運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2014-07-07 珠洲市議会 2014.07.01 平成26年第2回定例会(第2号)  本文 小屋はガンやハクチョウたちの飛来の妨げにならないよう、平家建てで約6坪の小規模建物であります。雁の池は、江戸時代につくられ、三崎町の7集落、寺家、粟津、森腰、宇治、引砂、内方、高波の水田に利用されています。この池は、野鳥などの大切な生息地となっており、2001年には環境省から日本の重要湿地500に選定されています。 もっと読む
2014-07-01 珠洲市議会 2014.07.01 平成26年第2回定例会(第2号)  本文 小屋はガンやハクチョウたちの飛来の妨げにならないよう、平家建てで約6坪の小規模建物であります。雁の池は、江戸時代につくられ、三崎町の7集落、寺家、粟津、森腰、宇治、引砂、内方、高波の水田に利用されています。この池は、野鳥などの大切な生息地となっており、2001年には環境省から日本の重要湿地500に選定されています。 もっと読む
2014-06-09 金沢市議会 平成26年  6月 定例会-06月09日−01号 また、金沢港では、コンテナ取扱量の増加を受けて、2基目のガントリークレーンを県と協調して整備することとしておりますほか、港湾活用型企業の集積を図るため、流通業務施設の立地に対する企業立地助成金制度の対象地域に新たに金沢港東部工業用地を加えることとし、今回、条例改正案をお諮りした次第であります。   もっと読む
2007-12-07 野々市市議会 平成19年 12月 定例会(第5回)-12月07日−01号 現在も26万人近くの生存被爆者が原爆放射線の影響により多重ガンなどの重篤な疾病を患い、日常生活に不安と苦痛を感じています。  しかし、これらの人々が厚生労働大臣に対して原爆症と認定するよう申請を行っても、そのほとんどは却下処分となっている現状にあります。 もっと読む
2007-06-13 小松市議会 平成19年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2007-06-13 経営状況について                    │ │  │       │ (2) 新設ステージの入学状況及び小松短大のこれまでの就職進学実績について│ │  │       │ (3) 小松短大の今後の経営方針と対策について              │ │  │       │2 市民病院について                          │ │11 │山 本 光 栄│ (1) ガン もっと読む
2007-06-07 小松市議会 平成19年第4回定例会 目次 開催日: 2007-06-07     1 小松短期大学について      (1) 小松短大の経営状況について…………………………………………………………………………94      (2) 新設ステージの入学状況及び小松短大のこれまでの就職進学実績について……………………95      (3) 小松短大の今後の経営方針と対策について…………………………………………………………95     2 市民病院について      (1) ガン もっと読む
2005-12-12 小松市議会 平成17年第5回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2005-12-12 ─────────────────────────────┐ │順番│ 質問者氏名 │       発   言   通   告   要   旨        │ ├──┼───────┼────────────────────────────────────┤ │  │       │ (1) 小児科産科医の不足対策について                  │ │  │       │ (2) ガン もっと読む
2005-12-05 小松市議会 平成17年第5回定例会 目次 開催日: 2005-12-05 …………………………………………36      (2) 利用者負担の軽減と介護保険料アップはおさえられるか…………………………………………37     4 耐震強度偽装事件に関連して……………………………………………………………………………37     5 市民病院について      (1) 小児科産科医の不足対策について……………………………………………………………………37      (2) ガン もっと読む
2004-03-10 小松市議会 平成16年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2004-03-10 韓国の学者の調査によれば、渡ってくるガンという渡り鳥を調べたら鳥インフルエンザの菌が発見された。どこから渡ってきたものか、シベリア大陸からである。このガンは、次どこに渡るか、行き先は日本である。皆様も既にお聞きのことかと思います。鳥から鳥の感染説がここから生まれました。鳥と鳥の場合は、飲み水とえさが特に感染経路になると言われています。   もっと読む
2004-03-09 加賀市議会 平成16年  3月 定例会(第2回)-03月09日−03号 鴨池は国際的な水鳥保護地区というラムサール条約に登録され、西日本最大のガン類の飛来地として大変貴重な場所であります。良好な自然環境をつくるには 100年の計が必要だが、破壊するのは一瞬だと言われております。鴨池の豊かな自然が加賀市の自然環境のバロメーターと言ってもいいでしょう。 もっと読む
2004-03-08 加賀市議会 平成16年  3月 定例会(第2回)-03月08日−02号 さらに柴山潟や国内有数のガン、カモ類の飛来地として知られる片野鴨池など、多様な自然景観に、そしてまた環境に恵まれております。これらは全国に誇るべき市民、県民及び国民の財産であり、後世に引き継いでいくべきものであります。このすばらしい自然景観の保全に当たってはさまざまな規制があり、市民の皆様の御理解と御協力が必要であります。 もっと読む
2002-12-09 小松市議会 平成14年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2002-12-09 利子補給                    │ │  │       │2 少子化対策                              │ │13│松 田   洋│  (1) 不妊治療助成支援について                     │ │  │       │  (2) 小児救急医療機関について                     │ │  │       │3 前立腺ガン もっと読む
2002-12-03 小松市議会 平成14年第4回定例会 目次 開催日: 2002-12-03     1 中小企業に対する支援策について      (1) 追認小口融資制度の利子補給………………………………………………………………………144     2 少子化対策      (1) 不妊治療助成支援について…………………………………………………………………………144      (2) 小児救急医療機関について…………………………………………………………………………145     3 前立腺ガン もっと読む
2001-03-08 加賀市議会 平成13年  3月 定例会(第2回)-03月08日−02号 鴨池に飛来しますガン、カモ類は、今議員御指摘のとおり、昭和53年の4万 7,000羽をピークに年々減少をしてきております。飛来数の減少につきましては、水田の乾田化対策の促進や生産調整、秋耕面積の拡大等、ガン、カモ類の採餌環境の悪化と禁猟区域等の保護地域が拡大されたことが主な原因ではないかと、日本野鳥の会から聞いております。 もっと読む
2000-12-11 小松市議会 平成12年第4回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2000-12-11 ────────────────────────┨ ┃  │       │ (2) (株)コマツの小松市への生産拠点拡大への働きかけ          ┃ ┃  │       │ (3) 雇用対策及び中退金助成について                   ┃ ┃  │       │4 総合病院としての体制整備について                   ┃ ┃  │       │ (1) ガン もっと読む
2000-12-05 小松市議会 平成12年第4回定例会 目次 開催日: 2000-12-05 雇用対策について       (1) IT、航空機、物流関連の企業誘致………………………………………………………………38       (2) (株)コマツの小松市への生産拠点拡大への働きかけ…………………………………………38       (3) 雇用対策及び中退金助成について…………………………………………………………………39     4 総合病院としての体制整備について       (1) ガン もっと読む
2000-09-21 加賀市議会 平成12年  9月 定例会(第4回)-09月21日−03号 じん肺は粉じんを吸入することによって肺が冒され、次第に呼吸機能を失うとともに「気管支炎・結核・ガン」などを併発し、死に至る恐ろしい病気です。現在でも毎年新たに1,000名以上の重症患者が発生し続けています。また労働省の発表によってもなお約40万人の労働者が粉じん職場で働いており、職場で定期健診を受けた労働者の約1割にじん肺の所見があると発表されています。じん肺はまさしく古くて新しい問題です。 もっと読む
1998-09-17 加賀市議会 平成10年  9月 定例会(第5回)-09月17日−03号 じん肺は、粉じんを吸入することによって肺が冒され、次第に呼吸機能を失うとともに、気管支炎や結核・ガンなどを併発し、死にいたる恐ろしい病気です。現代においても、最大の被害を生み出している職業病です。未だその治療方法は対症療法に限られ、じん肺そのものを治すことはできません。  わが国では、毎年二万人以上がじん肺と診断され、その中で一千人以上が「療養を要する」として労災認定されています。 もっと読む
1995-06-19 加賀市議会 平成 7年  6月 定例会(第3回)-06月19日−02号 また、ここにある観察館は鴨池に渡来するガン、カモ類を初め、池の周辺に生育している鳥類の自然観察を通じて、自然に親しみ、豊かな情操の育成と自然保護思想の高揚を図ることを目的として建設されたと聞いております。  私たちが子供のころは、この周辺一帯は春から秋にかけて水田が見事に実り、そして収穫が終われば、現在の観察館の近くまで多くのカモ類の楽園としてのすばらしい自然の光景がありました。 もっと読む
1994-06-20 加賀市議会 平成 6年  6月 定例会(第3回)-06月20日−02号 次に、鴨池と周辺の整備でありますが、昨年とことしにかけまして、県、市共同事業で鴨池の環境変化や鳥の飛来状況及び地形測量やガン、カモの動態調査、池の堆積状況調査、地下水位測定等を行いました。それに基づく環境改善構想を策定することといたしております。基本的には、この構想に基づきまして来年度以降計画的にハードな整備を推進をしてまいりたいと思っております。   もっと読む
  • 1
  • 2