203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-03-20

シルバー人材センター移転整備費については、公益社団法人シルバー人材センター事務所が現在入居している高齢者生産活動センターの建物が新耐震基準を満たしていないことや、施設への進入路の傾斜が強く、高齢者にとって利用しづらい環境にあることなどにより廃止とするため、事務所の移転先として予定されている旧中海保育所を改修するための経費であります。  

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

本市の保育施設の現状は、能美市保育園統廃合計画により建設された保育施設が7施設あり、それ以外の8施設については次年度からの大釜屋保育園の大規模改修工事を皮切りに順次整備してまいります。  次に、本市の保育士の配置につきましては、園児数に応じ適切な配置をしてきております。

小松市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-03-05

それは、全部自動でつながるようになったからでありまして、こんなふうにこれからは自動運転というのももう実現間近でございますので、そういった関連のところもこれからは自動運転、いわゆるAIだとかロボットだとかICTだとかIoTだとか、片仮名ばっかりで恐縮ですけれども、そんなふうに変わってくるのかなと、そんなふうに思っております。  

小松市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-02-25

ことしの10月の消費税率改定に伴い実施される幼児教育保育無償化に必要な費用は来年度に限り国が全額負担することにしており、地方特例交付金として4億4,000万円を計上しております。  市債残高は、当初予算の段階で全会計ベースで約20億円の改善を見込み、10年間で将来負担軽減200億円の目標に対し約233億円改善できる見通しです。

輪島市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−02号

市内の子供たちが集まっている施設幼稚園保育所、小学校中学校高等学校全てが地域ぐるみの防災訓練教育防災部局連携で実施することが、安全意識を持つことになりますが、検討できませんか。  3点目は、海岸漂着物についてであります。  これからどんどん強くなる季節風などによって、ますます海岸一帯に打ち寄せられ、また打ち上げられている海岸漂着物等の現状と対応についてであります。  

珠洲市議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年第4回定例会(第2号)  本文

保育所の給食について。  内閣府は、来年10月に予定している保育の無償化で、3歳から5歳児の給食費は全額を保護者負担とする方針を公表しました。幼稚園保育所で異なっている給食費の扱いを統一し、無償化の対象外とするようです。3歳から5歳の場合、保育所は主食を持参し、副食を利用料の一部として徴収しているようです。国からの補助がなくなる中、珠洲市としてはどのような対応をお考えでしょうか。

小松市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11

公立保育所の民営化とともに、認定こども園への移行も進み、幼児教育保育の受け皿が拡大いたしまして、2015年度は定員5,136人でございましたが2018年度は5,487人と351人増加してございます。  次に、保育人材育成保育の質の向上については、子供の非認知能力を育むサイエンス事業、市主催の保育士等キャリアアップ研修の実施など、官民連携の幼児教育保育の推進を図ってまいりました。  

小松市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-12-07

ただ、国内的には消費税が8%から10%へ、片や幼児教育保育の無償化など大いに行政を取り巻く、また市民国民を取り巻く制度面が大きく転換を迎えるということであります。  税制におきましても直間比率が大きく変わってまいりまして、従来、法人税が30%あったものが今徐々に下がって、特に法人市民税がピーク時の14%から来年の10月からは8%というふうに下がります。

小松市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29

一方、社会保障関連経費は、幼児教育保育の無償化に伴う児童運営費、障害者の就労支援や自立支援給付のほか、高齢化の進展により介護保険や後期高齢者医療などへの繰出金が増加する見込みです。  なお、国が地方にも負担を求めている幼児教育保育の無償化については、その動向を注視し、財政に与える影響を慎重に把握してまいります。

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 文教消防常任委員会-09月14日−01号

施設改良事業費3,830万円は、野町にある第一善隣館が明年度早々に取り壊されるため、第一善隣館の中にある保育所が旧野町小学校校舎のプレハブ教室棟に暫定利用するための改修費1,200万円と、大阪府北部地震によるブロック塀倒壊事故を受けて、児童安全を確保するために道路に面して基準不適合となった大野町小学校など小学校施設ブロック塀を改修するための経費2,630万円である。

金沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 総務常任委員会-09月14日−01号

◆黒沢和規委員 歳入15款2項2目民生費国庫補助金児童福祉補助金は、保育所等整備交付金として認定こども園施設改善のための補助金が国から来て、県からの支出金もある。いわゆる認定こども園には幼稚園型と保育所型とあると思うが、幼稚園型と保育所型で国の補助金は変わってくるのか。

金沢市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号

タブレット端末などICTを活用した教育現場の整備は喫緊の課題で、政府は「スクール・ニューディール」構想を推進するため、使途を各自治体に委ねた財政措置を講じ、整備目標を掲げた5カ年計画をスタートさせていることからも、金沢市工業高等学校においても歩調を合わせた研究が必要と考えます。

金沢市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号

◎山野之義市長 本市においては、市民サービスの向上と業務の効率化を目指し、ICTの活用をより一層推進するため、本年度、官民データ活用推進計画を包含します金沢市ICT活用推進計画を策定することとしています。年内に計画の素案をまとめ、来年2月までには策定をしたいと考えています。この計画をもとに、これからさらに進めていきたいと考えています。 ○清水邦彦議長 源野和清議員