運営者 Bitlet 姉妹サービス
22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2014-12-12 珠洲市議会 2014.12.09 平成26年第7回定例会(第2号)  本文 財政再建団体に陥ることも危惧されたことから、議員各位を初めとする先達の御英断と御協力により平成17年10月に行財政改革大綱を策定し、平成21年度までの5カ年のアクションプランに基づき、行財政構造の改革を中心に取り組んでまいりました。   もっと読む
2014-12-09 珠洲市議会 2014.12.09 平成26年第7回定例会(第2号)  本文 財政再建団体に陥ることも危惧されたことから、議員各位を初めとする先達の御英断と御協力により平成17年10月に行財政改革大綱を策定し、平成21年度までの5カ年のアクションプランに基づき、行財政構造の改革を中心に取り組んでまいりました。   もっと読む
2012-03-12 加賀市議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月12日−02号 京都は昭和30年代末期に財政再建団体になりました。したがって、拝観料課税という新聞の一面をにぎわすことがしょっちゅうございました。加賀市はその分の不足を入湯税で制度的には見てもらっていますが、拝観料課税が自主的にするということになりますと、大変厳しい選択になってまいります。これが平成の市町村合併のもう一面ではないかと、こういうふうに思っています。 もっと読む
2008-12-10 能美市議会 平成20年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2008-12-10 北海道夕張市の藤倉 肇氏は、平成19年3月より財政再建団体となり、国の管理下で厳しい道を歩んでおります。しかし、全国の皆さんの応援で財政再建に努めていると感謝し、観光施設を初め、廃止する公共施設や市有地、不要備品、活用困難となっている寄贈品の売却にYahoo!オークションシステムの活用をしております。 もっと読む
2008-09-10 能美市議会 平成20年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2008-09-10 42年、病院が財政再建団体の指定を受けたときは、自治体病院は赤字を恐れては何もできないとして、執行部挙げて安定した経営を目指すと同時に合理化を徹底し、再建のめどがついたとき、健康を守るためにはどんな高額な器具でも、必要なら入れるべきと持論を展開し、先進的な医療機器を導入する積極性、一地方病院が大学病院にも劣らぬ設備を入れる進取の精神は、根上総合病院が誇る自治体病院経営の伝統であったと記載されています もっと読む
2008-03-12 加賀市議会 平成20年  3月 定例会(第2回)-03月12日−05号 このような背景の中で、実際問題としてこのガソリン税の暫定税率が廃止した場合、我が県・市町合わせますと、228億円に上がるそうでありますが、そして、廃止されると、自治体自体が財政再建団体に陥る自治体も多くあると聞いております。我が加賀市の財政にどのような影響が発生いたしますのか、お聞きしたいと思います。  また、特に市の道路計画への影響についてお尋ねいたします。   もっと読む
2008-03-11 能美市議会 平成20年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2008-03-11 実質公債費比率35%以上、実質赤字比率20%以上、連結実質赤字比率30%以上、これらのいずれか一つでも該当する場合、財政再建団体に指定されることになります。2008年度決算から適用される予定で、ホームページに公開され、だれもがチェックできるようになります。現時点での能美市のこれらの4指標、健全化判断率はどうか、お尋ねいたします。   もっと読む
2008-03-11 小松市議会 平成20年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2008-03-11 そしてこれが超えますと、20%を超えますと赤字財政再建団体までいきませんけれども、イエローカードになると、こういうことになります。これにつきましては、小松市の推計値は現在のところゼロでございます。したがって、問題ございません。  それから2番目の連結実質赤字比率、これが早期健全化基準では16.2から20%と、こう言われております。 もっと読む
2007-03-08 小松市議会 平成19年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2007-03-08 まず1点目でございますが、小松市を夕張市のような財政再建団体にしないためにということでお尋ねをいたします。   もっと読む
2007-03-07 小松市議会 平成19年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2007-03-07                       │ │  │       │ (1) 「歌舞伎通り」「勧進帳通り」など愛称名の設置の考えは       │ │  │       │ (2) 小松の顔になるような時計塔を                   │ ├──┼───────┼────────────────────────────────────┤ │  │       │1 小松市を夕張市のような財政再建団体 もっと読む
2007-03-01 小松市議会 平成19年第1回定例会 目次 開催日: 2007-03-01 ………………………………………91     答 弁………………………………………………………………………………………〔市長     92                                          経済環境部長 93                                          都市建設部長 93〕   7番木村 厚子君     1 小松市を夕張市のような財政再建団体 もっと読む
2006-12-11 加賀市議会 平成18年 12月 定例会(第7回)-12月11日−02号 試算によれば、このままの財政運営を行えば、数年で財政再建団体に転落するおそれがあると現状分析をし、財政改革会議で今後の財政再建の具体策を半年間通して議論し、平成23年度には健全財政となる道筋を提示するとうたい上げておるわけであります。  その財政見直しの一例として、熱海市は公債発行額の総合抑制、公園など観光施設、道路、その他、公共施設に係る投資的経費、建設費の総額抑制などを打ち出しております。   もっと読む
2006-12-11 小松市議会 平成18年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2006-12-11 夏ごろ、マスコミの報道だったかと思いますが、北海道夕張市が財政再建団体に指定をされました。簡単に言えば、夕張市が破産をして国の管理下に置かれるというものです。  ところで、財政再建団体とは、市町村で実質収支の赤字額が標準財政規模、簡単に申し上げますと市税収入プラス交付税ということになるそうであります。この標準財政規模の20%以上に赤字がなった場合に再建団体の対象となるわけでございます。 もっと読む
2006-09-13 小松市議会 平成18年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2006-09-13 そしてもう一つ、25%以上になりますと、一部地方債の発行制限ということになっておりますし、これを超えてまいりますと財政再建団体に移行するというような心配もあるわけでございます。  しからば、小松の実質公債比率はいかんということであります。平成15、16、17年の3カ年平均で19.5%でありました。議員御案内のとおり、県内19市町のうち高い方から5位でありました。 もっと読む
2006-03-08 小松市議会 平成18年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2006-03-08 20%を超えますと一部地方債が許可制ということになりまして、財政再建団体というのに指定されるわけでございます。   もっと読む
2003-12-11 小松市議会 平成15年第6回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2003-12-11 いわゆる財政再建団体に指定されるということでございますが、小松の場合は今ほど申し上げましたように、綱渡り的な率ではありますけれども、この14%を超えないように種々努力をしながら、工夫を重ねながら今やっているところでございます。   もっと読む
2001-12-11 加賀市議会 平成13年 12月 定例会(第6回)-12月11日−02号 具体的には財政再建団体になった場合、または財政の健全化を図るため、職制、もしくは定数の改廃により職員を退職させた場合に該当するものであります。市の財政は厳しい状況にありますが、当面は市債残高を抑制するためにも退職手当債に頼らない財政運営をしていきたい、そうした中で今後の退職金の問題を考えてまいります。  以上でございます。 ○議長(吉江外代夫君) 上出栄雄君。 もっと読む
2001-06-19 輪島市議会 平成13年  6月 旧輪島市 定例会(第2回)-06月19日−03号 財政再建団体にも指定されてはおりませんが、平成9年度末の市民1人当たりの借入金は99万円、これは一般会計、特別会計、企業会計も含んではございますが、平成12年度末見込みで1人当たりの借入金は約 160万円と、市長就任以来から61.6%も増加いたしております。 もっと読む
2001-06-19 輪島市議会 平成13年  6月 旧輪島市 定例会(第2回)-06月19日−03号 財政再建団体にも指定されてはおりませんが、平成9年度末の市民1人当たりの借入金は99万円、これは一般会計、特別会計、企業会計も含んではございますが、平成12年度末見込みで1人当たりの借入金は約 160万円と、市長就任以来から61.6%も増加いたしております。 もっと読む
1999-12-10 加賀市議会 平成11年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号 この制度自体は、相当に財政運営が逼迫し、財政再建団体の一歩手前の団体が対象となるものであります。本市の場合、そのような状況までに至っておりません。しかし、金利負担が義務的経費として財政負担の大きな要因であることから、その軽減に努めなければなりません。 もっと読む
  • 1
  • 2