1477件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第3回定例会(第3号)  本文

まず、議案第58号「令和元年度珠洲市一般会計補正予算(第1号)」につきましては、文藝館の新たな活用策を検討する公共施設再生活用事業や森林環境譲与税を財源とする森林経営理事業費、コミュニティ助成事業などが主なものであるとの説明を受け、必要な予算措置であると認め、全会一致で「原案可決すべきもの」と決しました。  

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-06-28

次に、議案第47号 専決処分承認を求めることについて中、平成30年度専決第6号 平成30年度小松一般会計補正予算(第6号)、平成30年度専決第7号 平成30年度小松国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)並びに平成30年度専決第8号 平成30年度国民健康保険小松市民病院事業会計補正予算(第2号)についてであります。  

珠洲市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第3回定例会(第1号)  本文

議長諸般事項の報告、監査委員からの例月出納検査及び随時監査の結果に関する報告、繰越明許費の報告及び法人経営状況の報告並びに地方自治法第121条の規定に基づく今期定例会における説明員の氏名の報告については、お手元に配付した資料のとおりであり、これを省略いたします。  以上で諸般の報告を終わります。    

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

サロン参加者とともに自分の健康は自分で守るという意識のもと、健康づくりや介護予防に努めていることで、いきいきシニア率アップに貢献しているものと思っております。  今後は、単にいきいきサロンの活動助成費を増額するのではなく、地域で声をかけ合い、健康で暮らせる場づくりとして参加者をふやしたり、ミニデイや認知症カフェなど多様な場の活用も図ってまいりたいと思っております。  

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  資料 開催日: 2019-06-10

              件              名    │ ├───────┼───────────────────────────────────────┤ │議案第 39号│令和元年度小松一般会計補正予算(第1号)                  │ ├───────┼───────────────────────────────────────┤ │議案第 40号│令和元年度小松国民健康保険事業特別会計補正予算

能美市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-03-22

議案第9号 能美市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして、委員から、国民健康保険特別会計への基金繰り入れの見通しについて質疑がありました。執行部から、平成31年度の保険税増額分を基金で賄うには約1億5,000万円が必要で、国保広域化が安定する前に基金が底をつく可能性があり、被保険者にかえって急激な負担をお願いすることになるとの答弁がありました。  

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-03-20

老人クラブ活動補助金については、生きがいや健康づくり、ボランティア目的とした事業に対する活動費の助成のほか、平成31年度より地域のつながり強化や健康寿命の延伸を目的とし、65歳から74歳までの老人クラブへの加入率や歯科健診受診率、80歳で20本以上の健康な歯を持つ方の受賞者数に応じたインセンティブ制度を創設し、対前年度比で500万円増額したものであります。  

珠洲市議会 2019-03-15 2019.03.15 平成31年第1回定例会(第3号)  本文

対して、今の施設はあくまで健康増進目的及び癒やしである。一番違うのは食堂のコンセプトだと思うが、当時は食事や宴会といった形で運営されていたが、今はそういったメニューは全くないわけではないが、食堂に関しては健康食。お風呂に関しては、高齢者向けの運動教室、あるいは一般の方でも健康運動教室をやっているが、そうした方々にお風呂を利用していただくということが主になっているとの説明がありました。  

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-03-12

IT活用促進支援事業につきましては、能美市技術革新挑戦支援事業を拡充し、市内の中小企業経営課題の解決のためのIoT導入や新製品の開発の事前の探索研究等に対して支援していきたいと考えております。  継続事業といたしましても、従来より中小企業設備投資及び経営安定のための運転資金の利子補給など、融資制度を初めとした各種支援制度により中小企業経営を支援しているところでもあります。  

小松市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-03-05

商工会議所が頭になって、そしていろんな人たちの働く人たちを企業側、経営者側から見たよりよい環境を維持してもらうんだと。  100年前に日本人が多くのところへ移民をされました。農業が中心だったようでございますが、それもやはり経営者の気持ち一つで、そこに移られた日本人が居心地がいいかどうかということは決まってくるというのは、この歴史を見ればわかってくるはずです。

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

珠洲鉢ケ崎温泉元気の湯は、平成28年3月のリニューアルオープンに際し、従来の温泉施設に加え、健康運動指導を行うスタジオをはじめとした施設の改装・増築を行ったほか、タニタ健康プログラムの導入、健康食としてのタニタメニューの提供を可能とするゲンキ食堂の営業も開始するなど、これまでも市民の皆様の健康を癒やしと運動、そして食の面からサポートすることができる健康増進施設としての機能強化を図ってまいりました。

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-03-04

若い農業者には、これからTPPによる輸入品の関税引き下げや、国内の人口減少に伴う米の生産調整制度のあり方など、将来の生産物価格が不透明で、継続的かつ持続的な農業経営に不安を抱えている農家も多いと聞いていますが、小松市ではどのような取り組みを行っているのかお聞かせください。  2点目は、小規模農家でも経営可能な仕組みと支援についてであります。  

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-03-04

                          │ │  │  │  │      │  ・地域の「絆」「福祉力」の向上策                 │ │  │  │  │      │3 農業関係について                         │ │  │  │  │      │ ・次世代農業の担い手,後継者の育成・支援について         │ │  │  │  │      │ ・小規模な農家でも経営可能

小松市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-02-25

あわせて、地域との共創による花道づくりや健康遊具の整備についても計画しており、別途整備を進めている梯川ミズベリングコースとあわせ、憩いや安らぎ、地域健康づくりの拠点となるよう整備を進めます。  北前船歴史通りについては、常夜灯や案内サインの整備のほか、今後、石畳等の修景整備を進め、日本遺産・安宅湊の魅力アップを図ってまいります。  

金沢市議会 2019-01-31 平成31年  1月 経済環境常任委員会-01月31日−01号

また、就農者数だが、修了生の中には親の健康状態がすぐれないなどの家庭の事情や、結婚子育てなどで就農していない人もいるが、現時点で、103名の修了生のうち77%の79名が就農している。就農率は徐々に向上してきており、さらにこの数字が高まるよう研修内容の充実を図り、新たな担い手の育成に努めていきたい。