1838件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

珠洲市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第4回定例会(第3号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

珠洲市議会 2019-09-03 2019.09.03 令和元年第4回定例会(第1号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

珠洲市議会 2019-09-03 2019.09.03 令和元年第4回定例会 目次

 ………………………………………………………………………………………40     ○第30回トライアスロン珠洲記念大会での経済効果について     ○この夏の入り込み状況の宿泊客数について     ○各道の駅の売上金額の前年同期比について     ○「道の駅すずなり」の施設拡充について     答弁 市  長 …………………………………………………………………………………………43     答弁 観光交流課長

珠洲市議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第3回定例会(第3号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-06-28

記 ┌───────┬───────────────────────────┬──────────┐ │事 件 番 号│       件          名        │継 続 の 理 由 │ ├───────┼───────────────────────────┼──────────┤ │       │観光及び物産に関する事項               │引き続き調査を要する│ ├─

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

能美市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第4号)〔資料〕 2019-06-21

調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │所管の指定管理者に関する事項         │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │道路及び河川に関する事項           │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │観光振興

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

次は、交流人口拡大に向けての観光戦略についてであります。  4年後の北陸新幹線小松開業に向けて工事が順調に進んでおり、選挙戦を通じて多くの市民から、北陸新幹線小松開業が加われば空港高速道路とあわせて本市の交通網が充実、拡大し、交流人口拡大に期待する声がたくさん聞かれました。  

珠洲市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第3回定例会(第1号)  本文

県外ナンバーの車やレンタカー利用者も多く、観光入り込み客数は対前年比42.8%増の21万5,870人となり、北陸新幹線金沢開業やNHKの連続テレビ小説「まれ」の効果で大いににぎわった平成27年の21万9,570人に匹敵する活況となりました。  宿泊客数につきましても、対前年22.5%増の1万1,420人と高い伸びを示しております。  

珠洲市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第3回定例会(第1号) 名簿

                          兼健康増進センター所長                           産業振興課長                           兼雇用相談室長  建  設  課  長    下   吉 晴    兼花き栽培センター所長   高 林 義 信                           兼獣害対策室長                           総合病院事務局長  観光交流課長

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2019-06-17

─────────────────┤ │  │  │  │      │1 粟津温泉の活性化について                    │ │  │  │  │      │ (1) (仮称)粟津温泉交流広場の活用法は              │ │  │  │  │      │  ・今後どのようなイベントを予定しているか            │ │  │  │  │      │  ・観光者向

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-06-10

けんらん豪華な曳山曳揃えには昨年より多くのお客様に御来場いただき、外国人向けツアーには昨年の1.5倍の方が参加するなど数多くの外国人観光客や留学生が訪れました。増員した通訳ボランティアが曳山の案内や子供歌舞伎歴史などを解説し、250年以上続く町衆文化の魅力を世界に向けて発信することができました。  

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会 目次 開催日: 2019-06-10

ゼミ,サークル)       ・市内および市外の高校や大学との連携による活性化のアイデア収集       ・若者も市の発展に積極的な関与を   2番岡山 晃宏君     1 粟津温泉の活性化について………………………………………………………………………………26      (1) (仮称)粟津温泉交流広場の活用法は(答弁:副市長)       ・今後どのようなイベントを予定しているか       ・観光者向

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 名簿 2019-06-07

             太 田 由 美 君     土   木   課   長      中 川  真  君     建築住宅課長             田 中 外茂芳 君     都市計画課長             南   茂 樹 君     商   工   課   長      竹 田 政 紀 君     商工課企業誘致推進室長      兼産学官金連携推進室長       杉 浦 良 道 君     観光交流課長

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

次に、市内の観光資源を訪ねる周遊観光ルートを設定してはどうかについてでございますけれども、第2次観光アクションプランの事業にも周遊観光ルートの設定を盛り込んだところであり、現在、設定作業を進めております。  昨今の旅行形態から見ると、多様なニーズを持った個人旅行が8割を占めていることから、そのようなニーズに応えるためにも、より多くの魅力的なルートを設定していく必要があると考えております。