500件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-02-25

地方交付税は、2年目を迎える公立小松大学の運営費分として2億8,000万円増の9億3,000万円余が基準財政需要額に算入されるものの、公債費の減少などにより基準財政需要額が小さくなることや、地方消費税交付金の増収、平成30年度の実績をベースに算定される市税など、基準財政収入額が大きく伸びる見込みであることから、全体として2億2,000万円の減、臨時財政対策債を含む実質交付税ベースでは7億2,000万円

金沢市議会 2019-01-21 平成31年  1月 文教消防常任委員会-01月21日−01号

・平成30年中の火災・救急・救助概要・・・・・・・・・・・・・羽場警防課長  消防局報告案件-2を見てほしい。  平成30年中に消防隊等が災害に出動した件数は1,723件で、前年と比較すると580件増加した。このうち、火災件数、救急件数については改めて報告することとし、まずは火災以外の災害について説明する。1ページの表の区分中、中段にある火災以外の事故件数が大きく増加している。

金沢市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−03号

その主な活動といたしましては、火災予防運動期間中における防火広報や住宅用火災警報器の訪問点検の実施のほか、消火器取り扱い訓練や救急講習会への参加など、家庭内の火災予防にとどまらず、それぞれのクラブが地域全体の安全・安心の向上のため積極的に活動していただいております。  以上でございます。 ○清水邦彦議長 5番松井隆議員。      

金沢市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会-12月18日−02号

総務省消防庁の発表では、4月30日から9月30日までの間に、全国で9万5,073人が熱中症で救急搬送され、2008年の調査開始以来、過去最多で、搬送者のうち死亡した方は160人にも上ることを発表し、愛知県豊田市の小学校では、1年男子児童が熱中症で死亡するという痛ましい事故も発生してしまいました。

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

急病、あるいは火災等での救急出動用のみならず、移動可能な生活道路を常に確保しておくことは必須であります。近年は、除雪機器とオペレーターの確保が難しい状況にあると聞いておりますが、以前と比べると作業ははるかにスピードアップしており、昼夜を問わず現場で指揮や作業に当たられる方々に、心底感謝している市民は少なくないと思います。  

加賀市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−02号

手当の内容につきましては、宿日直をする職員の救急担当手当、救急医療に関する部分ですね、この担当手当のものが一律の額でありましたけれども、その内容について実際に休日、夜間、実務に対応する時間に相当する部分の額を計算しまして、その分を増額したということで、より実態に即した額に改正をしたということでの増額でございます。  以上です。 ○副議長(稲垣清也君) 上田朋和君。

金沢市議会 2018-10-15 平成30年 10月 一般会計等決算審査特別委員会-10月15日−01号

156ページ、4款1項1目保健衛生総務費の救急・休日診療対策費では、駅西福祉健康センター内に金沢広域急病センターを整備した。  159ページ、2目母子保健費の子育て支援医療助成費では、延べ72万9,136件の助成を行った。  162ページ、2項2目環境保全費の環境基本計画策定費では、環境を取り巻く社会情勢の変化に的確に対応するため、第3次環境基本計画を1年前倒して策定した。  

金沢市議会 2018-10-09 平成30年 10月 企業会計決算審査特別委員会-10月09日−01号

医師も看護師も確保して、さらに市民のニーズに沿って、救急や災害や周産期、小児科といった民間の病院ではなかなか経営が大変な部門を自治体病院として責任を持って運営していく点では、国が示しているガイドライン、そして地域医療構想に示しているが、どれもこれも自治体病院のあり方や市民が求める姿とは矛盾していて、縮小と先細りを求める内容になっていると思っている。

小松市議会 2018-09-14 平成30年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2018-09-14

実際に増産だとか需要が高まっておくれる。これはわかります。ただ、おくれる期間、おくれていい期間、納得できる期間というものがあると思うんですね。例えば1週間、2週間、もしくは1カ月程度であればまだまだ我慢ができるのかなと思いますが、実際に待たされた方にお聞きいたしましたら、約半年近く待たされたんだということでした。

金沢市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号

また、社会保障費の増嵩、市有施設の老朽化対策などに巨額の財政需要が見込まれますことから、より高い予見性を発揮し、より長期的な視野に立った計画的、安定的な財政運営が求められると考え、今回、新公共施設等総合管理計画及びそれを反映させた長期財政フレームを策定したところであります。

能美市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-09-11

8番目は、救急指定病院への指定道路の除雪出動基準を見直して、救急搬送時等のさらなる安全・安心を確保いたします。  9番目は、能美市の子供たちの安全確保を第一とした歩道、通学路の除雪強化を支援するため、歩行式小型除雪機を8台追加購入し、学校を初め町会・町内会等への貸し出しに万全を期すものであります。  

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

消防本部職員への講座では、「手話を実際の救急業務に生かしたい」「コミュニケーション支援ボードの必要性が理解でき、作成をしたい」など、積極的な感想が多くありました。今後、消防本部職員が業務に活用できるコミュニケーション支援ボードを作成していく予定をしております。  

小松市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10

そのためには、新幹線小松開業に伴う新たな利用客のほか、小松空港利用者を便利になった小松駅にもっと呼び込む工夫など、広域的な需要の受け入れと、それを図ることが大切であります。また、小松駅から南加賀の各地域を結ぶ交通機能をさらに強化することも重要な課題ではないかと思います。  

金沢市議会 2018-07-23 平成30年  7月 総務常任委員会-07月23日−01号

◆熊野盛夫委員 能登ヒバのベンチというのは斬新で、能登ヒバの需要拡大にもつながると思われ、非常によい案だと思うが、雨風にさらされて劣化が激しいとなると逆効果にもなるので、劣化の状況を見きわめてほしいと思う。  宿泊税条例等の公布について聞く。今後のスケジュールの中で、宿泊税の使い道を検討していくと説明があったが、宿泊税が何に使われるのかといった質問が私たちのところにも一番多く寄せられている。

金沢市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会-06月21日−04号

金沢市が独自アプリを使用する一方、消防庁はタブレット端末とスマートフォン用のアプリ、救急ボイストラを推奨しています。新聞等によると、両方を使用した現場の市の救急隊員から、金沢市の独自アプリのほうが使い勝手がよいとのことでした。この点は非常に重要だと思われます。昨年、私はある研修会に参加しました。その際、金沢市の5374Appが全国の自治体に広く使われていることを知りました。

金沢市議会 2018-06-20 平成30年  6月 定例会-06月20日−03号

また、駅西福祉健康センターで、子どもの夜間救急診療所を開設いたしました。あの工事費も、全て金沢市が負担しているところでありますし、あれが所在しているのもまさに金沢市であります。幼児相談室も、金沢市には3つあります。そして、福祉と教育が融合した施策をとっている教育プラザ富樫、教育プラザ此花もあるところであります。

金沢市議会 2018-06-04 平成30年  6月 防災・安全対策特別委員会-06月04日−01号

除雪路線における公共交通機関路線との調整や消防署、救急病院、学校等への緊急車両の通行確保、道路管理者が違う近隣市町道及び国道・県道との接続路線及び交差点部の事前調整--交差点、横断歩道やバス停部分等の取り残しへの対応について検討していくこととした。次に、出動基準及び計画路線の除雪発注指示方法の検討である。