812件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小松市議会 2019-12-20 令和元年第5回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-12-20

社会福祉に関する事項                │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │小松市民病院に関する事項              │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │学校教育,青少年育成

能美市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第4号)〔資料〕 2019-12-20

├───────────────────────┼───────────┤ │市立病院及び地域医療に関する事項       │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │義務教育生涯学習及びスポーツ推進に関する事項│引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │児童・青少年健全育成

小松市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-12-10

また、補正予算以外にも来年2月に誕生10年を迎えるカブッキーの誕生パレードでのポムポムプリンとの共演、2月15日の青少年健全育成大会での東京海洋大学名誉博士のさかなクンによる講演、2月22日の小松の未来を考えるSDGs未来都市シンポジウムなど、80周年をスタートさせていきます。

珠洲市議会 2019-12-10 2019.12.10 令和元年第5回定例会(第2号)  本文

環境分野に関しましては、本市の自然共生研究員が、社会分野に関しましては金沢大学と共同で実施しております人材育成事業の職員が担当いたしております。経済分野に関しましては、珠洲商工会議所をはじめ、石川県産業創出支援機構や地元金融機関とも連携し、様々な支援を行うこととしておりますが、それらの支援をさらに加速化させることを目的に、この度、連携研究制度を導入いたしました。  

小松市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-12-09

こまつ市民大学は、地域社会で活躍する人材育成拠点として、子供から大人まで何歳になっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる生涯学習環境の充実を目的に、平成30年9月に開校いたしました。  公立小松大学金沢大学などの教授の方々に加え、各分野の専門家を講師として、地域づくり、ライフスタイル、スキルアップをテーマにアカデミックな学びの機会を提供してまいりました。  

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

いわゆる次世代をつくっていく、青少年をきちっと育成していくという意味の教育でありますが、教育産業、いわゆる公立小松大学はまさに教育産業であります。それから、小松製作所が行っております総合研修センタ、これも教育産業です。そういった新たな教育産業。また駅周辺には学習塾だとかそんなものもどんどんふえております。サイエンスヒルズもこれも教育産業であります。  

小松市議会 2019-11-29 令和元年第5回定例会(第1日目)  資料 開催日: 2019-11-29

予防先進部 市民病院管理局長     北  本  よ し え にぎわい交流部長     望  月  精  司 にぎわい交流部 担当部長         藤  岡  清  市 産業未来部長       土  屋  恒  久 都市創造部長       石  田  賢  司 上下水道局長       山  上     茂 消防長          山  本     肇 総合政策次長人事育成課長

小松市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日目)  本文 開催日: 2019-09-25

毎年、学校家庭地域が一体となって子供たちの健全な育成を図ることを目的に公表するものであります。市内小学校国語、算数)と中学校国語、数学、英語)の学力については、全国的に見ると平均以上という結果ではありますが、小中学校ともに記述式の回答が課題と見られており、学校では授業において改善を図っているとのことでした。

小松市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-09-25

社会福祉に関する事項                │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │小松市民病院に関する事項              │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │学校教育,青少年育成

能美市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4号)〔資料〕 2019-09-20

├───────────────────────┼───────────┤ │市立病院及び地域医療に関する事項       │引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │義務教育生涯学習及びスポーツ推進に関する事項│引き続き調査を要する │ ├───────────────────────┼───────────┤ │児童・青少年健全育成

小松市議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-09-10

そういう意味で、順番に救急車は5台ございますけれども、まずは南消防署、中消防署にある3台について市民病院に順次交代で駐機することによって、あわせてもちろん救急車の出動もございますが、市民病院の先生、また看護師と一緒にいろんな訓練をしようということでありますので、これも人材育成であります。

能美市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-09-10

中学校では、これまで基礎としていた内容が小学校へ移行されることになり、コミュニケーション力の育成が目標となります。そのため、小学校からの円滑な接続を意識し、授業では簡単な語句や文を用いて即興で発表できる、そういった学習を取り入れ、本格実施に向けた準備を進めているところでございます。  

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-09-09

経済という点では、高齢者障害者などの就労、社会参加の促進や、また公立小松大学による若い人材育成などであります。  このような健康長寿、予防先進のまちを目指し、いろんなまちづくりを進めてまいりました結果、いきいきシニア率も平成27年には66.2%でございますが、現在は約70%と年々高まってきているところでございます。  

能美市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-09-09

最後になりますが、能美市の保育方針である豊かな人間性を持った子どもを育成するということを目指した将来の保育園のまた民営化というものも踏まえまして、将来の能美市の全ての保育園が、さらに安心して預けられる保育環境の充実、そして保育の質の向上につながればと思っております。  これで第1項目の保育質問を終わりまして、次の障害を持つ人の家庭への支援ということの質問に移らさせていただきます。  

小松市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会 目次 開催日: 2019-09-02

空き医院を利活用し,開業医を育成        する制度を構築できないか       ・高齢化社会を迎え,医師の事業承継が必要と考えるが行政として施策は        考えられないか      (2) 不妊・不育治療の助成制度について(答弁:予防先進部長)       ・制度内容と助成金額について       ・一般・特定不妊治療,不育治療の申請者数について       ・十分な施策を講じるべきだ

小松市議会 2019-09-02 令和元年第4回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-09-02

これまで選手個々に応じたトレーニングやサポートを延べ2,158名に実施しており、ここから将来のオリンピック選手が数多く輩出されるよう期待し、引き続き次世代のアスリートを育成してまいります。  さらに先月、9年ぶりに本市を主会場に19市町から約1万3,000名の選手が参加し開催された第71回石川県体育大会において、小松市チームは男女ともに平成市町村合併後、最高位の準優勝を獲得しました。

小松市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-06-28

社会福祉に関する事項                │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │小松市民病院に関する事項              │引き続き調査を要する│ ├───────┼──────────────────────────┼──────────┤ │       │学校教育,青少年育成