運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-07 輪島市議会 平成29年  2月 定例会(第1回)-03月07日−02号 天然フグの漁獲量でいいますと、輪島は年間428トン、これが順位としては全国第1位だと、第2位の香川県高松では、年間226トンであります。  きょうは朝テレビで、フグの産地としてといいますか、有名なところが私どもの姉妹都市の萩だということで、萩のフグ料理がテレビで放映されておりましたけれども、萩が第9位で169トンです。 もっと読む
2016-03-08 小松市議会 平成28年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2016-03-08 安宅の関所跡の整備について、この安宅の関は実際あったのか、いつできたのかは定かではないと言われておりますが、話は文治3年(1187年)、源義経が兄の源頼朝に謀反を疑われて追われる義経が奥州平泉の藤原氏を頼っていく途中、安宅の関を通ったよしが伝えられております。山伏姿の一行が安宅の関を過ぎようとしたときに、関守富樫泰家に見とがめられ、弁慶の奇知でよく難を逃れたということであります。 もっと読む
2015-03-09 白山市議会 平成27年  3月会議-03月09日−02号 そのために、本としても人口の現状と将来の展望を提示する白山人口ビジョンと、これを踏まえて今後5年間の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた白山版総合戦略を策定することとしております。   もっと読む
2014-09-11 白山市議会 平成26年  9月会議-09月11日−02号 保育所につきましては、市町村に保育実施義務があり、直営または委託により保育を実施する必要があるため、公立、私立の別なく、が保護者と契約し、費用はから委託料として支払い、保育料の徴収もが行ってまいりました。今後も従前どおり、の保育実施義務を果たしていきたいと思っております。 ○議長(寺越和洋君) 宮岸美苗君。   もっと読む
2013-09-12 白山市議会 平成25年  9月会議(第3回)-09月12日−02号 秦野で応対をいただきました志村専任主幹は、地方自治体公民連携研究財団の客員研究員も務められ、全国1,699自治体のデータも解析されていました。の方針でもあるおもてなしの心で親切にも私見として秦野と比較した白山の現況を分析し、わかりやすく説明いただきましたので紹介をいたします。   もっと読む
2013-03-08 小松市議会 平成25年常任委員会連合審査会 本文 開催日: 2013-03-08 14 【川崎委員】 市長にお聞きしたわけでございますけれども、ただいまの言葉、市長から述べるべきだというふうに思っておりますし、市長からそういう答弁がないということに対しまして、昭和62年(1987年)、平安時代、1187年に義経弁慶主従が奥州への逃避行の途中に安宅の関を通過してから800年ということであったわけでございます。 もっと読む
2013-03-05 小松市議会 平成25年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2013-03-05 1987年(昭和62年)に、奥州への途中、義経、弁慶が安宅の関を通ったと言われる平安時代の文治3年(1187年)から800年であるとして、昭和62年(1987年)7月4日、小松の公会堂で12代市川團十郎さんが勧進帳小松八百年祭を行い、また安宅の関を訪れておられます。また、その年の4月27日には、曳山子供歌舞伎当番町、大文字町が演じる演題「勧進帳」にも指導に当たっておられます。   もっと読む
2012-06-12 小松市議会 平成24年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2012-06-12 歌舞伎もやらせていただいたということでございます。   もっと読む
2002-09-17 小松市議会 平成14年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2002-09-17 展示内容につきましては、歌舞伎十八番の勧進帳の名場面を人形等で再現したもの、それから民俗資料の展示、安宅関所音頭を踊る人形、それからかつてありましたNHKのドラマ放送された「弁慶」のパネル、義経一行が奥州へ落ち延びるときの経路説明のパネル、弁慶の所持品、ホラ貝等の模造品というふうになっておるわけでございます。   もっと読む
2000-03-09 小松市議会 平成12年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2000-03-09 次に、の2000年度の予算案に関してであります。  きのうも債残高について論議がありました。来年度も大型公共事業である駅周辺3点セット事業は年次計画のピーク期を迎えて、市長のおっしゃる小松百年の大計として聖域で建設が進められております。  私は、これほどの借金がいつごろからこんなにひどくなったかを調べてみました。 もっと読む
  • 1