43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2018-04-16 平成30年  4月 建設企業常任委員会-04月16日−01号

雨水関連施設費の雨水幹線築造事業費だが、無量寺公園に地下貯留施設の設置工事を行うとともに、松村5丁目などで雨水の整備を行う。  19ページ、雨水情報システム改良工事だが、県が観測している河川水位などの情報を本市のシステムに取り込むためのサーバーを更新するものである。雨水ポンプ場長寿命化対策工事は、保古や古府にあるポンプ場の設備機器の取りかえを行う。

金沢市議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会-03月14日−04号

本市は、この浅野水害以降、総合治水対策に取り組んできましたが、その施策の1つとして、昨年2月に鞍月小学校駐車場地下に約5,000トンの雨水貯留施設を設置しました。近岡地区の浸水対策の切り札として供用を開始したわけですが、昨年の相次ぐ大雨に対して、この貯留施設はどのような効果があったかお伺いいたします。  

能美市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2018-03-12

先天的な病気や障害を持って生まれ、人工呼吸器や経栄養など医療的なケアを必要とする医療的ケア児。適切なケアが受けられれば地域で普通に暮らしていけるのに保育の受け入れ先がなく、親が仕事をやめてつきっきりで世話をしなくてはならないという問題が生じています。  医療技術の進歩で医療的ケア児は年々ふえているのに、法律の整備や全国的にも支援が追いついていないのが現状です。  ここで質問です。

金沢市議会 2017-10-16 平成29年 10月 建設企業常任委員会-10月16日−01号

今年度の会議内容だが、昨年度策定した雨水貯留施設基本構想を初め平成28年度に実施した各種施策の実績を報告するとともに、本年度策定する下水道渠ストックマネジメント計画などの事業概要を説明し、その後、委員から意見をもらう予定である。  また、来年度は総合治水対策実施計画が策定されて10年となり、次の10年の総合治水対策の方針を定める年になる。

金沢市議会 2017-07-25 平成29年  7月 建設企業常任委員会-07月25日−01号

きょうも金石付近では通常よりも1メートル上昇しており、午前3時過ぎに大野へ行ってきたが、排水口のヒュームの部分まで水位が上がっている。これは道路を横断して反対側まで全部水が入っている状況であり、わずかな雨でも対応できず道路にあふれ出たり、海抜の低いところの家では浸水する可能性もある。7月4日の大雨では、駅西地区では消防署付近も冠水していたし、大宮川の下流域も大変な状況になっていた。  

金沢市議会 2017-04-24 平成29年  4月 建設企業常任委員会-04月24日−01号

また、雨水渠ストックマネジメント計画の策定に着手する。  2ページ、組織については、4課3室1事務所で計131人体制となる。前年度比1人の減員だが、道路等管理事務所の配置人員を見直し、退職者不補充としたことによるものである。予算だが、一般会計では対前年比約2%減の118億6,600万円余となるが、補正予算前倒し分を含めて切れ目のない発注と早期かつ着実な実施を目指す。

金沢市議会 2017-01-31 平成29年  1月 建設企業常任委員会-01月31日−01号

・鞍月小学校地下貯留施設の完成について・・・・・・・・・坪田内水整備課長  鞍月小学校地下貯留施設の完成について報告する。土木局報告案件-1を見てほしい。  鞍月小学校において浸水対策として整備を進めてきた地下貯留施設について、このたび、機械設備などの試運転も終わったことから完成する運びとなった。

小松市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2016-09-13

またあわせてこの幹線排水路に流下する主要な排水路につきましても、早期にその整備の効果が発現できる区間を重点的に整備しているところでございまして、下水道の合流区域内につきましては中央ポンプ場に1,200トンの雨水貯留槽が整備済みであります。住宅地における家屋の浸水防止を図っているところでございます。  

金沢市議会 2016-04-22 平成28年  4月 建設企業常任委員会-04月22日−01号

浸水防止対策事業費の雨水貯留浸透施設設置普及促進費は、小学校雨水タンクを設置し、あわせて児童に対する出前授業を行うものである。引き続き、子どもたちへの総合治水対策への関心を高めていく。  16ページ、災害対策費中、水防対策費だが、昨年9月の鬼怒川の水害を踏まえ、河川の氾濫時における水防関係者の行動マニュアルを作成するとともに、そのマニュアルに基づく想定訓練を行う。

小松市議会 2016-03-07 平成28年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2016-03-07

里山の開発、特に埋め立てに関しては今般の異常気象、特にゲリラ豪雨など雨水処理については周辺地域の住民の皆様に特に不安のないように対応願いたいと思います。  残土受け入れ地の花坂地内の有効利用について開発計画のお考えはあるのかお示しいただきたいと思います。また、里山地域の活性化を考えると住宅地の開発も必要であると考えられますので、あわせて計画をいただきたいと思います。  

金沢市議会 2015-10-16 平成27年 10月 建設企業常任委員会-10月16日−01号

4つ目の雨水ポンプ場についてだが、昨年度の水門電気通信設備に引き続き、今年度は保古、古府など6カ所にある雨水ポンプ場の長寿命化計画を策定することを報告した。  5つ目の次期河川整備5カ年計画についてだが、平成21年度から進めてきた河川整備7カ年計画が今年度で終了することから、次期河川整備5カ年計画を協議会に諮った。

金沢市議会 2015-06-04 平成27年  6月 建設企業常任委員会-06月04日−01号

3つ目の市民の暮らしを守る、暮らしの安全確保においては、鞍月小学校雨水の地下貯留施設を設置するほか、雨水幹線・浸透施設の整備推進、さらに分流区域における内水ハザードマップの作成を行い、浸水被害の軽減に取り組む。また、がけ地防災対策の充実としては、大桑町地内で要援護者関連施設に隣接する崖地防災工事を実施するほか、田上本町地内などで急傾斜地崩落防止対策を実施する。  

金沢市議会 2015-03-02 平成27年  3月 定例会-03月02日−01号

ところで、安全・安心の確保についてでありますが、来月から、大桑防災拠点広場の供用を開始し、避難拠点や防災学習の場として活用してまいりますほか、鞍月小学校における雨水地下貯留施設の整備など、総合治水対策の推進に努めることとしております。また、水道事業では、今般の県水の責任水量の引き下げを受けて、路等の耐震化の一層の推進に努めてまいります。  

能美市議会 2014-09-10 平成26年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2014-09-10

山などの開発を行うと一般的に雨水等が地面にしみ込む量が減って、流れ出す水の量がふえ、開発区域より下流の川では洪水危険が高くなり、これを抑えるのが調整池です。洪水の一部を貯留する(ためる)か、流れ出るのをおくれさせて下流の洪水流量を軽くすることを目的とする貯水池。

小松市議会 2013-12-10 平成25年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2013-12-10

近年は蛍光とLEDの取りかえだけで済むなど、当初に比べて投資額が大きく減少しています。今後、もっと安価になっていくと思われます。  また、庁舎全体の電力使用量は、小松役所環境マネジメントシステムが比較基準年とすると、平成21年の電力使用量が132万1,788キロワットアワーに対し、平成24年は104万5,368キロワットアワーとなり、全体の削減率は20.9%に達しています。

金沢市議会 2013-05-13 平成25年  5月 建設企業常任委員会-05月13日−01号

快適で安心できるくらしの実現についてだが、くらしの安全では、雨水流出抑制対策として紫錦台中学校地下貯留施設の実施設計に着手するほか、局地的短時間集中豪雨からまちを守るための雨水貯留・浸透推進アクションプログラムを策定する。がけ地防災対策の充実として、鈴見台5丁目地内で老人福祉施設等に隣接する崖地防災工事を実施するほか、宝町、西大桑町地内で急傾斜地崩壊防止対策に着手する。