58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第5日目)  資料 開催日: 2020-03-25

最高裁判所は2015年12月,夫婦同姓規定を合憲とする一方で,「夫婦同氏制の下においては,婚姻によって氏を改める者にとって,アイデンティティの喪失感を抱くなどの不利益を受ける場合があることは否定できず,妻となる女性が不利益を受ける場合が多いことが推認できる。」

小松市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2020-03-10

裁判所にもちょくちょくと担当が出向きまして、地元の皆さん方、それから持ち主の方というよりも持ち主の親戚の方に了解をいただいてさせていただいておるケースも増えてきておりますが、壊すだけじゃなくて、いわゆる江戸時代から、明治時代から残っている大切なものはやはり残していくべきであるというのが私どもの今の行政の考え方でありまして、今回も里山地区で江戸時代の民家の再活用というものを、これは民間の力も借りて今させていただいておるわけでございまして

能美市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号)〔資料〕 2020-03-10

2015年12月、最高 │     │     │ │   │   │        │          │裁判所は「夫婦同姓の強制は合憲」とい │     │     │ │   │   │        │          │う判断を示したが、制度のあり方につい │     │     │ │   │   │        │          │ては国民の判断、国会に委ねるべきと強 │     

能美市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2020-03-10

2015年12月、最高裁判所は、夫婦同姓の強制は合憲という判断を示したが、制度の在り方については国民の判断、国会に委ねるべきと強調し、一日も早い国会対応が求められる。国連女性差別撤廃委員会は、日本政府に同姓強制は条約違反として民法改正を勧告し、翌年3月に、最高裁判所にかかわらず現行民法の規定は差別的であるとして、早急な是正を勧告している。  以上の趣旨から以下の項目で請願する。  

能美市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-12-10

土地の所有者が亡くなり、相続放棄により相続人が不存在となり税金の滞納が生じた場合は、固定資産の公売も視野に入れて家庭裁判所相続財産管理人の選任を申し立てての対応も検討いたしております。  今後については、少子・高齢化の進展やライフスタイルの多様化に伴う土地利用のニーズの低下による土地の所有意識の希薄化が進んでいく現状の中で、国においても所有者不明土地問題の解消に向けた検討が進められております。

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

あんしん相談センターでは、任意後見制度の利用に当たり、公正証書の作成や家庭裁判所への申し立ての手続などの専門的事項について、司法書士相談や公証人相談において対応しております。  小松社会福祉議会においても、平成29年度から市民後見人養成講座を開催し市民後見人育成するとともに、今年度から法人後見ができる体制となっています。  

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

さらには近年、歩行中の女性をはねて重傷を負わせてしまった小学生の親御さんに対して、裁判所が約9,500万円の支払いを命じるなど高額賠償の判決も出ております。  ところが、保険への加入は十分に進んでいないのが現状であり、2017年に歩行者が死亡または重傷を負った自転車事故のうち、保険加入していた加害者側は6割にとどまっておる現状がございます。  

小松市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2018-12-11

あんしん相談センターは安心の窓口と思いますが、見覚えもないこと、税務機関から差し押さえ等の電話や市や裁判所をかたり支払いをするような電話文書が来るとの相談を受けることもあります。警察に言えばいいか、どこに行けばいいのかわからないという声をよく聞きます。  私は、相談窓口が市役所内にあることを紹介していますが、知らない方が大半であります。

能美市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2018-09-10

さらに、自治体裁判手続を必要としない自力で執行権を行使して直接強制徴収できる強制徴収債権と、自力の執行権がなく裁判所命令がなければ強制執行できない非強制徴収債権に分類されております。  一方、私債権はと申しますと、契約などの私法上の原因に基づいて発生するもので、債権の種類で分類すると、水道料や公営住宅の家賃、公立病院の診察料などが挙げられます。  

能美市議会 2017-11-28 平成29年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2017-11-28

初めに、去る10月22日は、能美市で初となる能美市議会議員選挙並びに第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所国民審査の同日選挙の投開票日となりました。  このダブル選挙の影響からか、能美市においては期日前投票の人数が過去最高の約1万2,000人となり、投票者総数の約40%を占める状況でありました。

能美市議会 2017-11-09 平成29年第3回臨時会(第1号) 本文 2017-11-09

補正の内容につきましては、先月22日に執行されました第48回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の執行経費を計上したものであります。  以上をもちまして私の説明を終わりますが、何とぞ慎重なご審議の上、適切なるご決議を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。  

珠洲市議会 2016-09-13 2016.09.13 平成28年第3回定例会(第2号)  本文

そして、最も多く利用されているのが、家庭裁判所が選ぶ法定後見制度であります。  自分自身の判断能力のあるうちに、自分で信頼できる後見人を選ぶ任意後見制度や、生活保護を受けている人には自治体からの助成を受けられる制度もあります。しかし、今日的には法定後見制度後見人、補佐人、補助人、任意後見人を含め、利用者が少ないと言われております。原因としては、手続の大変さと報酬の費用負担等が考えられます。  

珠洲市議会 2016-06-21 2016.06.21 平成28年第2回定例会(第2号)  本文

次に、出陣式等への公用車の使用につきましては、東京地方裁判所平成22年に、社会通念上、儀礼の範囲を逸脱するものではないとして適切との判断を示していることから、公務の一環として問題はないと考えております。なお、選挙応援に関する公用車の使用ルールにつきましては特に定めておりませんが、今後も、珠洲市のためになるかどうかを熟慮した上で判断してまいりたいと考えております。

小松市議会 2015-12-08 平成27年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2015-12-08

養育費の支払いは義務で、支払いが拒否されたり滞った場合は所定の手続を踏んで裁判所から勧告や資産の差し押さえをしてもらうことも可能ですが、ただ、それは事実上、調停離婚をして記録が残っている場合、あるいは公正証書などで養育費の取り決めがしっかりとされている場合に限られています。そして、それはこういったことをしているという全離婚のうちわずか40%足らずにすぎないという状況になっています。

能美市議会 2014-11-28 平成26年第4回定例会(第1号) 本文(提案理由説明等) 2014-11-28

補正の内容につきましては、来月14日に執行予定の第47回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の執行経費を計上するものであります。  次に、議案第98号 工事請負契約締結についての議決事項の変更につきましては、平成26年6月27日に議決いただき、辰口福祉会館改修整備工事建築)に係るものであります。