132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

また昨年7月には、西日本豪雨災害により広島県福山市でため池が決壊し、流出した濁流に子供が巻き込まれて亡くなるという大変痛ましい事故が発生したことから、国より管内のため池の一斉点検をするよう指導がありました。これを受けて8月には、通常の防災月間の点検に加え残りの6カ所のため池の追加点検を実施いたしました。  これらの点検の結果、早急な対策が必要なため池は確認されておりません。  

金沢市議会 2019-01-21 平成31年  1月 文教消防常任委員会-01月21日−01号

平成30年7月豪雨災害等、頻繁する災害に対し、避難情報の発令前後に市民がとるべき行動について広く啓発するための非常時行動防災シートを本年度中に作成し、日ごろからの防災や減災に対する意識向上を図るとともに、迅速な避難行動につなげることとしていたが、自治体向けの避難勧告等に関するガイドラインの見直しに伴い、早期避難につながるよう防災情報の発信のあり方が変更される。

金沢市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会-12月18日−02号

6月18日には、大阪北部地震が発生、大阪市を中心に家屋の被害が相次ぎ、小学校の道路沿いのブロック塀が倒壊し、児童が犠牲になり、7月には、西日本豪雨により、河川の氾濫、土砂災害が多発し、死者数が200人を超える平成最悪の豪雨災害となり、同じく7月23日には、日本歴代最高気温となる41.1度を熊谷市で記録、9月に入り、台風21号、24号が四国、近畿を横断し、関西空港が大規模浸水、大型タンカーが橋に激突、

金沢市議会 2018-10-01 平成30年 10月 防災・安全対策特別委員会-10月01日−01号

西日本を中心とした7月豪雨災害の後には、各種自主防災会宛てにハザードマップの周知や防災出前講座について案内しているほか、ホームページの冒頭にも掲載している。また、各世帯に配布する防災シートにも、ハザードマップや自分の住んでいるところの地域特性について周知するよう呼びかけていくなど、周知徹底に努めていく。 ◆熊野盛夫委員 水害や雨が降ったときによくある事故が、側溝に落ちて亡くなるケースである。

金沢市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号

まずは、7月に西日本を中心に発生した豪雨災害、8月の台風による災害、9月6日に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震被害で亡くなられた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、御遺族と被災された方々にお見舞いを申し上げます。被災地の復旧が一日も早く進むことを願い、質問に入りたいと思います。  質問の1つ目は、金沢市の安全・安心について、いろんな側面からお聞きしたいと思います。  

金沢市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−03号

西日本豪雨災害において、地域で避難行動要支援者に対して誰が具体的に支援するかをきめ細かく決めてあった地域では逃げおくれる人はいなかったというニュースを見ました。まず、本市の避難行動要支援者名簿における名簿登載率をお尋ねします。 ○清水邦彦議長 山野市長。 ◎山野之義市長 本年4月1日現在の避難行動要支援者名簿の対象者は3万7,707名であります。

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

西日本豪雨として報道され、正式には平成30年7月豪雨と名づけられた豪雨災害においては、気象庁が7月5日午後に東京と大阪で異例の緊急記者会見を実施し、72時間や48時間などの降水量の記録を更新する記録的な大雨となるおそれがあるとして、早い段階での注意喚起がされていました。結果を見ると、この重要な注意喚起の情報や意図が十分に理解されず、伝わっていなかったと思わざるを得ません。

小松市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2018-09-11

このボランティアを取り上げるきっかけというのは、広島の豪雨災害がありました。ある職員の方と話していたときに、私もボランティアに行ってきましたということもお聞きしました。  また、山口県の周防大島町では、不明男児を救出したスーパーボランティアの尾畠春夫さん、78歳ですけれども、活躍は今も深く印象に残ったことであります。  小松市は、小松市市民協働の指針というのがあります。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

さきの中国・四国地方を襲った豪雨災害では、今なお行方不明者の捜索が続いていますし、大量の土砂で日常の生活もままならない状況になっています。  また、その前に大阪で地震が発生し、高槻市を中心に大きな被害が出て、倒壊したブロック塀の下敷きになりとうとい命を失った女子児童や、子供たちの安全を見守っていた人までも亡くしています。  

小松市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2018-09-03

また、7月上旬の西日本の記録的な大雨では、河川の氾濫、浸水害、土砂災害により甚大な豪雨災害となりました。本市においても降り始めからの総降雨量が310ミリを記録、河川水位は梯川埴田観測所で3.94メートルに達し、延べ159名の市民が自主避難所を利用されました。人的被害はないものの、市道、林道、排水路、農業用施設などで一部被害がありました。

金沢市議会 2018-08-20 平成30年  8月 建設企業常任委員会-08月20日−01号

◆野本正人委員 7月の豪雨災害では、倉敷市真備町において2つの河川の合流地点付近で堤防が決壊し、大きな浸水被害が発生した。本市では例えば県が管理する伏見川に市が管理する満願寺川などの河川が合流しているが、合流地点付近での被害が想定される場所はあるのか。あるとすれば、そこでの対策を強化すべきだと思うが、具体的にどのような対策を行うのか。

能美市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2018-03-12

昨今、局地的な大雨による豪雨災害が全国的に多発をしております。能美市においても、平成25年7月に、市内を流れる梯川と鍋谷川が氾濫するおそれがあるとして、小杉町、大長野町と寺畠町などに避難勧告が出されました。昨年8月にも大雨による避難準備情報が出され、小杉町では高齢者の避難誘導が行われました。このとき手取川でも警戒水位となり、雨量の推移に怖さを感じた記憶があります。  

輪島市議会 2018-02-16 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月16日−02号

衆参両院で国民が納得するまで時間をかけて議論を交わすべきだと私は考えますし、そしてまた森友学園や加計学園などの問題についても財務省からの交渉結果の文書が出されましたけれども、その経緯を十分に説明責任を果たしていただくこと、そしてまた昨年の全国各地で起きました豪雨災害の早期完全復旧に向けて、一日も早く平常生活を取り戻す政策、このことなどの対策をしていただくこと、このことを念じながら質問に入らせていただきますが

金沢市議会 2017-09-15 平成29年  9月 建設企業常任委員会-09月15日−01号

◎松矢景観政策課長 今回の法改正だが、全国的な豪雨災害を受けて5月に水防法の改正があり、それに伴う一連の各関連法令の改正の中の一つに水資源機構法の一部改正があって、このような行為ができるようになった。これまで、公の機関--国・県等が行う際は別途協議しているので、許認可行為等は省略しており、今回、水資源機構が行う工事も適用除外になった。

小松市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2017-09-11

女性一般からの意見でございますけれども、幾つか例を挙げさせていただきますと、平成25年7月29日の豪雨災害及び先月の台風第5号の対応、このときにおきまして女性の避難者、避難された方や避難所の担当職員から意見として幾つかありましたので、御紹介させていただきます。  避難所での女性専用のスペース(更衣室、洗濯物干し場など)があるといいと。これは特に長期化した場合のときでございます。

白山市議会 2017-09-08 平成29年  8月会議-09月08日−03号

国では、平成27年9月の関東・東北豪雨災害を受け、全ての直轄河川の減災対策に取り組んでおり、その中で河川ごとに減災協議会を立ち上げ、避難勧告の発令等を網羅したタイムラインが本年6月までに全ての対象市町村で策定をされております。