運営者 Bitlet 姉妹サービス
264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 小松市議会 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11 このため、農業の6次産業化の進行や建設機械など海外輸出の増加によりまして売上高が伸びたものというふうに考えております。  市として中小企業に対する支援の利用状況でございますが、こちら市といたしましては国、県、商工会議所、また大学など研究機関など多様な主体と連携協力いたしまして支援を行ってございます。   もっと読む
2018-11-29 小松市議会 平成30年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-11-29 大型台風による関西国際空港の一時閉鎖で電子部品の輸出が減少したほか、GDPでは輸出に分類される訪日外国人旅行者による消費が大きく低下するなど輸出が落ち込み、また、ガソリンなどエネルギー価格の上昇や自然災害を受けた生鮮食料品の高騰で個人消費もマイナスに転じました。設備投資は8期ぶりに減少に転じ、過熱する米中貿易戦争で一部の企業が設備投資に慎重になっていると指摘されています。 もっと読む
2018-09-03 小松市議会 平成30年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-09-03 輸出や生産の回復が続くとともに、個人消費や民間設備投資が持ち直すなど民需が改善しました。  こうした背景もあり、本市の市税収入は、法人市民税、個人市民税の伸びを中心に前年度比3億2,000万円余の増収となりました。実質普通交付税は、基準財政需要額の増加に加えて平成28年度の税収をベースに算定する基準財政収入額が減少したことから、前年度比5億4,000万円余の増となりました。 もっと読む
2018-06-13 能美市議会 平成30年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2018-06-13 さて、国においては平成29年度をもって1971年、昭和46年より本格導入し、約半世紀にわたり継続されてきた生産調整政策を、農家が自由な経営判断で作付できる仕組みとするとし、需要の多い品種や輸出向けの生産、収益性の高い作物への転作を促進するとのことで、生産調整制度を見直したわけであります。 もっと読む
2018-06-13 白山市議会 平成30年  6月会議-06月13日−03号 水銀に関する水俣条約の採択により、2021年から水銀ランプの製造、輸出または輸入が禁止になります。  水銀に関する水俣条約とは、水銀の一次採掘から貿易、水銀添加製品や製造工程での水銀利用、大気への排出や水・土壌への放出、水銀廃棄物に至るまで、水銀が人の健康や環境に与えるリスクを低減するための包括的な規制を定める条約です。   もっと読む
2018-03-23 金沢市議会 平成30年  3月 定例会-03月23日−06号 海外経済が回復するもとで、輸出や生産の持ち直しが続くとともに、個人消費や民間設備投資が持ち直すなど、民需が改善し、経済の好循環が実現しつつあります。一方で、安倍内閣は、少子高齢化という最大の壁に立ち向かうため、生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、2020年に向けて取り組んでいくこととしています。 もっと読む
2018-03-13 白山市議会 平成30年  3月会議-03月13日−03号 農産物の輸出の拡大や農業人材育成など、農業競争力の強化を図る観点からも、極めて重要な取り組みであります。  そのようなことから、農林水産省も新年度予算案にGAPの取り組み拡大へ6億1,400万円を計上し、各県に交付金を配分し、農家の認証取得への助成を初め、県の農業改良普及員やJAの営農指導員を対象に指導者の資格取得を進め、農家が研修を無償で受けられる体制を構築するということでございます。   もっと読む
2018-03-12 白山市議会 平成30年  3月会議-03月12日−02号 ビジターセンターには、新幹線輸出という国策の面、さらに鉄道のPR面など、地域の活性化以外の設置目的もありますので、しっかりとプロジェクトチームの検討にかかわってまいりたいというふうに考えております。  なお、この計画の推進に当たりましては、議員各位の御理解、御協力が不可欠でありますので、よろしくお願いを申し上げる次第であります。 ○副議長(吉本史宏君) 宮岸美苗君。       もっと読む
2018-03-06 小松市議会 平成30年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-03-06 先月の北國新聞でも2017年の石川県の輸出額は前年比28%増の2,188億円、比較できる1979年(昭和54年)以降で最高だったということであり、国際コンテナ貨物を扱う金沢港の輸出額も過去最高だったということであります。   もっと読む
2018-03-05 小松市議会 平成30年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2018-03-05 1月の月例経済報告では、全国的には個人消費や輸出の持ち直し、設備投資や生産は緩やかな増加などと分析した上で、「先行きについては、緩やかな回復が続くことが期待される。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」とされております。  平成30年度歳入の根幹をなす市税の見積もりに当たり、市長は現在の本市の景況についてどのように判断し、計上されたのかお尋ねいたします。   もっと読む
2018-03-01 白山市議会 平成30年  3月会議-03月01日−01号 国においては、日本再興戦略により、輸出の拡大を図る上で国際的に通用するGAPのほかさまざまな形態のGAPを推進しており、このGAPの取り組みにより農業経営管理が確立をするとともに、生産物の安全性の確保と品質の向上が図られ、販売の促進にも大きく寄与するものであります。   もっと読む
2017-12-11 小松市議会 平成29年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2017-12-11 小松からもたくさんのいろんな食を海外に輸出するいろんなトライはしておるんですが、なかなか大きな渦になってこないというのも大変申しわけないなというふうに思っております。  その中で、このお酒。 もっと読む
2017-12-05 能美市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2017-12-05 そして先日、農林水産省が米輸出拡大の情報をまとめた特設サイトを開設しました。このサイトには、輸出の実績や取り組み状況等が載っております。輸出拡大に向けた新事業に加わる生産者と流通業者を公開し、商談につなげることが狙いであります。つまり政府は、販路拡大に外国へ打って出る攻めの農業が必要であると考えていると私は思います。  日本産米の主な輸出先は、香港、シンガポールなどであります。 もっと読む
2017-12-05 能美市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 議事日程 2017-12-05 「攻めの農業」について                     │ │     │ 1)「コメ政策の大改革」の対応を問う                │ │     │ 2)輸出米に対する石川県及び能美市の取り組み状況を問う       │ │     │ 3)輸出米の作付拡大を奨励せよ                   │ ├─────┼──────────────────────────── もっと読む
2017-12-01 小松市議会 平成29年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2017-12-01 2018年度に向けても、米国や中国を中心に海外経済の堅調が見込まれ、輸出の増加基調が続く一方で、国内需要も人手不足が続く中で雇用・所得環境の改善や、東京オリンピック・パラリンピック関連の建設需要などを背景に底がたく推移するものと見られます。   もっと読む
2017-09-07 白山市議会 平成29年  8月会議-09月07日−02号 最後に、今回のこの振興ビジョンは、新幹線、在来線などのいわゆる鉄道インフラを、これを海外に輸出するという、国が成長戦略として掲げているわけでありまして、これを背景にして今回のビジョンの策定もあるという流れになっております。 もっと読む
2017-09-06 能美市議会 平成29年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2017-09-06 人口減による米消費減や農産物の輸出促進等の多くの課題の中、今後の農政問題を問うわけであります。  中項目の一つとして、国の農政が大きく変わるわけですが、市としての対応策はあるのか。 もっと読む
2017-06-19 小松市議会 平成29年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2017-06-19 また、農産加工品の海外輸出によります小松や地域の知名度アップであったり、共同利用施設、育苗施設であったり、乾燥調整施設の利用拡大にもつながっていくというぐあいに考えているものでございます。 もっと読む
2017-06-15 能美市議会 平成29年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2017-06-15 現在、市役所ホールを拝見いたしますと、実はこの数週間でがらっと雰囲気が変わりまして、拝見しますと九谷焼資料館所蔵のいわゆるジャパンクタニと称された時代の輸出陶磁器が展示ケースに3点展示されておりました。応接セットの配置もあわせてリニューアルがされていたことが、ちょっとの気づきではありましたけれども十分にわかりました。 もっと読む
2017-06-12 小松市議会 平成29年第2回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2017-06-12 このため、国のほうではこれまで農地の集積なり集約化、また輸出の6次産業化のほうに取り組んでまいりました。しかしながら現在、農業者の努力だけでは解決できない構造的な問題を解決していく必要があるということと言われております。   もっと読む