166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白山市議会 2020-03-10 03月10日-04号

調べてみますと、航路の深さは2メートルを確保することとなっていますが、土砂堆積により深さが2メートルを維持できないため、船底が海底について出港できないということでございます。 まず、美川漁港航路確保責任者を伺いたいと思います。航路確保責任者は、国でしょうか、県でしょうか、市でしょうか、誰になるのでしょうか、伺いたいと思います。 ○議長(村本一則君) 市長、山田憲昭君。     

輪島市議会 2020-03-10 03月10日-02号

また、ここに安置されている三味線地蔵物語等もあり、市道認定を機会に周辺を含めて新たに整備していただき、当時の交通手段であった、北前船等海上航路により黒島に到着し、總持寺に至るまでの様子もうかがい知れるようになるのではないでしょうか。 このようなことも考慮しながらの上での市道認定ではないかと推察しております。 

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

市におきましては、漁船の安全を確保するために航路部分の掘削を継続的に実施しておりますが、河口周辺の潮の流れや土砂堆積状況導流堤有効性など、技術的な検証をしていただくよう今後とも国土交通省に働きかけてまいりたいと、このように思っております。  以上でございます。

金沢市議会 2019-03-12 03月12日-03号

昆布だしの淵源をたどると、江戸時代後期から明治初期にかけて、北海道から北陸、山陰の日本海から瀬戸内海を経て関西に至る北前航路であり、昆布ロードという別名があるほどで、昆布をめぐるこの長大な航路がもたらしたものは、今日の昆布だしの普及につながっていると考えます。北前航路が本格化する江戸前期までは、塩、みそ、しょうゆによる調理が主だったようであります。

輪島市議会 2019-03-05 03月05日-01号

また、地方交付税につきましては、普通交付税合併算定がえの段階的な縮減により減少を見込まざるを得ませんが、その分は特別交付税をふやし、交付税全体としては今年度並みとしたほか、市債につきましては、へぐら航路新船建造事業の終了などにより11.4%減となりました。 このほか通常の歳入で賄い切れない収支不足が生じるために、今年度に引き続き財政調整基金を7億円取り崩して対応することといたしました。 

珠洲市議会 2018-09-11 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第2号)  本文

ドクターヘリの基本的な航路は、民家上空を避けて、県中から能登島上空に向かい、そこから白丸海岸経由海上を一直線に珠洲へ向かってくる。そして、上空を一回り旋回しながら風上を探して、風上へ向かって着陸をするそうであります。出動要請から患者を乗せて基地病院まで往復約1時間弱となれば、誠に心強い限りであります。  

輪島市議会 2017-12-15 12月15日-03号

重要であり、特に漁業関係者皆様方沿岸部にお住まいの皆様方と連携をしながら、この事案を認知した場合には、早期の対応を図ると海上保安庁、警察機関からも伺ってはおりますが、ただ、議員からのご指摘もありましたとおり、北朝鮮の船が海の上にきちんとした状態で浮かんでいれば、まだ確認はしやすいわけでありますけれども、転覆をした状態で海を漂流している場合には、発見をするというのが非常に困難でありまして、へぐら航路

金沢市議会 2017-12-14 12月14日-04号

韓国コンテナ航路を初め、充実した定期航路による取り扱いの拡大が図られ、県や金沢港運、金沢振興協会など関係機関が連携し、金沢港の利便性向上利用拡大に向けた取り組みが数多く実施されているところであります。そこで、これまでの助成制度を初めとした利便性向上施策における具体的な内容についてお聞きいたします。 

輪島市議会 2017-09-29 09月29日-04号

議案第70号から議案第74号までにつきましては、平成29年度一般会計と4特別会計補正予算に係るものであり、議案第70号については移住定住促進事業費として移住定住促進奨励金追加費用、へぐら航路造船事業として新たな定期船を建造する費用有害鳥獣対策事業費としてイノシシ被害対策費を増額する費用移住誘導促進事業費として学生専用アパート建設に補助する費用地方債の繰り上げ償還を行う費用などを計上したものであります

輪島市議会 2017-09-12 09月12日-02号

次に、へぐら航路造船事業についてお尋ねいたします。 へぐら航路株式会社が運航する「ニューぐら」は平成9年7月に就航し、20年が経過いたしました。耐用年数の14年を超え、老朽化が進み、更新が急がれておりました。ようやく建造費用7億円余りが計上されたわけですが、まず新建造船の概要について、その大きさや速力など現在の船とどう変わるのかお答え願います。 

白山市議会 2017-06-05 06月05日-01号

次に、美川漁港航路しゅんせつについてであります。 美川漁港航路は、冬季の波浪により土砂堆積し、漁船の出入りができなくなることから、例年3月にしゅんせつ工事を実施し、航路確保いたしております。しかしながら、ことしはいつになく4月にも波浪があり土砂が大量に堆積をしたため、市では、出漁に支障を来さないよう、急遽国と連携ししゅんせつ工事を行ったところであります。

輪島市議会 2017-03-22 03月22日-04号

主な質疑といたしましては、まず、議案第2号平成29年度輪島一般会計予算においては、歳入では、15款2項1目へぐら航路造船事業費について、造船費用、国・県・市の負担割合及び造船スケジュールに関する質疑があり、造船費用は概算で約7億円、負担割合については、設計費は県が2分の1、市が2分の1、造船費は国の補助事業に採択されれば、国10分の3、市10分の7となり、平成30年度に造船完了予定であると答弁