89件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2019-12-10 2019.12.10 令和元年第5回定例会(第2号)  本文

さらに、土砂災害は20都県で821件確認されております。  12月に入り、ようやく仮設住宅への入居が始まった自治体もございます。  改めて、被災されました全国の皆様にお見舞いを申し上げます。  さて、この台風では、ここ珠洲市においても市内全域に避難準備情報を発令し、指定避難所26カ所全てを開設しております。うち、実際に受け入れのあった避難所が14カ所で84名の方が避難されたとのことです。  

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号)  本文

これ以外に土砂災害、また河川の氾濫などを考えますと、沿岸部のみならず、まさに珠洲市一円が避難対象地域であるとも言えます。  いたずらに市民の不安をあおるつもりはありませんけど、ただこうして設定された数値を、最悪の場合、こういうこともあり得ると受け入れて、その上で防災減災について考えることが必要ではないでしょうか。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 議事日程 2019-03-11

                  │ │     │ 1)次世代プログラミン人材育成事業の状況や今後の取り組み    │ │     │ 2)地域ぐるみでプログラミン教育を               │ │     │ 3)プログラミン教育に対する今後の取り組み           │ │     │3.防災減災への備えについて                  │ │     │ 1)洪水土砂災害

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

さて、昨年発生した西日本豪雨など河川の氾濫や土砂災害が相次いだ。激甚化する自然災害に備えるため政府は昨年12月、国土強靭化基本計画を初改定、3か年緊急対策を策定し、2020年まで集中的にインフラ防災減災を進める。18年度第2次補正予算案には関連予算1兆723億円が計上されました。地域防災力の中核である消防団強化に総務省消防庁消防団の活動に必要な機材を配備しやすいよう補助金を創設されました。

珠洲市議会 2018-12-04 2018.12.04 平成30年第4回定例会(第1号)  本文

次に、9月23日に実施した珠洲市総合防災訓練につきましては、大谷中学校を主会場として、市内全域での地震津波を想定した避難訓練に加え、山間部における土砂災害を想定した避難訓練も実施し、約2,800名の市民の皆様の御参加をいただきました。  今回、新たな取り組みとして、珠洲市社会福祉議会の御協力をいただき、福祉避難所開設運営訓練を実施いたしました。

能美市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-09-21

文化財保護費の文化財保存修理事業について、委員から、蟹淵土砂流入対策は今後何年計画で、延べ予算はどのくらいになるのかとの質疑があり、執行部から、今回の測量、調査業務委託で報告されるデータをもとに土砂流入を防ぐ工法の検討や流入した土砂が現地で生息する希少動植物に与える影響などを確認し、その上で年次計画や必要経費を検討するとの答弁がありました。  

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

しかしながら、最近では、活動される方々の高齢化などから参加される方も少なくなり、特に側溝掃除では、重いふたを取り扱う作業で負担が大きく、継続したボランティア活動が困難となった場合には、土砂堆積量など、側溝掃除の必要性を調査した上で、今までどおり市で対応してまいります。  以上、答弁といたします。 ●議長(三盃三千三君) 5番 濱田隆伸君。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

さきの中国・四国地方を襲った豪雨災害では、今なお行方不明者の捜索が続いていますし、大量の土砂で日常の生活もままならない状況になっています。  また、その前に大阪で地震が発生し、高槻市を中心に大きな被害が出て、倒壊したブロック塀の下敷きになりとうとい命を失った女子児童や、子供たちの安全を見守っていた人までも亡くしています。  

珠洲市議会 2018-09-04 2018.09.04 平成30年第3回定例会(第1号)  本文

また、この訓練に併せ、各地区において、地震津波を想定した訓練や、宝立町柏原地区における土砂災害を想定した避難訓練も実施いたします。訓練内容につきましては、倒壊建物救出訓練やトリアージ訓練、自主防災組織による避難所開設・運営訓練や災害避難行動要支援者に対する避難支援などを実施することといたしております。  

能美市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2018-09-03

その影響により河川の氾濫や土砂災害、浸水被害、ライフライン被害が発生するなど各地で大きな災禍に見舞われ、復旧作業の長期化が避けられない状況であります。本市におきましても被災地の復興を支援するため、広島県呉市へ能美市職員を2週間、延べ11人を派遣いたしました。

能美市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-03-23

また、別の委員から、施工延長はどのくらいなのかとの質疑があり、執行部から、和気小学校体育館の一部にかかっている土砂災害特別警戒区域を待ち受け擁壁の設置で指定解除する予定であるが、全体の実施規模は石川県防災アドバイザーで金沢工業大学の川村教授からの助言を受け進めていきたいとの答弁がありました。  

能美市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-03-13

また、先ほども冒頭で申し上げた意見交換会の中では、里山地域の例えば河川の氾濫や土砂災害といった危険性もあるとの言葉もございました。これからは、ぜひ里山の魅力を高めつつ、地域住民の安心感の向上という点にもご尽力をいただきたいというふうに思っております。  今後、さらに大きなテーマになってくると思います。能美の里山はすばらしいぞと市民の誰もが胸を張れるような施策に期待を申し上げます。  

珠洲市議会 2017-12-12 2017.12.12 平成29年第5回定例会(第2号)  本文

そうした中で、珠洲市におきましては、何カ所かで倒木、土砂災害がありましたが、行政の迅速な対応により、大事に至ることなく終えました。災害によりお亡くなりになりました方々に心より御冥福をお祈りいたします。  このように、各地で災害復旧に追われている中、9月に突然の衆議院解散