大船渡市議会 > 2014-06-24 >
平成26年  第2回 定例会-06月24日−審議決定−05号

ツイート シェア
  1. 大船渡市議会 2014-06-24
    平成26年  第2回 定例会-06月24日−審議決定−05号


    取得元: 大船渡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-11
    平成26年  第2回 定例会 − 06月24日−審議決定−05号 平成26年  第2回 定例会 − 06月24日−審議決定−05号 平成26年  第2回 定例会 議事日程第5号平成26年6月24日(火)午前10時開議日程第1  報告第3号  平成25年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について日程第2  報告第4号  平成25年度大船渡市市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について日程第3  報告第5号  平成25年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書につい             て日程第4  報告第6号  平成25年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について日程第5  報告第7号  平成25年度大船渡市一般会計事故繰越し繰越計算書について日程第6  報告第8号  平成25年度大船渡市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書について日程第7  報告第9号  平成25年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について日程第8  議案第1号  平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)             の専決処分承認を求めることについて日程第9  議案第2号  大船渡市条例の一部を改正する条例について日程第10  議案第3号  大船渡市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例について日程第11  議案第4号  平成26年度大船渡市一般会計補正予算(第1号)を定めることについて日程第12  議案第5号  大船渡駅周辺地区に関連する下水道整備事業業務委託協定締結に関し議決             を求めることについて日程第13  議案第6号  野野前漁港海岸災害復旧(23災 691号その1)工事請負契約締結に関し             議決を求めることについて日程第14  議案第7号  泊漁港海岸災害復旧(23災 545号その1)工事請負変更契約締結に関し             議決を求めることについて日程第15  議案第8号  吉浜漁港海岸災害復旧(23災 690号)工事請負変更契約締結に関し議決             を求めることについて日程第16  議案第9号  財産の取得に関し議決を求めることについて日程第17  議案第10号  財産の取得に関し議決を求めることについて日程第18  議案第11号  市道路線の廃止について日程第19  議案第12号  市道路線の認定について日程第20  議案第14号  泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求め             ることについて日程第21  議案第15号  蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求             めることについて日程第22  議案第16号  公共下水道大船渡中央幹線第 109号外推進工事請負契約締結に関し議決             を求めることについて日程第23  議案第17号  大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業             務委託変更協定締結に関し議決を求めることについて日程第24  議案第18号  財産の取得の変更に関し議決を求めることについて日程第25  請願第1号  大船渡市高齢者福祉計画第5期介護保険事業計画を遵守し着実に推進するこ             とを求める請願書日程第26  請願第2号  ふたたび被爆者をつくらないために「現行法」(原子爆弾被爆者に対する援護             に関する法律)改正を求める請願日程第27         常任委員会の継続調査について本日の会議に付した事件   〜議事日程第5号に同じ〜出 席 議 員(20名)  議 長  畑 中 孝 博 君          副議長  伊 藤 直 人 君  1 番  千 葉   盛 君          2 番  榊 田 弘 也 君  3 番  船 砥 英 久 君          4 番  小 松 龍 一 君  5 番  今 野 善 信 君          6 番  鈴 木 健 悦 君  7 番  渕 上   清 君          8 番  伊 藤 力 也 君  9 番  森     操 君          10番  紀 室 若 男 君  11番  平 山   仁 君          12番  佐 藤   寧 君  13番  熊 谷 昭 浩 君          14番  船 野   章 君  15番  滝 田 松 男 君          16番  三 浦   隆 君  17番  鈴 木 道 雄 君          18番  志 田 嘉 功 君欠 席 議 員(0 名)説明のため出席した者  市     長  戸 田 公 明 君      副  市  長  金 野 周 明 君  副  市  長  角 田 陽 介 君      教  育  長  今 野 洋 二 君  災 害 復興局長  佐 藤 高 廣 君      企 画 政策部長  寺 澤 英 樹 君  総 務 部 長  金 野 博 史 君      生 活 福祉部長  橋 本 敏 行 君  商 工 港湾部長  三 浦 勝 朗 君      農 林 水産部長  志 田 俊 一 君  都 市 整備部長  和 村 一 彦 君      会 計 管 理 者  新 沼 拓 郎 君  水 道 事業所長  中 井 吉 隆 君      教 育 次 長  金 野 良 一 君  復 興 政策課長  佐 藤   良 君      集 団 移転課長  田 中 聖 一 君  企 画 調整課長  志 田   努 君      秘 書 広聴課長  金 野 好 伸 君  総 務 課 長  鈴 木 昭 浩 君      財 政 課 長  遠 藤 和 枝 君  税 務 課 長  志 田 広 記 君      国 保 年金課長  今 野 芳 彦 君  商 業 観光課長  鈴 木   弘 君      水 産 課 長  千 葉 英 彦 君  建 設 課 長  西 山 春 仁 君      住 宅 公園課長  千 葉 洋 一 君  下水道事業所長  千 葉   譲 君      会 計 課 長  新 沼 拓 郎 君  生 涯 学習課長  木川田 大 典 君      土地利用課長  海 山   忠 君                          補     佐事務局職員出席者  事 務 局 長  金 野 敏 夫 君      局 長 補 佐  田 代 昌 幸 君  議 事 係 長  水 野 克 恵 君     午前10時00分 開   議 ○議長(畑中孝博君) おはようございます。定刻になりましたので、これより本日の会議を開会いたします。   本日の出席議員は20名全員であります。   日程に入るに先立ち、諸報告を行います。市長から三陸ふるさと振興株式会社の経営状況を説明する書類の提出があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。   以上で諸報告を終わります。   それでは、出席議員定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。   本日の議事は、議会運営委員長より報告のあった当局議案等7件を加え、お手元に配付の議事日程第5号により進めることにいたします。 ○議長(畑中孝博君) 日程第1、報告第3号、平成25年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第3号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第2、報告第4号、平成25年度大船渡市市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第4号議題を終わります。
    議長(畑中孝博君) 次に、日程第3、報告第5号、平成25年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第5号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第4、報告第6号、平成25年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第6号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第5、報告第7号、平成25年度大船渡市一般会計事故繰越し繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第7号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第6、報告第8号、平成25年度大船渡市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第8号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第7、報告第9号、平成25年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で報告第9号議題を終わります。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第8、議案第1号、平成26年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)の専決処分承認を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第1号について、本案は報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第1号は報告のとおり承認と決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第9、議案第2号、大船渡市条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。15番、滝田松男君。 ◆15番(滝田松男君) 今回の地方税法等の一部改正は、東日本大震災の被災地域における地方税の減免措置の延長、耐震改修が行われた既存建築物に係る固定資産税の減額措置の創設など評価できる面もあるものの、軽自動車や原付オートバイなどの税率を大幅に増税しています。消費税の増税とともに二重の負担増を国民に押しつけるものだと思います。平成27年度以降、あるいは28年度以降に適用するという経過措置もとられているようですけれども、この改正によって自動車税は当市ではどれぐらい税収がふえる見込みなのかをお伺いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 税務課長。 ◎税務課長(志田広記君) それでは、軽自動車税の改正によりましてどの程度の増収が見込めるかということにつきましてお答えいたします。   初めに、2輪と、あとは主に4輪ですけれども、それぞれによって開始年度が違うのですが、2輪等につきましては平成27年度からの増税ということになっておりまして、この分については本年度の当初予算をもとにしますと、おおむね270万円程度の増額が見込まれております。   あと主に4輪ですけれども、4輪につきましては27年の4月1日以降の新車から課税になると。新車といいますか、平成27年4月1日以降、初めて車両番号の指定を受けた車からが課税となりますので、来年の3月の末までに買った車は当分の間、従来どおりの税金ということになります。仮にというお話ですけれども、10年で来年の4月1日以降、今ある車が全部買いかえられるとしますと、平均で約350万円ぐらいずつ10年間にわたってふえていくというふうな形になると見込んでおりまして、10年後には先ほどの2輪と合わせまして大体今の1.5倍近い、額で4,000万程度、今の軽自動車税よりもトータルでふえるのかなというふうに見込んでおります。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立多数であります。   よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第10、議案第3号、大船渡市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第11、議案第4号、平成26年度大船渡市一般会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。   質疑を許します。8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) きょうは、4点ほど中身についてちょっとお聞きいたします。   まず1点目が、歳入の消防防災施設災害復旧補助金2億5,800万ということで3分の2ということでありますが、歳出のほうが次のページの災害復旧費で3億9,400万ということで、差額分の科目をちょっと教えていただきたいなと思います。   それから、2つ目に歳入のほうの三陸鉄道復興地域活性化支援事業費補助金ということで、新規で、しかも10分の10ということでありますが、この中身についてお聞きします。   それから、3点目が歳入の諸収入地域活性化センター助成金、これも新規ということで、これも中身についてお聞きいたします。   それから、4点目なのですが、歳出農林水産業費、漁業集落防災機能強化事業、これどこの部分の事業費なのか質問いたします。よろしくお願いします。 ○議長(畑中孝博君) 総務部長。 ◎総務部長(金野博史君) 消防関係について私から御答弁いたします。   今議員さんお話しのとおり、災害復旧費ということで歳出は組んでおります。   なお、補助金については3分の2の補助率で計上しておりますが、これは消防屯所の復旧に伴うものでございまして、予算書にある一般財源については特別交付税を充てる予定としております。この中には、屯所の7棟分と、それからあと一部敷地の造成工事が含まれているものでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 商業観光課長。 ◎商業観光課長(鈴木弘君) 私のほうからは、三陸鉄道復興地域活性化支援事業費の補助金について御説明いたします。   これにつきましては、クウェート国から日本赤十字社を通じまして東日本大震災により起因して被災した三陸鉄道復興に要する経費に対して補助するものでありまして、当市においては岩手県とで1億4,500万の契約をしております。この使途につきましては、現在施工しておりますけれども、小石浜の駅ホームから公民館までのあたりにお年寄りでも支障なく移動できるような旅客通路の……今階段なのですけれども、それがスムーズに渡れるようなものをつくっております。   それから、もう一つは陸前赤崎駅で、駅舎についてはやや釜石側のほうに移動しましたけれども、それとあわせて待合室と、あとはトイレ機能を備えた大洞の仮称なのですけれども、交流センターをつくるということで、その経費に充てる予定でございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 企画調整課長。 ◎企画調整課長(志田努君) 私からは、3番目の地域活性化センター助成金1,750万の件でございますが、これは国の外郭団体であります自治総合センターのほうのコミュニティ助成でございます。市のほうに一旦入れまして、市のほうから補助金という形で地域のほうに助成するというものでございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 水産課長。 ◎水産課長(千葉英彦君) 私からは、漁業集落の防災機能強化についてお答え申し上げます。   これにつきましては、地区といたしましては越喜来の浦浜地区の県道より山側につきましてかさ上げ事業をやる計画でございます。その中で必要となります土地購入費、あるいはかさ上げに伴って補償費が発生してまいりますので、それにつきまして国で認められた分につきまして計上させていただいたところであります。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 1点だけお聞きいたします。   先ほどの消防防災補助金ですが、残額分については特交を使うということで、それはよくわかりました。屯所について7棟分ということもわかりました。   それで、1点なのですが、復旧費の補助金3分の2ということで、3分の1はどうでしょうか。起債でしょうか、その分ちょっと確認したいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 総務部長。 ◎総務部長(金野博史君) お答えします。   歳出の21ページに1億3,000万ほど計上しておりますが、これは特別交付税で充てるという予定にしております。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第4号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第4号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第12、議案第5号、大船渡駅周辺地区に関連する下水道整備事業業務委託協定締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第13、議案第6号、野野前漁港海岸災害復旧(23災 691号その1)工事請負契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第6号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立)
    議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第6号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第14、議案第7号、泊漁港海岸災害復旧(23災 545号その1)工事請負変更契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第7号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第7号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第15、議案第8号、吉浜漁港海岸災害復旧(23災 690号)工事請負変更契約締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第8号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第8号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第16、議案第9号、財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第9号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第9号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第17、議案第10号、財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第10号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第10号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第18、議案第11号、市道路線の廃止についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第11号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第19、議案第12号、市道路線の認定についてを議題といたします。   質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第12号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第12号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、追加提出のありました議案であります。日程第20、議案第14号、泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求めることについてから日程第24、議案第18号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについてまで、以上5件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 金野博史君登壇) ◎総務部長(金野博史君) 私から議案第14号から議案第18号について御説明いたします。   追加議案書の議案第14号をお開き願います。議案第14号、泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字山根地内ほか。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額、2億7,054万円。5、契約の相手方、大船渡市盛町字田中島27番地1、株式会社佐賀組、代表取締役、金野辰雄。   提案理由でございます。泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事の内容、宅地整備5,610.64平方メートル、17区画。区画道路5,754.95平方メートル、延長355.0メートル、幅員8.5メートル、6.0メートル緑地818.56平方メートル水道274.90メートル。2、工期、この契約締結の日から平成27年7月18日まででございます。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図でございます。   お開き願います。議案第15号、蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市赤崎町字鳥沢地内。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額、3億672万円。5、契約の相手方、大船渡市赤崎町字鳥沢247番地2、亘理建設株式会社代表取締役、亘理宏喜。   提案理由でございます。蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事の内容、宅地整備5,275.00平方メートル、16区画。区画道路8,831.00平方メートル、延長283.0メートル、幅員6.0メートル、4.0メートル歩行者専用道路205.00平方メートル、延長108.0メートル、幅員2.0メート、1.8メートル緑地210.00平方メートル水道506.50メートル下水道260.40メートル。2、工期、この契約締結の日から平成27年6月23日まででございます。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図でございます。   お開き願います。資料4は平面図でございます。   お開き願います。議案第16号、公共下水道大船渡中央幹線第 109号外推進工事請負契約締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、公共下水道大船渡中央幹線第 109号外推進工事。2、工事場所、大船渡市盛町及び猪川町地内。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額、3億1,579万2,000円。5、契約の相手方、宮城県仙台市青葉区大町2丁目10番14号、株式会社福田組東北支店、取締役執行役員支店長、梅津康男。   提案理由でございます。公共下水道大船渡中央幹線第 109号外推進工事請負契約締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事の内容、公共下水道管渠布設、(1)、推進工、中大口径管(内径800ミリメートル)142.20メートル、小口径管(内径450ミリメートル)175.00メートル、小口径管(内径400ミリメートル)84.30メートル、鋼製さや管(内径600ミリメートル)6.00メートル、合計で407.50メートル。(2)、マンホール工、特殊マンホール(場所打ち)2基、組み立てマンホール3基、合計5基。2、工期、この契約締結の日から平成27年3月25日まででございます。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図と縦断面図でございます。   お開き願います。議案第17号、大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業務委託変更協定締結に関し議決を求めることについて。平成25年9月25日に議会議決を経た大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業務委託協定締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、業務名、大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業務。2、工事場所、大船渡市大船渡町字茶屋前地内ほか。3、契約の相手方、盛岡市中央通1丁目7番25号、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部、本部長、森本剛。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前3億4,100万円、変更後5億1,500万円。   提案理由でございます。大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業務委託変更協定締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は変更協定の概要でございます。1、変更の理由、大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)の事業計画に区画道路及び交通広場の整備を追加することに伴い、変更するものでございます。2、変更の内容、区画道路及び交通広場の整備の追加でございます。(1)、区画道路面積約0.4ヘクタール、延長約319メートル、幅員12メートル。(2)、交通広場面積約0.2ヘクタール。3、契約金額の内訳でございますが、項目、変更後の金額を申し上げます。測量設計費1億8,100万円、工事費2億6,400万円、事務経費7,000万円、合計5億1,500万円で1億7,400万円の増となります。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図でございます。   お開き願います。議案第18号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて。平成25年3月18日に議会議決を経た財産の取得に関し、その一部を次のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、取得する目的災害公営住宅の用に供するため。2、取得する財産財産の所在地、大船渡市大船渡町字赤沢72番1、種別、建物、細目、鉄筋コンクリート造5階建て23戸、数量、建築面積436平方メートル。3、取得の方法、買い入れ。4、相手方、盛岡市中央通1丁目7番25号、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部。5、変更の内容、項目、取得予定価格、変更前5億762万6,130円、変更後4億7,211万8,635円。   提案理由でございます。災害公営住宅の取得予定価格を変更しようとするものでございます。   お開き願います。資料でございますが、1、変更の理由、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部が実施した建設工事の入札において、予定価格と応札価格に差が生じたこと、つり棚を追加するなど工事内容を変更すること、岩手県において被災地以外からの労働者確保に要する間接費の実績変更の運用基準が定められ、これに基づく被災地以外からの労働者の宿泊に要した費用等が生じたことにより、取得予定価格を変更するものでございます。2、変更の概要、(1)、入札に係る変更5,710万3,211円の減額、(2)、工事及び設計に係る変更1,154万3,438円の増額、つり棚、設計図書作成等の追加。(3)、被災地以外からの労働者確保に係る変更1,005万2,278円の増額、宿泊費、交通費等の変更。   以上、議案第14号から議案第18号について御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) ここで追加議案思考のため15分間休憩いたします。     午前10時31分 休   憩     午前10時46分 再   開 ○議長(畑中孝博君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   ここで当局より発言を求められておりますので、これを許します。総務部長。 ◎総務部長(金野博史君) 私から発言をさせていただきます。   先ほど議案第15号中、5の契約の相手方の中で代表者の名前について、亘理建設株式会社代表取締役、亘理「コウキ」と申し上げましたが、亘理「ヒロキ」の誤りでございましたので、訂正をさせていただきます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) これより議案審議を行います。議案第14号、泊里地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) 皆さんと同様に、この工事の速やかな進捗を望むものでございますが、何点かお尋ねをしたいと思います。   まず1つは、緑地の考え方でありますが、次の議案ですのでかかわることできませんけれども、その区画数と同等の割合と比べてみますと非常に多い。多いのが悪いのではありません。この緑地の考え方、面積についての考え方と、それからやがて集団移転したその後の活用、その緑地の意味合いについてお尋ねをしたいと思います。   それから、ここの場合は恐らく上水道はもちろん整備されますし、下水道はありません。合併浄化槽での対応となるのか、その際には他市にも見られるように何らかの補助の割り増し等々を考えられているのか、その点についてお尋ねしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) それでは、まずは緑地の大きさについて御説明をいたします。   宅地造成する場合に開発許可というのがございますけれども、それに伴ってある一定の面積があれば、その面積の3%をとりなさいというのがございます。この泊里におきましても、次の蛸ノ浦もですけれども、1万を超える面積になってまいりまして、その許可が必要になってございますが、それに伴って3%以上の緑地、また公園を設けるということでございます。また、その活用につきましては、お住まいになる方々の御希望に沿って活用いただきたいと思っていますので、そういったお話は具体に進めてまいりたいと思っています。   あと合併浄化槽の件でございますけれども、こちら泊里につきましては合併浄化槽で対応ということでございます。今のところ補助金のメニューにつきましては、既存の補助金を使うということになってございます。
    議長(畑中孝博君) 下水道事業所長。 ◎下水道事業所長(千葉譲君) 合併浄化槽の補助についてですけれども、復興交付金事業を活用しまして現在震災起因の合併浄化槽への補助をしているところなのですけれども、補助金額については従前どおりの金額ということになりますけれども、平成26年度においては昨年度の実績から約1.5倍以上になると思いますけれども、361基の震災起因の浄化槽の補助を予定して予算をとっております。この361基と申しますのは、この防災集団移転促進事業を想定したものであります。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第14号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第14号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、議案第15号、蛸ノ浦地区防災集団移転住宅団地整備工事請負契約締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第15号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第15号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、議案第16号、公共下水道大船渡中央幹線第 109号外推進工事請負契約締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。13番、熊谷昭浩君。 ◆13番(熊谷昭浩君) 何点かお聞きいたします。   まず1点目なのですが、この施工の仕方で権現堂橋の盛川のその下に管を通すということで、今川口橋でも同じ工法でやっていますけれども、川口橋でやっている場合は橋をまたつけかえるということで、そうした工法をとったという部分でお聞きしていますが、今回この権現堂橋の施工のやり方の判断というか、橋の下に管を入れるのではなくて、こういった部分の施工にした理由をまず伺いたいと思いますし、あと橋の下を通す配管、その管の方法と、例えば今回の工法の部分で維持管理面というか、そういう部分はどういった管理といいますか、管理がすごい難しくなるというふうには思うのですが、その点の考え方を伺いたいなというふうに思います。   あともう一つ、これが通った場合の権現堂、あるいは猪川の前田等々の供用開始はいつごろを考えているのか、3点伺います。 ○議長(畑中孝博君) 下水道事業所長。 ◎下水道事業所長(千葉譲君) それでは、まず最初に施工方法、推進とした理由ということだと思いますけれども、これに関しましては川口橋の関係でも一つの選択肢というか、推進とした理由については、いわゆる津波の被害で川口橋に添架していた送水管が焼け落ちたということがございまして、災害に強い管渠ということで、しかもこの権現堂橋の管渠については猪川から北、立根川から西、ここの整備は全て汚水を賄う管渠ということになりますので大変重要な管渠で、被災されてしまいますと、そこから上の汚水処理ができないという状況もございますので、災害に強い推進工法を選択したというところであります。   次に、維持管理面についてでございますけれども、この工事についてはマンホールポンプのようなものでの圧送というものは行わないことになっております。いわゆる高いところから低いところに汚水を流して、また高いところに戻してくるということで、圧送が必要という意味で理解されているかと思うのですけれども、これはいわゆる伏せ越し工事という工法を使っておりまして、逆サイホンの原理によりまして自然流下で汚水を送水できるようになるということで、思ったほどの維持管理上の支障はないものと考えております。   次に、供用開始についてでございますけれども、この猪川町の工事の拡大というか、整備拡大に関しましては、平成24年度に実施した事業計画の見直しによりまして猪川町への拡大を決定したわけですけれども、昨年度実施設計を行って、今年度西側でいいますと最も重要な管渠の権現堂橋の河川堤の推進工事をやるということなのですけれども、これの計画の順番といたしましては、まず大船渡の合同庁舎の前の通りから赤崎町に抜ける通り、この南側について、現在の計画としましては平成27年度に枝線等を整備しまして、28年度からの供用を目標として整備をしようと考えております。それから、合同庁舎側のほうに関しましては、平成28年度から29年度の整備ということでありまして、供用については開始できるようになった都度ということでありますので、29年度、30年度に供用を図りたいということで考えております。国の補助の状況もございますので、今の段階としては目標として整備を進めていくということで御了解いただきたいと思います。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第16号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第16号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、議案第17号、大船渡都市計画団地津波防災拠点市街地形施設事業(大船渡地区)業務委託変更協定締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第17号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第17号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、議案第18号、財産の取得の変更に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第18号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第18号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第25、請願第1号、大船渡市高齢者福祉計画第5期介護保険事業計画を遵守し着実に推進することを求める請願書を議題といたします。   教育福祉常任委員長の報告を求めます。委員長、渕上清君。  (教育福祉常任委員長 渕上清君登壇) ◎教育福祉常任委員長(渕上清君) 去る平成26年2月21日の第1回定例会本会議において、教育福祉常任委員会に審査付託され、継続審議となりました請願第1号、大船渡市高齢者福祉計画第5期介護保険事業計画を遵守し着実に推進することを求める請願書を審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。   本請願を審査するため、2月21日から4月30日にかけての計8回にわたり当委員会を開催し、意見交換を行ってまいりました。   2月21日の第1回委員会では、本請願の内容を慎重に調査してから審査することとしました。3月12日の第2回委員会では、平成24年度から25年度にかけて行われた当市の高齢者福祉の向上及び介護保険事業の推進に関し必要な事項を調査、審議する大船渡市ささえあい長寿推進協議会の様子や介護施設整備に係る事務手続の流れなどについて当局から説明を受けたところであります。その後、第3回委員会を3月17日、第4回委員会を3月18日に開催しましたが、第1回定例会会期内に結論を出すに至らず、継続審査といたしました。4月8日には、第5回委員会を開催し、さらに請願の趣旨や介護に係る現状等について調査し、理解を深めることとし、4月15日に開催した第6回委員会では、参考人として請願者並びに市ささえあい長寿推進協議会委員に御出席を願い、それぞれ請願の趣旨、市内の介護に係る現状や課題についての説明をいただき、審査に際しての参考といたしました。第7回委員会を4月24日に開催しましたが、結論に至らず、4月30日に第8回委員会を開催し、改めて当局から第5期計画の見直しに至った経緯に係る説明を受け、その後意見交換を行ったところであります。   委員会での発言要旨をかいつまんで御報告いたしますと、1つ、介護施設整備に係る当局の事務手続が大船渡市ささえあい長寿推進協議会や市内介護福祉関係者の理解を十分に得ないまま拙速に進められた。   1つ、請願の趣旨の一つである介護施設への入所待機者の解消が喫緊の課題であることは委員が共通して重く受けとめるところであります。   1つ、請願の内容には理解できる部分があるが、施設整備に偏らず、重度な要介護状態となっても住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい、医療介護、予防、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの理念に沿った施策の推進が現在の社会情勢では求められている。   1つ、地域包括ケアシステムに基づき見直しされた大船渡市高齢者福祉計画第5期介護保険事業計画に基づいた新年度予算が既に可決成立しているなどの意見が出されたところであります。   その後、当委員会の結論を得るために採決をいたしました。それまでの議論の経緯を反映し、賛成、反対の数が拮抗いたしましたが、結果的に賛成少数により請願第1号は不採択と当委員会としての結論を得た次第であります。   以上、審査の経過と結果の御報告といたします。 ○議長(畑中孝博君) ただいまの委員長報告に対し、質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   請願第1号について、本件に対する委員長の報告は不採択でありますが、本請願を採択と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立少数であります。   よって、請願第1号は不採択と決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第26、請願第2号、ふたたび被爆者をつくらないために「現行法」(原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)改正を求める請願を議題といたします。   教育福祉常任委員長の報告を求めます。委員長、渕上清君。  (教育福祉常任委員長 渕上清君登壇) ◎教育福祉常任委員長(渕上清君) 去る平成26年6月13日の第2回定例会本会議において、教育福祉常任委員会に審査付託されました請願第2号、ふたたび被爆者をつくらないために「現行法」(原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)改正を求める請願を審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。   本請願を審査するため、6月18日と6月20日に当委員会を開催し、意見交換を行いました。   6月18日の委員会では、請願紹介議員に同席を願い、請願の趣旨や現行法の問題点、原爆被害者に対する国の責任等について説明を受けたところであります。   委員会での発言要旨をかいつまんで御報告いたしますと、1つ、世界唯一の被爆国として核兵器の究極的廃絶と世界の恒久平和の確立を念願する旨が現行法に明記されている。   1つ、原爆被害者については、現行法により医療費を初めとする援護策がとられている。   1つ、原爆被害者に対して国の責任を認めるのであれば、一般戦災者との間に不均衡が生じる。補償問題が他の一般戦災者にも波及することが懸念されるなどの意見が出されたところであります。   その後、当委員会の結論を得るために採決をいたしましたところ、請願第2号は全会一致により不採択と当委員会としての結論を得た次第であります。   以上、審査の経過と結果の御報告といたします。 ○議長(畑中孝博君) ただいまの委員長報告に対し、質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   請願第2号について、本件に対する委員長の報告は不採択でありますが、本請願を採択と決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立少数であります。   よって、請願第2号は不採択と決しました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第27、常任委員会の継続調査についてを議題といたします。   総務教育福祉産業建設の各常任委員長から、所管事項について閉会中の継続調査として付託されるよう、それぞれお手元に配付の写しのとおり申し出がありました。   お諮りいたします。各常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、各常任委員長申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することに決定をいたしました。 ○議長(畑中孝博君) 以上で本定例会に付議されました議案等全部を議了いたしました。   これをもちまして平成26年第2回定例会閉会いたします。   大変御苦労さまでした。     午前11時10分 閉   会...