85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

金沢市議会 2019-01-31 平成31年  1月 経済環境常任委員会-01月31日−01号

違反ごみについては、これまで市で一切回収することがなかったが、昨年2月からの指定ごみ袋による家庭ごみの収集制度導入を機に、ごみステーションを管理する町会の人の負担軽減のために、ステーション管理のためのボランティア清掃ごみ袋を無償配布することや、取り残した違反ごみを次回収集日に回収することを基本としながら、夏場のにおいの問題、カラスが残されたごみを荒らすといった被害、交通に支障が生じるものについては、

金沢市議会 2018-12-21 平成30年 12月 経済環境常任委員会-12月21日−01号

2目ごみ収集費の定期ごみ収集費500万円は、町会への貸出器材である資源回収かごとカラスネットの在庫が少なくなったため追加購入するものである。  19ページ、5目清掃施設建設費の次期廃棄物埋立場建設事業費2億4,100万円は、国の追加補助内示に伴い、来年度に予定していた管理棟建設工事等を前倒すものである。

金沢市議会 2017-12-15 平成29年 12月 経済環境常任委員会-12月15日−01号

使用方法だが、ごみステーションの管理における美化活動に利用してほしく、例えばカラスが散らかしたものや観光客がふえた影響によるまちなかでのポイ捨てなど、いろいろなことで自分の家の周りを掃除する際に活用してほしいとお願いしている。  また、違反ごみに対してだが、出した人に気づいてもらうためにシールを張って取り残し、その後は市が責任を持って処理する。

輪島市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

しかしながら、屋外にごみ箱を設置することにより、カラスなどによるごみの散乱や家庭ごみの持ち込みが後を絶たないことから、市内の多くの施設ではごみ箱を設置せずに、みずからのごみは責任を持ってお持ち帰りいただくようお願いをしているところであります。  今後も、各種大会やイベントの主催者に対する指導施設の利用者に対する周知を徹底し、モラルの向上を促してまいりたいと考えております。  以上でございます。

金沢市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会-12月12日−02号

今後ですけれども、地域の特性に合わせた、例えば学生、外国人向けの看板の設置、カラスネット、資源回収ボックスの改良など、ごみステーションの改善に向けた取り組みについて検討し、町会の皆さんの御負担が少しでも軽減されるようにしていきたいというふうに考えています。  ごみ出し収集支援事業についてお尋ねがございました。

金沢市議会 2017-11-28 平成29年 11月 経済環境常任委員会-11月28日−01号

例えばカラスに荒らされたごみステーションを清掃するときなどに、管理している町会に活用してもらう。また、ボランティア清掃活動があるが、地域で定期的に清掃した場合には、マナーをよくする市民会議が配布している袋を活用してもらい、環境局で収集している。  説明会当日はいろいろな質問が出たが、市長が説明を始めたものの途中で遮られて、次々と質問が出た。

金沢市議会 2017-10-16 平成29年 10月 建設企業常任委員会-10月16日−01号

交通政策では、免許を返納した高齢者の移動手段の確保について、バスの便数が少ないとか料金が高いといった意見、安全・安心の観点では、防災防犯対策の推進も盛り込んでほしいといった意見、その他では、農業従事者の高齢化や後継者不足による農業の先行き不安、イノシシカラスなどの鳥獣被害対策の推進についての意見をもらった。  

金沢市議会 2017-05-01 平成29年  5月 経済環境常任委員会-05月01日−01号

防鳥対策事業費は、場内でタカを放鳥し、カラス対策を実施する。市場利用対面販売店等支援費は、市場から生鮮食料品を仕入れ、対面方式などにより販売する八百屋、魚屋など専門小売店舗の出店、増改築などの経費に対して助成することにより、専門小売店を営む中小企業者の振興を図るとともに、卸、仲卸業者の顧客数を維持し、取扱高増加の効果も図るものである。  

金沢市議会 2017-03-15 平成29年  3月 定例会-03月15日−04号

けれども、地域に入って有料化のことを言うと、有料化とは別の話だけれども、地域の負担を減らしてくれと、町会長さんや皆さんの御苦労を減らしてくれ、カラスで散らかったごみを誰が始末するんだという話で持ち切りなわけですね。そういった声にまず応えるのが皆さんの役割であって、有料化どころの話ではないということを言いたいと思います。  

白山市議会 2016-12-08 平成28年 12月会議-12月08日−02号

近年、多くの人々が暮らす都市部や住宅地で、ハトカラススズメムクドリなどの数がふえています。それらの鳥のふんで、屋外に干した洗濯物が汚されたり、車の塗装にも損傷を受けるなど、困っている市民の皆様の切実な声をお聞きをいたします。カラスによるごみの食い散らし、ムクドリによる民地や公園の樹木、街路樹周辺でのふんや、大群での鳴き声による騒音被害もあるようです。

金沢市議会 2016-11-29 平成28年 11月 経済環境常任委員会-11月29日−01号

平成27年度の捕獲頭数は、カモ類は8羽、カラスは銃とおりで行っているが1,118羽、イノシシはおりとわな、銃を合わせて723頭、ニホンジカはゼロである。ハクビシン、タヌキ、アナグマは合わせて8頭、ニホンザルは2頭、熊は8頭となっている。捕獲以外の対策として、電気柵イノシシ等のために設けているが、平成27年度は、延長で77キロメートル設置している。

能美市議会 2016-09-13 平成28年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2016-09-13

私はそれ以外の小動物、鳥獣、いわゆるタヌキやハクビシンアライグマなどの小動物カラスについてお尋ねいたします。  半世紀前の子供のころにはこのような小動物は絵本でしか見たことがなく、カラスにしても「七つの子」の歌詞のとおり、山でしか生息しないものだと思い、たまにしか見なかったものです。反対に、スズメやコウモリはうるさいくらいいましたが、今はほとんどおりません。

金沢市議会 2016-03-16 平成28年  3月 経済環境常任委員会-03月16日−01号

鳥獣害対策支援費だが、砂丘地及び河北潟においてカラスやカモによる被害が発生しており、これまでも金沢市農協の取り組みに支援してきており、明年度は新たにバードネットなどの被害防止効果研究を支援することとしている。  8ページ、金沢の海の幸魅力発信事業だが、漁業者や漁協、流通業の卸、仲卸、小売などの関係団体と昨年度連絡会を立ち上げており、これらの関係団体と連携してPR活動を行うものである。

白山市議会 2016-03-01 平成28年  3月会議-03月01日−01号

近年、暖冬などの自然環境の変化により、イノシシ、猿、カラスなどによる農作物への被害が拡大をしていることから、新年度、捕獲駆除に係る猟友会への委託料を増額し、対策の強化を図ってまいります。  なお、特にイノシシについては、おりの補助枠も確保しており、捕獲数がふえれば、獣肉処理加工施設への安定供給につながることから、ジビエの普及促進にも効果を期待するものであります。  

白山市議会 2015-12-09 平成27年 12月会議-12月09日−03号

そんな中で猟友会に委託しているカラス、猿等の駆除ですね。猟期以外に駆除した鳥獣類や小動物が年々ふえてきておるのが現状でもあります。こういったことに対応するために、動物専用の焼却処分場ですね、それを何とか里山の近くに建設したらいかがと思いますが、市長の答弁をお聞きしたいと思います。 ○議長(西川寿夫君) 市長、山田憲昭君。      

金沢市議会 2015-09-09 平成27年  9月 定例会-09月09日−02号

また、中山間地の熊、イノシシだけではなく、安原、大野、五郎島の海岸砂丘地区でも、カラス、タヌキ、ハクビシンなどの被害がますますふえてきております。特にことしは、カラスの被害が近年になく多かったとの情報、相談が届いております。その被害金額も、全体で1,000万円を優に超える金額となっております。

白山市議会 2015-09-08 平成27年  8月会議-09月08日−02号

カラスとか猿、イノシシなどの駆除対策については、毎年被害が増加する時期に合わせ、地域住民からの出没情報により猟友会による捕殺を実施しております。  今年度も有害鳥獣の駆除を猟友会にお願いをし、被害の減少に取り組んでいるところでありますが、これまでの地域ぐるみでの取り組みが不可欠なことから、今後とも地域と連携して鳥獣駆除を行っていきたいと考えております。  

小松市議会 2015-09-07 平成27年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2015-09-07

ある廃業旅館付近で春から秋にかけてサギ、冬にはカラスのねぐらとなっており、大量のふんが悪臭を放ち、温泉客はもちろん近隣住民も困っているとのことであります。温泉観光観光の牽引車であります。温泉客は観光客はやはり魅力を感じて来られるものでありますが、せっかくお越しをいただいても不快な思いを持たれますと二度と来なくなります。  粟津温泉は間もなく開湯1300年を迎えます。

小松市議会 2015-06-09 平成27年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2015-06-09

カラスが巣を狙っておりまして、普通は巣には夫婦2羽おるわけでございますが、やはりツバメも大きなカラス対抗するのに仲間を呼んで、親でしょうか兄弟でしょうか4羽でしきりにさえずって威嚇しておりました。当然私はカラスを追いやってやりましたが、こんなことするんやなと。