732件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2024-09-11 09月11日-03号

本市においては、空き家対策費として、地域と連携した空き家や跡地の活用助成する地域連携空き家等活用事業費補助金専門家活用した空き家適正管理を促進する空き家等管理活用促進費を今年度もそれぞれ計上しておりますが、昨年度、私が質問した際の執行部答弁では、なかなか活用実績が十分にあらわれていないとのことでありました。

金沢市議会 2021-09-02 09月02日-01号

他方、昨年の略称民泊条例の制定を機に、住民主体まちづくりルールを策定する機運が高まっている中で、このところ、管理者不在簡易宿所等の開設が増加し、騒音やごみ出し等に関するトラブルを懸念する声が上がってきておりますことから、先般、庁内横断プロジェクトチームを立ち上げたところであり、今後、観光振興空き家利活用といった側面も考慮しながら、有識者等の意見もお聞きし、年度内をめどに、条例改正も見据えた対応策

野々市市議会 2020-12-10 12月10日-02号

一方、空き家老朽化に関する追跡調査や新たな空き家の確認を行うことで市内空き家実態を把握し、空き家問題の未然防止や抑制につなげるため、市内全域を対象とした空き家実態調査は必要だと考えております。その時期につきましては、社会情勢市内住宅事情の変化を注視しながら検討してまいりたいと考えております。 

金沢市議会 2020-06-26 06月26日-04号

まずは、空き家についてです。 近年、全国的に空き家が増加し、住宅総数に占める比率も13.6%と右肩上がりに増加しております。空き家となる要因としては、住んでいた方が亡くなった後も物置として必要、解体費用がかかる、将来使うかもしれない、仏壇など捨てられないものがある、そして特に困っていないなどが挙げられます。

金沢市議会 2020-03-11 03月11日-02号

市街地空き家が増え、コミュニティーが保てなくなっています。大手資本誘致と一体となった呼び込み型施策不要不急大型建設予算ではなく、地に足のついた予算編成市民の暮らし、地元企業応援で、市民一人一人が経済力を持って豊かに過ごせる本市にするための方向に転換すべきではないか伺うものです。 具体的に提案をいたします。中小企業支援について伺います。

小松市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2020-03-10

もうどこのまちよりも早く定住促進策を行ったり、移住を行ったり、そしてこの旧市街もそうでありますが、里山地区にも空き家がたくさんございます。この空き家対策についても国の法律以前にもう2年前から条例化させていただいて、果敢に攻めてこさせていただいております。  空き家はもちろん危険なものは整理させていただいております。

能美市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 議事日程 2020-03-09

う               │ │     │ 3)公害という問題に対する規制強化について問う           │ ├─────┼──────────────────────────────────┤ │     │ 7番  田 中 大佐久(一問一答)                │ │     │                                  │ │     │1.空き

能美市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2020-03-09

2つ目は、空き家所有者自身空き家管理活用について問題を抱えていることであります。  2013年総務省調査によりますと、全国の空き家数は約820万戸、全住宅の7戸に1戸が空き家という状況でありました。そして13年後の2033年頃には空き家数は2,150万戸、何と全住宅の3戸に1戸が空き家になるとの予想もあります。  

小松市議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2020-03-06

なお、施設整備にかかる費用は、空き家対策総合支援事業補助金であったり、有利な起債であります辺地対策事業債活用したいとこのように思っておりまして、トータル的な国庫補助率は大体9割ぐらいになるんじゃないかなと、このように思っております。  お尋ねのTAKIGAHARA ART HOSTEL、江戸古民家の里についてお答えさせていただきます。  

白山市議会 2020-03-06 03月06日-02号

また、増え続ける空き家、空き店舗。狭い道も多く、緊急車両が通行できないなど、防災に対応できない現状であります。このような点からも、中心市街地の再開発には街区的な計画が必要である方針を示すタイミングであると考えます。 昨年度、議会で藤枝市を視察してきました。駅前開発に民間3社の活力をフルに活用し、様相が一変し、まちのにぎわいの求心力となっていました。 

加賀市議会 2020-03-06 03月06日-03号

ぼやっとした数、例えば、ちょっと例え悪いですけれども空き家たくさん空き家があるというのではなくて、ここにこういう空き家があって、ここの空き家は今、屋根が飛びそうだとか、ここの空き家は今は大丈夫だけれども、数年すると危険だろうとか、そういう実態調査現状把握がないと、次の手が打てないというふうに思いますので、ぜひとも実施に向けて御努力をいただきたいというふうに思います。 

白山市議会 2019-12-11 12月11日-03号

両隣は空き家。目の前は誰のものかわからない土地老朽化する橋、トンネル、水道管等利用者は減少する。24時間社会の崩壊。壊れたエアコンすら直せない技術者不足。若い労働者の減少。後継者不足で消えていく中小企業若者が消え治安が悪化する。介護人材が2025年38万人足りなくなる。未来の母親がいなくなる。2035年、男性の3人に1人、女性の5人に1人が未婚。人生100年時代の到来。