運営者 Bitlet 姉妹サービス
62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 小松市議会 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11 一方、現在、人材不足を言われてございますけれども、業績を伸ばす企業はIoTの導入であったり、アウトソーシングなどに取り組んでおります。  これらを踏まえまして、市といたしましては次の3点の支援を考えてございます。  1点目といたしましては、企業の経営力の向上、効率化であったり、また省力化を支援する観点から、経営モデルチェンジ支援事業による支援を推進していきたいと思っております。   もっと読む
2018-11-29 加賀市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−01号 マルチファクトリーでは、IoTを活用した生産体制のもと、高精度の放電加工機やマシニングセンタ、金属3Dプリンターなどの精密工作機械、高付加価値な産業機械などを生産する予定であります。投資額は約32億円、従業員は新規採用、社員移動を含めて将来的には150人体制で稼働するとお聞きいたしております。 もっと読む
2018-11-29 小松市議会 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29 こうした中、国は平成31年度の予算の大枠を決める経済財政運営と改革の基本方針2018、いわゆる骨太の方針において、少子・高齢化にあっても持続的な成長路線の実現に向け、幼児・高等教育の無償化、女性、高齢者の活躍促進など人づくり革命、AI、IoTなどの技術革新による生産性革命、長時間労働の見直しや働き方改革、東京一極集中を是正し、地方への人の流れをつくる地方創生などの施策を重点的に進めることを示しています もっと読む
2018-11-13 金沢市議会 平成30年 11月 経済環境常任委員会-11月13日−01号 1つ目、新たな価値創造拠点の整備では、既存の市有施設等を活用した施設整備にあわせてAIやIoT企業が集積する金沢版AIビレッジの整備を進める。2つ目、地場企業・起業家への対応では、最先端インフラや先端技術を整え、金沢の拠点性、利便性を生かしながら、チャンスのあるまち金沢の実現を図ることとしている。 もっと読む
2018-09-13 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号 本市は、新たな地方創生の活力源とするため、新産業創出ビジョンを年内に策定するとしておりますが、自治体は管理する対象やサービスの種類が多く、個人生活に密接なデータに接し、IoTやICT、AI技術等の活用は、自治体や地域産業にも大きな効果をもたらします。 もっと読む
2018-09-12 金沢市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号 また、端末やセンサー類の小型化・低廉化とそれに伴うデータ流通量の飛躍的な増大は、もののインターネット−−IoT、人工知能−−AI、また、ビッグデータの活用につながり、社会にこれまで以上の変革をもたらしつつあります。 もっと読む
2018-09-11 小松市議会 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11 そこで、今後の活用展開について、IoTの進展により市民の利便性を高めることもできるようになるわけですけれども、現状の活用状況やアプリの展開、そしてLINEの活用、キャッシュレス化の推進への対応などについて簡潔にお答えください。  次に、市役所には多くのデータを持っています。オープンデータということで開放するデータですけれども、そのオープンデータの構築と活用についてです。   もっと読む
2018-09-10 小松市議会 平成30年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-09-10 小松市経営モデルチェンジ支援事業の内容につきましては、ロボットなど生産革命サポート事業として、AI、IoT、ドローン、3Dなどの最新機器を導入する場合の相談費用や、機器等購入費、ICTを活用した建設用機械器具のリース料の一部を助成することとしております。   もっと読む
2018-09-10 能美市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10 内容を見ますと、北陸先端科学技術大学院大学や金融機関等との連携を深め、市内企業がIoTやAIの導入による生産性の向上を推進するとともに、多様な企業が連携し新たなビジネスモデルを展開できる体制を構築し、北陸先端科学技術大学院大学を核としたいしかわサイエンスパークに、IoT、AIなどの企業の新たな産業集積の形成を目指すとのことであります。市長の産学官金連携に対する強い思いを感じます。   もっと読む
2018-09-03 能美市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2018-09-03 また、産学官金連携・創業支援の推進につきましては、北陸先端科学技術大学院大学や金融機関等との連携を強化し、IoT、AIの利活用を促進することで市内企業の生産性の向上や新事業の創出及び新製品の開発を目指すとともに、IoT人材の育成及び確保に努めるものであります。   もっと読む
2018-08-08 金沢市議会 平成30年  8月 経済環境常任委員会-08月08日−01号 ビジョンのめざす姿については、1、「新たな価値を創造する拠点で、産学官の叡智を融合し新産業を創出する」、2、「第4次産業革命に対応した環境を整え、地場企業の活力や生産性を高め、世界市場を捉える」、3、「市民生活にAI・IoT・ロボット等の技術革新を活かして、暮らしを豊かにするとともに、次世代を担う子どもを育む」としている。  次に、策定までのスケジュールについて説明する。 もっと読む
2018-06-21 能美市議会 平成30年第2回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2018-06-21 生産性向上特別措置法案は、AIやIoTなどの新たな情報技術を活用して急激に生産性を向上させなければ国際競争力を失うとして、生産性の高い設備への投資を促進することが求められます。 もっと読む
2018-06-20 金沢市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−03号 では、現在のこのからくりというのを考えたときに、私は現在の最先端技術というのは何やというと、やはりAIとかIoTなので、私、この分野においても世界の交流拠点都市をぜひ目指していただきたいなと思いますけれども、市長の見解をお伺いします。 ○黒沢和規議長 山野市長。 ◎山野之義市長 全く同感であります。金沢市は、第3次産業革命と言われているときに、イート金沢という事業を始めました。 もっと読む
2018-06-19 金沢市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−02号 18世紀末以降の水力や蒸気機関による工場の機械化である第1次産業革命、1900年代初頭の分業に基づく電力を用いた大量生産である第2次産業革命、1970年代初頭からの電子工学や情報技術を用いた一層のオートメーション化である第3次産業革命に続き、さまざまなものをネットワークで結ぶIoT、コンピューターが膨大な情報を駆使してみずから学習し、推測や判断を導き出す人工知能、いわゆるAI、そして高度化しているロボット もっと読む
2018-06-13 白山市議会 平成30年  6月会議-06月13日−03号 本市においては、この春、世界標準の工学教育を推進する国際高等専門学校、AI、IoT、ビッグデータ、ロボット技術、エネルギーマネジメント等の先端技術を駆使して地方創生を進める、金沢工業大学地方創生研究所白山麓キャンパスが開校されました。また、当市には、すばらしいものづくり企業やIT企業もたくさんあります。 もっと読む
2018-06-12 小松市議会 平成30年第2回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-06-12 そして、2018年から2020年の3年間を生産性の向上を図るための集中投資期間と位置づけ、IoTやAI、ロボットといった設備投資を強力に後押しするための生産性向上特別措置法が創設されました。  本市におきましてもその流れを受け、本定例会に中小企業、小規模事業者の設備投資を後押しする償却資産に係る固定資産税を3年間ゼロにする条例改正案が提出されたことは評価されるところであります。   もっと読む
2018-06-12 能美市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-06-12 スマホが、そしてSNSが日常生活の欠かせぬ一部となり、生活のあらゆるものがインターネットにつながる(IoT)、進行した人工知能(AI)が最適化に向けてさまざまな判断を行う第4次産業革命が目前に迫っている昨今、コンピュータ技術の原理や思考方法までを子供のころから学んでおくことは極めて大切なことです。   もっと読む
2018-06-11 金沢市議会 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 一方、第4次産業革命における高付加価値型産業創出検討会議において、現在、AIやIoT、ロボット等を生かした新たな産業の創出について議論を重ねているところであり、この秋をめどにビジョンを取りまとめることとしておりますほか、先月末にプログラミング活用人材育成検討委員会を立ち上げ、人材の育成手法や指導方法等について検討を進めているところであり、今後、プログラミング教育で連携協定を締結している加賀市とも協力 もっと読む
2018-06-11 小松市議会 平成30年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-06-11 モノのインターネット(IoT)、それからインダストリー4.0などはいずれもインターネット経由で情報を自動収集し、生産の効率化を図る試みであるということでございます。このような社会の変化は、技術の発展に伴い今後も大きく進展していくというふうに予測がされております。   もっと読む
2018-06-04 小松市議会 平成30年第2回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-06-04 地域コミュニティ活性化やAI・IoT活用講座などさまざまなカリキュラムを設けるとともに、公立小松大学、第一コミュニティセンターを初めまち全体を学びのキャンパスとし、若者、女性、シニアなど全ての市民が活躍できるよう後押しします。 もっと読む