12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-09-09

今、さらにいろんな高速鉄道、高速道路、それから勤務先多様化広範囲化が広がっておりますので、自治体というのはまた統合をさらにしていくことが真の意味での市民サービスに密接に関係してくるということ。これはどなたも否めないというふうに思っておりますので。  ただ、小松市は平成の合併をしませんでした。

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

飛行機もいろいろと新しいタイプのものも出てきておりますし、これからの高速鉄道も、高速道路、そして飛行機、そういった高速交通機関というものがこの小松に集約しているということは大変強みであろうというふうに思っております。  ぜひこれからの2040年、大きな課題たくさんございますが、明るく前向きな形でそれを進めていきたいなと思っております。悪い点は克服していく。そして、よい点はさらに強めていく。

小松市議会 2016-12-07 平成28年第5回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2016-12-07

高速鉄道網整備における北陸新幹線の位置づけ、敦賀延伸について、並行在来線のあり方についてなど、中央省庁の方々と真正面から議論することができ、大変実りのある意見交換会だったのですが、終了後、オブザーバーとして参加していただいた与党新幹線プロジェクトチーム地元選出佐々木紀代議士が、国土交通省にこういうふうに指摘したんですね。「なぜ航空機と新幹線を競い合わせるのか。

白山市議会 2013-06-14 06月14日-03号

北陸新幹線白山駅の実現を目指しまちづくりを考えている白山市にとっても、我々にとっても、高速鉄道網や高速道路網を補完する幹線の道路網整備は欠かせません。これまでの動きはどのようなものがあったのでしょうか。 現在、加賀海浜道路建設期成同盟会という組織があるとのことですが、この組織はどのようなもので、何をどう整備していく会なのでしょうか。

小松市議会 2006-09-22 平成18年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2006-09-22

そもそも新幹線建設は、日本列島を結ぶ高速鉄道網を建設するという国家的事業であり、地方に経済的な負担を負わせることなく、国の責任において、公害のない安全な高速鉄道を建設すべきです。  この点で、1996年の政府・与党合意には2つの問題点があります。  1つは、公共交通の使命を果たすべき国とJR社会的責任JRグループ企業責任を不問にしています。

小松市議会 2005-09-28 平成17年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2005-09-28

北陸新幹線は、北陸地域首都圏近畿圏を結ぶ主要な高速鉄道として沿線地域産業、経済、文化の振興に大きく貢献するほか、国土の均衡ある発展と魅力ある地域づくり実現に大きな役割を果たすものであります。  しかし、開業に当たっては、地元負担金やその財源問題はもとより、本市まちづくりなどにさまざまな課題が予想されるところであります。

金沢市議会 1991-12-11 12月11日-02号

御承知のとおり、この北陸新幹線建設の意義は、単に高速鉄道網の整備にとどまらず、本市が未来に、そして世界に誇れる町となるための絶好の機会であることは申すまでもありません。この上は、事業早期着工に全力を挙げて取り組んでいただくことを心より念ずるものでありますが、まず市長の決意のほどをお聞かせ願いたいと存じます。 

金沢市議会 1991-06-27 06月27日-02号

これを受けて西ヨーロッパでは、都市間の高速鉄道網整備が活発化してまいりました。我が国においても、国土の均衡ある発展と多極分散型の国づくりという観点からも、新幹線は不可欠なものと考えます。しかしながら、このために並行する在来線が廃止あるいは分断されるようなことは、時代の流れに逆行するものと申し上げねばなりません。 近年、労働人口の不足や混雑から鉄道による貨物輸送復活の兆しがあらわれてまいりました。

  • 1