10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

輪島市議会 2019-06-26 06月26日-03号

高島弘成總持寺祖院の副寺にお尋ねいたしますと、1万6,000の末寺ができた、その大きな要素は輪番制住職という制度をとって、1年間に5人住職全国のそれぞれの曹洞宗のお寺から順番に祖院に来たそうであります。5人ですから、1人の住職は約70日間、そうすると、およそ350日を超えるそういう計算になるわけでありますけれども、そのようにして全国とのネットワークをつくった。

金沢市議会 2018-06-19 06月19日-02号

この項の3番目ですけれども、抜本的見直しの私は英断を求めているわけですが、5月29日、福岡市の高島市長が県・市に検討の動きのある宿泊税について、福岡市にはビジネス目的でたくさんの人が来ており、新たに税負担が発生すると、福岡市の競争力の低下につながる、事業者にも相当な負担になると、慎重な姿勢を示されたわけです。

小松市議会 2016-12-20 平成28年第5回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2016-12-20

白尾氏については人権擁護委員を引き続き、また菊澤氏、北村氏については後任として、矢田野町、水野幸恵氏、千代町、高島登志子氏を人権擁護委員として法務大臣に推薦しようとするものであります。  菊澤氏、北村氏におかれましては、差別やいじめ、言葉の暴力、名誉毀損プライバシー侵害など人権にかかわる問題が多様化、複雑化する中、人権擁護委員として多岐にわたり御尽力、御活躍いただき、心から感謝申し上げます。  

白山市議会 2015-06-05 06月05日-03号

前回の第6回全国発酵食品サミットを開催した滋賀高島市では、サミットを契機としてたかしま発酵食文化カレッジを開校し、年間を通じ多彩な内容で発酵食品の魅力を学び、地域活性化に結びつけているとのことです。地域で育まれてきた先人たちの知恵である発酵食品伝統食品食育として伝えていくこれからの伝承策について伺います。 以上、答弁を求めます。 ○議長(西川寿夫君) 市長山田憲昭君。     

白山市議会 2014-03-12 03月12日-02号

全国発酵食品サミットについてでありますが、21世紀発酵世紀と位置づけ、発酵産業に携わる人々の情報交換交流を深めることを主な目的とし、基調講演を初めとしたシンポジウムや交流会、酒蔵などをめぐるツアーのほか、全国発酵食品を一堂に会した物産展を開催するもので、平成20年3月、秋田県横手市を皮切りに、福島県の喜多方市、長野県の木曽町、宮城県の大崎市、千葉県の神崎町、滋賀県の高島市において開催されております

加賀市議会 2012-03-12 03月12日-02号

また、2年前の農業新聞にも、滋賀高島市では80人の農家の人たち狩猟免許を取得したとありました。この高島市では、シカ、イノシシによる被害額年間約6,900万円にもなり、面積で73ヘクタールにも及んだとありました。電気さく防護さくなどは進めてきましたが、目に見える効果が、成果が上がってこなかったと。泣き寝入りから闘うことに住民が方針転換し、奮闘しているそうであります。 

小松市議会 1998-03-10 平成10年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 1998-03-10

今度、高島という小松の警察の署長さんも赴任されてから、ずっと私どもいろんな会合出てまいりますと、小松の子供さんは自転車に乗っても非常にマナーが悪い、このことを実は嘆いておられたわけであります。  戦後50年のたった今日に、誤りがあったという指摘はどうかと思いますが、非常に教育についても今ここで考えなきゃならない時期が来ているというふうに実は思うわけです。

  • 1