2015件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2021-07-07 令和3年第3回定例会(第5日目)  本文 開催日: 2021-07-07

騒音問題では、昨年3月に判決があった第5次、6次の小松基地爆音訴訟判決で、裁判長騒音が受忍すべき限度を超えていると指摘するほどであり、昭和50年10月4日に協定された小松基地周辺騒音対策に関する基本協定書には「騒音発生源で防止するため、器材の改良を心掛ける」とされているにもかかわらず、今回、より強力なエンジンを装着するF-35Aの戦闘機配備は、地元住民の皆さんへのさらなる騒音被害拡大につながりかねないと

七尾市議会 2021-06-22 06月22日-03号

昨年12月22日付の日本経済新聞の社説で、「学校での性被害をなくすには」とのタイトルで問題が提起されていました。すなわち教員の暴力など、教育現場での不祥事が後を絶たない。とりわけ悪質で弁解の余地がないのが、会話での性的嫌がらせや体を触るなどのわいせつ行為だ。昨年度、全国の公立学校懲戒処分を受けた教職員は273人で、過去2番目に多かった。そのうち126人が児童・生徒への加害だった。

小松市議会 2021-06-22 令和3年第3回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2021-06-22

本市では、DV離婚相談などに対応する専門の女性相談員1名をくらしあんしん相談センターに配置しておりまして、相談は二次被害にならないよう丁寧に対応し、またデリケートな相談が多いことから、専用の相談室を用意するなど、女性プライバシー保護に努めております。  DV被害者に対しましては、小松警察署連携し、本人とその子供の生命、身体の安全の確保にも努めております。  

七尾市議会 2021-06-21 06月21日-02号

長年、当七尾市の洪水被害、水害被害といいますと、常にマスコミ等々は鷹合川、そして熊木川と、この両河川にすぐマスコミは走るというような、そんな状況でありましたけれども、代表的な氾濫する川ということで、この河川2つが言われております。ここだけでなく、この2つ鷹合川、熊木川に関しては、県のほうの河川改修計画どおり、国の予算づけもしっかりしていただいた中で河川改修が進んでおります。

小松市議会 2021-06-21 令和3年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2021-06-21

また、緊急時においては、受託者の責任と判断により迅速に初動対応し、被害を未然に防止するとともに、民間事業者間のネットワークを生かした物的・人的支援及び市役所との事業継続計画を共有した連携体制を整えており、今後とも市民サービスが滞ることがないよう下水道事業を行ってまいります。  次に、下水道整備普及解消事業についてでございます。  

野々市市議会 2021-06-15 06月15日-02号

フェーズフリーとは、災害被害から大切な人を守り、安心・安全な社会をつくることを目的とした新しい防災の考え方です。行政や民間企業の間では、この概念を取り入れた商品開発まちづくりが本格化しています。 フェイスブック2020年11月11日付、フェーズフリー協会佐藤唯行氏とNECの山本啓一朗氏の対談の一部を紹介させていただきます。

白山市議会 2021-06-14 06月14日-03号

令和元年度の購入以降、熊の捜索や施設の被害調査など25回の運航をしており、先般の広瀬町での崩落や先週の美川での火災の際にも飛行いたしております。 次に、ドローンの今後の活用についてであります。 災害時における被害状況確認行方不明者捜索活動支援観光PR用撮影等に引き続き活用するほか、本年の秋頃に、NTTドコモと連携をいたしました熊対策実証実験を行うことといたしております。 

白山市議会 2021-03-16 03月16日-03号

また、この10年間の間に、日本各地地震大型台風集中豪雨河川の氾濫などの災害が毎年のようにどこかで発生し、被害をもたらしておるところでございます。 私自身は、東日本大震災をきっかけに災害ボランティア活動をしたり、防災士の資格を取得したりいたしました。また、白山市市民提案型まちづくり支援事業を利用し、3年間、防災関係中心地域防災にも取り組んでまいりました。

白山市議会 2021-03-15 03月15日-02号

美しい石川の渚を取り戻し白砂青松をよみがえらせる基盤づくり、野鳥や海の生き物を深刻な被害から守る海の環境ルールづくり沿岸漁業資源の回復に良好な豊かな海づくり、森林、河川を守る基盤づくり目標として、多くのボランティアの方々に御参加をいただいて実施されています。 そこで、美しい海岸を守るための施策について質問をいたします。 

野々市市議会 2021-03-02 03月02日-01号

現在の都市計画マスタープラン策定から10年を迎えることになりますが、この間、上位計画の見直しや全国的な人口減少、少子・高齢化の進展をはじめ、近年被害が拡大しております自然災害への対応など、社会情勢が大きく変化し解決すべき新たな課題も生じてきているところであります。そのため、現計画を見直し、おおむね20年後を目標年次とする新たな計画策定を進めているところでございます。

小松市議会 2021-02-26 令和3年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2021-02-26

次に、災害発生時においては、消防や警察など公的支援が到着するまで、地域で協力して被害を最小限に抑える消火活動や救出、救助、避難誘導などを行うこと。最後に、災害発生後におきましては、自治体自主防災組織などと連携、協働して避難所の運営など、被災者支援を行うことなど、以上が防災士の大切な役割と考えております。  

小松市議会 2021-02-17 令和3年第1回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2021-02-17

養育費を支払うのは男性とは限りませんが、不払いで被害を受けているのは母子世帯が圧倒的に多いのが現状で、驚くことにこの数値は10年間でほとんど改善が見られていません。  2018年のデータでは、母子家庭の半数以上が貧困状態であるとされております。こうした母子世帯の年収の低さはこのまま子供貧困に直結をします。

小松市議会 2021-02-16 令和3年第1回定例会(第2日目)  資料 開催日: 2021-02-16

                 │ │  │  │  │      │ 交通弱者に対する送迎対応について                │ │5 │○ │  │東  浩一 │2 クマ出没について                        │ │  │  │  │      │ 出没多発地帯ゾーニング安全性について            │ │  │  │  │      │ ・熊による人的・物的被害

小松市議会 2021-02-16 令和3年第1回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2021-02-16

年度は、被害が発生しないことを望みますが、人的被害等が出た場合に見舞金が出る自治体もあると聞きました。  私は、昨年の人身事故の実態を踏まえ、小松市においても熊などの大型野生動物による事故での被害に対する仕組みづくりが必要だと考えます。どのようにお考えでしょうかお聞きします。  最後質問です。  農林業についてでありますが、今回は1月初旬の大雪に伴う被害対策支援についてお聞きします。  

金沢市議会 2021-02-15 02月15日-01号

それに先立ちまして、去る13日深夜、福島県沖で発生した地震により、福島県と宮城県を中心に土砂崩れなどの被害や多くの負傷者が発生しました。被災された多くの皆様に心よりお見舞いを申し上げます。あわせて、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。 さて、まずは、新型コロナウイルスワクチン接種に関してです。