79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

輪島市議会 2020-12-02 12月02日-01号

こうした感染症によりお亡くなりになられました皆様方に対しまして、改めまして哀悼の意を表しますとともに、感染された皆様方におかれましては、心からお見舞いを申し上げる次第でありますし、また、昼夜を問わず、最前線で高い緊張感と強い責任感を持って献身的に患者様への対応と、また病床確保に当たっておられました市立輪島病院医師看護師をはじめ、能登北部保健所介護福祉施設などの皆様方に対しましても、深く敬意感謝

輪島市議会 2020-09-09 09月09日-03号

なお、こうしたことへの対応につきましては、マスクや防護服などの医療資機材の備蓄が当然必要となりますが、現時点におきましては、石川県が定めた病床確保計画に基づいた能登北部保健所管内で想定される新型コロナウイルス感染症患者に十分対応できる数を備蓄できているものと考えております。また、なくなった場合にも、もしくは不足しそうな場合にも、そういったルートを確保させていただいているところでございます。 

輪島市議会 2020-09-08 09月08日-02号

輪島市と能登北部保健所能登北部医師会などとの連携対応を提案しますが、今、医療機関は慢性的な低収益構造の下で経営が極限まで逼迫しています。高騰する防護具、ガウンなどの費用負担への支援などは、医療機関の切実な要望です。輪島市はどのように対応するのか、その支援策についてお尋ねいたします。 最後に、私事になりますが、私の母は72歳、父親は79歳、共にがんで亡くなりました。

輪島市議会 2020-03-10 03月10日-02号

また、石川能登北部保健所市内医療機関受診相談をした方はいませんか。 以上で終わります。 ○副議長(西恵君) 教育部長。     (教育部長 定見充雄君登壇) ◎教育部長定見充雄君) 鐙議員のご質問にお答えします。 まずは、教職員の変形労働時間制についてでございます。 12月定例会で、この制度をどう評価しているのかの質問に対し、答弁がなかったということで、改めて尋ねるとのことでございます。 

七尾市議会 2020-03-06 03月06日-04号

能登北部においては、これまで患者数の減少に対応して、既に自主的に病院のダウンサイジングが行われております。ただ、当院は、現在のところ病床削減予定はありません。ただし、地域医療構想推計値を参考にしながら、これから将来の計画を立てていきまして、また、その将来計画につきましては、能登病院協議会の中で地元の住民の方々と協議していく予定でございます。 

七尾市議会 2019-12-10 12月10日-03号

当院が進める私立の病院との役割分担ですが、高度急性期医療と、ドクターヘリが就航しまして、能登北部からも脳卒中、心筋梗塞の患者さんが運ばれてきますので、こういった方を24時間断らずに受け入れられるというような体制をさらに強化するといった形で、高度急性期病床であります救命病棟というのを来年4月からさらに4床ふやしまして、そういった意味で単価が上がっていくということで、収益としては横ばいになるというふうに

七尾市議会 2019-09-09 09月09日-02号

また、脳卒中糖尿病などの地域連携を進めるための協議会とか能登北部七尾医師会が主催する地域連携に関する会合などにも参加しておりまして、絶えず情報交換を行っております。広報紙やホームページにおいても、当院に通院する患者さんにかかりつけ医との2人主治医制をお勧めしているというところです。 これらの取り組みにより、まだ低いんではありますが、紹介率は27%前後、逆紹介率は40%前後を維持しております。

輪島市議会 2019-03-12 03月12日-02号

次に、では病院は一体どうなるのかということでありますけれども、内科、外科などの外来につきましては、原則お休みということになる予定ですが、小児科はどうするのかということで、小児科については能登北部医師会と調整をしてまいりました結果、4月30日、それから5月1日からずっと休みがあるんですが、早い話がここにちょっとありますけれども、この連休期間中をまるおかクリニックさんと輪島病院小児科と、これは能登北部医師会

加賀市議会 2018-09-10 09月10日-02号

医師不足能登北部に限った話ではない。南加賀もかなり少ない。うちも状況は大変苦しい。」さらに、記事では、加賀医療センター加賀市民病院山中温泉医療センターを統合し、2016年4月に開院した。小松市民病院では、病床数344に対し医師が61人いるのに対し、病床数300で医師が40人と少ない。内科では呼吸器常勤医はおらず、非常勤の2人で補っている。

輪島市議会 2017-03-07 03月07日-02号

不法投棄を減らす施策としては、これら監視員皆様による監視の強化にあわせて、市民皆様お一人お一人が監視の目となっていただきますように、市の広報などによってお願いをさせていただきますとともに、石川能登北部保健福祉センター産業廃棄物監視機動班、また輪島警察署とも連携をいたしながら、その撲滅に取り組んでまいりたいと考えております。 

輪島市議会 2016-12-13 12月13日-03号

2番目に、輪島市で出る産業廃棄物の主なものは何かというお尋ねでありますが、石川県の平成26年度の実態調査によりますと、能登北部地域での調査となりますが、22万5,000トンが排出されており、業種別で見ますと建設業で9万5,000トン、農業・林業で7万7,000トン、電気・水道業で4万4,000トン、製造業では7,000トン排出されたとなっております。 

輪島市議会 2016-12-12 12月12日-02号

平成34年までにこの奥能登能登北部、石川北部ごみ処理対策を早急に決定する必要に迫られているのが今の現状であります。 今、住民投票の活動がなされてまいりました。その中で、輪島議会がなぜ反対から賛成に回ったのか、そういうご意見がよくチラシによって広報されました。ここで私は、輪島市議会として、過去に反対する意見書を採択した理由、1つ、公が安全に管理すること。これが最大の要件でありました。

七尾市議会 2016-09-13 09月13日-03号

当然、七尾市、中能登町だけでなく、羽咋郡市を含めた能登中部医療圏、隣接する穴水町を含む能登北部医療圏と言われる管轄からも救急搬送を受け入れる事案も生じておるわけではありますが、七尾市民としては、救急搬送に関しては、ほかの自治体と比較すると、かなりというか物すごく整備された環境にあると言えます。 そこで、確認という意味を含めて執行部質問をいたします。

輪島市議会 2016-06-16 06月16日-03号

定期検査とかいうのもちらっと聞こえたわけでありますが、私は、なぜこの石川県というのは率先してこういう環境問題、ごみ問題にタッチしないのか不思議でしようがありませんが、今、知事に提出をする評価書作成のための下水道接続議会提案だというふうに思っておりますが、私は、先ほどの反対討論じゃないんですが、この石川県のごみ行政というのは、この場をかりて私は訴えたいと思うんですが、今RDFが500億円近くかけて能登北部