1397件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2019-06-28

国や地方自治体家庭教育の自主性を尊重しつつ,家庭教育支援に努めるべきことを定めた教育基本法の改正から10年余りが経った今,社会動向を踏まえた家庭教育支援の目指す方向性を確認し,地域の状況や課題に応じた取り組みがより一層活性化していくことが重要であり,今こそ社会全体で家庭教育を支えあう仕組みが必要である。  

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号)  本文

ほかの自治体でも、事故防止装置の後づけに際し、補助を出しているところもあるということをお聞きしておりますので、今後、全国的に高齢者ドライバーの事故防止に向け機運が高まり、急速に取りつけ費用の助成制度が確立することも予想されますので、対応が遅れることのないよう、情報収集と早急な対応をお願い申し上げます。  

能美市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-06-21

さらに先進事例の取り組みを行っている自治体を探し、平成30年10月16日、17日の両日にかけて、岐阜県恵那市と中津川市の両市役所を視察した。両市を訪問して、全国同じような施策に見えても、地域の独自色、地域の強みをどう埋め込んでいくかにそれぞれ腐心していることを感じることができました。  平成31年2月6日には、子育て支援策として加賀市のかがにこにこパークへ視察を行いました。

小松市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-06-18

つまり、公立保育所保育無償化の費用は自治体が負担する仕組みとなっており、公立保育所が多いほど自治体の負担がふえることになります。これでは民営化がさらに加速し、自治体保育責任を持つ公的保育制度が後退することが避けられなくなります。  今回の幼児教育保育の無償化で、自治体、市が持つ費用負担の持ち方及び負担額についてお尋ねをいたします。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

そういった路線バスの代替として、ライドシェア(乗り合い交通)の自治体への活用が進んでいます。  平成30年の国土交通省統計によりますと、乗り合い交通の導入自治体数は全国で280自治体を超えています。  さらに、民間でも小松市のある社会福祉法人では、地域高齢者の方の日常生活を支え、生きがいのある地域づくりを担うため、乗り合い交通の導入が決定しています。

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

近隣自治体でも白山市や珠洲市がSDGs未来都市に選定されたことは大きな話題にもなりました。  SDGsとは、ごくごく簡単に言えば、地球を未来にわたって維持し続けるために、世界中の人たちが同じ尺度、物差しでもって目標を達成しようという仕組みのことと言えるかと思います。  

能美市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-06-06

ことしの2月になりますが、会派大志で「試練の時代の自治体病院経営」と題し、城西大学の井関友伸教授の研修を受講いたしました。  井関教授の話では、自治体病院の経営再建のポイントとして、診療報酬加算の取得による入院単価の増加、医師の招聘よる入院患者の受け入れ増加、地域連携による患者の受け入れ、診療材料、医薬品などの購入価格見直しなどが必要だとのことでありました。  

珠洲市議会 2019-05-13 2019.05.13 令和元年第2回臨時会(第1号)  本文

今後とも議会を尊重し、十分に議論を重ね、安心して暮らせる活力ある豊かな珠洲市を築き、市民の皆様が日本一幸せを感じられる自治体を目指し、全力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、議員各位には、何とぞ御指導、御支援を賜りますよう切にお願い申し上げ、開会の御挨拶といたします。    

小松市議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会(第1日目)  本文 開催日: 2019-05-10

また、全国的な少子・高齢化、人口減少課題など、地方自治体として対峙している数々の重要な課題に対し、その対応を求められているところであります。本市議会地方創生に応えるべく議会機能のさらなる強化を進めているところであり、これを緩めることなく、市民の負託に応えなければなりません。  

能美市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-03-22

住民の暮らしに身近な自治体として、地方自治の本旨にのっとり、住民の福祉の増進を図ることが基本ではないでしょうか。  こうしたときに能美市の予算方針は、市長は予算編成方針として、5つの課題を提起し、2つの柱で補完し、全てを移住・定住に結びつけるとして、観光の推進で交流人口の拡大を図り、産業の振興と企業誘致を推進し、人手不足対策を強める施策は明確になっています。  

珠洲市議会 2019-03-15 2019.03.15 平成31年第1回定例会(第3号)  本文

地方分権が進展するにつれて、自治体権限が拡大する中、議会が果たすべき役割と責務はますます重大なものとなってきております。珠洲市議会では、議員定数が減るわけでありますが、議会としての機能を強化し、開かれた議会市民の皆様に信頼される議会の実現に向け、今後とも具体的な取り組みを一層進めていかなければなりません。

能美市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第3号) 議事日程 2019-03-12

                      │ │     │ 1)保育士体制の強化について                   │ │     │ 2)職員の待遇改善について                    │ │     │3.幼児教育保育の無償化について                │ │     │ 1)市の財政負担はどうか                     │ │     │ 2)地方自治体

能美市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2号) 本文(代表質問・一般質問) 2019-03-11

次なる成長の源となる人、もの、金、情報をめぐる自治体間競争、まさに熾烈をきわめております。このような状況下において多様性こそが成長の源であるとの認識に立ち、その先を見据えた能美市の成長戦略を描き出さなければなりません。そして、能美市と他の自治体がともに栄える能美市の持続的成長を実現しなければなりません。