386件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

粟津温泉のにぎわい創出の拠点といたしまして、交流広場を核にしまして白山神社、大王寺などの寺社や粟津演舞場、ゆのくにの森、苔の里や那谷寺、滝ケ原地区などの魅力的な周辺の資源を活用しまして、新しい発想で新たな魅力を発掘、磨き上げを行い、2020年のオリンピック・パラリンピック、2023年の新幹線小松開業へ向けまして、そぞろ歩きの楽しめる温泉街となるよう活性化に向けて地元とともに取り組んでまいりたいとこのように

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

さらに、能美市国際交流協会では在住外国人地域の一員または国際理解活動の担い手として、地域住民と相互に助け合えるための橋渡し役となるキーパーソンの発掘育成、在住外国人の積極的な自治会地域コミュニティ等への参画を支援する役割も担えるものと思っております。  

小松市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-12-10

そのうち、事業承継が完了した案件がわずか7件と、相談を受けてから事業を引き継ぐまでには、後継者の発掘育成、関係者の理解、株式財産の分配など取り組まなければならないことがたくさんあり、どのような形で事業承継するにしても一般的に5年から10年ほどかかると言われております。  

小松市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-12-07

都合3回にわたりまして、この6年の中で3回にわたりまして意識調査、アンケート調査もしておりまして、各地域のいろんな課題についてはある程度数量的にわかるようになっております。それを各地域のほうに、金沢大学教授と学生が出向いてワークショップも何回もやってきております。  

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 文教消防常任委員会-09月14日−01号

21ページ、10款6項2目文化財保護費の文化財保存整備費200万円は、市内の寺院が所蔵している古文書などの文献資料について、文化財指定を目指した詳細調査を実施するための経費である。埋蔵文化財保護費1,050万円は、民間開発に先立って埋蔵文化財発掘調査を実施するための経費であり、財源は全額受託事業収入となる。

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 経済環境常任委員会-09月14日−01号

和食のユネスコ無形文化遺産への登録や健康志向の高まりから国内外で注目が高まる中、金沢において高校生の熱き情熱で創造力を高め合うWASHOKUグランプリを開催し、次代を担う和食料理人の発掘育成と、まちの価値を高める和食聖地を目指す。これまで開催に向けた準備委員会を3回開催し、概要をまとめた。  

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号

埋蔵文化財調査補助は、文化財指定に向けた調査費に補助内示があったものである。3項2目民生費委託金の国民年金事務委託金は、制度改正に伴うシステム改修経費について国の補助が交付されるものである。  5ページ、16款2項2目民生費県補助金地域医療介護総合確保事業費補助は、グループホームの整備に対する県補助金である。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

民間所有も調査し、適切な対応が求められています。  そこで、能美市において、市内の通学路などの危険箇所の点検と公共施設ブロック塀の確認はどのような状況にありますか。  また、住宅地などでの民家の塀垣は、ブロック塀より生け垣にしたほうが危険性が低いとされています。

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10

小松市でも小中高校でブロック塀調査を実施したということでありますが、調査の結果、学校敷地内にブロック塀がある学校は、小学校7校8カ所、中学校3校4カ所、高等学校1校1カ所であります。そのうち、対策をしなければならない学校ブロック塀は、安全性の再調査を含め7校8カ所あるとの結果でありました。  しかし、グラウンドにブロックでできたトイレがある小学校は含まれているのでしょうか。  

能美市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13

農家見習いとしてユズ栽培にかかわっていただくほか、新たなユズ農業者の発掘を目指し、長年培われてきた栽培技術を伝授するための資料の作成にもかかわっていただきたいと考えています。  なお、協力隊員の募集につきましては、現在、選考審査中でございまして、7月上旬からの配置を予定しております。  

能美市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-06-12

このランキングのデータソースなんですが、これは東洋経済新報社が独自に調査したものではないんですね。総務省が公的に発表しております地方公務員給与実態調査(2016年度版)、これに基づいて行っているということです。ランキング公表に当たりまして幾つかの注釈がついておりました。諸手当を含む平均給料月額の12カ月分に期末手当と勤勉手当を加えて算出している。地域差が大きい寒冷地手当というのは含めていない。

白山市議会 2018-06-04 平成30年  6月会議-06月04日−01号

産業土木課長多島雅彦君上下水道部長長谷川 茂君 総務部次長秘書課長米林 歩君総務部次長財政課長南 良一君 美川支所長川畑 浩君鶴来支所長広野晴城君 監査委員 事務局長真砂光子君農業委員会 事務局長池田昌俊君 教育長松井 毅君教育部長松田辰夫君    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名  事務局長     北村 潔君   議事調査課長

能美市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-03-23

これらは、議会基本条例の制定後に議長の諮問機関として設置された議会の活性化に関する検討会において調査検討が重ねられ、このほか議会基本条例に規定されるさまざまな議会改革検討項目の調査検討もなされ答申を行ってまいりました。  特に、昨年の第3回定例会においては議会の活性化の検討会の座長報告が行われ、今後の取り組みとして喫緊の課題とする3項目が挙げられたところであります。

能美市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2017-12-05

また、新たな能美市の魅力を発掘し発信するため、先日、観光戦略会議を開催し、第2次観光ビジョンの策定にも取りかかっております。これまでのシティプロモーション事業と融合させ、全国にもっと能美市を知ってもらうことでの交流人口の拡大や魅力発信による移住・定住の推進を図るものであり、多くの人や企業から選ばれるまちとなることが、ひいては安定した財源確保にもつながるものと思っております。