ツイート シェア
  1. 大船渡市議会 2014-01-29
    平成26年  第1回 臨時会-01月29日−議案上程説明、審議決定−01号


    取得元: 大船渡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-11
    平成26年  第1回 臨時会 - 01月29日-議案上程説明、審議決定-01号 平成26年  第1回 臨時会 - 01月29日-議案上程説明、審議決定-01号 平成26年  第1回 臨時会          平成26年大船渡市議会第1回臨時会会議録議事日程第1号平成26年1月29日(水)午前10時開議日程第1         会期の決定日程第2         会議録署名議員の指名日程第3  議案第1号  新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)             工事及び新田都市下水路嵩上げ工事の請負契約の締結に関し議決を求めるこ             とについて日程第4  議案第2号  門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決             を求めることについて日程第5  議案第3号  田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負             変更契約の締結に関し議決を求めることについて本日の会議に付した事件   ~議事日程第1号に同じ~出 席 議 員(19名)  議 長  畑 中 孝 博 君          副議長  伊 藤 直 人 君  1 番  千 葉   盛 君          2 番  榊 田 弘 也 君  3 番  船 砥 英 久 君          4 番  小 松 龍 一 君  5 番  今 野 善 信 君          6 番  鈴 木 健 悦 君  7 番  渕 上   清 君          8 番  伊 藤 力 也 君  9 番  森     操 君          10番  紀 室 若 男 君  11番  平 山   仁 君          12番  佐 藤   寧 君  13番  熊 谷 昭 浩 君          15番  滝 田 松 男 君  16番  三 浦   隆 君          17番  鈴 木 道 雄 君  18番  志 田 嘉 功 君欠 席 議 員(1 名)  14番  船 野   章 君説明のため出席した者  市     長  戸 田 公 明 君      副  市  長  金 野 周 明 君  教  育  長  今 野 洋 二 君      災 害 復興局長  佐 藤 高 廣 君  企 画 政策部長  寺 澤 英 樹 君      総 務 部 長  金 野 博 史 君  生 活 福祉部長  橋 本 敏 行 君      商 工 港湾部長  松 渕   知 君  農 林 水産部長  志 田 俊 一 君      都 市 整備部長  和 村 一 彦 君  会 計 管 理 者  新 沼 拓 郎 君      教 育 次 長  金 野 良 一 君  復 興 政策課長  佐 藤   良 君      土 地 利用課長  木 下   徹 君  集 団 移転課長  田 中 聖 一 君      企 画 調整課長  志 田   努 君  秘 書 広聴課長  金 野 好 伸 君      総 務 課 長  鈴 木 昭 浩 君  財 政 課 長  遠 藤 和 枝 君      市民生活環境課長 金 野 高 之 君  商 業 観光課長  鈴 木   弘 君      水 産 課 長  千 葉 英 彦 君  建 設 課 長  西 山 春 仁 君      住 宅 公園課長  千 葉 洋 一 君  下水道事業所長  千 葉 博 世 君      会 計 課 長  新 沼 拓 郎 君  生 涯 学習課長  木川田 大 典 君      学 校 教育課長  松 高 正 俊 君事務局職員出席者  事 務 局 長  三 浦 勝 朗 君      局 長 補 佐  田 代 昌 幸 君  議 事 係 長  佐 藤 雅 基 君     午前10時00分 開   会 ○議長(畑中孝博君) おはようございます。   これより平成26年市議会第1回臨時会を開会いたします。   本日の出席議員は19名であります。欠席の通告は14番、船野章君であります。   日程に入るに先立ち、諸報告を行います。当市監査委員から平成25年度11月分の一般会計、特別会計、歳計外現金、基金並びに水道事業会計の例月出納検査の結果について報告があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。   次に、会議規則第160条に基づく議員派遣についてでありますが、お手元に配付の議員派遣報告書のとおりですので、御了承願います。   以上で諸報告を終わります。     午前10時00分 開   議 ○議長(畑中孝博君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。   本日の議事はお手元に配付の議事日程第1号により、これを進めることにいたします。 ○議長(畑中孝博君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。   お諮りいたします。議会運営委員会委員長より報告がありましたとおり、本臨時会の会期は本日1日といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 御異議なしと認めます。   よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。
    ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。   会議録署名議員は、規定により議長において、10番、紀室若男君、11番、平山仁君の両名を指名いたします。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第3、議案第1号、新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)工事及び新田都市下水路嵩上げ工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてから日程第5、議案第3号、田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについてまで、以上3件を一括議題といたします。   提出者の説明を求めます。総務部長。     (総務部長 金野博史君登壇) ◎総務部長(金野博史君) おはようございます。   私から議案第1号から議案第3号について御説明いたします。   議案第1号をお開き願います。議案第1号、新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)工事及び新田都市下水路嵩上げ工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて。下記のとおり契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)工事及び新田都市下水路嵩上げ工事。2、工事場所、大船渡市大船渡町字台地内ほか。3、契約の方法、指名競争入札。4、請負契約金額、3億8,535万円。5、契約の相手方、大船渡市盛町字内ノ目12番地13、株式会社匠建設代表取締役社長、中嶋豊。   提案理由でございます。新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)工事及び新田都市下水路嵩上げ工事の請負契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございますが、1、新田都市下水路災害復旧(その1)工事、(1)工事場所、大船渡市大船渡町字台地内ほか、(2)請負契約金額、6,718万50円、(3)工事の対象、新田都市下水路災害復旧、復旧延長255.74メートル、(4)工事内容、底盤コンクリート工262立方メートル、コンクリートブロック積み工1,090平方メートル、天端コンクリート工36立方メートル、(5)工期、この契約締結の日から平成26年3月25日まで。   2、新田都市下水路災害復旧(その2)工事、(1)工事場所、大船渡市大船渡町字台地内ほか、(2)請負契約金額、1億2,951万150円、(3)工事の対象、新田都市下水路災害復旧、復旧延長436.03メートル、(4)工事内容、底盤コンクリート工338立方メートル、コンクリートブロック積み工1,919平方メートル、天端コンクリート工57立方メートル、小型擁壁工356立方メートル、(5)工期、この契約締結の日から平成26年3月25日まで。   お開き願います。3、新田都市下水路嵩上げ工事、(1)工事場所、大船渡市大船渡町字地ノ森地内ほか、(2)請負契約金額、1億8,865万9,800円、(3)工事の対象、新田都市下水路嵩上げ、施工延長846.15メートル、(4)工事内容、底盤コンクリート工412立方メートル、コンクリートブロック積み工3,050平方メートル、天端コンクリート工91立方メートル、小型擁壁工381立方メートル、(5)工期、この契約締結の日から平成26年3月25日まで。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は平面図でございます。   お開き願います。資料4は護岸標準断面図でございます。   お開き願います。議案第2号、門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成25年6月7日に請負契約を締結した門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、工事場所、大船渡市末崎町字門之浜地内。3、契約の方法、指名競争入札。4、契約の相手方、大船渡市赤崎町字諏訪前42番地22、池田建設株式会社代表取締役、池田鉄竜。5、変更の内容、項目、契約金額、変更前1億4,700万円、変更後1億6,753万6,950円。   提案理由でございます。門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料1は工事の概要でございます。1、工事内容、宅地整備4,184平方メートル、13区画、区画道路3,794平方メートル、延長144.2メートル、幅員6.0メートル、公園222平方メートル、水道143メートル。   2、請負変更契約の概要、(1)変更の理由、工期内施工を確保するため擁壁の施工方法の変更や実績による諸数量の変更等を行うものでございます。(2)工事変更の概要でございます。主な変更の内容、ア、擁壁工、円滑な施工を確保するため、現場打ちL型擁壁から短期間で施工が可能なプレキャストL型擁壁に変更するものでございます。イ、掘削埋め戻し工、宅地敷地内にかたい岩層が出たため掘削深を変更するものでございます。ウ、残土運搬処理工、別途発注工事で残土仮置き場内の敷きならしを行うため、残土運搬後の処理工を取りやめとするものでございます。エ、伐木処分量、実績による伐木処分量を変更するものでございます。   3、工期、平成25年6月8日から平成26年3月25日まで。   お開き願います。資料2は位置図でございます。   お開き願います。資料3は門之浜①地区計画平面図でございます。   お開き願います。資料4は門之浜②地区計画平面図でございます。   お開き願います。議案第3号、田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて。平成25年5月20日に議会の議決を経た田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負契約の締結に関し、その一部を下記のとおり変更するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。   記でございます。1、工事名、田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事。2、工事場所、大船渡市三陸町綾里字田浜上地内。3、契約の相手方、大船渡市三陸町綾里字大畑野18番地1、亘理土木工業有限会社代表取締役、亘理好治。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億3,415万円、変更後2億4,080万1,750円。   提案理由でございます。田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。   お開き願います。資料は請負変更契約の概要でございます。1、対象工事、田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事。2、変更の内容、宅地内擁壁について工期内施工を確保するため施工方法の変更を行うとともに、宅地背後の擁壁については施工に当たり現地精査を行った結果、より安全性の高い擁壁構造への変更が必要となったものでございます。また、実績による諸数量の変更を行うものでございます。3、工事変更の概要、主な変更の内容、(1)擁壁工、円滑な施工を確保するため、宅地内擁壁を現場打ちL型擁壁から短期間で施工が可能なプレキャストL型擁壁に変更するものでございます。また、宅地背後の擁壁構造をコンクリートブロック積み擁壁からブロック積み擁壁に変更するものでございます。(2)残土運搬処理工、当初は残土処分地が未定であったが、工事着手後三陸町綾里字白浜地内に残土仮置き場を確保したため、運搬距離を2キロメートル以下から4キロメートル以下に変更するものでございます。また、別途発注工事で残土仮置き場内の敷きならしを行うため、残土運搬後の処理工を取りやめとするものでございます。   以上、議案第1号から議案第3号まで御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 以上で提出議案の説明を終わります。   ここで議案思考のため15分間休憩いたします。     午前10時13分 休   憩     午前10時28分 再   開 ○議長(畑中孝博君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。   これより議案審議を行います。 ○議長(畑中孝博君) 日程第3、議案第1号、新田都市下水路災害復旧(その1)工事、新田都市下水路災害復旧(その2)工事及び新田都市下水路嵩上げ工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第1号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第1号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第4、議案第2号、門之浜地区防災集団移転住宅団地整備工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。5番、今野善信君。 ◆5番(今野善信君) 1点だけ質問をさせていただきます。この今回の変更によりまして約2,000万以上の契約金額の変更になるわけですけれども、この主な変更の内容ということについて、これは最初から予測できなかったことなのでしょうか。この変更の内容についてもう少し丁寧な説明をいただきたいと思いますが、よろしくお願いいたします。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) 私のほうから御説明をいたします。   若干長くなるかと思いますけれども、主な変更の内容でございますが、ア、イ、ウ、エとございます。   アの点、擁壁工の点について御説明をいたします。工事をするに当たりましては、同じ性能であれば安いほうの、経済性のすぐれたほうの工法をとるわけでございます。それで、当初は経済性を優先いたしまして現場打ちのL型擁壁、これを採用いたしました。現場打ちをするに当たっては、現場の人夫であるとか、コンクリートであるとか、鉄筋であるとか、型枠であるとか、そういったものが必要になってございます。工事を進めるに当たってそういったものが調達がきつくなってきたところがあったと、あとはめどがなかなかつきにくくなってきたということで決断をいたしまして、でき合いのL型擁壁を注文をして取り寄せたと。そのことによりまして2週間から3週間でしょうか、そういった工程が縮められるなという判断でございます。   もう一つ、今度はイのほうの掘削の埋め戻し工でございますけれども、これはかたい岩が出てきたということでございますけれども、当初予想できなかったのかということでございますが、まず工事をするに当たっては現場の地点2地点を地盤調査をいたします。その量については御議論もあると思いますが、いっぱいやればいいのか、少なくやればいいのか、2地点によって推計をいたします。それで設計をさせていただきます。だがしかし、掘削をするに当たりまして岩がそれより深いところ、別な場所で出てくる可能性もあったということでございまして、今回かたい岩が出てきてしまったということでございます。それに対する対応ということでございます。   あと、残土の運搬処理でございますけれども、これは減額のほうでございます。この分は減額なのですけれども、当初防集事業の中で残土を運んでそれを、運んだ土を整地するという事業費をとっておりましたけれども、別な交付金事業でその残土処理の事業が認められましたので、整地のほうにつきましてはそちらの別な事業で賄うということでございまして、防集のほうは減額したということでございます。   あとは伐木の処理分でございますけれども、工事を進めるに当たりましてだんだん木を切っていくわけなのですけれども、工事現場の隣のおうち、隣接するお宅のほうから風当たりが強くなって、工事からちょっと外れた隣の雑木、木がその風によって倒れる可能性が出てきたところでございます。そういったことでその危険性を排除するためにその分の木を切らなければならなくなったと、それによる伐根、根の処理ですね、そういったものが多くなったということが主な理由でございます。   以上でございます。 ○議長(畑中孝博君) 5番、今野善信君。 ◆5番(今野善信君) (続) 作業というか工事の途中では、こういった思いがけない調達がなかなかできないとかということもややあることだと思います。防災集団移転はどこでも急がなければいけないというふうなことになっていると思いますので、さまざまこういったことを変更を加えながらでも、できるだけ早く工事の完成を目指して頑張っていただきたいなというふうに思います。よろしくお願いします。 ○議長(畑中孝博君) 7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) 今5番議員にも関連する部分でございますが、この請負契約変更の変更理由の中の工期内施工を確保するためということが明記されております。いずれ昨年の6月8日からの施工で、そしてことし3月25日の完成という工程で進んでおるわけですが、この工法を変更しなければならないということが判明した時期というのはいつごろなのか、またその変更に要した当局とのすり合わせの期間はどのぐらいだったのか。と申しますのは、工期が決まった中で変更は、今5番議員も話したとおり、状況によってさまざま変えなければならない自然環境があるわけです。そういった中で判断のおくれというのは全体工期にも影響する、その観点からこの2点をお聞きしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) 工事につきましては、毎月工程管理を行ってございます。業者さんのほうからそれぞれの進捗状況を毎月出していただきまして、その中で協議をさせていただいていました。その中で大体、当初の目標のレベルから下がるときもあるし、進むときもあるわけなので、そういったのも毎月見させてもらっています。   その中でこのL型の擁壁工の問題についても出てまいりまして、ちょっと時期については、私、申しわけありません、定かでないのであれなのですが、いずれ毎月の協議の中で出てきて、いよいよ変更しなければならない、工事費も上げなければならないというお話し合いはその都度やってまいっております。   進捗ですか、門之浜地区につきましては3月25日完成を目指して、そのとおり工期内に完成を目指して頑張っております。 ○議長(畑中孝博君) 7番、渕上清君。 ◆7番(渕上清君) (続) 何度も申しますけれども、工期のあるものというのは非常に施工業者が苦慮するところであります。いずれどんな場合においても今後先々の工期を限られた部分での中ですので、特にも変更調整については業者と発注側としっかりと随時いろんな面で対応できるように柔軟に対応していただいて、工期の進捗をより一層進めていただくように要望して終わります。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) そのとおりでございます。確かに我々、まずは住宅再建最優先ということでやっておりますが、その思いが強いばかりに業者さんのほうの工程をきつくしてしまうということがないようにしたいと思います。最後に工期内に完成できなかったということがないようにしたいと思いますので、この毎月の工程管理をしっかりとやっていきたいと思ってございます。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 次に、日程第5、議案第3号、田浜地区防災集団移転住宅団地整備工事及び田浜上地区道路改良工事の請負変更契約の締結に関し議決を求めることについて質疑を許します。8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) 私からも、先ほどの第2号議案の質問内容と大体似たような形になると思うのですが、まず1点目がこの擁壁工、L型からプレキャストのL型、あるいは宅地背後の擁壁構造をコンクリートブロック積み擁壁からブロック積み擁壁ということで変更ありますが、そもそもこの施工方法を確認したいと思いますので、これがどういった利点があるのかということをまず1点お聞きしたいと思います。   それから、変更の理由につきまして、まず1点目が工期内の施工を確保するということをうたっております。それから2つ目が、安全性の高いということをうたっておりますが、こういった理由が先ほどの施工状況の中でどういった面ですぐれているのか、そこをお聞きいたしたい、そのように思います。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) それでは、擁壁工の部分についての御説明をさせていただきます。まず、現場打ちのL型擁壁からプレキャストのL型に変えた理由につきましては、先ほどの御質問の内容と同じ、門之浜と同じ理由でございます。   より安全性の高い擁壁でございますけれども、当初は、擁壁にはその形もありますけれども、道路擁壁工と同等レベルの擁壁を考えてございました。だがしかし、この部分については宅地を守るための擁壁でございますので、より安全性の高いものにしようということでございます。つまりは擁壁の厚さを大きくするということでございます。それによって住宅を守っていくと、より守るという利点を考えたことでございます。   あと、安全性ですね。後段に申し上げました道路擁壁と同等のものから宅地用の擁壁に変えたことによってより安全性が保たれるということでございます。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 安全性の高いということで宅地用に変えて擁壁の厚さを増したということで、その点よくわかりました。   それで、工期内施工を確保するといった面で再質問させていただきますが、工期内完成を目指してやっておるわけでございますが、現在の状況はどういった状況で進んでおるのか、お聞きしたいと思います。 ○議長(畑中孝博君) 集団移転課長。 ◎集団移転課長(田中聖一君) 工期につきましては、その工期内完成を目指しましてこの擁壁工を工夫したり、これで期間を短縮したりしてまいっておりますが、先ほど申し上げましたように毎月の工程管理をやっていく中でやはりいろんな問題がございまして、業者さんのほうからは御相談をいただいているのも事実でございます。そういったものに対して対応をしている最中でございます。毎月、毎月人手不足であるとか、資材の関係とかそういった絡みもございましていろいろ御苦労なさっておりますので、そういった協議はただいましてございます。   そういったものの中で工種とかもしも工期に影響することがあるのであれば、住民の方々にも速やかに説明しなければなりませんが、今業者さんとそういったところを詰めていると。あと3カ月、あと数カ月でございますので、その中に工期内完成目指すように今努力をしているということでございます。 ○議長(畑中孝博君) 8番、伊藤力也君。 ◆8番(伊藤力也君) (続) 今御答弁いただきましたが、工期内に向けまして先ほど来話されているように突発的なことというのが多々出てくるわけでございますが、そういう面でなかなか工期ばかり言っても大変なこともあろうかと思いますけれども、現場とよく、あるいは住民の皆さんと協議を重ねることによっていい形になるようによろしくお願いしたいと思います。   以上です。 ○議長(畑中孝博君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。   議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。     (賛 成 者 起 立) ○議長(畑中孝博君) 起立全員であります。   よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。 ○議長(畑中孝博君) 以上で本臨時会に付議されました議案等全部を議了いたしました。   これをもちまして平成26年市議会第1回臨時会を閉会いたします。   大変御苦労さまでした。    午前10時43分 閉   会...