運営者 Bitlet 姉妹サービス
19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-13 能美市議会 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13 それが農の雇用事業であるとのことで、新規就農支援策として農業従事者確保のため人件費の一部助成や積極的な研修会などの開催などが実施をされていますが、複数年の助成や研修を受けてやっと一人前になったかと思われるときに、残念ながら離農してしまうケースが非常に高いと聞いております。 もっと読む
2018-03-13 白山市議会 平成30年  3月会議-03月13日−03号 このままでは、ハウスが壊れたのを機に生産を縮小もしくはやめてしまう、そういった農家が出てくるおそれがあり、離農者や耕作放棄地がふえる可能性もあります。  JA松任、JA白山の市内両JAからも、大雪による農業被害に関する陳情書が市長並びに今会議に提出されております。 もっと読む
2018-03-12 能美市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 議事日程 2018-03-12 「HELPカード」の導入について                │ │     │ 1)「HELPカード」の導入促進を図れ               │ │     │2.能美市農業の現状と今後の農業振興対策について          │ │  3  │ 1)市の農家戸数の推移と年齢構成、離農農家の状況を問う       │ │     │ 2)米の直接支払交付金廃止問題の支援策について問う          もっと読む
2018-03-12 能美市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2018-03-12 次に、離農された農家の状況につきましては、平成24年度に創設されました人・農地プランの制度により、農地集積に協力した方に対して農地集積協力金が交付されることになっております。 もっと読む
2018-03-07 加賀市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−03号 今後は、今年度の取り組みのノウハウを生かし、特に状態の悪い空家等を優先して立ち入り調査等を行い、特定空家等に認定し、所有者などに行政指導を行うとともに、解体助成制度の創設により危険な空き家の抑制を行ってまいりたいと考えております。  なお、所有者などによる改善が見込めない案件につきましては、勧告や命令、さらには行政代執行に迅速に踏み込んでまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-02-16 輪島市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月16日−02号 また、最初から基準を越えないケアプランに誘導され、利用抑制につながることになりませんか。  財務省は、月31回以上のサービスが2万4,000件以上あると問題視していますが、厚労省の自治体調査で不適切と判断されたものは48件中2件でした。回数にこだわり、わずかな不適切事例をあげつらうのは利用者、介護者の不安を拡大し、ケアマネジャーやホームヘルパーの働く意欲を低下させることになりませんか。 もっと読む
2016-06-10 能美市議会 平成28年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2016-06-10 スマートウエルネスコミュニティは、生活習慣病予防に必要な運動量が不足している人や、その人のうち今後の運動実施の意思がない人、健康的な生活を送るための情報収集をしていない人など、いわゆる健康づくり無関心層が約7割も存在していると言われる中、将来的な医療費や罹患リスクの抑制と生涯にわたって健やかで幸せに暮らせるまちの創造を目指して、昨年7月に筑波大学を初めとした学術機関や民間企業、新潟県見附市などの地方自治体 もっと読む
2015-07-01 金沢市議会 平成27年  6月 定例会-07月01日−04号 自然増減という観点から言えば、何といっても健康寿命を延ばす取り組みを実践していくということ、さらには、自然動態の減少を抑制するためにも、子どもを生み育てやすい環境をつくっていくということ。そして、社会増減ということで言うならば、若い世代の定住を促す雇用の施策、さらには、金沢の魅力を生かした定住・移住政策によって転入数を増加させるとともに、転出数を抑制していくということだというふうに思っています。 もっと読む
2015-03-12 能美市議会 平成27年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2015-03-12 スピードを抑制する路面標示についても、速度制限などの交通規制との関係から寺井警察署や道路管理者とも協議しながら設置するようにしておるところでございます。 もっと読む
2014-03-24 小松市議会 平成26年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2014-03-24 現在、JA小松市らが橋渡しとなって離農者の農地集積を図ったり、国、県、市等がバックアップにより新規就農者の支援や6次産業化の推進を実施しております。耕作放棄地については、これ以上ふやさない、解消するという両面からの取り組みが必要であり、市としても積極的にかかわっていくように求めました。   もっと読む
2014-03-13 白山市議会 平成26年  3月会議-03月13日−03号 高齢農家や離農農家から農地を借り、一定に集めた上で規模拡大を目指す農家らに貸し出す仕組みであり、農業を続けるのが難しいと考える農家と担い手の間に立って農地の貸し借りを促し、規模拡大とコスト削減、遊休農地の防止を狙うものであります。   もっと読む
2013-09-03 加賀市議会 平成25年  9月 定例会(第4回)-09月03日−02号 私は、教育政策については、市長は抑制的であるべきだと考えております。  一方、市長の意向に沿う形で教育方針を改変するのが当然である、政治の意向に従うのが当然であるという考え方があることも承知いたしております。  しかしながら、教育への政治介入が容認されれば、市民社会のさまざまな分野に政治が介入する可能性に道を開くことになります。 もっと読む
2012-12-17 小松市議会 平成24年常任委員会連合審査会 本文 開催日: 2012-12-17 今回の対策といたしましては、石橋川への雨水流出を抑制するため、向本折町地内での排水ポンプの設置など実施いたします。また、下水道合流区域につきましては、地盤の低い地区を中心に雨水貯留能力の向上を図るため、上下水道局と連携し、現況のL型側溝から自由勾配側溝へ改修してまいります。  地区としましては、小松高校周辺、芦城センター前付近、細工町付近など計5地区で予定しております。   もっと読む
2012-12-11 珠洲市議会 2012.12.11 平成24年第4回定例会(第2号)  本文 私が最も心配するところは、このような状態が今後ますます拡大し、そのために離農に拍車がかかり、山間地がますます荒廃していくのではないかという点であります。  現行の電気柵設置事業は、被害が発生した箇所への措置であり、効果があるとしても予防策としては後手に回ります。被害に遭う前に電気柵を設置したいという耕作者がおられます。 もっと読む
2012-09-13 加賀市議会 平成24年  9月 定例会(第5回)-09月13日−03号 この計画の中では、今後5年間で高齢化等により離農者が急増することが見込まれており、その対策として、中心となる農家への農地の集積及び青年新規就農者の確保等が急務であるとされております。このことから、地域ぐるみの話し合いによって、中心となる農家の選定及び農地の集積方法等に関する計画、いわゆる人・農地プランを策定する事業が本年度より実施されました。 もっと読む
2009-12-15 加賀市議会 平成21年 12月 定例会(第10回)-12月15日−03号 農業の振興施策については、WTOやFTAなどの農業交渉のような世界的規模の問題から、食料自給率の継続的な下落、農産物の継続的な価格低迷、農業所得の低下、後継者不足、そしてイノシシ被害対策といった身近な問題まで多岐にわたっており、こうした課題の中で多くの農家の方々が離農し、その結果、耕作放棄地や遊休農地が拡大しているものと認識しております。   もっと読む
2007-06-28 金沢市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 市長には、かねてより中心市街地における自動車の総量抑制の必要性を訴えられ、去る3月議会においては公共交通利用促進条例を提出されるなど、公共交通の利用促進と体制の整備に強い意欲を示されているのであります。そして、今定例議会の提案理由の説明の中でも、新交通戦略の具現化の一環として、地域における説明会の開催等に積極的に取り組むと、所信の一端を明らかにされました。 もっと読む
2002-06-11 加賀市議会 平成14年  6月 定例会(第3回)-06月11日−02号 また、本年4月より指針を定め、環境に配慮した製品を積極的に購入するグリーン購入や、公共工事における再生資材の使用推進、建設副産物の発生抑制にも努めております。  なお、加賀市の将来を担う子供たちには、環境に対する豊かな感受性や見識を持ち、環境に配慮した生活や責任のある行動がとれるよう、環境教育に努めてまいります。  次に、農業用施設の維持管理団体の育成についてでございます。   もっと読む
1991-12-17 加賀市議会 平成 3年 12月 定例会(第7回)-12月17日−02号 大蔵省は平成4年度予算の概算要求基準の策定に当たりまして、バブル経済の崩壊により従来の税収の流れが大きく変化し、これまでのような税収は余り期待しがたい状況下にあると判断し、歳出抑制策として地方交付税交付金の削減を打ち出したのであります。 もっと読む
  • 1