24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

河口右岸側におきまして、平成24年から25年にかけまして人工リーフを設置し、侵食防止対策が図られ、安全性も高まっており、近年は船舶事故の報告もないというふうに伺っております。  現在、国土交通省におきましては、白江大橋から荒木田大橋までの区間につきまして重点的に河川改修を実施しているとのことでございまして、現時点では導流堤の改修の予定はないというふうに聞いております。  

珠洲市議会 2018-03-06 2018.03.06 平成30年第1回定例会(第2号)  本文

不審者の船舶等による海上からの上陸につきましては、国が示す国民保護に関する基本指針において、武力攻撃事態等の1つとして位置づけられております。本市といたしましては万が一、武力攻撃事態等が発生した場合、国の基本指針に基づき市民の皆様の生命及び財産保護し、生活への影響を最小限にとどめるべく、避難計画や関係機関との連携などを盛り込んだ、珠洲市国民保護計画を策定いたしております。

珠洲市議会 2016-09-06 2016.09.06 平成28年第3回定例会(第1号)  本文

競技全般を通して、スイムの危険性が最も高いことは十分に認識いたしておりますので、安全対策の充実を図るため、平成27年度からライフセーバーをさらに5名増員し、23名の体制といたしておりますし、加えて、ダイバー3名を配置するとともに、市職員による17艘のゴムボートや珠洲消防署の救助艇3艇、さらには、能登水難救済会の船舶13艇、能登海上保安署の巡視艇「おぎかぜ」による監視体制をしいておりました。  

能美市議会 2016-06-10 平成28年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2016-06-10

これは、法務大臣が指定するクルーズ船の外国人乗客に対し、簡易な手続で上陸を認める船舶観光上陸許可制度というこれが創設されたということです。何か聞くと、事前に登録してあったら、パスポート次第なんですけれども、ほとんどスルーして寄港地のほうに入国、上陸できるということです。これで金沢港のほうに大変クルーズ船の入港がふえているという事実がございます。  

小松市議会 2014-03-24 平成26年第1回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2014-03-24

記 1.海上自衛隊海上保安庁医療機能を持つ艦船や民間船舶の活用を含めた災害時多目的船の早期導入に向   け,具体的な工程表を作成すること。 2.平成26年度の実証事業を具体的な課題の解決に資するものとするため,平成25年度実証事業を踏まえ   ての検討課題を早急に取りまとめること。

小松市議会 2012-09-10 平成24年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2012-09-10

地域では工場内に井戸を掘ることによって容易に工業用水を確保できたり、組み立てた大きな車両をまた分解することなく自走で輸送船舶に載せることができたりと、企業にとっての利便性を高めるPRや努力を国や県などにも働きかけながら行っているところがあるとお聞きをしました。  

小松市議会 2011-09-12 平成23年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2011-09-12

梯川河口付近でのプレジャーボートの不法係留につきましては、石川行政評価事務所から金沢河川国道事務所に対しまして、船舶の速やかな撤去措置などを要請されていました。それに対する回答が、平成22年、昨年12月20日付で出されたわけでございますけれども、その回答の内容としましては、船舶及び係留施設の所有者及び使用実態の再調査を行い、撤去する船舶の保管場所の確保を行うこと。

能美市議会 2011-09-08 平成23年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2011-09-08

免税軽油は道路を走らない機械に使う軽油については、軽油取引税(1リットル当たり32円10銭)を免税するという制度で、農業用の機械や船舶倉庫で使うフォークリフトや重機など、道路使用しない機械燃料の軽油は、申請すれば免税が認められてきました。  免税軽油制度がなくなれば、今でさえ困難な農業経営の負担は避けられず、軽油を大量に使う畜産農家や野菜・園芸農家を初め農業経営への影響は深刻となります。

小松市議会 2005-09-20 平成17年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2005-09-20

大型プレス機の産業機械が主力の小松工場に近い金沢港につきましては、現在の水深では大型船舶に対応できないことから、石川県が大型船舶に対応すべく、水深13メートルの大水深岸壁整備を今国に要望しているところでございます。  一方、鉱山機械が主力の栃木県株式会社コマツ真岡工場に近いひたちなか港につきましては、既に大水深岸壁も整備されており、候補地の条件を満たしておるようでございます。  

能美市議会 2005-06-16 平成17年第2回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2005-06-16

最近の北朝鮮の無法とも言える武装船舶による日本領海の侵犯事件や、中国による武力を背景にした各種問題の行動などの背景には、余りにも自国の安全に対する認識の甘い平和ぼけした日本人の対応があると私は思っております。何とか今日まで平和が保たれてきたのも、日米安全保障条約存在を抜きにしては考えられないと私は思います。

  • 1
  • 2