運営者 Bitlet 姉妹サービス
180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-13 能美市議会 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13 民間企業が外資系多国籍企業であれば、アメリカのモンサント社のように遺伝子組み換えの種子と農薬をセットで売りつけてくるでしょう。種子法廃止は、安全の点でも多くの問題を含んでいます。  そこでお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-05-21 金沢市議会 平成30年  5月 建設企業常任委員会-05月21日−01号 2つ目は、安全かつ効果的な防除の実施として、原則、捕殺による防除を行い、大量発生した場合や発生場所が高所の場合など、捕殺防除が難しい場合には薬剤散布による防除を選択する対応で、農薬使用を極力抑えた防除に取り組んでいる。 もっと読む
2018-04-16 金沢市議会 平成30年  4月 経済環境常任委員会-04月16日−01号 20ページ、松くい虫防除費では、動力散布機では届かない12メートル以上の高木への農薬散布を想定し、ドローン等を使って上空から農薬に見立てて水を散布して、隣接する畑への影響を調べる。 もっと読む
2018-03-14 金沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−04号 日常的に、農薬、洗剤、化粧品、香料、接着剤、染料といった化学物質に暴露し続けることにより、神経中毒からぜんそく、発疹、全身倦怠、鬱などの症状に苦しむことになります。WHOが疾病認定したものの、本人の体質や怠けぐせなどと誤解を受けやすく、専門医不足から治療や看護を受けるのも困難です。 もっと読む
2018-03-13 能美市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-03-13 平成29年度には石川県の特別栽培農作物の認定を受け、県内の産地としては唯一農薬を使うことなく生産されており、そのニーズもふえてきていると伺っております。先日、谷本石川県知事も「つくったものを売るのではなく、これからは売れるものをつくっていくんだ、そういう石川県を目指していきたい」ということをおっしゃっておりました。まさに、能美市の方向性は県の施策とも合致していると言えるのではないでしょうか。   もっと読む
2018-03-03 珠洲市議会 2018.03.06 平成30年第1回定例会(第2号)  本文 また、農業機械の近代化は、ここ数年で目まぐるしく進化しており、無人で作業をするトラクターがあったり、ドローンを利用して農薬散布を行うことができるようになったりと、我々の想像をはるかに超えるような現実となっております。  一方で、日本では水稲作の機械が普及・進化を遂げる一方で、野菜や果実といった園芸に対しての機械化や近代化は厳しい現状にあります。 もっと読む
2017-09-14 金沢市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−04号 この地域における企業である、ライト工業2社におきましては、山の特性を生かした天然の砕石の採掘加工販売を行っており、その製品用途として、工業製品の素材を初め、化粧品や農薬まで幅広い業種で商品となっているものでもあります。また、金沢港からの輸出から言えば、コンテナ数第3位と地元が誇る企業でもあります。 もっと読む
2017-06-14 小松市議会 平成29年第2回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2017-06-14 ただ、現在、市内におきましては蛍米とかえちゃけな等、もう既に農薬とか化学肥料の慣行栽培2分の1にしたような取り組みのほうを進められてございますし、またJAグループの独自のGAPに関しましては導入が行われているというようなところでございます。   もっと読む
2017-06-06 珠洲市議会 2017.06.20 平成29年第2回定例会(第2号)  本文 明治時代以降は、乱獲、農薬による獲物の減少、山間部の水田の消失などにより、大正時代は絶滅したと考えられていましたが、昭和5年に佐渡でトキが目撃されました。昭和33年には佐渡に6羽、能登に5羽まで減少し、昭和46年には能登半島で捕獲されたトキが死亡したことにより、佐渡でのみ生存していましたが、平成15年にトキの「キン」が死亡し、日本産のトキは全て全滅いたしました。   もっと読む
2017-03-16 金沢市議会 平成29年  3月 市民福祉常任委員会-03月16日−01号 19ページ、食の安全安心対策費では、残留農薬検査機器の更新により、市民の食の安全・安心をさらに担保していく。 ・議案第89号についての説明           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・越田保健局長  議案第89号金沢市国民健康保険条例の一部を改正する条例について説明する。議案書(1)の123ページと説明資料を見てほしい。   もっと読む
2016-09-23 能美市議会 平成28年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2016-09-23 3、有機農業、無農薬農業等の差別化、高付加価値化を図ることにより、高い値段での販売を目指し、反収の少ない点を補うこと。  4、中山間地米は味がよく、高値で取引される傾向にあるので、アピール力をつけ、それを評価してくれる消費者と直接つながること。  5、ユズは生での販売のほうが値段は高いが、需要の多い果汁等を6次化すれば安定した利益確保ができること。   もっと読む
2016-09-13 能美市議会 平成28年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2016-09-13 県内のデンジソウは、農薬の使用や地域の開発が進んだことによりまして生息環境、それから個体数も減少していることから、仙台議員も今おっしゃいました国では絶滅危惧II類、石川県では絶滅危惧I類と、石川県では厳しい指定となっております。   もっと読む
2016-09-12 能美市議会 平成28年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2016-09-12 農薬を使用せず有機肥料で栽培しているユズは、近年、知名度も上がってきており、生産現場の体制づくりが急務となっております。こうしたことから、今年度より国の地方創生事業を活用して、ユズの先進地である高知県の馬路村への視察や外部アドバイザーからの助言をもとに生産、販売面などの課題対策を検討することにしております。   もっと読む
2016-09-12 小松市議会 平成28年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2016-09-12 一方、医療施設、介護施設におきましても、やはりそしゃくできない方もいらっしゃいますので、そういった意味での新しい分野での食の提供というのは必要なわけでございますが、これもやはり農薬を使わないとか、いわゆる食の安全というのは非常に重要視されておりまして、南加賀公設市場だとか、それから栽培契約農家の育成だとか、そんなことをしながら安全な野菜だとかそんなものの提供環境をさらに高めているところでございます。 もっと読む
2016-09-06 加賀市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月06日−02号 また、輸出品につきましては、農産物も考えておりますが、検疫や残留農薬基準など相手国により輸入基準や参入障壁の状況が異なります。  そこで、可能性調査の中でマッチングや販路の調査などを行い、相手国や輸出品の対象等を見きわめて販路開拓に取り組んでまいりたいと思っております。  以上です。 ○副議長(林直史君) 田中金利君。 もっと読む
2016-08-30 白山市議会 平成28年  8月会議-08月30日−01号 また、地元農家が栽培した無農薬有機野菜の販売や当施設で取り扱っている発酵食品と地元野菜をふんだんに使った発酵料理などが好評なことから、施設の増築が予定されています。  このように、地元農商工業者の利益向上に寄与するとともに、新商品の開発や特産品の生産促進につながっています。   もっと読む
2016-06-15 輪島市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号 先日、自民党の農林部会でも農薬や肥料などの生産資材の価格を農協やホームセンターなどに調査をしているとのことでありますが、なぜこのような調査が行われているのかといいますと、同じ製品の農薬や肥料が農協が販売しているものよりホームセンターで販売されている製品のほうが安いとの結果も出ているからであります。   もっと読む
2016-03-10 輪島市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月10日−03号 こうしたことを受けまして、住み続けられるための環境整備についてでございますけれども、能登米生産などの移行や減農薬、有機農業の推奨など、環境保全型の農業の推進によりまして、餌場となる圃場の確保などができるものというふうに考えております。   もっと読む
2016-03-10 能美市議会 平成28年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2016-03-10 当該地区が山に囲まれ、無農薬環境となっていること、アクセスがよいことが選定の大きな理由であると聞いております。坪野町への進出に当たって、熊対策、ミツバチの安全性の面で一部理解が得られないこともありましたが、最終的には町会、地権者が安全性の確保に関する覚書を締結することと地元の同意が得られ、操業が決定いたしました。   もっと読む
2016-03-08 加賀市議会 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月08日−02号 また、今年度から柴山潟干拓地周辺の農家による農薬と化学肥料を使用しない無農薬米の栽培、大聖寺下福田町の農家による化学肥料を使用しない減農薬米が栽培されており、これらの環境保全型農業に対しても支援を行っております。  さらに、JA加賀では、加賀市産野菜について加賀九谷野菜の商標登録を行い、知名度向上や消費拡大、農家の所得増大を進めております。   もっと読む