2260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

本市の高齢者の交通安全対策として、助成制度を設けてはいかがとの御質問でございましたが、現在、新車に占める安全運転サポート車の割合は、多くのメーカーで9割前後まで達していることから、助成制度がなくても安全運転サポート車への乗りかえが進む環境は整ってきてございます。  また、石川県が後づけでできる急発進防止装置に助成することを検討していることから、県の動向を見てまいりたいと考えております。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-06-17

の導入状況(市内民間団体)             │ │  │  │  │      │ (2) 乗り合い交通(デマンド交通)のメリットについて        │ │  │  │  │      │  ・車両の効率運用                        │ │  │  │  │      │  ・地域商店との連携及び地域商店への誘客             │ │1 │○ │  │竹田

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会 目次 開催日: 2019-06-10

の現状について(答弁:市民共創部長)       ・免許返納件数の増加の流れ       ・その結果,移動手段の確保の重要性の高まり       ・市内バス路線の現況       ・乗り合い交通の導入状況(市内民間団体)      (2) 乗り合い交通(デマンド交通)のメリットについて(答弁:市民共創部       長)       ・車両の効率運用       ・地域商店との連携及び地域商店への誘客

能美市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号)〔資料〕 2019-03-22

│ ├───────────────────────┼───────────┤ │まちづくりの推進に関する事項         │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │環境衛生に関する事項             │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │消防・防災及び交通安全

小松市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2019-03-20

人口減少、少子・長寿社会に対応したまちづくりを進める中、都市機能誘導区域を策定しておりましたが、今回、住宅と居住にかかわる医療、福祉、商業施設等の生活便利施設がまとまって立地するよう緩やかに誘導を図り、公共交通と連携したまちづくりを推進するため、立地適正化計画の中に新たな居住誘導区域を策定するということであります。

小松市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-03-06

また、国道305号は、これまで4車線化であったり交差点改良等が進められ、平成20年4月から国の管理から石川県に移管されても、引き続き交通混雑の解消に向けた改良工事を行っていただいております。今後とも石川県とともに交通混雑の解消に努めていきたいというふうに考えております。  

珠洲市議会 2019-03-05 2019.03.05 平成31年第1回定例会(第2号)  本文

2点目は、市内公共交通の現状と将来に向けた持続的な見直し方針についてであります。  過疎地域に暮らす上において、特に高齢化率が高い本市においては、ここ数年は運転免許証の返納者が増加している傾向があると聞いており、公共交通機関としてはバス交通のみが運転免許を有しない市民の交通手段となっております。

小松市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-03-04

                          │ │  │  │  │      │  ・財政健全化とまちづくりに必要となる投資とのバランス       │ │  │  │  │      │ (3) 重点政策について                        │ │  │  │  │      │  ・予算編成に当たり特に重視した点や重点政策            │ │  │  │  │      │2 安心・安全

金沢市議会 2019-02-27 平成31年  2月 経済環境常任委員会-02月27日−01号

(1)開設主体のあり方については、前回の当常任委員会で報告したとおり、中央卸売市場は、安全・安心な生鮮食料品を市民や県民に安定供給する公共インフラとして高い公共性を確保するとともに、本市が誇る豊かな食文化の継承、発展に大きく寄与していくことが必要であることから、引き続き公設にする内容となっている。

小松市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-02-25

本市の状況を振り返れば、鉄道高架化やJR小松駅東、西の区画整理など大型事業の実施により交通の利便性や都市機能が向上し、まちの景観も大きく変わりました。その反面、大型の投資は多額の市債発行につながり、将来負担の増加と財政運営の硬直化を招くなど大きな課題となっています。