましては、前年度の繰越金ということで譲与金が結局過分に震災特交をいただいているわけですから繰り越しが多く出ているわけです。その分を財政調整基金に積み立てておりまして、それを財源として確保しておいて、その分を返還に充てたということでございますので、財源としては一般財源でありますけれども、中身としては震災復興特別交付税の分が還付になると、歳入になっているということでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第14、議案第3号、平成26年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第15、議案第4号、平成26年度大船渡市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第4号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第4号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第16、議案第5号、平成26年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第17、議案第6号、平成26年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第6号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第6号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第18、議案第7号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第7号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第7号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第19、議案第8号、大洞ふれあい交流館設置管理に関する条例について質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第8号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第8号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第20、議案第9号、大船渡市介護予防・生きがい活動支援事業手数料条例の一部を改正する条例について質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第9号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第9号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第21、議案第10号、大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例について質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第10号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第10号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第22、議案第11号、中赤崎地区(その1・その2)防災集団移転住宅団地整備工事及び中赤崎地区(その1・その2)道路新設・改良工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) 何点かお伺いをいたします。   まずもって、議案11号の契約方法について指名競争入札とあります。報道によれば随契であるというふうに報道されておりますが、なぜ議案書には指名競争入札と記載されたのか、その点についてまず1点お伺いをいたします。   この内容をよく見てみると、不落随契というふうになっているようでありますけれども、私を含めて不落随契について、よくよく内容を知らない議員もあろうかと思いますので、不落随契とはどういうものなのか、よくよく説明を求めたいと思います。   それと、指名業者は11社であったわけでありますけれども、応札したのは5社で6社が辞退と、こういうことでありますけれども、このことをどう市当局として受けとめ、今後どうあるべきというふうに考えていられるのか、その点についてもお伺いをいたしたいと思います。   それから、この工事の代金支払いに至っては出来高払いなのか、それとも以前のような支払い方法をとるのか、その点についてもお伺いをいたします。   それから、この業者は県内の100社の、2013年度の出来高完工高を見てみますとその100のうちに入っていない。つまり8億以下の業者であります。8億の完工高しかない会社が22億とも言われるこんな大きなものを受けて、果たしてできるのか多少心配なところもあります。例えばJV方式をとれなかったのか、それらも含めて答弁を求めるものであります。 ○議長(畑中孝博君) 財政課長。 ◎財政課長(遠藤和枝君) 私からお答え申し上げます。   初めに、不落随契について御質問ございましたけれども、報道のほうで随意契約というふうに報道になりました。その不落随契、いわゆる落ちない不落の随意契約ということでのことをその随意契約ということで報道になったかと思いますが、不落随契と申しますのは、認められている随意契約の一つでございまして、競争入札に対して入札者がいないとき、または再度の入札に対しまして落札者がないときに認められているものでございます。震災前におきましては、こういった不落随契というのは、入札不調自体がほとんどございませんでしたので、主に震災後に当市のほうでも実際に行っている契約の一つでございます。   具体的に申しますと、指名競争入札がございますけれども、そこにおきまして当市のほうでは3度の札入れを行います。札入れを行いまして、3回の札入れを行ったとしても予定価格に達しないとき。ただし、その予定価格との差が僅差である場合につきましては、その最低価格業者との1社との見積もり合わせに移行しております。これを不落随契というふうにしてございます。実際にその予定価格に達するまで札が入れられるわけですけれども、ここで業者さんのほうが見積書の提出を辞退した場合については入札不調ということで終わりますので、今回指名競争入札というふうに捉えましたのも、当初の入札が指名競争入札で、その予定価格をもって一連の入札を行いましたので、議案のほうには指名競争入札というふうに記載したところでございます。   それから、2点目の、今回11社に指名をして6社が辞退したということについて、どう受けとめるかでございますが、確かに入札の適正な執行上指名した業者さんが全員参加して、適正な競争が行われるというのが前提でございますけれども、やはりこの震災で工事の数も非常に多うございまして、業者さんの手持ち工事、それから技術者を持っているか、労務者を持っているかということで辞退者が出るのは、この状況の中では、まことに残念ですけれども、やむを得ないものというふうに捉えております。   それから、代金の支払いにつきましては、通常どおり前払い金、それから出来高に応じて出来高払いというような、通常どおりの支払いになっていくかと思います。   それから、4点目の今回の業者さんが工事の完成高が8億円以下ということの御指摘でございますけれども、工事の完成工事高というものがございまして、平均の完成工事高というものがあるわけですけれども、震災後におきましては、市内の業者さんもさまざまな復旧、復興工事を請け負っていることによって技術力、それから施工体制等も向上しているところでございます。それで、実際この完成工事高というのは、3年間の平均を出すわけですけれども、前回の完成高から今回の完成高の平均で非常に差がある場合もございまして、一概にこの額をもって技術的に不安があるというふうには捉えておらないところでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) (続) 財政課長、結果として随契なのですよ。これはあくまでも11社指名してやったけれども、結果として指名競争入札は成立しなかったということですよね。いずれ結局結果として随契なのです。その辺をどう捉えるかということを私は言っているのですね。多分財政課長が答弁することではないと思いますけれども、その辺をもう一度お尋ねします。   それから、11社というのは、辞退したのは匠建設、中澤組、中村建設、明和土木、亘理建設、亘理土木工業、6社が辞退している。忙しいのか、何があったのかわかりませんけれども、私性格がねじれているのかどうかわかりませんけれども、変に勘ぐれば何かあったのではないかというふうに思われはしまいかというふうに私心配するのですね。これ取り越し苦労であればよろしいですけれども、何か力が動いたり何かしたのではなかろうかと思われるようなことがなかったかなということを心配するわけであります。よって、その辺についても何か調査しておれば、その辺をつまびらかにしていただきたい。私この業者が技術的に云々というようなことを一言も言っていません。要するにこの辞退した業者は、相当仕事を抱えておって忙しいから手が回らない。先ほど財政課長が言ったように、技術者もいないということで辞退したのかもしれません。それは私にはわかりませんが、書面上でしか私はわかりませんので、その辺をいま一度納得いくような説明を求めたいと思います。
    ○議長(畑中孝博君) 総務部長。 ◎総務部長(佐藤良君) 私から、随意契約か指名競争入札かということでちょっとお答えしますが、地方公共団体が一般に契約する場合というのは一般競争入札、これは不特定の業者を競わせてする契約、あと指名競争入札というのは特定の業者を競争させて契約する分、一般的に随契というのは競争に付さないで契約するものを随契と言っております。今回は一応指名競争入札で競争させた結果1社が決まっておりますので、今回はそういう形で契約の方法は指名競争入札としたわけでございます。   あと次に、6社が辞退したということなのですが、いずれ今のこの復興状況というか、工事の状況を見ればどこの業者さんも忙しいというのは、そういう状況になっております。ですから、他の入札でも結構辞退というのは幾らかは発生しているような状況でありますので、今回6社が辞退ということになったのも、これもいたし方ないことではないかなと判断しております。   以上であります。 ◆13番(船野章君) (続) JVの関係はお答え、JVは当初から考えられていないかという答弁がない。 ○議長(畑中孝博君) JVが考えられないかという質問があったと思いますけれども。市街地整備課長。 ◎市街地整備課長(今野勝則君) それでは、今回の中赤崎(その1・その2)の経過について若干御説明させていただきますと、当初指名競争入札を2回ほどJVで入札しようとした経過がございましたが、2月にやった際にはJVが1社のみ、その後競争入札がならなかったということで3月にもう一度JV、範囲を広げて実施したところですが、その際にはJVが不成立だったという経過がございました。それで、2回のJVの成立が1社、あるいはなかったという状況を踏まえまして、工事内容等を工夫して下水道工事と分離するとか、そういった発注規模を縮小しながら、工期についても造成工事と道路の工事をずらして工期的にも余裕を持たせるとか、そういった工夫をして、JVでなくても通常の他地区の防災集団移転団地の整備工事と同様で、市内業者でも単体で施工できるのではないかと判断して、3度目に関しては市内に対して入札を行ったという経過がございます。   以上です。 ◆13番(船野章君) (続) それから、6社が辞退したことのほうをどう受けとめておりますか。答弁がなかったと思う。 ○議長(畑中孝博君) 先ほど答弁したようです。判断はどうでも、挙手をして。13番、船野章君。 ◆13番(船野章君) (続) 総務部長、結果として随契でしょう。これは経過としてはわかりますよ。経過としてはあなたが説明したとおりかと思うのですけれども、契約は随契ですよね、あくまでも。そこら辺が判断ちょっと理解に苦しむのですけれども、角田副市長、どうですか。結果として随契ですよね。入札はやったけれども、不落だったから随契でしょう。だとすれば議案書には随契と載せるのが普通なのではないかと私は考えるのですけれども、それは成立しなかったわけでしょう。成立しないものをここに議案に載せるべきなのでしょうか。私はそうではないと思うわけですが、最後にその辺をお聞きして終わりにしたいと思いますが、角田副市長いかがですか。 ○議長(畑中孝博君) 副市長。 ◎副市長(角田陽介君) 経過については今総務部長、財政課長御説明したとおりでございますので、全く指名競争を行った。その結果として最後は3回の入札の中で予定価格に達しなかったので見積もり合せをして、不落随契という形をとったということでございます。議案書にどう書くべきかということにつきましては、これまでも不落随契の例等あるわけでございますけれども、我々としては指名競争入札をまず行ったという事実をもって、ここに指名競争入札と記載してきたところでございますので、これは我々としてはこのような書き方でよろしいのではないかというふうに解釈しているところでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第11号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第23、議案第12号、中赤崎地区(その6―1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第12号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第12号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第24、議案第13号、防災集団移転関連赤崎地区下水道整備工事及び山口第325号外枝線工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第13号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第13号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第25、議案第14号、大船渡地区(下舘下)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第14号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第14号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第26、議案第15号、峰岸地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第15号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第15号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第27、議案第16号、小河原地区(その1)防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第16号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第16号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第28、議案第17号、大船渡市防災センター(仮称)敷地造成工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第17号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第17号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第29、議案第18号、財産の取得に関し議決を求めることについて質疑を許します。9番、森操君。 ◆9番(森操君) 1点だけ御質問をいたします。   当初公営住宅についての認識は、県営の公営住宅と市営の公営住宅があるということで募集等々をやられておるという認識しているのですけれども、この物件について県から買い入れるということで初めて議案になったのかなというふうに思いますけれども、この取得価格が非常に、2棟53戸で1億6,600万という物すごい、桁違いに安いという、ここのあたりの仕組みというか、御説明をお願いしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 都市整備部長。 ◎都市整備部長(西山春仁君) それでは、今回の災害公営住宅、県から買い入れる住宅のその取得価格の安いということについてお答えしたいと思います。   今回の長谷堂地区でのその災害公営住宅の本体の全体の工事費は約13億でございます。これに対して今回取得予定価格は1億6,600万ほどでありますが、これは工事費全体の約8分の1となっております。というのは、8分の7は復興交付金で充当されますので、県がその残り8分の1分の負担をしておると、その分について市から県に負担して買い入れるという金額になっておりますので、その全体から見ればこの今回の価格は安いものというふうになっておるということでございます。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第18号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第18号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第30、議案第19号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第19号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第19号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第31、議案第20号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第20号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第20号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第32、議案第21号、大船渡市営住宅の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第21号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第21号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第33、議案第22号、大船渡市教育委員会委員の任命に関し同意を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第22号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。
      よって、議案第22号は原案のとおり可決いたしました。   以上で本臨時会に付議されました議案等全部を議了いたしました。   これをもちまして平成27年市議会第2回臨時会を閉会いたします。   大変御苦労さまでした。     午後 1時40分 閉   会...